TORATANU 165 →167

昨日行われたIAC-ASOの飛行会でトラタヌ 165、意外にあっさり飛んでしまいました。飛ぶことが解ったので、いつもの所長シールを両翼に貼りました、重さを測ってみると、1.67g 0.02gの増加です、張り終えたあとで飛ばしましたが、これといって、飛びの違いは感じませんでした。
トラタヌ165
全長140mm 翼幅120mm 
主翼面積約0.6d㎡ 翼面加重2.7g/d㎡
d0067943_041978.jpg
と6畳間の室内で8の字飛行をさせるには、つらい翼面加重かと思われましたが。
とてもラダーがよく効くのと、翼幅120mmでも思った以上に飛ぶ速度がとてもゆっくりなので、6畳間で楽勝で
飛ばして楽しむことができました。また100円ショップのキャリングケースに収まる様に設計したため、3メートル4方の空間をみつければ、カバンやリュックに入れて持ち歩き、どこでも飛ばして楽しむことができそうです
Commented by 野末 at 2006-01-30 12:04 x
たしちゃんの177を真似して作り出してます。でも1.9gくらいになってしまった。やはり元祖は違うなー。で、さらに軽量な167ですか、参った。
Commented by としちゃん at 2006-01-30 16:43 x
10F200受信機私の腕では0.17gが精一杯、tokoさんやマーティンhttp://mnewell.rchomepage.com/Planes/Midge%201.0/Midge-1.htmlなんか受信機重量0.1gを切っているので、それを目標としていますが、恐ろしく難しいっす、ちなみラダーに使っている磁石は今1.5mm径のものを使っているのですが、1mmでもいけそうな感じがあります。そのほかなんだかんだででトラタヌすると1.5gを切れるのでは思っているのですが、厚い壁です。
Commented by mayoneko at 2006-01-30 17:05
マーティンの赤外線版はこっちでした。
http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=464760
Commented by 丸山 健 at 2006-01-30 20:36 x
私は行けませんでしたが、飛行会は大成功だったようですね。「継続は力」と言いますが、今回、参加人数/機体のバリエーション/性能、それぞれに向上が見られたようですね。「羽ばたき機」の姿は、見る者、全ての人に心を許させてしまうところがあります。「羽ばたき機」のパイロン・レースなんてどうでしょう。ハリー・ポッターの世界ですね。トラタヌ・シリーズは、とうとう全幅120mmに。どこまで小さく・・・?
by mayoneko | 2006-01-30 10:38 | 機体 | Comments(4)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30