16gのモノがぶら下げられる軽量クアッドコプター試作

スティックバルーンを8本搭載できるクアッドコプターを自作しました。
安全の為に極力軽量な構成になるように風船含めて90g以下程度のモノを目指しています。
d0067943_8591152.jpg

3Dプリントパーツが出来上がり、モーターやESCなどもようやく揃いました。
d0067943_934520.jpg

ちょと欲張った3Dプリントパーツは18g 大丈夫か?
d0067943_95535.jpg

足を止めれば4gは軽くできるので、いざとなったら足を捨てるか
とか考えながら、組み立てに入ります。
d0067943_944154.jpg

5ミリのカーボンパイプをセンターパーツに組み付け
d0067943_9443199.jpg

センターパーツにFCを載せます
d0067943_983480.jpg

モーターマウントを治具を使って距離を均等に保って固定します。
ここまで固定は全て1.4ミリのネジで行っています。
d0067943_994490.jpg

一個2.8gのブラシレスモーターTurnigy A1309-7500KV を固定します。
d0067943_9121255.jpg

このモーター3.8V1.4Aで3020ペラだと推力22gくらい出ます。効率は4.1g/w程度です。
基本1セル仕様ですが、5Vかけると31gくらい推力出ます。ただし効率は25%ほど落ちます。
d0067943_9184062.jpg

スティックバルーンを止める外周リングのパーツは、飛行テスト後に取り付ける予定ですが、とりあえず設計どおりハマるか確認します。ここまで寸法ミスが無くサクサク組み立てが進むので
オラ実に楽しい
d0067943_9202988.jpg

足を取り付けます、軽量化のためにリング部の中を中空にしてあります。3Dプリントの厚み制約で外形3ミリ穴1ミリ厚みが1ミリにしなければならず強度過多重量過多です、ほんとは0.5ミリ厚とかで発注できるといいんだけど。
d0067943_921445.jpg

一応水準器も載せる予定ですが、推力が貧弱なのでバランスが取れない時は、FCのLCDともに撤去予定。
と今日はここまで。
実はまだ1セル900mAとかのリポが届いていない(マレーシアポストだあ)。
配線は軽量化最優先でコネクターを使わずハンダ付けのみで行うため
調子の良い時に慎重に行う予定です。

あ~言葉遣い 予定 ばっか ニャ
今回一番メンドくさかった作業 
d0067943_9341414.jpg

安物の正逆そろった3020ペラは左右の厚みが違う代物で(片側0.9ミリ片側0.7ミリ)とプロペラの裏を思い切り削らねばなりません、削っていてハズレも出るため何本か余分に削ってバランスとった後
モーターでぶん回して一番振動の少ないものを1セット選抜しました。
GWS正規の3020で正逆ピッチペラが見つかると一番ラクなのだけれどなあ

7月13日にインドアプレーン飛行会やる予定 (台風なんて知らん)
Commented by Bokkinen at 2014-07-14 18:32 x
mayonekoさま、こんにちわ!
昨日は発泡スチロール板まで頂きありがとうございました!
プロペラアダプタも使わせて頂きます!
バルーンクアッドも拝見させて頂きたかったのですがバッテリーが東南アジア飛行中だったのですね〜残念です…。
Commented by mayoneko at 2014-07-14 20:37
Bokkinen さんコメントありがとうございます、たぶん皆同じコンテナで送られてきたりかもですね、昨日は飛行会においでくださりありがとうございました。また遊びに来てくださいね。
by mayoneko | 2014-07-11 09:12 | フライトコントローラーFC | Comments(2)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31