2014年 12月 20日

マイクロヨットTROIS CHATS進水


寒い冬の荒れる天気の合間の貴重な晴れ間を縫って3匹の猫達はヨットを進水させました。
一番ちっこい赤猫 ガブが舵をとります、ちっこいので舵に釣られて右へ左へと移動して大忙しです。
黄猫のティグルは気が早くもう釣り竿を出し始めています。
デブのマルタは帆の操作とバラスト代わりですが、目がとても良い

ちびで大胆なガブはどんどん沖へ船を進め
ティグルは魚が跳ねた場所めがけて竿を振ろうと身構えてます
気が早い猫2匹ですがデブマルタがポツリと一言

「この船沈んでる」
ニャンだって~!!
3匹の猫達の運命や如何に

浸水している箇所を突き止めば。

追記
「っかーしな?洗面器試験では大丈夫だったんだけどな、まっいいや盛るぜーどんどん盛るぜ これでもう漏れんだろ、たぶんにゃ」
船大工のマヨがやけくそのようにシリコン接着剤を漏水箇所と思しき場所に盛りつけました。しかも盛った場所が判りやすいように(仕事してるぜと言う証拠に)黒色のシリコンでたっぷり
「よっしゃ 次外板いくっぺよ 盛るぜー」
その勢いで親方は船底の外側の怪しい箇所にも黒色シリコンを塗ろうとしたので、3猫がかりで親方を止めて、瞬間接着剤を自分たちで塗り塗りました。
グラッパの瓶を片手に「ベネ ベネ おまえら 塗んのうめーじゃん」とはマヨ
この船大工かなりいい加減です
「親方、今度漏れたら残金払わんニャ」とガブが塗る手を止めて振り返ると
親方は酔って寝たフリ 聞かぬフリ



# by mayoneko | 2014-12-20 08:58 | 船舶艦船 | Trackback | Comments(7)
2014年 12月 19日

5年ぶりのバゥってリー交換

お知らせ 12月28日飛行会&納会 申し込みはこちら納会参加希望の人は12月21日までに申し込みお願いします。さて

寒~くなってきた朝、キュルキュルきゅるぅ  「うわっ」 体に刻みつけた嫌な思い出が蘇ります
雨の渋滞の首都高錦糸町、富士山の6合目駐車場、渋谷センター街
若いころボロボロい車で遊びに出かけ、帰りにバッテリーがヘタってエンジンが掛からない

まあ30年ほど前はよくあることでした。新品バッテリーなんて買えるわけないじゃないじゃないですか、へんな活性材バイタなんちゃらとか、怪しくて安い汁は買えても、まあ対して活性は戻らない。
ってことで、当時は若い力で車中のみんなで押して車の押しがけとかもやっていました。(ああ懐かしい)
5年目に入ったバッテリーとりあえずエンジンは掛かりますが、どうも最近寒いと弱い、このパターンはまずい
長野への正月帰省もあるし

今までの経験から嫌な予感が満ちてくるので、ネットでポチした再生バッテリーに交換しました。回収も無料でやってくれるところで手袋と10ミリスパナもオマケでついてくる充実ぶり。交換は30分ほどで終了
ギュルんブィん 力強い響きでエンジンがかかるようになりました。
シュルシュルシュル
温かい冬の陽射しの中でボンネットを開けたまま回るエンジンを眺めます 久しぶりだなこんな光景・・・
休日に仲間と集まって車やバイクの周りでワイワイやっていた その昔


# by mayoneko | 2014-12-19 09:23 | よもやま | Trackback | Comments(4)
2014年 12月 18日

寝ている間に小人さんが作ってくれました。

朝起きると、まあ不思議。いつのまにか3匹の猫がプリントされていました。

なんて訳はなく、ほんとは寝ている間は3Dプリンタ動かさないつもりだったのですが、
どうも印刷中にPCをガシガシいじっているとCOMポートエラーが出るようになり

6時間印刷の4時間目やアトもうちょいなところで印刷が停止してしまう事案が頻発
12月16日以前はPCガンガン使っていてもUSBにつないだPRN3Dの通信エラーは起こっていなかったですが
昨日あたりのウィンドウズアップデート以来なのか(近頃バチバチ起こる静電気のせいなのか)とにかく
印刷中に通信落ちることが何度も起きました。頭のない猫の胴体が累々
そこで、古いXPマシンにプリンタを接続して、寝る前に印刷かけてみました。
朝起きると、良かったプリントできてる。
ほんとはプリンタ単体でSDカードや、USBメモリーだけでプリントできるようなシステムにしたいところです。
調整などはPCから出来て、印刷開始したら、あとはメモリーのなかに蓄えたスライスデータだけでプリントしきるようなシステムって たぶん調べればあるんだろうなあ REPRAPのWIKIを。
完成品の3Dプリンタはpcから独立して印刷できるタイプが結構あります。使った感じはとても便利で一度確実に動く環境を作ってしまえば、あとは出来たモノを剥がす作業とベッドのセッティングと液晶画面のモード変更でスタートボタンを押す操作さえ他の人に教えれば、数日放っておいても、一度も3Dプリンタに触れたことのない人でも、どんどん印刷が出来ました。

# by mayoneko | 2014-12-18 09:17 | PRN3D | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 17日

Trois chats乗船 硬めが得意なCADで柔らかめ

「おっ 鳥山なんだにゃ」マルタが白い小さな雲が1つプリンと浮いている水平線を指さします 
!!

マイクロヨットTrois chats で船出した3匹の猫達はアホウドリのの大群を洋上に見つけます。
今晩はたらふく魚が食えるかしらん?

なんか楽しいぞCADでのジオラマ作り(海とか背景まだだけど)
猫を粘土タイプでない硬めの設計タイプのCADでやってみると
Autodesk123Dでも案外望み通りに出来ました。ほんとはsculptorisなどで猫を作画する予定でしたが、
粘土細工子供の頃から大好き~てな感じでグリグリやっていると

「なんか違う・・怖い」
ほとんど使っていない私がいじると別のなにか 目から血を流しながら音にならない叫び声を上げる、
そんなナニカになってしまうのでストレスMAX
、慣れている123D CADで作画しました。猫の素体自体はストレスなく、ものの1時間程度でできました。
グリグリしてみたい方はこちらの3DVIEWアイコンをクリック

# by mayoneko | 2014-12-17 13:09 | 船舶艦船 | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 16日

マイクロヨットTrois chats 3匹の猫 を仮組み


PRN3Dプリンタでパーツを印刷した。
Trois chats (三匹の猫)と名づけた、マイクロヨットをくみたてました。
無風状態でも遊べるように小さなスクリューもついています。

持ち運びやすいように帆柱ユニットを外せるようにしました。
デッキもはめ込んであるだけなので、パカっと外せます。
帆柱に付いているホルダからブームの抜き差しができるようになっているので、
ブームを帆柱から抜いてヨリモドシを外せば帆ユニットが船体と分離できます。

船体長さ14センチ 舵まで入れると18センチ 高さ33センチ(帆柱22センチ)
サーボは1.7グラムサーボを2個 自作スピコン バラストは42g スクリュー直径18ミリ 6ミリモータ
Trois chats良い天気がやってきたら、進水式です
電池は700mAの1セルリポを積んでいるので、5~6時間は遊べる予定

# by mayoneko | 2014-12-16 10:13 | 船舶艦船 | Trackback | Comments(2)


< 前のページ      次のページ >