2014年 07月 28日

レスキュー艇 進水

レスキュー艇を進水させました。
フォーク係の元自称捕鯨モリ経験者と言うおっさんも張り切っています。「湧くぜー、たぎるぜ~」

プロペラの向きを変えるスラスター式の舵はよく効きますが、直進性が低くマメに舵を打たないと右か左に旋回が始まってしまいます。慣れると直進させるのは難しくありませんが、ボーっとは出来ません。
また前傾姿勢なためハーフスロットル程度までしか加速できません、全開で加速していくと船首が潜ります。
またプロペラを回していないと舵が効かないのが狭い場所に車庫入れ的なこととかするよとき、ちょっと不便です。つぎにタグボートを漂流させ実際にレスキューしてみました。
ずばり前のレゴで作ったフォークが邪魔っ(笑)一点の鼻先で押すより
左右フロートの真ん中に船を収めて押したほうがはるかに楽なことが分かりました。

家に戻りレゴのフォークを外しブラシレスモーターを後ろへ2センチ下げて船が水平に浮くようにしました。
ついでいろんなアタッチメントをつけやすいように左右に30ミリ幅のいろんなオプションをネジ止めするためのヒノキ板を貼り、ついで何のためにあるか忘れましたがジャンク箱に転がっていた、なんか良さげな金属のマウントを取り付けました。板の上に太めのアルミ番線とかを載せておけば状況に応じて便利そうなアタッチメントを
現場でこさえて装着できそうです。戦車のフェンダーにいっぱい装備品載せておく的なアレを目指します。

慣性航行中でも舵が効くように水中舵を増設しまし。
ついでに、この舵で直進性もアップしてくれるかもとトラタヌ 
第1段改修ですら段々働く船みたくなってきて楽しいにゃ~ 最終形態はどうなってるんだろう?
それにしても改造後のフォーク係おっさんはどこに? まさか



# by mayoneko | 2014-07-28 23:03 | 船舶艦船 | Trackback | Comments(1)
2014年 07月 27日

レスキュー艇 いきあたりばったり建造

一切追加でなにも買わずに、家にあるものだけでレスキュー艇を建造してみました。

とりあえずカミさんからもらったタッパウエアの容器をニクロム線で紙の型を使って切り出した
厚み40ミリのEPPブロックと組み合わせてみます。左右のフロートを繋ぐのはヒノキ棒
この艇の大きさはタッパウエアを基準になし崩し的にサイズが決まっています。

とりあえず使う予定の部品をタッパウエア容器にいれて、浮かべてみます
まあ浮力は十分いけそうなので、工作を続けます。
モーターを支えるサーボを船艇を繋ぐヒノキ棒にネジで固定して
飾りの上部構造物のデザインを探ってみます。まずは
ロシア風

イタリア風

円谷風

ドイツ風

イギリス&ディープ・シー風

う~んポン載せで楽をしようとおもったのにスイッチの位置とか配線の取り回しなど、うまく取り回せません
最終的に今後の改造の進行に合わせて形を変えやすいレゴで上部構造物をこさえました。
まずレゴの平板を厚みある両面テープでタッパウエアの蓋に貼り付け
その上にレゴを貼り足していきました。

ただ超久しぶりのレゴ掘りに少々うんざり
子供が遊ばなくなってからレゴを形状別に整理していないので、あの形無かったけ?と
ガチャガチャ ガチャ ガチャと大きくて深い箱2箱を掘り続けること小一時間
目的のパーツさえ見つかればサクサク進んでとても便利ちゃー便利 
んで組み上がって風呂場で浮かべてみると、即問題発覚
取っ手のようなものがないと、この船うまく持てません、
つかみやすい上部構造物の上つまりレゴを掴んでしまいます。
レゴは接着剤で固定していないので、レゴを掴んで持ち上げると簡単に分解してしまいます。
そこでがっちち掴める真鍮板の取っ手をつけました、これで持ち運びも水面からの回収も楽になりました。

日曜日の昼から工作をはじめて、出来上がったのは夕方でした。
最終的に大きさは幅18センチ長さ40センチ(フォーク含む)高さ20センチとなりました。

私はほんとスイッチをよく切り忘れるのでスイッチを入れるとフラッシュLEDが鋭く点滅するようにしました。
また後進ができたほうが良いだろうと思いリレーとブラシモーター用ESCを使いブラシレスモーターを逆転できるようにしました。エレベーターのステイックを一番手前に引くとブラシレスモーターの配線2本が入れ替わるリレーが作動するようになっています。前後進とスラスター動作により
狭い風呂の中でも前後進と信地旋回にちかい動作が可能だったので現場で便利に使えると思います。
今後船の前にある飾りのフォークとかを作動させてみたいですが、余り複雑になると壊れやすくなるので
とりあえずこの状態で運用してみたいと思います。

あとはフロートのサイドに文字をいれたいところですニャ~



# by mayoneko | 2014-07-27 19:56 | 船舶艦船 | Trackback | Comments(6)
2014年 07月 26日

レスキュー艇って、なんで出来ている?

お砂糖、スパイス・・・素敵なものいっぱい
な訳なくて
 重い物 隅に転がっているもの捨てられないもの・・・ 捨てきれないモノいっぱい

で出来上がることに
ブラシレスモーター 3枚ペラ メタルギアサーボ EPPブロック
いずれも何年も引き出しの片隅に眠っていたものばかり 
EPPブロック(40ミリ厚)に至っては10年もの
この味ガタマランではなく、カタマラン(双胴艇)タイプで
最初はシンプルなスロットルと推力偏向のみのエアボートを建造 しかるのち
必要な機能やブラッシュアップは実戦からフィードバックって
(超現場主義、行き当たりばったり方式とも)を戦略の核として
とりあえず作って 浮かべて運用してから考えて行く予定 
ってことで。重さを気にしない工作って超楽だあね

「べ 別に motoさんに激安レスキュー艇アマゾン在庫最後の一隻を買われたからじゃないんだからね」
追記 色は限定されるものの売っている模様

そういえばずいぶん前からこれ水物にいいんじゃねと思い、飛行会で吹聴していた
 NEVER WETなるシロモノが
いつの間にかアマゾンで買えるようになっていた。
ギガジンで使用感が報告されている。 


# by mayoneko | 2014-07-26 20:13 | 船舶艦船 | Trackback | Comments(2)
2014年 07月 25日

第1回 へんな水物オフ開催 おじ夏

なんとなく成り行きで始まりました水物オフ 2時間ほどでしたが、
水物だけに時間が一瞬で過ぎるくらい、たの水~時間を過ごせました。

猛暑日にもかかわらず、午前ということで木の陰で涼しく過ごしながら
次から次へと、様々な水物を楽しみました。
綺麗なロケーションに怪しい集団、サングラスのひとはさぞや高額の商談がまとまっているのでしょう(笑)

皆でハマりだした飛行艇チャレンジですが
現場でもビデオを見ても感じることはとにかく水の抵抗に打ち勝つデザインが第一

速度が上がるに連れ抵抗が減っていく艇体デザインに全てがかかっていると言ってもいいくらいです。
推重比が1を超えていようが、デザイン次第で水に浸かった状態でのろのろ進むです。
仮テストの 風呂場とかだとかなり早く感じる進み方も池にもってくるとあっさり亀になります。

また運良く速度が上がったあとも問題で、ポーポイジングを起こさないデザインが求められます。
こればかりは、現場で切り貼りできるような工夫したデザインでないと先へ進めません。
ついで良いデザインの艇体には更に空力的に良いデザインも必要となります。
あれだけ安定して操縦しやすかったアングリーバードファンフライ機でしたが、フロートの装着で空力バランスがかなり崩れてしまったようです、特にフロートの上面の平面はかなり空力に影響します。

なかなか一筋縄でいかない、加速&離水&空力デザインですが、なんとなく傾向は明らかにあるようで

前回のマイクロ飛行艇で会得したエッセンスを織り込んだ
7ミリモーター一個 4ミリモーターアクチュエーター のエレベター無しの機体でも
デザインが正しければ14g程度の機体重量で十分離水できることが分かりました。
(離水後即木にあたって墜落しましたが(笑)
(まあモーターアクチュエーターでも良いので、やはりエレベーターは欲しいですけど)

それにしてもRCヨットはおもしろそうです、今日は殆ど風がないのでシュルシュルとは走りませんでしたが
音もなく進む姿はとても良いものでした、ただ池の主達にちょっかいを出さなければ・・・
へたに手をだすと、囲まれボコられます。

この時期の水物遊びは憧れの領域でしたが、おもいよらず近場で良い場所がみつかったので
大事に遊び続けていきたいと思います。飛行会場から近いのでインドア飛行会前に軽く
水物オフなんてのもやれるかもしれません。
今後のテーマはレスキュー艇の建造 30センチくらいのヨットとかになりそうな予感がひしひしと
参加された皆様 お疲れ様でした。なかなかいい池でしょ 

# by mayoneko | 2014-07-25 20:51 | ビデオ | Trackback | Comments(11)
2014年 07月 25日

真夜中の飛行艇

2CHでモーターアクチュエーターで7ミリモーター一個で70リポで
果たしてまともに飛ぶ離水できる飛行艇はできるのか?

考えるより「やってみるよろし」ということで
でっち上げた、重さは70リポ込みで13gの30センチスパンの飛行艇
朝イチで通常の飛行テストで飛び具合を見て
水上へ投入
どうなるやら
はからずも明日のへんな水物オフに向けて似たような形で7ミリモーター2個の差動でチャレンジを狙っている御仁もいるようだ。
みんなでやると各人の考え(トラタヌ)に沿った、いろいろなアプローチで検証できるので
いいにゃー
明日は243さんのも新造機体も含めて7ミリモーター水上機大実験大会だ

# by mayoneko | 2014-07-25 00:30 | 機体 | Trackback | Comments(3)


< 前のページ      次のページ >