太陽電池を利用したリポ充電器自作

太陽電池(ソーラーパネル)も随分安く高性能になってきました。
そこでエネループやリチウムポリマー電池の自作充電器をこさえようかと思い
d0067943_11414390.jpg
5Wの出力が取り出せるものをお試しで購入しました。ほぼA4サイズに近い感じです。3K以下で購入できます。(秋月電子)
同価格帯の性能が激怪しい自称ソーラーチャージャーを買うよりは
確実に充電できるはずとトラタヌして ポチっ とな
この電池の仕様は・開放電圧(Voc):21.6V・最大出力時電圧(Vmp):18V・短絡電流(Isc):0.305A・最大出力時電流(Imp):0.277A・最大出力(Pmax):5W寸法:288x188x15mm重量:0.7kg
これは何も接続していない状態でのデータなのでさっそく繋いでみます
d0067943_11452694.jpg

接続したのはGeeBee R2に付属してきた2セル用充電器
いちおう12Vが入力となっていますが、いきなり繋いでみます(無謀なのでよい子は真似しないように)
煙が上がることなく、スタンバイ状態で問題ありません(いまのところ)電圧的には
曇り空にもかかわらず19Vを指しています。ではと充電ボタンをポチ
d0067943_11503519.jpg

9Vをテスターは示していますが、問題なく充電が始まりました。
200ma2sセル80%残量が15分程度で充電完了できました。曇り空でコレですから実に頼もしい
本来なら、出来るだけ損失の少ないレギュレーターなどで、適正な電圧に落としてから
使用するべきですが、なにせ貴重な電力なので、出来るだけ直結(
逆流防止ダイオードは必須でこの場合パネルに付属)
ロス無く電気を貯め込みたい。
普段は鉛電池やエネループに電気を常時貯める以外にも
フィールドに持ち出して現地充電もできると素晴らしい。
今回の実験でとりあえず簡単な構成でも使える事が判ったので、
今後ロスを抑えた適正電圧の取り出しや、小型化をどこまで進められるかなどを
ラジコン環境で運用しつつ、探って行きたいと思います。

ピュアグライダー用の電池をソーラーで充電して遊ぶって何か素敵な感じニャ

ちなみに直接接続はロスが無くて良いのですが、ソーラーパネルの能力や面積に出力電流が左右されるので、接続対象とのバランスを考えて構成する必要があります。今回はダイレクトでうまく行っていますがW数が大きいものであればしっかりした電圧管理が必要になってくるでしょう。

オマケ
d0067943_12383185.jpg

TURNIGY のACCUCELL6にダイレクト接続してみましたが 
あかんですね、2V近くまで落ちてしまい、5Wでは能力不足のようです。
こちらとの組み合わせの場合いったん12Vのシールドバッテリー(鉛電池)に充電してからの運用になりそうです。
Commented by 八歳 at 2012-04-21 12:11 x
最終はグライダーにパネル積んで半永久機関の確立ですにゃ!
Commented by mayoneko at 2012-04-21 12:46
ふしみさんが秋葉原で購入した太陽電池で6ミリモーターをブン回して爆走するチョロQサイズのオモチャがあるそうなので、これに積まれている様な性能の太陽電池で耐久性あるなら十分可能そうですよー (一昔前の太陽電池で遊んだことがある人ならにわかには信じられない性能ですよね普通の6ミリモーターが回るなんて!)
by mayoneko | 2012-04-21 12:01 | 電池関連 | Comments(2)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31