PRN3Dエクストルーダーの組み立てと調整

PRN3Dは熱溶解積層法fused deposition modeling、FDM)である。
そのため樹脂を熱で溶かして、積層していくわけなので、1.75ミリの経の細い棒状にした樹脂(フィラメント)を溶かしつつ送り出すメカが必要 人それをエクストルーダーと呼ぶ
d0067943_211223100.jpg

ドライブギアと呼ばれる溝のついたプーリーをステッピングモーターで回してフィラメントを熱されたバレルというチューブへ送り込む、溶けた樹脂はバレルに繋がれた真鍮製の0.4ミリの穴が開いたノズルからニョロニョロと出てくる
というわけで、2ミリのドリルをガイドに使い、ステッピングモータ軸の適切な位置へドライブギアを固定した。
d0067943_2119177.jpg

ドライブギアだけではフィラメントを送り出せないので、クイックリリースレバーと呼ばれる樹脂の先端へベアリングを取り付け、そのベアリングをスプリングでフィラメントに押し付けドライブギアとの摩擦を増やしてフィラメントをバレルへと送り込む、
d0067943_21314482.jpg
この部分は組み立てると暗くなるので、フィラメント先端を差す際に判りやすいように照明用のLEDをはめ込む穴を開けた。
d0067943_21231410.jpg

d0067943_21241453.jpg

LED照明をあてにしてフィラメント先端を右のアルミブロックに取り付けられたバレルへと導きやすくした。
d0067943_2125397.jpg

d0067943_21263326.jpg

スプリングは結構硬いので、スプリングを組んだままで全体を組み立てようとすると、ボルトが通らず非常に苦労した、最終的にスプリングはネジ止めを全て行ったあとで一番最後に斜めに押しこんでも組み込めることが解ったので、、今後の分解組み立てのときはそうすることにする。
d0067943_21282058.jpg

LEDの配線は空冷ファンの電源へオンブした。
d0067943_21322834.jpg

Y軸のヒーテッドベッドユニットの穴に合わせてY軸のスライドユニットの全長を微調整
d0067943_21331687.jpg

250ミリのロッドの頭が少し出るくらいで、ベッドユニットの穴にフィットした。
d0067943_2136283.jpg

ここまで作業を進めると、やることが無くなったので、すこし心配なサーミスタの試験をおこなった。
サーミスタ試験ついでに制御基板とPCのドライバが正しく動くかもテスト
d0067943_21391196.jpg

pronterfaceというソフトで制御基板に接続し、Checktempで温度を見る
コマンド行にT:20.6と温度が表示された、ためしにサーミスタを手で触ると即座に温度が上がった。
d0067943_2273828.jpg

続いてヒーターの温度をセットしてみる、基板のヒーターLEDが点灯し、アルミブロックが見る見る熱くなっていくにつれ、T:180と温度も確実に計測されていることが確認できた。
いちおうこれで一安心、あとはフレームの到着を待って全体を組み上げるだけ(のはず)
d0067943_21443633.jpg

ちなみにエクストルーダーユニットをX軸ユニットに乗せる際にヒータ配線を90度近くひねらねばユニットに組み付けられないことが仮組みで分かったので、ヒーターユニットのネジ止めはX軸ユニットに載せるまで緩めにしておいたほうが、線への負荷が少なくてよいと感じた。私は一回画像のように曲げてしまったってから、そのことに気がついた。
夜待望のアルミフレームが補充されたので、明日は全体を組めそう。
最初のプリントは何をプリントしようかにゃあ?
Commented by ふしみ at 2014-10-22 23:35 x
ここまで出来れば残る難関は調整だけですね。
言うまでもないことですけど、水平、垂直、平行です。
Commented by 通りすがり at 2014-10-23 01:22 x
ノズルはコアの奥までしっかり挿入した方が良いですよ。
ヒーターとノズルの先端が離れていると、それだけフィラメントの溶融量が増えて
ドライブギアにおけるフィラメントの摩擦に負担がかかります。
また、ヒーター付近の温度とノズル先端の温度に差がでるので温度調節がシビアになります。
ノズルを締め直す際にサーミスタの先端部分がコアとノズルとの間に挟まって割れない様に注意してくださいね
Commented by mayoneko at 2014-10-23 09:42
先達のみなさん貴重なアドバイスありがとうございます、これからもよろしくお願いします。いちおうノズルはバレルに届くまで挿入したのですが、確かにメーカーの画像と比べると挿入が浅いですね、もう一度分解して組み直してみます。今ひとつ心配なのが、Z軸方向の8ミリシャフト用LM8Uベアリングの滑りが鋼材とべリングだけの組み合わせでも一つだけ少し硬いのでちょと心配ですが、とりあえず全体組んでみようと思います。
Commented by 八歳 at 2014-10-25 13:12 x
お久しぶりですー
最近3Dプリンターがあちらこちらで見かけるようになってきたので制作意欲がわいてきました。
部品点数の少ないデルタタイプを構想中ですー
予算の都合で時間は掛かると思いますがプログの方参考にさせていただきますね!
Commented by mayoneko at 2014-10-26 11:53
八歳さんおひさしぶりです、なんか部品だけ自力で集めてもいける自信が今回の製作でつきました(そのコースで行くと出費も半額近くになるみたですし)もし近くにファブラボとか誰か3Dプリンターを持っている方がいたら、現物を見るのを超おすすめします。製作が超楽になると思います、作ろうと真剣に思っていて現物見ると大変構造や意味が頭に入ってきます私は知ったようなつもりで組み立てたのでいろいろ苦労しました。現物見本が横にあれば一日かからずできちゃうような感じです。、デルタ型スタイリッシュでカッコいいですよね。私はより小型のプリンタを自作したくなってきています。
by mayoneko | 2014-10-22 21:59 | PRN3Dプリンタ | Comments(5)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31