2014年 10月 31日

ストロラクチャーパーツを3Dプリントで試作

ストローを構造材にすれば、安価にあらゆる形状のモノが再現できるんじゃないかしら
(そうレゴとかラQとかカプラのように)ということで基本的な90度三方の繋ぎ手をPRN3Dで出力してみた。
名づけてストロラクチャー あっまたもや猫の毛が・・・デジカメの液晶だとさっぱり気づかない

手抜きラフト(印刷時のサポート材)なしなので、下面に接する5.7ミリパイプが少し歪むがそこが適度にきつさを備えていて良い、上に突き出るパイプは径5.7ミリでは少し緩く造形されたのでので、上面に伸びるパイプだけ5.8ミリとしセロテープなどの補助いらずで保持できるような太さにした。
私の場合、印刷設定や調整を怠けてプリンタの出力を安定させる方向のカスタマイズをまだ行っていないのでプリントしてみてはプリンタの印刷の癖に作図を合わせていくスタイル

最初はストローの外側を覆う形のパーツで考えて、プリントもしてみたたが、ゴテゴテになるのでやめた。
壁厚はインナータイプアウタタイプ共に0.7ミリで設定

ほとんどデフォルトのプリント設定にもかかわらず、外周を覆うタイプですらストローを楽に嵌め込めることに驚いた(外径6ミリのストローがハマる部分は6.2ミリで設計)後加工はハサミをリーマ代わりにバリをちょっと取る程度で楽にはめ込めた、印刷の状態が良い箇所は後加工なしでピッタリはめ込める。
それ以上にパイプの内側にはめ込むタイプは後加工なしで印刷して即使える。
印刷は8個印刷して14分
これなら3Dプリントの2時間程度の実習体験などで子供対象でも設計、試し印刷、修正、印刷、後加工、組み立てとすべて3Dプリンタ利用の工作過程を時間内に楽しく学べるのではないかと思う。
やり甲斐があった感じを出すのに成果物を大きくしても、持ち帰り時には分解できるので楽だし どうすか?

作図は大変に簡単で円柱をコピー&ペーストと回転移動、集合、中抜だけなので10分とかからない。
今回のストロラクチャーは直方体のみなので簡単、凝る場合はピラミッドや正20面体とかの継ぎ手設計もいいかもしれない。

外周タイプの継ぎ手は最初ラフトなしサポートなしだと歪んだので。サポート材あり、ラフト無しで安定して印刷できるように作図した。

ラフト無しだと速いし、樹脂の消費量も少ない 今回の用途3方向の直角を支えるだけパーツと割り切れば
十分に使えると感じた。


思い立ってから2時間で外周タイプ、インナータイプの2種を作成して、試作、調整組み立で
出来上がりを確かめられた。
もし同形状ものを旋盤とかCNCやプラ棒などで完全手作りで同時間で作れと言われると私にとってはかなり面倒だし、3Dプリンタだと工作時に出るゴミがダントツ少ないのが 抜群にイイ
いずれ
ストローを使ったストロクチャーに限らず、竹を使っての継ぎ手も竹の内径に合わせて方向分全ての継ぎ手の直径を変えるスペシャルな継ぎ手を使ったバンブラクチャなど3Dプリント故にワンオフで作るのに向いているぽい、のではないかと、夢見てみて。いたりする
最後に今回の印刷を行う前に軽くカスタマイズを行ったことを報告

通常印刷する際ベッドにガラス板を固定するのにクリップで挟んでガラスを固定して使うのだが、

盤面中央を強烈にクリップで挟むとガラス板が歪んでいるのでは?ということで、ふしみ製作所製のガラス押さえに換装した。クリップつまみ手の邪魔な感じもなくなり実にいい感じでありがたやありがたや

ふしみ製作所のガラス抑えはABS製で私と同機種のPRN3Dによるプリントパーツだが、
キャスト整形のような正確な出来栄えで3Dプリント職人の技を感じる。

いつかはこういったモノが作れるようになりたいものだニャあと感じ入りつつ
私のプリンターはX軸ユニットを駆動するベルトがすでに伸びてきているので凄い高度な情報量が詰まったPRN3D関連ブログでの、おすすめ品パワーグリップGTベルト 2GTタイプ ピッチ周長2218mmを印刷精度upを目論んでポチしてみた。PRN3Dお手軽カスタマイズ第3弾はベルト交換かニャ?

# by mayoneko | 2014-10-31 20:44 | PRN3D | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 30日

3Dプリンタをサポートするツール スクレイパー

茶ラララ~ チャラッチャらチャラララー ででで~ん ででで~ん ♪

なにかと便利なスクレーパー(はがしヘラ) 家庭用CNCモデラなどはベッドに両面テープとマスキングテープで加工物を固定する。切削加工が終わったらスクレーパーを加工物と両面テープに隙間に差し込んでこじるようにして加工物をはがしている
(塗装洗浄剤プレソルベントで両面テープのノリを溶かしつつスクレーパ併用でペロッと剥がすときもある)
今回PRN3Dという3Dプリンタにもこのスクレーパーがとても役に立った。

プリンタ導入前にふしみさんから先端をよく研いでおくと良いとアドバイスを貰っていたので
砥石で研いでおいた。マスキングテープをカッター並みにサクサク切れるくらいに研ぎあげた。

スルッとベッドとラフトの隙間を作り隙間に入り込んでマスキングテープにしっかり乗ったラフトもさくさくハゲる
スクレーパー大変便利でござる。
最適な剥がしヘラはプリントする形状にもよるので、細めで腰のあるのも良いかもしれない、調べたらカーボン製なんてのも今はあるようだ、あとお菓子用のプラスチックカードとか、ベッドを痛めなくていいかもしれない
みんなどんな業物を使っているのだろうか?
11月のインドアプレーン飛行会は11月9日です。よろしく



# by mayoneko | 2014-10-30 11:15 | PRN3D | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 29日

残弾32センチPRN3Dでリューターホルダをこさえてみる。

仕事や趣味に超長年愛用しているMINITORJET UC210と言うリューターを保持して使用する際に、よく箱マンにはさんで使っていたが、リューターのボディと万力の口の部分がフィットせず、ガムテープを巻いたりゴムを巻いたりしてズレないように固定して使っていたが、それでもたまにズレて困ったことになることも多かった。

そこで実用的な道具第一号としてリューターホルダーを設計してみた。
ついでにワザと部品分割せずにPRN3D&CURAで一体型で印刷してみることでサポート材(ラフト)の入り具合や剥がし具合も確認する意味合いで縦置きにしてみた。

画像は横向きに見えるが、方眼の目がある方が床だと思いねえ。CURAでの印刷時間は1時間54分
必要なフィラメントは9.73Mとフィラメント代だけなら、フィラメント10センチ当たり重さ0.30gなので
1K約3000円333Mのフィラメントだとすると3000/333.3*9.73=87円
ちなみにプリントサービスにABSライクで見積もりを出してみると

一万円超えポリアミドでは3612円だったので
ととっても得した気分で印刷を開始する。一万対87円 精度や手間が全然違うし人件費とか工具損費とか一切入れずなので、かなり大雑把だがそのモノを手に入れるまでのプリントのみに関していえば圧倒的な家庭内3Dプリンタの安さを実感しまくる。印刷前に心配なのはフィラメント残量だが、平均的な束の丸まりの直径と束の本数で概算してみたところ10M切るかどうかといった残量で多分大丈夫じゃないか~、最悪上の部分は印刷されなくても問題ないデザインなので行ってまえと、プリントボタンを押した。

で、印刷初めだけちゃんと溶けた樹脂がベッドに張り付いていくか一面できるまで確認してから
印刷物に扇風機の風をあてておいて
飯を食べたり、テレビを見たりして出来上がりを待った。実は印刷音がうるさくてテレビの音が大変聞き取りにくかったので、テレビのある部屋には3Dプリンタを置かないほうが良さそうだ。

風がよく当たっていた垂直の壁もなんとなく良く出来ているように思う。端は相変わらず少し盛り上がっているが、実用上問題ないのでよしとする。

「危なかった、もうすこし攻撃が長引けばこちらがやられていた」というセリフを吐く
残量約32センチで印刷は完了していました。
ほんと危なかったと思う。

ラフトから剥がすのに少しコツがいったが、慣れたらあっさり丸ごと外れた。

リューターを2箇所で保持するリングの右と左がラフトでびっしり繋がっている果たしてうまくはがせるのか?
やはりラフトに頼らず、自らサポートを設計して入れ込んでおいたほうが良かったのではと思ったが

剥がし初めは固く感じたが、剥がしだすとリング内部の円筒状のラフトですらサクッと外れた
1年ほど前の同じ機構(はるかに高級機)の3Dプリント体験ではラフトって超てこづる印象(欲しい本体が崩れてしまうくらい)だったのだが、Curaのラフトはなかなか筋がいい。

ラフトを手で剥がしただけで、ヤスリがけとか一切せずにリューターがハマったのには驚いた
いいね

リューターを安定して横置き出来るようになると、カーボンの切断とか、ピアノ線などの先端丸めとかが
格段に楽になる。普通のリューターとして使うときは

2本のリング締め込みネジのうち1本軽くゆるめれば、リューターはサクッと外れる
ここでは3ミリネジ用の設計パラメーターが早速役に立った。
今回CAD設計に1時間プリントに2時間ラフト剥がし、組み立てに15分延べ3時間15分ほどで
念願のリューターホルダが100円以内で入手できた。まじ素晴らしいニャア 
家庭内3Dプリンタ
このホルダのデータをグリグリしてみたい方はココをクリックしてみてくだされ。






# by mayoneko | 2014-10-29 20:46 | PRN3D | Trackback | Comments(4)
2014年 10月 29日

PRN3D ナット&ボルト レシピ1

黒いひもみたいなモノ(フィラメント)がジリジリ動いているにゃあ、叩いたら反撃を喰らうかにゃ ジィ~

夜な夜なPRN3Dでプリントをチョロチョロしています猫毛もチョロチョロついてきたりします。

様々な欲しかった治具をPLAで作り始めているのだが、3Dデータの勘所が見えないので
折に連れブログにメモっていくことにした。

材質PLA黒(付属品) ソフトCURA 送り速度Flow 87% で外気温17度 ベッド60度 ヘッド210度 
他デフォルト その場合の3ミリのナット止とボルト穴のサイズデータと実際の出力状態は
穴が3.2ミリだと 3ミリのボルトがねじ回しでねじ込める程度、後加工を行なわないときは3.4ミリとかにしておいた方が良さそうだ
ナットのポケットはナットの一辺 3.2ミリ でネジで引っ張ると収まっていく感じ
引っ張らずにキュッと押してナットをはめたいときは3.3ミリ 多少空回りする可能性が上がるが確実に楽にはめ込みたいときは3.4ミリといった感じだった。
ちなみにプリントサービスのポリアミド出力の場合は3ミリの穴無加工なら3.1ミリ~3.2といったところ
出すサービスメーカーによって印刷精度のブレ幅が違うので、そのあたりは後加工を少なくしたいときは0.1ミリ~0.2ミリほど更に上乗せしておく場合もある。
高級な機種を使ったサービスでもこんな感じなので、この辺りの勘所(経験)は必須と思われる。
3Dプリントでもモノ作りでは日常茶飯事のこういった職人的なことからは、逃れられない。
レンジでチン的な工作機械ではないのだにゃ
後加工ありで考えるなら、プラス0.1オンリーで押し通すと言う手もある。
私はこんな感じでやってますとかあれば、教えてくれると感謝感激



# by mayoneko | 2014-10-29 10:01 | PRN3D | Trackback | Comments(4)
2014年 10月 26日

PRN3Dカスタマイズのその一


PRN3Dのベッドは4本のネジに通したスプリングで支えられていて、ダブルナットの締め込みにより
ベッドの水平を出すようになっている。ここをナイロンナットに変えて楽をしてみた。カスタマイズの一の巻

昨晩は精度がほとんど必要ない、娘から頼まれた、落雁の型をテストがてら出力してみた
ベッドの水平出しはコピー紙を挟んで行った、指定の3ミリダブルナット式は使わず、ナイロンナットで調整を保持しやすいようにもした。
うまくいけば、雪だるま型の落雁ができるはずなのだが、なにせ面が積層でガタガタなんで砂糖と米粉を押し込んで、その勢いだけで固めた状態のものを型からうまく抜けるか大変に疑問、なんとなく形になればいいそうなのだが。磨くのはNGあくまでプリントされたままでやりたいらしい。
これならCNC切削で磨き上げをしたらキンキンのやつができるのだけれど、
流行りの3Dプリントというところが味噌らしい。

4センチ四方厚み12ミリの型出力に25分掛かった。
外周部と内周エッジが盛り上がっているのがお判りだろうか?熱の逃げ方の違いの収縮度合いで、外周部が0.3ミリほど盛り上がり内周エッジは0.1ミリほどエッジが盛り上がっている、本来データ的にはまっ平らなんだけど。このあたりがニョロ~んと出すタイプのいろいろな癖が見えてきたように感じた。
聞きかじったところによるとABSではもっとこの傾向が強く出るらしい。
それにしてもCURAというソフトの画面上では型を一番手前に配置したのになぜかベッドセンターにぞうけいされてしまった。なにがいけなかったのだろう?これまで画面上でつまんでオブジェクトを置いた場所に相当するベッドの場所に印刷できていたのにニャア?




# by mayoneko | 2014-10-26 21:54 | PRN3D | Trackback | Comments(2)


< 前のページ      次のページ >