2016年 09月 26日

人類初の飛行を体験できる幸せ ツインマグナ~す

こんな異形の飛行形態を人類が見るのは、たぶん私達が初めてでしょう。
MINI-Z BAR ANNEXのBokkinenさんが見せてくれました。

ふしみさんの世界を「アッ」と言わせたマグナスのような飛行機から3年

いやあ、まさか垂直に近く立ったまんまで飛行できる、ローターウィング機が出てこようとは。
理論からではなく実践からこそ飛ぶものが生まれる素晴らしい見本です。Bokkinenさんありがとうございました。
久々に震えましぜ
いずれのモデルもそうですが、海外ではものすごくパワーを入れて(3セルハイパワーブラシレスなど)ローターウィング機の飛行を成立させていますが。
これらのモデルで使っているのが7MMモーター2個&(160mAリポ)か2セル(240mA程度の容量)&超小型ブラシレスモーター程度でハーフスロットルで余裕で飛びます、こういったところが又凄いところでもありんすよ。






by mayoneko | 2016-09-26 12:37 | お知らせ | Comments(2)
Commented by Bokkinen at 2016-09-26 13:03 x
としちゃん、ご紹介ありがとうございます〜!
ふしみさんの回転翼機に憧れて作ったのですが、水平のハネをどーしても付けたくなくて2ローターにしてみたところ縦の方が安定しました。
理論はありません(笑)
ふしみさんから色々アドバイスを頂いたのと、日ごろからとしちゃんにとにかく何でも試してみることだニャと教わっていたのが成功に繋がりました〜!
Commented by mayoneko at 2016-09-26 14:03
Bokkinenさんの柔軟な発想力と開発の過程での観察眼の慧眼が生み出した倒立飛行が見事すぎます。いやあ先入観の破壊を体験できるのは楽しいですね。


<< アルソミトラ マクロカルパのビ...      FCとRXとCleanflig... >>