RC-1 ピーナッツスケール機搭載テスト

0.8gサーボを2個搭載で翼幅330ミリの中翼プロフィール機をめの詰まった重い発泡スチロールで組んでみた
d0067943_18222811.jpg
重さ13g。6ミリモーターギヤダウンでは推力は9g程度しか出ていないのでこの手の形態にはアンダーパワーだが、それほど速度を乗せなくても、左右旋回ともこのサーボ仕様のエルロンによる旋回が可能なようだ。軽さは命 兎に角ヘタッピな私の操縦でもこのくらいは飛ばせる、それほど機敏なスティックワークを要求されないのも軽さ故だ そして落としても軽ければ壊れない 0.8サーボ搭載、翼幅330ミリ テストフライト ビデオ 
搭載前は頭でしのごの考えていたが これでようやく ウニウニから解放されそうだ。
Commented by kobara at 2007-08-31 18:38 x
へ~良く飛んでいますね~
これならインドアでも大丈夫そうですね、
頭から思いっきり行ってますけど大丈夫??
Commented by mayoneko at 2007-08-31 18:45
全然大丈夫でーす、この収録中は公開しているもの以外にもボコボコ落としていますが、いちども修理していません。機首周りをEPPにしたハイブリッドな構成は安心して落とせますが、腕も磨かないと落としまくられる飛行機が可愛そうですね。
Commented by たかはし at 2007-08-31 21:53 x
いつものテスト飛行場での収録ですね。セミの鳴き声に子供の歓声、BGMが季節感あっていいですね~肝心の飛びっぷりのほうも、エルロンキならではのロール機動とかなるほどです。ところでまた撮影助手くんを徴用しているようですが、もう学校始まったのではなかったでしたっけ?
Commented by としちゃん at 2007-08-31 22:20 x
学校も最初の1っ週間は給食なしの半ドンなのです。以前からこのサイズでのエルロン飛行ををアクチュエーターで成立さえようともがいていましたが、このサーボのおかげで意外にあっさり行きました。4Ch仕様にして4Wブラシモーター積んでも20g以内で成立できると考えると楽しいです
Commented by kitutuki at 2007-09-01 11:28 x
OH! げろげろ今日から9月~自然の恵み(雨)で30度に下がり涼しい(^^)v いきなり2ミリオン機飛翔!? 目の覚める話題に出て来ました。お邪魔します~
メカにお金をかけるとエルロン機が成功するでも貧乏所帯には無理、無理!
まだまだ稼ぎが足りませんから冬のボーナスで角が出なければ入手できるでしょう。しかし、程よいスピードで飛行されている(上半角が少し足らない様に思いますが・・・)ので安心?生地完の重量はいかほどでしょうか?
Commented by としちゃん at 2007-09-01 13:54 x
直線翼ですので上反角はありません。機体のみ重さは4gです。ロールを行わないのであれば、エルロン制御はmotoさんが今回の物より小型な物を2年も前に赤外線メカとアクチュエーターで成立させていますのでこちらのやり方を真似るという手もあります。http://www5e.biglobe.ne.jp/~e-plane/myplane-Nano%20Trainer.htm
Commented by kiyuyuki at 2007-09-01 22:50 x
あ~4g? 目の粗い発泡素材(0.5g)と比べると重量級に成りますね、
アクチュエーターは赤外線でなくFM受信機にIRxプラスで考え中!?
プロポ用の赤外線モジュールはFUTABA電波を出せる送信機しか使用できないので使えません。ところで、motoさん、いつの間にかF社のプロポも使用されて居るてっきりSANWA派だと思っていた~二刀流(羨ましい限りです)この機体、tokoさん、パイロットで充分にパイロン機してますね(凄い!)ご紹介ありがとう御座いました。
Commented by akiotarou at 2007-09-04 22:26 x
こんばんは。ビデオ拝見させていただきました。
ファン系が好きなのですが、このサイズはかわいいですね。
0.8gサーボ・・・最近の技術の進歩はすごいですね。

それと、エルロンを付けるからといって、そんなに金がかかるものなんですか?成功するかは工作技術などに係ってくるものだと思っていましたから・・・
Commented by としちゃん at 2007-09-04 23:22 x
akiotarou こんばんは、世界一ダントツ軽くてサーボもアクチュエーターもつかえてスピコンまで内蔵した5Ch受信機が1万2千円くらい、世界一ダントツ軽いサーボが2個で9千円くらい。モーターは430円 ギヤダウンが1500円くらい 電池が1200円くらい、機体がトロ箱から切り出したのでほとんどタダ しめて およそ合計2万4千円くらいかかってますが、これらのものは他の機体にも使い回せる物もあります。お気軽に近場で飛ばして遊ぶことができる、世界中どこにも売っていない小型軽量エルロン機がこの値段で製作できることが高いと感じるかどうかは人それぞれだと思います。超小型飛行機の飛行に成功するかどうかは作って飛ばして、飛ぶようにするだけです。
Commented by koba.... at 2007-09-05 00:34 x
トロ箱~.........なまぐさそ.....
Commented by としちゃん at 2007-09-05 09:35 x
鮮魚の汁がしみた物は所長がひっかくので駄目ですねー。できればお取り寄せの干物とかのクールパックで来たのがおすすめニャー
Commented by akiotarou at 2007-09-06 23:39 x
としちゃんさん、返信ありがとうございます。
24000は大人の趣味としては、けして高いものではないと思います。その程度の出費で作ることが可能ならば、大変楽しい趣味ですね。
Commented by としちゃん at 2007-09-07 01:01 x
akiotarou さんコメントありがとうございいます。ほんと楽しい趣味です。作った機体をすぐにその辺で気楽に飛ばして工作の成果を確かめることができるのでこらえ性のない私にはピッタリで最高でっす。
by mayoneko | 2007-08-31 18:23 | アクチュエータサーボ | Comments(13)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31