輪ゴム2本で1分2秒は飛ぶようです。

輪ゴム2本動力インドアプレーンで滞空時間1分2秒
(geogeさんが昨日のSSFC飛行会で達成 ワインダ~使用 620回巻き)
d0067943_9345210.jpg

私はプロペラを指でくるくる回しながらゴムを巻く方法で36秒でした。
昨日の飛行会に来た子供たちにも大うけで、こんなに飛ぶゴム動力の機体は見たことがないと驚いていました。
パーツさえあれば製作時間5分でできる、お手軽インドアプレーン&輪ゴム2本手巻きで
簡単に滞空時間30秒を超えることができることが解ったので、ワークショップ向けに量産化を考えてみたいと思います。
Commented by Ichi at 2013-08-12 17:06 x
僕も子供の頃に、ゴム動力の飛行機はロクに飛ばないと思っていました。
また、付属のゴムが切れたらそれまで(入手方法を知らなかった)なので、
この成果は素晴らしい。
キットや手作りの飛行機で遊ぶ子供が増えたら楽しいですね。
Commented by mayoneko at 2013-08-12 22:42
調整さえ良くとれば、大抵の機体は良く飛ぶはずとは思うのですが、回りに調整を教えてくれる大人が減ってきているので、調整のコツをつかむにはなかなか大変なようです、あとゴムだけを買うとか今ではネットでないとなかなか買えませんし、それぞれの機体にぴったり合ったゴムを見つけるのも大変なので、輪ゴムはその点最強だと思ってます。
by mayoneko | 2013-08-12 09:55 | 機体 | Comments(2)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30