なぜかそこにあるワナ カーボン翼修理

飛ばしていて楽しくて仕方がないELF DLG高度がかなり落ちて来ているが、
もう少しアスファルト上のサーマル拾いを粘ろうと思ったのが運の尽き
カッツーン アスファルトと芝生の境界用にに渡されている縄に主翼がヒットォオオ
なぜかそこにある縄
d0067943_18292783.jpg

やってしまった OTL 
d0067943_1832572.jpg

家に帰って主翼を振るとラッキーな事に欠片が出てきた。どうりで現場で破片が見つからないわけだ
そうかこういう事があるのならあきらめないで
今度欠けたら直ぐに穴をテープで塞いでから破片こぼさないように持ち帰ろう。一つ学んだ
d0067943_18333918.jpg

欠片が大きく前縁が綺麗に残っていたのでカーボンリップで裏打ち修理に決定
d0067943_18343014.jpg

まず0、2㎜厚のカーボンリップを耐衝撃用瞬間で前縁の内側に何回かに分けて張り込み
タマゴのカラ内側の薄皮のようなかんじで一皮下のDボックス構造を作り上げた後
欠片を丁寧に乗せ耐衝撃用瞬間で止めた。
d0067943_18354985.jpg

残りの隙間とつなぎはゲルチョップ
(繊維を細かく切って樹脂などで練ったモノで接着剤やパテ代わりに使う)
の要領でカーボン繊維を短く切り、もみほぐしたものを隙間に瞬間で練り込む
d0067943_18393916.jpg

表も裏も盛る
d0067943_1840747.jpg

サンドペーパーを板に張り付け 盛ったところを周囲に合わせて水研ぎで平滑にする
d0067943_1841916.jpg

番手は400番で荒削りして800番で整えきる
d0067943_18422983.jpg

ここまで来たらピンホールを埋めるついでに瞬間接着剤を薄く塗ってならし
瞬間接着剤の段差を800番で磨きあげる
d0067943_18433537.jpg

水をつけて研ぐと 歪みなどが光の走り具合でよく判りやすいのと、
サンドペーパーの目がつまらず砂ダマでひきづらないので効率よく研磨作業が進む。
d0067943_200679.jpg

水研ぎサンドペーパーの番手を1500番2000番と上げていき
最後にコンパウンドで磨いて終了
d0067943_19544060.jpg

あんまりキンキンに神経質にやる気がないのでこの辺でやめる。
ここまで修理ざっと1時間、良かったこの程度で済んで。
Commented by moto at 2011-02-24 21:00 x
機体を見ていると、つい障害物があること忘れちゃうんだよね。
だも、なんとまあ、早く綺麗に直したこと・・・。
Commented by ふしみ at 2011-02-24 21:29 x
傷口を見た時はア~!って感じでしたが
最後の写真は「どこを直したの?」っていうくらい綺麗ですね。

ビデオ、ありがとうございました。
Commented by mayoneko at 2011-02-24 21:39
瞬間接着剤で横着したので早かったです、久しぶりにカーボン用エポキシ樹脂も出して覚悟して修理に臨みましたが穴も小さく運良く破片も揃っていたので簡単に早く済みました。
by mayoneko | 2011-02-24 18:44 | グライダー | Comments(3)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31