佐渡遠征 3日目 トキ三昧

これは! とツアイスレンズ越しにみえる羽根の色に釘付けになった。
日本の色というDICチャートで トキ色なるものがあるが、
実物の生きた朱鷺色を始めて見た事になる。
これが朱鷺色かとじっくり目に焼き付けた(双眼鏡越しだけど)
d0067943_18452925.jpg

遠征3日目朝から雨 空は明るいが晴れる予感が微塵も感じられない中
SFC代表の栗田さんの案内で素浜など海岸沿いの飛行ポイントを案内してもらう。
待ち合わせ地点でトキが4羽枝にとまっているところを双眼鏡で観察
なんて幸運
日本最大の島に4羽しかいない60羽放鳥されているらしいが遭遇率は極めて低いらしい、朱鷺に労せずしてピンポイントで出会えたのだから
ついでに晴れてくれると良いのだが、そうは問屋が卸さない
d0067943_18535271.jpg

隙あらば海岸でalulaでも飛ばそうと虎視眈々伺っていたが
雨は止まない風向きは最悪と海岸で飛行ポイントの観察だけ行った
d0067943_1851595.jpg

それでもせっかく砂浜に来たのだからビーチコーミングでも思ったが
 これといってめぼしい物がないので写真だけ少しパチりんこ
d0067943_21114712.jpg

まあ よくある写真だったりして
d0067943_191922.jpg

波が小石を越えるときは左右に広がる様が実に面白い
d0067943_1924971.jpg

素浜を巡った後千石舟博物館へ 大きく迫力があったがパッと見かなり不安定そうだなと思った。
だがこれで東回り、西回りと航路を開いて日本沿岸の物流を支え大都市を潤していた実績の前には
私の懸念も杞憂の物なのだろうと思うが、自分だったらどうやるかなあとか妄想
詳しく知りたい方は河村瑞賢などで調べると面白いです。
d0067943_2045253.jpg

それにして木製なのにでかい、舵の形が美しいと思ったのでパチリ
こんなでかい舵どうやって動かすのかあと頭の謎解き引き出しにしまった。
この博物館は隣が廃校を利用した民族資料館になっていて、佐渡の民具や伝統を見ることができる
信仰と分類された部屋には実際に使用されていた仏壇や位牌まで並んでいて、
かなり異色な展示で楽しめた。生活雑貨で目に付いた物をパチリ
d0067943_2084665.jpg

どんな闇を照らしていたのかカーバイトランプが良い味出てます。
d0067943_2092044.jpg

さまざまなサイズ用の桶板作成用治具 一度使って体験製作してみたいなあとも思いました。
d0067943_20125449.jpg

博物館をあとにして灯台へ ほんとは飛行が出来るかの場所確認なのですが
私は灯台下の磯が最高のポイントに見えて見えて仕方なく
飛行可能かどうか調べるよりも、
磯の状態や磯への降りルートの探りをするのに夢中になっていました。
磯釣り師ならヨダレの出そうなさらしと深さがある極上の一級ポイントにしか見えない
地元釣り師でもあるホンマさんににあとで尋ねると
がまかつのトーナメントにも使用される磯とのことで超納得 
是非ここで餌を飛ばしてみたいと固く誓った。(オイオイ)
d0067943_20183153.jpg

お昼は小木のそば屋七右衛門の500円蕎麦 これがあご出汁つゆをぶっかけて食べる手打ち蕎麦で
超気に入りました。写真を撮るのを忘れ、がつがつ喰って気がついたら2杯目の中程でパチリ
うまかったあ これは佐渡に行ったら必ず寄らねばならない必須ポイントとなりました。
建築好きには店内の建物の構造も必見です。
d0067943_2023568.jpg

雨が止んだのでマイクロプレーンの飛行場で一飛ばし
d0067943_2024416.jpg

BOTのバッテリーが無くなるまで飛ばし (遠征中2200mA一本しか使わなかった)
d0067943_20252522.jpg

飛ばした後はお土産捜しに農協コープストアへ
コープ前で栗田さんと別れ、買い物後ホンマさんと合流 
d0067943_20262388.jpg

本間さんの車は実に理想的な4ナンバー車で後部座席がなく床がフラット
常に機体が組み立て状態で立てかけてあり飛行出動態勢が整っています。
これはいいなあと感心することしきり
しばらく釣り談義をしてホンマさんからあく抜き済みのワラビを貰いました。
また小木港までの道すがら車からホンマさんが急に窓から右に手を突き出すので
そちらを見るとなんと2羽の飛んでいるトキと田んぼに佇む1羽を目撃
1日2回 違う場所で たった4羽の朱鷺と出合う
超エンカウント率発動 佐渡在住の方でもそうそうこんなことは無いのではないでしょうか?
d0067943_21511071.jpg

この日の移動ルートのログが残っていました。
d0067943_20374288.jpg

小木港に着くと出港2時間半前とあって待機列1~番
ホンマさんにお世話になったお礼を言って乗船
d0067943_220166.jpg

フェリーは佐渡上陸時は前が開き 直江津では後ろが開きます。
そのため後進で出航後湾内で回頭し航路に乗せる形を取る様子がGPSに残っていました。
波と風が強かったのでこういったライン取りになったのではないかと思いますが
次回もログを取って海図と照らしあわせて比較してみたいですね。
d0067943_20444586.jpg

フェリー車両甲板ポールポジション、一番で入庫し一番で出庫します
グワーッとゲートが開いて誘導で一番に飛び出すことに興奮 カッコエー
d0067943_20471796.jpg

は良かったのですが、船尾で揺られながえらカモメ観察したせいか
出航前に腹一杯食べたカツカレーが行けなかったのか
ローリングとピッチングの混じった揺れにカレーが外に戻りそうになったりして、
2時間半耐えに耐えた後なので実は青い顔していたと思います。
それでも地上に戻ればケロっとして連休にもかかわらず比較的空いている
高速をひた走り家にたどり着いたのが日を越えての午前1時
総走行距離976Km ほんとよく走りました。なんだかんだでマジ疲れました。でバタンきゅう
d0067943_2051630.jpg

それでも案外早く目が醒めてお昼にはホンマさんからいただいたワラビを山菜蕎麦に
家族にも好評で夜は山菜ご飯にして食べました。ホンマさん何から何までホントにありがとうございます。
SFCの栗田さん佐藤さんホンマさんTeam QuadoraのSugaさんesuさん いつものmotoさん
今回大変お世話になりました。
次回遠征への課題もいくつか掴んだので是非いろいろ試して行きたいと
思っています。これからもよろしく。
Commented by suga at 2011-05-04 10:22 x
としちゃん、お疲れ様でした。
車を出していただけたので、大量の機体と人が運べましたね~
次回も宜しくお願いしたいです、高速料金1000円が廃止になってしまうと辛いですが、ドンデンの放牧状況と3連休を考えると10月頃に次回の遠征となるかもですね~
佐渡の朱鷺は60羽程が放鳥されているようですよ、狸にやられたり、本土新潟まで渡る物もいるようです。
いずれにしても、4羽纏めて目撃し、飛翔する姿も見られたのでラッキーでしたね。
Commented by mayoneko at 2011-05-05 09:49
sugaさん運転代行ありごうございました。おかげでお酒が呑めました。朱鷺は60羽も放鳥されていたのですね、それだけいても目にすることはマレのようですから、わずか2日で2回も偶然見かけるのは幸運だったと思います。牛さんの都合にあわせ良い時期に又出かけたいです。
by mayoneko | 2011-05-03 19:12 | よもやま | Comments(2)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko