レスキュー艇って、なんで出来ている?

お砂糖、スパイス・・・素敵なものいっぱい
な訳なくて
 重い物 隅に転がっているもの捨てられないもの・・・ 捨てきれないモノいっぱい
d0067943_2074064.jpg

で出来上がることに
ブラシレスモーター 3枚ペラ メタルギアサーボ EPPブロック
いずれも何年も引き出しの片隅に眠っていたものばかり 
EPPブロック(40ミリ厚)に至っては10年もの
この味ガタマランではなく、カタマラン(双胴艇)タイプで
最初はシンプルなスロットルと推力偏向のみのエアボートを建造 しかるのち
必要な機能やブラッシュアップは実戦からフィードバックって
(超現場主義、行き当たりばったり方式とも)を戦略の核として
とりあえず作って 浮かべて運用してから考えて行く予定 
ってことで。重さを気にしない工作って超楽だあね

「べ 別に motoさんに激安レスキュー艇アマゾン在庫最後の一隻を買われたからじゃないんだからね」
追記 色は限定されるものの売っている模様
d0067943_21302499.jpg

そういえばずいぶん前からこれ水物にいいんじゃねと思い、飛行会で吹聴していた
 NEVER WETなるシロモノが
いつの間にかアマゾンで買えるようになっていた。
ギガジンで使用感が報告されている。 
Commented by moto at 2014-07-26 21:22 x
そうだよね。EPPブロックが無ければEPPシートを貼り合わせれば、簡単に船体はできちゃうんだよね。私もあのボートが送料込み1393円じゃなかったら買わなかったよ。グリーンは売り切れだけど、赤とグレーはまだ売ってるよ。
この3枚ペラ、バランスとれてるの?
ま、フルスロットルにすることは無いと思うけど、もしフルスロットルを続けたら、サーボにかなり負担がかかりそうだね。
Commented by mayoneko at 2014-07-26 21:43
motoさん、この3枚ペラはクアッドコプター用で何もせずに当たりだったのかもしれませんが全開でも振動がなかったです。サーボはスロープグライダー用に試しに買ってあったものでトルクは2Kちょいくらいです、いちおう手持ちで動作させた範囲ではフルスロットルでも首振り大丈夫でしたが、ダメになったら死蔵している4KトルクのBluearrow製ウィングサーボを投入する予定ですが、できればこちらは将来フォークの上げ下ろしに使いたいトラタヌ
by mayoneko | 2014-07-26 20:13 | 船舶艦船 | Comments(2)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー