2006年 02月 06日

Cierva C-30 オートジャイロ

d0067943_151648.jpg
イタリアはミラノにあるイタリア博物館へ閉館前1時間に滑り込みました、目指すは乗り物館、どんな展示物があるかまったく、知らなかったのですが、面白い機体にめぐり合えました。
オートジャイロを発明したシェルバの作ったモデル、C-30です。
おおーこんなところで合えるとは、なんと奇遇な、昨年に小型のオートジャイロを作って、うまく行かなくて、いろいろ悩んだことが楽しく思い出されます、本物は一体どうやっているのか?
ローター軸とエンジンのダウンスラストの関係はとか、ラダーを使わずに、水平尾翼を動動かしているのか?ローターの断面は、ブレードの角度はなど、いろいろ舐めるように見て回りました。ほかの機体ではブレリオやマッキ、バンパイヤ、などありましたが、なんといっても、あまり見たことがない、オートジャイロの機体がダントツ面白かったです。
d0067943_1514030.jpg
d0067943_15212100.jpg


by mayoneko | 2006-02-06 01:52 | よもやま | Comments(4)
Commented by たかはし at 2006-02-06 21:20 x
としちゃんそろそろ日本に帰り着いて、時差ボケで爆睡中でしょうか?
会社で今日のお昼のメニューに「ポークカツミラノ風」があったので思わず食べてしまいました(^^)どこがミラノ風だったんだろう・・・
それはさておき、シェルバオートジャイロいいですね。こういう古典機を間近で見れたとはうらやましい限りです。
ところで個人的にもっと気になるのは、天井からぶら下がってる蚊とんぼみたいな飛行機、ブレリオ単葉ですね。小生、この機体がこよなく好きで、手に入るモケイがあれば片っ端から集めているのですが、実物は見たことがありません。いいな~日本にもあるんだろうかレプリカでもかまわないけど。いつか、ピーナッツサイズくらいの室内スケール機に仕立てて飛ばしてみたいものです。
Commented by 永野 at 2006-02-06 22:31 x
いいなー。見たいなー。シェルバ。売店で設計図売ってないかなー。
Commented by としちゃん at 2006-02-07 00:38 x
今日の午後、家にたどり着きました、そのご爆睡、今はみょーに頭がスッキリしていて寝れなくて困ります。閉館寸前で滑り込んだので、とっくにミュージアムショップはしまっていました。残念、次は何時来れるかにゃー
Commented by mayoneko at 2006-02-07 01:46
思い出した、昔の国立博物館にブレリオ単葉に積んだエンジンと同型の、アンザニー3気筒エンジンがありました、そっかー知ってたら、ビシバシ画像撮ってきたのにニャー ブレリオはチョビットしかありません


<< メッサーシュミット C-30 ...      ニュルンベルグトイショー チョ... >>