2015年 03月 03日

妖怪たまにずれ

出ました 妖怪たまにずれ たまにというか大きく印刷物がズレています

3Dプリンタは下から順に0.2ミリづつとか樹脂を積層していくのですが、
積層中に大きくズレることがあります、私はそれを妖怪たまにずれの仕業と呼んでいます。

妖怪にやられた造形物を裏返してみると、途中で大きくズレているため
空中に印刷されてしまったフィラメント(樹脂)がワシャグシャと絡み合っています
この妖怪は特に長時間の印刷でやってきます。短時間の印刷では来ません

印刷中人がいる時もけっして現れません、長時間の外出の際にお出かけから帰ってきたら
プリントが出来上がっていて嬉しいなあとか思って、出かけた時に長時間印刷かけると
たまに現れます。
たぶんこの妖怪は毛むくじゃらで、服を着ていなくて、しっぽがあるのでは無いかと思っているのですが
ズレる瞬間を目撃したことがないのでなんとも言えません。

# by mayoneko | 2015-03-03 09:53 | PRN3D | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 01日

OneNyanShip

猫用一匹乗りタグボート(ワンにゃんシップ)を作図中。全長11センチ高さ10センチ

タグボートとなるか、消火艇となるか、設定で装備品が変わってきますが・・・
でもまだ何を目的にして働く船かは正直決めかねていて作図(妄想)が止まっています。
それよりも、とても大事な防水構造をどうするか?
いま甲板は簡単なハル内壁へのはめ込み式にしてあるのですが(吸物椀の蓋とおなじような感じで作図も簡単、後加工も殆どいらない)

より良い防水を考えるとタッパーウェアの蓋のような構造にしたほうが良さそうです
(作図ちょと複雑、再現性が悪いと後加工がいろいろいる)なああんて
考えすぎても出来上がらないので、とりあえずやってみるかニャ、タッパーウェア蓋方式。

とりあえず、エンジンハッチのようなものをマフラーとフィルタとハッチ 

フォークリフト風ハンドル付きコックピット

タイヤとか、もっと摩耗した感じだと思うが、作図するのが難しいので、あとでペーパーで磨くこととする


# by mayoneko | 2015-03-01 11:58 | 船舶艦船 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 28日

猫ダイエット

中身30%1.5gあった体重を中身空っぽでが0.5gに 超ダイエット!?

3Dプリントで立体を印刷する際に、皮の厚みと中身を設定する項目があります
中身(Fill Density)をゼロにすると皮一枚だけの造形が可能となり
100にするとムクの造形物が出来ます。

猫皮の厚み0.4ミリ

昔同じものを家庭で作ろうとすると、まず粘土などで猫の原型を作りシリコンなどで型をとりプラキャスト(2液を混合すると固まる樹脂)を流しこんではグルグルと型を立体的に回して、樹脂が固まる寸前に大半の樹脂を捨てるを繰り返し、シリコン型表面に付着し薄く残った樹脂を積層させながら作らねばなりませんでした(ざっとこのサイズだと2日程度の作業)。それが原型も型も作る必要なく1時間程度であっさり出来てしまうとは。そ
れにサイズ替えしたくなっても楽勝です。
便利だにゃあ3Dプリンタ


# by mayoneko | 2015-02-28 15:15 | PRN3D | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 26日

ストロガロ360/3

3Dプリントパーツとストローを組み合わせて作る、ラジコン飛行機ストロガロ
今回翼の角度が120度のタイプを作ってみました、シルエット的にはこちらのほうが好みです。
主翼幅は60センチちかくなっていますが、畳めるのでモウマンタイ

ここまで70度から120度までの様々な翼の角度やプロペラの違いや操縦システム違いによる飛行安定と組み立て易さメンテナンスのし易さの違いを体験してきました。
このタイプの機体の特徴とて言えることは、いずれの角度でも気持よく飛行できるバランスはかなりピンポイントで、調整初心者にはかなり茨の道に感じそうです、角度の違いによる初心者向けの幅広い良バランスが生まれる機体構成を探っていましたが、ストローとフィルムで構成する場合は難しいようです
またスロットル開け閉めの加減も初心者向けではないように感じます。(少なくてもオン・オフ的な操作しかしない子供には向いていません)

などなど諸々楽に構成するなら主翼重心位置付近にペラを置く方式なら、いろいろ楽にはなります。
またダイレクトペラの甲高い音もこの機体の飛行シーンには向いていないように感じ、静音と長時間飛行を求めてギヤダウンで大径ペラを使いたい。
となるとで主翼の中央に穴が大きく開き絵を遮るのも野暮
これは今回採用できない・・・

そういえば実験の中で面白いことも見つけました。この機体の翼はストローがフィルムの下に貼られているのですが、実はストローが上になるように裏返した狀態のほうが翼として安定します、特に余分なメカを排して極力軽量な狀態(8g以下)で飛行させた場合の低速飛行領域では明らかに飛行安定が良いのです。超軽量低速な飛行の世界では逆キャンバーが有利に働くことがままあります。ただ組み立て易さやメンテナンスから考えると、裏返した狀態はストロガロには不利なのでこれも不採用

(この写真の狀態ラダーのトリム入れて操縦なしで体育館の中を周回飛行させてつつカメラで撮影しています)
一応誰でも作りやすく、調整も簡単で飛行も簡単を目指していますが
どうでしょう?
ロガロタイプ案外曲者でござるよ 
今日は拙者このへんでドロン =人=

# by mayoneko | 2015-02-26 09:50 | 機体 | Trackback | Comments(2)
2015年 02月 24日

O~ 猫遊覧船 猫見遊山

「お~~ 凄いにゃ~」 やんややんや

進水式がてら、ふしみ製作所の放水銃のテストを見学する猫達

猫が5匹乗った3DプリントPLA出力の船は少し深く沈み過ぎています。
狙った喫水になっていない。かといって船底のオモリを少なくすると転覆してしまいます。
全長13センチの船はわずかなことでコロッとバランスが変わるんす

もう5ミリ喫水を浅くしたい、そのためには船体を再設計する必要があります。
船底の面積を増やす、縦方向の容量を稼ぐ
あと上部構造物(猫達も含めて)極力軽くする必要もあるように感じました。
猫一匹3gほどあるのですが、猫のいる場所次第で簡単に船の傾きが変わってしまいます。
5匹もいるんで15gも甲板にいることになります。今積んでいる船底バラストは20g 
なるほど僅かな波で揺れるわけです。
船って飛行機並にバランス命なことを体験学習進行中(発泡スチロール船は超楽だったニャ)
喫水は浅くしたい、でも安定感は欲しい、でも船体のラインは余り崩したくない
欲張りなのでノンビリ進めます。
船のバランスで調べてみると喫水計算、トリム、浮心、GM、STABILITYなどの言葉が引っかかってきた。

# by mayoneko | 2015-02-24 09:24 | 船舶艦船 | Trackback | Comments(4)


< 前のページ      次のページ >