3倍速く動くサーボ

サーボに3Dプリントで作ったパーツを取り付けて、3倍の動作角を得られるようにしてみました。
d0067943_2383130.jpg

とりあえず勢いで作った外付けの3Dプリンタ製ギヤボックスはかなり重くなってしまいました。
もう少し肉抜きが必要です。せめてあと0.6gは軽くしたい。
d0067943_2381199.jpg

構成は単純にサーボホーンの代わりに36歯の03モジュールギヤをネジで取り付け12歯のピニオンギヤで受けています。
d0067943_2375667.jpg

トルクは当然1/3以下に下がりますが、一応カタログスペックの1/3だと60グラムはあるようなので、今回の用途には十分使用できる範囲です。
d0067943_2374068.jpg

組みあげて実際にサーボテスターで動かしてみると、動作角は240度を超えることがわかりました。
これならより多彩な動きの制御が可能になります。サーボテスターはシグナル幅が大きいので、基本動作角60度を20度近く超えて動かすことが出来ます
簡単な追加工作で動作角は3倍に、そして動作速度も3倍のサーボがあっさり出来ました。 

この動画に映っているやつの進化系「はねたま」3号機はこの改造サーボを使います。
Commented by Bokkinen at 2016-02-12 11:00 x
3倍速いなら赤いフィラメントで専用にしてツノも付けたくなりますね!
240度とゆーことはもしやあの鳥さんのような使い方でしょか?
Commented by mayoneko at 2016-02-12 13:31
そうです、これは赤くする必要がある案件で笑、240度はあの鳥さんの尾のようにも使えるし、垂直上下移動や前後左右のスライド動作も可能なりそうです。
by mayoneko | 2016-02-11 23:08 | アクチュエータサーボ | Comments(2)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31