2012年 08月 09日

がまのほとしおからとんぼ

d0067943_13432539.jpg

昨年セットした水盤池(ビオトープ)にシオカラトンボがやってくるようになった。
d0067943_13444185.jpg

ガマの穂に止まるのがお気に入りらしく今日は何時間も止まっていた。
おかげで激写しまくれた。驚かせて飛び立たれても3分もじっとしてれば大抵は戻ってくる。
なのでじんわり近づけば結構近くまで寄れる。
パシャッ    パシャッ
   パシャッ
      ∧_∧ パシャッ
パシャッ (   )】Σ
.     /  /┘   パシャッ
    ノ ̄ゝ
 
d0067943_1403788.jpg

       ミ∧_∧ パシャッ パシャッ
       ミ (/【◎】
     .  ミ /  /┘
        ノ ̄ゝ
d0067943_13473022.jpg

あとで写真を拡大して見るとことのほか面白かったので最大画素で撮っておけば良かったとチト後悔
d0067943_13491189.jpg

ここまで逃げず寄れるなら、いいマクロレンズが欲しくなってくるニャ
d0067943_1343504.jpg

トンボが来るようになったのは嬉しい限りだが、この小さな池で
来年はヤゴとメダカの壮絶な生き残りバトルが起こるかも知れない・・・
ココの画像ものによっては1280ピクセルで置いてあるので、画像クリックして大きくして観察すると
面白いかも。羽の付け根とか羽の波打ち具合とそれに伴う支脈の構造なんかスゲーなあって感じで楽しめました。

by mayoneko | 2012-08-09 14:01 | よもやま | Comments(4)
Commented by Ichi at 2012-08-09 17:18 x
がまの穂とのバランスが良いですね。

それにしても見事な接写。高解像度デジタルカメラの存在価値が分かりやすい。
羽の付け根付近、前縁部は「くの字」型で強度を確保してるんですね。知らなかったぁ。付け根の筋肉(?)も迫力。
Commented by mayoneko at 2012-08-09 19:31
デジカメに付属のノーマルレンズで適当に撮ってここまで撮れるのですから良い時代になりましたよね~。トンボの羽のアップを機械の構造だと思って見ると計り知れない深さがあって、ほんと迫力あります。
Commented by よこかわ at 2012-08-11 01:15 x
すごい写真!四枚の主翼、格好いいですね。器用にホバリングもこなしますよね。あんな軽い体で、風の中でも安定して飛んだり・・・この翅脈の造形とか、自然てすごいですね。
Commented by mayoneko at 2012-08-11 10:20
一説によると3億年前から進化してきたようですから、人間が飛ぶようになって100年程度では到底追いつけない完成度ですよね。ちなみに今度遭遇したら最大画素でと思っているのですが、なぜか現れてくれません。


<< へ~ 紙飛行機と扇風機でこんな...      HDDからSSDへクロン2日間... >>