2001026 IAC-ASO飛行会

四国飛行会 OSFC飛行会の開催が近づいてきて気もそぞろな平所員です。
ということで今回はサラッとビデオを流します。ビデオで特に注目していただきたいのは秋になるとなぜか流行る複葉機の部分です
d0067943_2234658.jpg
。この超小型複葉機ラジコン スケールに忠実に作ると かならず足りなくなるのが 尾翼面積です。機体デザイン毎にその増量面積は違いますが今回鈴木さんのアルバトロスはビデオに写っているくらい増量して安定に至りました。伏見さんの複葉機はどのサイズでも安定して飛ぶ素晴らしいデザインとバランスですが、小型化がすすむほど尾翼の比率が大きくなってくる来るところに安定飛行の秘密が隠されています。
Commented by kobara at 2008-10-28 00:41 x
motoさんのジャイロ入りFOXどうでしたか?
スケール機もだんだん良くなってきますね~
Commented by Ichi at 2008-10-28 06:52 x
 秋になると複葉機が流行るのは面白いですね。僕もしっかりその法則にはまっていますね。
 鈴木さんの機体は作るたびに、スタイルやカラーリング、ディテールが向上していて、いつも見惚れています。
 尾翼のサイズは、スケールをとるか飛行をとるか、悩ましい。
Commented by moto at 2008-10-28 07:17 x
ジャイロ入りFOXの飛行目撃者はほとんどいないと思います。
5秒程度のフライト2回で壁に激突。モーターマウント破損でリタイアでした。
エルロンや水平尾翼の動作がカチッと決まらない状態でしたので、ジャイロ効果は不明ですが、短時間での感触は、尻下げでかなりスローフライトが可能で、少しスピードアップした水平飛行ではコロッとすることもなく滑らかに飛びました。GP15 10Wモーターに、4027Sペラで、250mAhリボです。重心位置は主翼前縁から2センチ程度。
次回はサーボとモーターマウントを取り替えて挑戦ですが、バレーコート2面は必要な機体のようです。
Commented by としちゃん at 2008-10-28 10:20 x
今日も良い天気ですねー このまま続くと嬉しい
スケール機はこだわり出すと茨の道なので
軟弱な私は飛んでいる姿が脳内イメージに近ければそれで良し
位で逃げています。なので静止状態のいい加減な機体姿はまさしく私のいい加減な脳の中身を写しているとも言え。しっかりスケールを追いかけている機体を見ていると博物館に来ているようなうれしさを覚えます。今後ジャイロとより軽量な超小型サーボによる4CH仕様の超小型スケール機製作が可能になれば尾翼容積をある程度絞っても 自律安定を保てるようになる時代が来るかもしれませんね。

Commented by 野末 at 2008-10-28 10:51 x
四国遠征直前の飛行会で調整できましたね。
motoFOXは確かにジャイロ搭載されてますねー。
今週末の天気はいいのかな?
Commented by としちゃん at 2008-10-28 10:57 x
四国遠征組の映像は今回あえて取りませんでしが皆さん調整が大分進んだようです。パラグライダーの日曜日は特に穏やかな日がいいですねー
Commented by 蛸林 at 2008-10-28 22:26 x
無尾翼機として飛ぶようにして、尾翼はオマケというふうにできたらいいのかもしれないですが・・・・
果たしてそんな風に調整出来る物なのでしょうか?
(~~;)
Commented by としちゃん at 2008-10-29 09:53 x
蛸林さんがどの機体を指してコメントしているのか解りかねますが、もしスケールの複葉の事を言っているのだとしたら、無尾翼機のそれに近いことが出来ますが主翼を強めのSキャンバーにした状態で調整は非常にシビアなものとなった事がありました。ただ何百回と試行錯誤したわけではないので、その位試せば楽にそういった調整が出せるようになるかもしれませんね。ちなみに複葉の無尾翼は飛行機が開発されて比較的浅い時代に搭乗していいるようですね。www.ctie.monash.edu.au/hargrave/dunne.html
by mayoneko | 2008-10-27 22:35 | 飛行会 | Comments(8)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30