PS プロペラセイバー の使い方

PSといっても、パーフェクト・ソルジャーの略 (ハイそこっ!ぴくっとした人、手を挙げて)
ではなくプロペラ・セイバーの略ですがニャ八
野外の電動から始めた方にはなじみが深いものですが、室内の超小型機でラジコン始めた方にはかなり不思議なものに写るようで、意外に問い合わせが多かったりもします。
簡単に言うと、プロペラをゴムで止めておいて、いざ墜落したとき、ゴムが衝撃を吸収したりプロペラが外れてたりして、虎の子のプロペラを折る確立がぐんと減るという便利なものです。
d0067943_2153140.jpg
使い方は、プロペラつけて、ゴムでとめるだけだったりしますが、
d0067943_216097.jpg
中には自分でゴムを掛ける棒をつけなければいけないプロペラセイバーもあったりもします。
d0067943_2161120.jpg
画像の02モジュールのギヤに取り付けるタイプがそれで、画像では0.7ミリのカーボンロッッドを嵌めてあります、0.5のピアノ線でも大丈夫です、そのときはゆるいので、軽く接着剤をつけて抜けないようにしておきます。
d0067943_2163014.jpg
あと大きなセイバーだと、普通の輪ゴムが使えますが、小型機だと、専用の小さなゴムが軽くてよいです、ゴムチューブをカッターでうすく輪切りにしても、OKです。
by mayoneko | 2006-04-23 01:19 | 動力関連 | Comments(0)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー