2014年 07月 23日

マイクロ飛行艇チャレンジ わずか7ミリされど7ミリ

ふっふっふ~
所長「どや~」

所長ついにやりました、数しれぬ八つ墓村スケキヨ試練を乗りこえ
見事離水に成功っ!

今回サイドフロートをやけくそのように大きくしました。

あと船底の角を丸めていたので、キンキンに角の立った3ミリの発泡板を張り足し
船底の段差を延長、離陸角度の主翼重心位置から垂線を下へ伸ばした位置へ段差がくるように発泡ブロックを増設
ここまでやったらあとは金曜日の変な水物オフを待つばかりですが
なにせオフ会の場所は家から車で5分 光化学スモッグ警報もバリバリ出てますが
我慢できる訳が あーりません 当然テストしに出かけました、家族の誰もカメラマンに雇えなかったので
3脚もってゴーです 池についてイソイソと浮かべてみると
お~かなりの速度が出せるようになったし、巻き込んでもひっくり返らなくなりました。
「よっしゃ いけるで」ばかりにスロットル全開
あれっ 水切り状態で走るようになったけどまったく離水しない。
むむむむ~ 速度が上がっても、なんか前後に揺れたままでピッチ姿勢が安定しない
あれれれれ 操縦が悪いのかなあ などとリポ2本分もがいてわかったことは
これが噂のポーポイジングなのかや?「なんか飛行艇開発らしい言葉じゃんよ」 なんて言いながら

、所長パイロットの野生の勘的指導に従って付け足した段差を7ミリほど切り取りました。
加速していくと今まで直進性を保つための神経質なラダー操作があまりいらなくなり・・・

「やりました」
うひょ~ ばっちり 飛びました。池の水面上へ木が張り出しているので
低空で周回飛行だけして着水 一発成功
家に戻ってからの祝杯代わりのアイスが美味いこと 美味いこと
なんだかんだで飛行後水を切った状態で測ってみると総重量は38g超え離水直後は水つきで40g超えている可能性大で推重比は67% 翼面荷重はおよそ10.8g/dm2くらいとなるようです。
長年の水上機デビューの夢が今日叶いました。
自作って本当に楽しいにゃ~ やめられニャイ
次は巨大アメンボとかやろうかな

# by mayoneko | 2014-07-23 17:37 | Trackback | Comments(13)
2014年 07月 23日

かっこえ~んじゃ~

水上をまっすぐ早く走るには、どんな格好がよろしいの?って
検索してたら、カッコえーんじゃ~的な画像がちらほら
うほっ

スティングレーぽいっ

ぐはっ (かっこ良すぎて吐血)

ちょとはずしてこういうのも大好きっ

でもって、うちら世代で飛行艇といったらこれではないかと 
近藤家ではないかと

船の科学館脇においてあった時は年に一度は見に行ってたけど、今の私が見たら
また違う角度からの目線で見られたのになあ 今は遠い南の鹿屋
機会があれば知覧とともに訪れたい。
おしらせ8月24日インドア飛行会開催ですリンク

# by mayoneko | 2014-07-23 09:25 | トラタヌプラン | Trackback | Comments(4)
2014年 07月 21日

サイドフロート対スケキヨ

八つ墓村~

8月24日インドア飛行会開催ですリンク
湖面を走る爽やかな風で楽勝でひっくり返ります、運が良ければ風で元に戻ります(笑)
まさに    風 立ちぬ
そんでもってブラシレスモーターが問題なく回ってテスト続行できるところが凄いっ!
もっと風が強ければ水面を転がっていく自信有りっ!

実は少しだけ真面目にサイドフロート製作して

風呂場でのテストではパイロットの所長もご満悦
軽く走らせてみてもいい感じ
でもフィールドは厳しかった。所長は何度さかさまの状態で水に頭からつけられ
池の端まで流されていったことでしょう。

中速から風上に向けて加速中に少しでも風との正対がずれて傾くとサイドフロートが水没
風呂場での傾きテストでは大丈夫そうだったんだけどなあ自然はきびちー

そのとき機体が横風をうけてしまうと先頭画像の八つ墓村コースまっしぐらです。
マイクロTUGBOATですら楽勝の風でも、重心位置が比較的高いこの壱号艇には致命的な様子。
むむむ・・・
サイドフロートをもっと大きくして、それでもダメなら機首を延長せねばならんが、そうなると
作りなおしたほうが軽量化もできるしなあ
(いつのまにか36gくらいになってるんだし、水分吸ってるのかしらん)
なかなか適当にやっていると一筋縄ではいかんもんですたい
だげんこそ、試行錯誤している間が大変面白いでごわす。
今日は大雨のお陰で水が綺麗になっていたので泥だらけにならなかったのが唯一の救いかニャ




# by mayoneko | 2014-07-21 19:42 | 機体 | Trackback | Comments(4)
2014年 07月 20日

壱号飛行艇 水上テスト

「猫キャプテーン 後ろっうしろ」ザザザ・・・・

今朝その昔よく子供つれて釣りをしていたとある場所の貯め池をポワッと思い出し
いそいそと一号飛行艇のテストをしてきました。昔はブルーギル池だったんだけど錦鯉がおるっ

結果は、見ての通りで
気分的には、あっさり離水するつもりでしたが、離水する速度にすら達しませんでしたとさ
敗因は超いい加減なサイドフロート、え~ただの3ミリの発泡スチロールの板ですから
「自分 いい加減ですから」
強度も浮力も接水位置も良くないことがわかりました。
もう少し水に沈む位置でなおかつしっかり傾きを抑えられる浮力が必要なようです。
あと滑走体制にはいるまで直進性を保ちやすいように船底にキールを付け足したほうがいいかもしれません。
また狭い池で短距離で加速するためにモーターを4Wから5Wに変える必要も感じました。
船が幅広で水の抵抗が大きいのも良くないのかもしれませんが・・・

離水に失敗しブラシレスモーターが水没しましたが、軽く水を振って切るだけで即着水テスト飛行に使用出来ました。着水はかなり簡単でした、ただサイドフロートなしでテストしているので、サイドフロートつけたらもんどりうつかもしれません。
水面に映る機影は素敵でもっと水の綺麗な場所で撮影出来たら、さぞやいい絵が撮れそうです。

それにしても古い田んぼ用貯水池なので、水が泥ぽくて機体が汚れること汚れること
撥水スプレーが効いていないようにすら感じますが艇内にはまったく浸水はありませんでした。
今回発泡板船でも十分いけそうな感触を得られたのが最大の収穫


# by mayoneko | 2014-07-20 15:10 | 機体 | Trackback | Comments(25)
2014年 07月 19日

一号飛行艇試作

毎年飛行艇やろう。やろうと思っていたのだが、今年は以下のテーマに沿って
超軽量を捨てて割りきってとりあえず作ってみた。
外、多少の風でもダイジョブ、狭い場所(池)での正確な離着水、
遅い飛行速度、静音で目立たず、できるだけ小さくを両立させるにはってことでー

複葉機型、ブラシレスモーター、発泡スチロール製、2サーボ エレベーターとラダー仕様にして「
勢いに任せてでっちあげた結果
翼幅34センチ 全長36センチ 重さ32g(160リポ込み猫込)なモノができあがった。重っ!
船の幅を50ミリと欲張ったのも良くなかったが
重量増の最大の原因は漏水対策で船の内側全域に薄く塗った、シリコン系接着剤
船の完成重量は3.6gだがシリコン分で約5g増え8.8gへ

念のため船の外側には撥水スプレーを吹いた、一晩スチロール片で試してみた感じでは
撥水スプレーだけで十分な感触があったので、2号機ではシリコンやめようと思う

機体がでかいので(機体高的に)箱にいれやすいように機体を分割できるようにした。

とりあえず飛行テストをして、重心位置とトリムとスラスト軸の調整を行った
飛行はかなりノンビリな飛行で10M×15メートル程度の場所で楽勝で8の字がかける
最小旋回半径は2Mほど、少しころころするので、ラダーからエレベーターにミキシングを掛けたら操縦がかなり楽になり着陸進入も思いのままになった。

こんなことにはなりたくないので
さあどこで離着水のテストをするかだニャー

場所的には機体にやさしい芝のある広場で
梅雨明け直前の豪雨でできる池を期待したいなどと不謹慎なことを願ってしまう。

# by mayoneko | 2014-07-19 20:46 | 機体 | Trackback | Comments(2)


< 前のページ      次のページ >