グリセリンを使った自作小型発煙装置

小さな船に乗せるための小型発煙装置を作るため、

小さな瓶を求めてダイソーへ そこで直径25ミリ 高さ50ミリの香水瓶を入手
d0067943_21364851.jpg

発煙部分はケブラーの糸を束ねて径0.24ミリのニクロム線9センチを巻きつけました。
d0067943_21363622.jpg

香水瓶の中ぶたに、煙突になるシリコンチューブ、空気入れるシリコンチューブを接続するための真鍮パイプ、ニクロム線のリード線を通します。
d0067943_21355852.jpg

グリセリンは原液のまま、ボトル半分ほど入れます。グリセリンで瓶の中を満たしてしまうと、うまく発煙しませんでした。グリセリンは最初想像していたよりはるかに減りが遅いので、ビンの1/4(おおよそ2CC)もあれば十分そうです。多分その量で20分は保つでしょう。
d0067943_2136956.jpg

とりあえず3V1Aで発煙しますが、量が足りない、もう少し増やしたいが消費電流は増やしたくない
今回の実験ではケブラー繊維をニクロム線の上に巻いていないので、巻けばグリセリンがもう少し蒸発しやすくなるかもしれない、YOUTUBEで電子タバコの改造を見ていると綿を使用して、ものすごい量の煙を発生させているので、ガラス綿が手に入ればそちらも試してみたい。
排煙パイプの形状や材質や長さでも煙の出方は相当変わるので、この実験いろいろ面白いが部屋が煙い
火災報知機が鳴らないように気をつけないとイカンにゃ





by mayoneko | 2016-06-08 22:00 | 船舶艦船 | Comments(0)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31