小径カーボンプロップの観察

猫が3匹もいる研究所へ来てしまったハムスター(遠くで下宿している娘が飼っているハムが冬休みで帰省した)は、まず助からないので猫達のいない別棟の工房で暮らしています。おかげで用がなくても工房へ行ってハムちゃんの餌やら水やら交換しなければなりません。私のハムではないので預かった責任だけが重くのしかかります。手乗り芸を仕込んであるので、可愛いと言えば可愛いんだけど余りに可愛がると休み明けに下宿先に戻ってしまうので消失感がヤバイ
d0067943_114117.jpg

香港で売っている格安小径カーボンプロップ(画像中段)を絶版品のMCF3225(画像下段)
と較べてみると、カーボン繊維の織りの粗さや繊維の走る方向が違うことが解ります。
カーボンの焼き具合や含浸させる樹脂や折り目の方向にもよりますが、
手元にあるこのプロペラたちでは織りが荒いほうが
柔らかい(しなりやすい)傾向にあります。
ちなみに画像最上段のカーボンプロップは最も推力が得やすい、飛ばいない機体もこのプロペラにすれば飛んでしまう魔法の、今となっては幻(絶賛絶版)カーボンプロップでして
同じモーター、同じギヤ比で回した時、ダントツ推力を誇ります。
d0067943_11212657.jpg

画層内上から順に千石6mm径3.3Ωモーター 3.8V印可 1対3のギヤ比で回した時
幻カーボン4025相当 推力14.3g 消費電流570mA 効率6.6g/w
HK82mmPROP  推力9.85g 消費電流450mA 効率5.7g/w
MCF3025  推力10.8g 消費電流400mA 効率7.1g/w
画像にはないが
HK101mmProp 推力12.5g 消費電流530mA 効率6.3g/w
さらにちなみに 先日紹介したマイクロクアッドの6ミリモーターダイレクト40ミリペラの値は
40mペラ     3.8V10.8g  650mA 4.4g/w 
9:60 4inch 3.8V 19.5g 590mA  8.7g/w
9:60 3.2inch 3.8V 10.3g 310mA 8.7g/w
ふむ~ん 
Commented by Bokkinen at 2015-12-21 18:17 x
ハムちゃんの脚力を活用してプロペラを回せないでしょか?
リス車を延長すればそのまま回転翼機にもできますけど!
Commented by mayoneko at 2015-12-21 22:24
このハムちゃんかなりの高速仕様で写真を取るとたいていブレます。実はこの画像はキーボードを高速で掘っているところです、飛行機は無理でもヘリウム飛行船の動力にハム動力を使うのはネタ的にそうとう面白そうな映像が取れそうです、今度ハム体重はかってみよ。
by mayoneko | 2015-12-21 11:50 | 動力関連 | Comments(2)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31