マイクロSAL コラボレーション

以前作った、やまめ工房製フリーフライト改造マイクロSAL or DLGの翼を変更しました。
スパン510㎜ 重さ20.7g(70リポ搭載時 23.1g)
d0067943_1616890.jpg

なんで変更したかというと
偶然辿り着いた滑空道というサイトで
60㎝スパン重さ26g で80秒台出せる凄いマイクロSALの映像を見たからです。
あんなの作ってみたいニャーと、ふと壁を見ると
無風時しか飛ばさない本来室内用のRCマイクロSALがぶら下がり
棚を見るとやまめ工房製の細めの翼を持ったフリーフライト機14gが目に入り
引き出しを見ると、ふしみ製作所製カーボンキャノピーが
d0067943_16463693.jpg

これはコラボで楽して作らずにはおられないということで。
主翼交換とキャノピー取りつけは対衝撃用瞬間接着剤
指掛け用ペグは翼端に付けてカーボンロービングとマイクログラス瞬間接着剤貼りで固定し
2時間ほどでサクサクッと組み上がりました。
なかなか小粒で格好良くでき、お二人に感謝せずにおられません。
重心位置を決めきっていないので、余裕を見てキャノピーが少し長めですが
重心位置が決まれば簡単にハサミでチョキチョキ切れるので短くするのは簡単です。
d0067943_16163712.jpg

以前の翼は翼弦80㎜でスパン470㎜でした。今回の翼は翼弦62㎜ スパン510㎜です。
北風ピューピューな近所のグランドで軽くテスト飛行してみました。
以前の翼より簡単に高度を稼げ、投げる際に、たいして力が要りません
以前はバトミントンラケット空振りな感じで投げていたのが
卓球ラケットを軽く空振りするような感覚でヒョイッと振るだけです.
投げはヒョイなのにスパーンと上がる感覚がオモロイ
そのうち晴れた広場でおもいっきり飛ばしてみたいと思います。
追記
参考リンク
やまめ工房 材料の調達先 
http://ameblo.jp/yamamecoubou/entry-11057436786.html 
ふしみ製作所 極薄カーボン成型方法
http://hw001.spaaqs.ne.jp/kazu-fushimi/p3/p3.htm
リンケージやサーボの固定方法 (いい加減な方法)
http://trhk.exblog.jp/10997632/
もしリニアサーボでキンキンのニュートラルを出したい場合は、行って来い方式の両引きリンケージが良いようです。(広場で教えて貰いました)
d0067943_9485814.jpg

Commented by hiokasw20 at 2012-01-20 09:02
すばらしいです~。
ぜひ真似をしてみたいんですが、胴体の材料は何をつかわれてますか?
Commented by としちゃん at 2012-01-20 09:33 x
胴体は凧用のカーボンパイプです、詳しくはやまめ工房さんのこのページを
http://ameblo.jp/yamamecoubou/entry-11057436786.html 
カーボンキャノピーの作り方はふしみさんのページでカーボンペラの作り方が紹介されているので参考になると思いますhttp://hw001.spaaqs.ne.jp/kazu-fushimi/p3/p3.htm
 フリーフライトの翼をそのまま使ったので2段上反角ですがRCなら1段で十分だと思います。
サーボなどの固定は接着剤でパイプに直接貼り付けています。
http://trhk.exblog.jp/10997632/
Commented by 野末 at 2012-01-20 11:52 x
かっこいいですね!
特にカーボンキャノピーがいい!
僕が今作ってるRCやまめSALはキャノピーをバルサで作りましたが、
イマイチです。
こちらは風邪が強くてテスト飛行できません。
Commented by hiokasw20 at 2012-01-20 12:46
追加情報ありがとうございます。
材料を買い集めて、近日着手したいです。
Commented by mayoneko at 2012-01-20 16:23
野末さんのやまめ猿はやくテスト飛行できるといいですね。調べてみると浜松って場所によっては、かなり寒い風が吹くようですね。
by mayoneko | 2012-01-19 16:25 | グライダー | Comments(5)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30