0.8gの折り畳みカーボンプロップ

以前作った、軽量折り畳みプロップの反省点を活かした、軽量折りペラを製作しました。
d0067943_13585534.jpg

以前の物は軽い点では素晴らしいのですが構造が華奢すぎて、プロペラが展開するときタイミング悪く、ボディにちょっと振れただけでも軸からペラが外れてしまう癖がありました。
そこで今度は薄紙で接着面をコーティングするなどして各パーツの接着を強固にしました。
d0067943_1402381.jpg

まず1.4㎜の真鍮パイプ6㎜を正しい位置にプラ棒を治具にして固定
d0067943_1415575.jpg

ピアノ線1㎜をコの字型に加工した物と1㎜厚の航空ベニヤのプロペラホルダーを固定
d0067943_1442027.jpg

治具とセンターの2㎜ネジを取り除きます。各部の接着が甘くなっていないか、位置関係が可笑しくなっていないかを確かめ、プロペラをパイプ間際で切断します。
d0067943_1461843.jpg

プロペラを試しにたたんでみると、軸の一部(赤丸付近)がホルダー部分に当たることが解ったので
プロペラホルダーとプロペラ軸両方を削って干渉しなくなるまですり合わせました。
d0067943_148438.jpg

薄い紙で接着部位を瞬間接着剤を使ってコーティングし接着強度アップを計ります。
d0067943_149449.jpg

0.8gで完成しました。以前の折ペラ0.22gと比べると4倍重くなっていますが、以前のペラでは推力8g程度が限度でしたが、今回のペラでは推力20gちょいまでは十分持ちそうですしグラウプナーの折ペラ4.6gと比べるとかなり軽量です。
総重量30g位までのモーターグライダーに積もうかとトラタヌしています。
Commented by 野末 at 2012-01-30 15:43 x
これ、いいねー!
ど根性で作りましたね。
製品化すればすぐに買います。
Commented by mayoneko at 2012-01-30 19:42
手探りで考えながら作っていたので、なんだかんだで2時間ほど製作にかかりました。カーボンペラを自作する際に最初から折ペラ仕様で製作しておけば、かなり楽が出来ると考えています。
Commented by ふしみ at 2012-01-30 22:02 x
上手いこと作りましたね、そのまんまマネしちゃおうかなぁ。
ハブの部分、ブレード交換できるようにする良いアイデアが出ないのでまだ手を出していないんですが、ブレードは1.4x6のパイプを使った共通の構造で作ろうと決めました。
Commented by mayoneko at 2012-01-31 07:54
ふしみさん、私の場合プロペラホルダーが平らで薄くガスパリンのブラシレス専用なので、今後の事も考えると通常のマイクロブラシレスによく使われている軸径1.5㎜のシャフトに取りつけることを想定したホルダーにしておいた方が良さそうです。ブレード交換する場合考えていたのが1㎜のネジか1㎜のシャフトの両端を加工して片方はEリング片方は平たい頭みたいなこと夢想していましたが、ネジがなんだかんだ楽かなと思っています。
by mayoneko | 2012-01-30 14:17 | 動力関連 | Comments(4)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30