スパン54㎝ Vtail SAL の巻

Vtailってカッコイイってことで、110度(V 尾翼の内側の角度)でやっては見たものの・・・
総重量は以前のYtailより機首をスリムにしたこともあって2g軽くなって27gになったが投げ上げるときヘロヘロ~、
風に煽られて舵を当てるとヘロヘロ~とあきまへん。
d0067943_12211613.jpg

あきらか軽さ重視の細いカーボンパイプで出来ているテールブームの剛性の無さから
Vtail故の捻り癖が出て機体後部が捻れている模様。
下垂直尾翼をたしてYtailにしてみて、駄目だったら 普通の十字に戻そうかな
追記
Ytailにしたら、綺麗に上昇するようになった。思いっきり投げても平気でよれなく上がっていく。
ただVtailのラダーの効きが悪い(当たり前か。この状態でラダーとエレベーターを分けた物を試してみるのも
オモロイかもしれん 改造され続ける機体だなあ 後で写真を撮っておこう
Commented by Rai at 2010-06-08 20:36 x
実は試したのですがVtail機で回転投げすると前転します!
1回転して無事でしたが(笑)
考えてみるとそりゃそうだなと納得でしたが・・・

Yテールはキャンバーの付いた主翼のアップ癖を殺す為にランチ時にダウンを入れる為なのですかね?
RC化するとランチモードを作れるのでクロステールで問題ない気がします。(癖が無いです)
水平尾翼面積は拡大した方が飛行時のピッチングを押さえられ、
高度ロスを減らせるので有用に思いました。
サーマルを積極的に使う際にフリーフライト仕様だとテールの失速が大きいと感じました。(私のは1mスパンのですが)
Commented by としちゃん at 2010-06-09 00:46 x
Raiさん 私のRC化した機体ではノーマルの状態でのYtailのエレベーター、ラダーでラダーを使っての旋回時に高度ロスが発生しやすく、2機目の60㎝サイズの物はクロスに最初からしました、こちらはいい感じです。たぶん積極的に舵を打つ機体と完全自律でのフリーフライトとは諸々セッティングの違いや機体バランスの違いがあるような気もしますが、フリーフライトのエキスパートの機体のサーマルへの乗りの良さというか、入ったら何もしなくても抜け出さないところが素晴らしく、下手に操縦してかえってサーマルから外れてしまうのでは格好悪いとも思え(私が下手なのが最大の問題とも言える)それでもできれば積極的に操縦してサーマルを見つけ突入したら放っておいてもサーマルの中に居続けるような機体が出来ないかなと思っていますが、まだ答えが出ていません。
Commented by Rai at 2010-06-10 23:06 x
勝手にサーマルと言えばこんな解決方法も・・・
http://www.hobbycity.com/hobbyking/store/uh_viewItem.asp?idProduct=11734
ピッチ方向にジャイロを入れたら完璧かも(笑)
RCと言うより手元に戻すことが可能なフリーフライトに出来ますね。
Commented by mayoneko at 2010-06-11 00:58
加速度センサかなにかでリフトを確認したら、旋回に勝手に入るのかあ、オモロイと言えばオモロイです(笑) コメントにあるみたいにたしかに飛行速度に応じたミキシングとかいろいろ要りそうな気もしますね。
そうそう手元に戻せる、フリーフライトと言うのが 私の求めているのに確かに当たっています。広場でよくあうグライダー名人で野球投げで10M程度しか上げていないのに、的確に小さなサーマルに乗せてやがて大きいリフトに合流させる使い込んだロッキー使い名人の技を見ていると、格好良くて仕方がありません。60㎝スパンでもあんな事が出来る機体ってのを作りたいです(たしかに素直にでかいの作ったほうが近道ちゃー近道なんですが)そこはそれ超小型飛行体研究所ですからあ
by mayoneko | 2010-06-08 12:30 | グライダー | Comments(4)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31