トラタヌ バナナ猫 & トラタヌ ホッケA8

ラジコン 飛行機で空中戦を実現したIRDシステム搭載に向いた、
発泡スチロールで作る翼幅30センチ程度の機体
トラタヌ バナナ猫 & トラタヌ ホッケA8の簡単な図を公開します。
d0067943_19361729.jpg

d0067943_1048999.jpg

d0067943_10482024.jpg
d0067943_10482877.jpg

普段製作するときはほとんど図面を引かないので、かなりいい加減な図ですが
d0067943_1634241.jpg

これら2機に適合する動力は
6㎜モーターギヤダウンに 80㎜カーボンペラ 70mAリポとの組み合わせだと軽く20分以上のフライトが可能です
4㎜モーター(2モーターセスナパーツ)に換装したオートフライトギヤ&ペラユニットなどが使えます。
お勧めは6㎜モーターに45㎜~40㎜程度のペラダイレクトがもっとも扱いやすく操縦性も抜群です。
d0067943_10484998.jpg

d0067943_10485794.jpg
d0067943_1049781.jpg

要点は押さえてありますので、参考にして好みで形をアレンジしてみるのも一興かと。
いずれもこのサイズでは総重量10g以内に収めることが非常に重要です。
飛びはこんな感じです。
トラタヌ バナナ猫

トラタヌホッケA8 

もしこれを参考に何か作ったら、コメントもらえると嬉しいです。
機体に関する質問コメントもお待ちしております。
Commented by Ichi at 2010-01-20 11:22 x
 頂いた素材でホッケを参考に作ろうと思い、キャンバが深いので「水平尾翼は大きめに」程度に思っていましたが、現場で実物を見ていたにも関らず、セッティングの具合に驚きました。水平尾翼はかなりダウン気味なんですね。主翼の迎え角の大きさにも気づきませんでした。

 機体の詳細公開、感謝です。参考にさせていただきます。どんな具合になるかは、落ち着いてから整理してご報告したいと思います。
Commented by mayoneko at 2010-01-21 13:25
Ichiさんコメント有り難うございます、私は手抜きして初めて操縦する人でも楽に飛ばせることを最優先にしてしまうので、もろもろ太めだったりします。飛行経験があることを前提にすれば、スケールに忠実な方向に絞っていくことも、この重さなら十分可能なのでいろいろ試して、よかったら結果教えてくださいね。
Commented by Ichi at 2010-01-22 10:13 x
 頂いた主翼素材を使った機体が完成しました。諸元は名前のリンク先の記事。
 ホッケを参考にするはずが、ジェット機風になってしまいました。翼幅が短めですが、浮きは十分です。次回飛行会で最終調整の予定です。
Commented by としちゃん at 2010-01-22 18:06 x
Ichi さん、主翼の素材が役に立って良かったです。次回飛行会で現物を見るのを楽しみにしています。
Commented by jd_ni at 2011-04-18 22:35 x
良く飛ぶカッコいいこの機体をWW2マイクロインドア機のスケール風手本として 制作してみたいのですけど板(材料)の厚みは、どれぐらいでしょうか?
Commented by としちゃん at 2011-04-18 22:58 x
主翼の厚みが2,5ミリ 胴体の厚みが3ミリです。胴体中心ににカーボン板の補強を入れない場合は胴体前を5ミリ後ろを2ミリくらいになるようにテーパーをつけてカットすると良いでしょう。
Commented by jd_ni at 2011-05-05 15:17 x
暫くです
これ結局にコイルが難しくてサーボ仕様で仕上げる事に・・・
by mayoneko | 2010-01-20 01:44 | 設計図 | Comments(7)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー