2005年 06月 08日

両面テープを使った固定 

主に発泡スチロールの機体に受信機やギヤドライブユニット、電池を固定するのに、私はいつもNITTO TAPEの厚両面テープを使っています。このテープ粘着力が程よくて、ドライブユニットの固定後にスラストの向きを微調整するときも、程よく動いて便利です、電池の固定に使うと、何回つけたりはがしたりしても、粘着力が残っているので、ずいぶん長く使えます。難点は
いつまでもドロドロと噛みすぎたガムのような状態なので、見た目汚いという点でしょうか。貼れば当然見えなくなるので気にしないことにしてますが、あと張る場所にはあらかじめ、透明の荷造りテープや、マスキングテープを貼っておくことで、はがすときの力で発泡スチロールが壊れるのを防ぐことが出来ます。最後にこの両面テープを除去したいときは、同じテープか他のテープをぺたぺた押し付ければ、きれいに簡単に取ることが出来ます。d0067943_21583219.jpg

by mayoneko | 2005-06-08 22:02 | よもやま | Comments(0)


<< 基本に蛙 へんてこりんじゃなく...      ☆超小型ラジコン研究所 ☆祝-... >>