カテゴリ:動力関連( 81 )


2016年 05月 29日

簡単カーボンプロペラの作り方

薄くて小さなカーボンプロペラはアイロンを使って簡単に作ることが出来ます。

Georgeさんが直径60ミリのカーボンプロペラの作り方を飛行会で公開してくれました。

 現代のモーターと電池でありプロペラの回転数(6000rpm)以下程度、かつ飛行速度7m/s以下の領域であれば大体見ためプロペラらしく作れば、問題なく推力は出てくれます。ダメな時はダメなところを吟味して、そこに注意して作りなおすだけのこと。
ねじりより問題なのは左右の重量バランスで、振動が推力確保の一番の敵ですので、プロペラの左右バランスだけはテープを貼るか、ブレードを削り詰めるかして、振動対策をしっかり取って下さい。ここ大事です
d0067943_1040546.jpg

参考までにプロペラの平面形を上げておきます、これはあくまで一例で、なんとなくそれらしい形であれば
大体いけます。もっとカーブが欲しいとか、細くとか太くとか、各人の好みや要求するものが違うと思うので
適当にいい加減にやれば大丈夫です。
動画では割愛していますが、ビデオでの成形後、さらにネジリなどを微調整したい時は出力を絞ったハンダコテを使って竹ひごを火で炙って曲げるような感じでブレード根本のねじり加減を調整可能です。
要はカーボンプレートは熱によって再変形できると言う点に注目して各人工夫すれば良いということなのです。
最後に出来上がったプロペラを前後左右、側面からよく見て、それらしいなあと感じれば大体は正解に近づいて飛行機に装着して飛んでしまえば、なんであれそれで正解です。
超低速で超軽量な世界はいい加減でもなんとかなりますので、
こまけーことを思考するより試行することを優先することが肝心です。(うん いいこと言ったニャ)


最後に重たいアイロンを持って、遠路撮影用デモ製作に来てくださったGeorgeさん、秘術公開お疲れ様でした有難うございます。

by mayoneko | 2016-05-29 10:55 | 動力関連 | Comments(6)
2016年 01月 20日

アングリーバードの解体

アングリーバードリモートコントロールエアスイマーを腑開けしてみました。
d0067943_1814122.jpg

操縦システムは赤外線による2CH制御です、
d0067943_18162790.jpg

この赤いしっぽ振りメカに1CH スプリングでセンターを保持して、ギヤダウンしたモーターの正逆転の力で左右に尾を振ります、推進兼方向制御の両方ができるスグレモノです。
曲がる時は尾を半分だけ振ると振られた側に機体が曲がっていきます。
d0067943_18161132.jpg

もう1CHは受信機兼バラストの粘土を入れたゴンドラケースの前後移動
こちらはギヤダウンしたモーターの正逆回転で糸を絡めたプーリを回してゴンドラの前後左右の動きを作り出しています。
d0067943_18141556.jpg

このアングリーちゃん ちょっとだけ残念なところがあって
受信機プログラムの1CHと2CHの判断が甘い部分があるため、尾を振るモーター制御の信号が重心位置移動に誤変換されたりして、結構な頻度で機体が前後に揺れまくったりします。
d0067943_18145431.jpg

赤外線の到達距離は3mほどで、しっかり送信機を受光素子に向けていないと赤外線をロストしやすく、そのため8畳間程度の空間なら壁からの反射も手伝ってか操縦にストレスを感じないのですが広い体育館などでは赤外線信号ロストしまくりで操縦にとてもストレスを感じます。
短気な人ならアングリーな状態になるでしょう。
飛行船型オモチャとしては赤外線の到達距離以外はパーフェクトに良い出来なので実に勿体無い。
d0067943_18152288.jpg

この赤外線受信機の変調周波数はは38Kでも56Kでもありませんでした。なので私の持っている赤外線チェッカーでは反応しません。珍しい
d0067943_1817165.jpg

赤外線受光素子も見たことのない形状のタイプ 変調周波数気になるところですが、どのみち2,4gシステムにしてしまうので、調べません。
ちなみにこの画像にある、穴の空いたビニールはアングリーバードの尾っぽです、この穴は尾を振るときにいたづらに抵抗が増えないように開けてあります、また舵面をピンと貼らずに、わざと緩めに設定してあるところに開発者のこだわりを感じます。
d0067943_18153685.jpg

電池はおおよそ200mA程度で保護回路は無いタイプです。ちなみに私の周りでは5機購入中2機が購入直後に充電不能でした、おそらくリポの自然劣化が原因かもしれません。今回は私はババを引きませんでした、初期不良大魔王の汚名返上か?
d0067943_18154958.jpg

まあ細かいことは抜きにして、正逆のモーターコントロールができる2.4ghz受信機を用意して、赤外線受信機と入れ替える改造と修理をほどこせば到達距離と微妙な操作感の両方をあっさり獲得できます
RX43dあたりが使えそうです。さらに43d派生型車用か戦車用ならバッチリかもしれません。(モーターロック時の電流を測ってみないと解りませんが、たぶん大丈夫)
そうすればアングリーバードは広い体育館の中を思う存分、自在に飛びまわれることでしょう。
次回2月7日に行われる飛行会が楽しみです
みなさんのアングリーバードの調子はどないでした?

改造記事はこちら

by mayoneko | 2016-01-20 19:06 | 動力関連 | Comments(3)
2015年 12月 21日

小径カーボンプロップの観察

猫が3匹もいる研究所へ来てしまったハムスター(遠くで下宿している娘が飼っているハムが冬休みで帰省した)は、まず助からないので猫達のいない別棟の工房で暮らしています。おかげで用がなくても工房へ行ってハムちゃんの餌やら水やら交換しなければなりません。私のハムではないので預かった責任だけが重くのしかかります。手乗り芸を仕込んであるので、可愛いと言えば可愛いんだけど余りに可愛がると休み明けに下宿先に戻ってしまうので消失感がヤバイ
d0067943_114117.jpg

香港で売っている格安小径カーボンプロップ(画像中段)を絶版品のMCF3225(画像下段)
と較べてみると、カーボン繊維の織りの粗さや繊維の走る方向が違うことが解ります。
カーボンの焼き具合や含浸させる樹脂や折り目の方向にもよりますが、
手元にあるこのプロペラたちでは織りが荒いほうが
柔らかい(しなりやすい)傾向にあります。
ちなみに画像最上段のカーボンプロップは最も推力が得やすい、飛ばいない機体もこのプロペラにすれば飛んでしまう魔法の、今となっては幻(絶賛絶版)カーボンプロップでして
同じモーター、同じギヤ比で回した時、ダントツ推力を誇ります。
d0067943_11212657.jpg

画層内上から順に千石6mm径3.3Ωモーター 3.8V印可 1対3のギヤ比で回した時
幻カーボン4025相当 推力14.3g 消費電流570mA 効率6.6g/w
HK82mmPROP  推力9.85g 消費電流450mA 効率5.7g/w
MCF3025  推力10.8g 消費電流400mA 効率7.1g/w
画像にはないが
HK101mmProp 推力12.5g 消費電流530mA 効率6.3g/w
さらにちなみに 先日紹介したマイクロクアッドの6ミリモーターダイレクト40ミリペラの値は
40mペラ     3.8V10.8g  650mA 4.4g/w 
9:60 4inch 3.8V 19.5g 590mA  8.7g/w
9:60 3.2inch 3.8V 10.3g 310mA 8.7g/w
ふむ~ん 

by mayoneko | 2015-12-21 11:50 | 動力関連 | Comments(2)
2015年 12月 02日

小径カーボンプロップを香港より入手 

ヨーロッパ製の小径軽量MCFカーボンプロップが入手困難になってから、幾数年・・・
d0067943_15384130.jpg

香港からほぼ似たような(MCF3222とかMCF4027などによく似た)小径カーボンプロップを入手出来ました。
飛行会仲間が最初に香港から取り寄せた
直径約80ミリと約100ミリのカーボンプロップの初期生産分は薄すぎて弱い感じがしましたが、
今回頼んだロットは適切な厚みがあり、しっかりしています。
これで当分は小径カーボンプロップに困らなそうです。
d0067943_1193242.jpg

こういった超軽量な機体にピッタリな小径軽量カーボンプロップがまた入手できるようになるとは
ありがたや ありがたやで 近いうちにギヤダウンでの推力測定をしたいところです。

お知らせ
12月27日に納会兼飛行会開きます
当日は午後5時から7時まで飛行会 7時半から新百合ヶ丘で納会です。
納会参加希望はこちらのブログへ書き込んでください。納会の募集締め切りは12月13日まで

by mayoneko | 2015-12-02 15:39 | 動力関連 | Comments(2)
2015年 12月 01日

高性能マイクロクアッドのモーターを測定してみた

d0067943_16455724.jpg

超高安定静穏なダクテッドファン型マイクロクアッド 重さ19.4g
Blade Helis Inductrix BNF Ultra Micro Electric Quad-Copter Drone
の推力を測定してみました。モーターは缶径 6㎜ 長さ15㎜ 1.93gコード込み
  シャフト軸径は0.8㎜ ファン 32㎜ 重さ0.26g 
電圧  推力  消費電流  効率g/w
ダクトリング有り 3.8V 8.3g 660mA  3.3g/w
ダクトリングなし 3.8V 8.7g  670mA  3.4g/w
40mペラ     3.8V10.8g  650mA 4.4g/w 
9:60 4inch 3.8V 19.5g 590mA  8.7g/w
9:60 3.2inch 3.8V 10.3g 310mA 8.7g/w
d0067943_16494910.jpg

注目はダクト有りでも無しでも効率がたいして変わらないところ、ダクトは大抵効率落ちるんですけど
凄く設計が練り込まれていて、よいバランスを出しています。その上静かなのも凄い!
3.8V2.64A 約10W投入時に4基で合計推力33.2g って機体重量19.4gの機体にとっては
余裕のよっちゃんですね。
要するに他の機体に流用するなら、このままダクト型で使うのが正解って感じ。
まあ電流値は高いですが一個使うだけなら、今なら20C放電の60リポ(1.8g)使えば楽勝でまかなえます。数年前なら必要なリポは160mA(3.8g)とか必要だったでしょうけど
モーター単体の能力も非常に優れていて、4インチペラギヤダウンであっさり19g台なのが凄い!
8年前の6㎜モータの内径21.5㎜ダクトの効率は3.4g/wと負けていませんが、いかんせん推力は僅か2.4gしか出ていませんので機体重量は5gが限界でした。
このクアッドコプターのダクトなら一基で総重量15g程度の機体が楽勝で飛ぶでしょう(良く浮く翼構成なら)
ツインでいけば、飛びグリグリ振り回すなら、総重量は20gちょいくらいまで機体製作すればグリグリいけそう、A-10型でゆっくり飛んでロールかますとか、まあなんて素敵!と夢は膨らみます。
ただ残念なことに、このモーター単体で買うと10ドル近くします、4個買うと本体毎電池付きで買う値段に迫るお値段なところが惜しい。クアッド壊れたら取り出そうとか思っても、このクアッド超高安定なので、そうそう激しい落ち方をして壊れることがありません、たぶん壊れるのはモーターがへたってからでしょう
似た性能の安価な6㎜モータはいずこ?

お知らせ
12月27日に納会兼飛行会開きます
当日は午後5時から7時まで飛行会 7時半から新百合ヶ丘で納会です。
納会参加希望はこちらのブログへ書き込んでください。納会の募集締め切りは12月13日まで

by mayoneko | 2015-12-01 15:58 | 動力関連 | Comments(2)
2015年 01月 22日

ハイ・ロー ハイ・ロー 楽しいいっな♪

1/72スケールのRCカー・ワーゲンバスにLEDをつけてみました。
d0067943_19145949.jpg

本当は青でなく白が良かったですが、手元にあったのは青色のチップLEDだけだったので、取り付け方法の実験がてら、まあやってみました。
d0067943_19171691.gif

プロポのトグルスチッチと連動させて、消灯、ロー、ハイと切り替えられるようにしました。
あえて車内の遮光は行わず(面倒臭かっただけ)ハイの時は車体下部から光が漏れるように
走行中に点灯させると、あらいい感じ、もうライト無しの生活には戻れません。
d0067943_19193649.jpg

LEDの改造ついでに低速発進の粘りを出すために、モーターを純正から長いものに変更、余裕で収まります。
この改造で、わりと低速の走りだしが安定しました。
d0067943_19195370.jpg

ちなみにステアリングはシャーシにギリギリまで横穴を空けて、そこにリンケージを通して
ステアリングのメカを動かしてします。なにかの参考になれば
今後の課題としてタイヤを細くすれば横穴も広げられるしステアリングの角度も増やせます。
あと補強を入れやすくなるので、シャーシが折れる心配もなくなっていいかなと。
車のラジコン作りを始めるようになってからドライブ中の目線が変わりました。
夜のドライブで車を観察していると、尾灯やナンバーライトもつけたくなってきます。
ヨットのときもそうでしたが、なにか新しい遊びを見つけると観察対象が広がって、ちょとしたお出かけでも楽しさ倍増です。

by mayoneko | 2015-01-22 22:30 | 動力関連 | Comments(6)
2015年 01月 21日

ニャーゲンバス


◯◯に小突かれても壊れない。
d0067943_2244547.jpg

タイヤをHOスケールラジコンのたたき台として盗られ、放置される恐れもあった
1/72スケールのダイキャスト製ポン・デ・リング仕様ワーゲンバスにザ・バスコレクション 専用動力ユニットAを組み込んでRC化してみました。
d0067943_22472159.jpg

なんだかんだで、ワイヤーリンケージを諦め、すなおに棒でステアリングを切っています。
リニアサーボはガチャつきやすいので、モーターに20Ωの抵抗を直列にいれて、ガチャ付きを抑えています。
そのぶん、サーボの動作が少し遅くなりますが、ゆっくり走る車なので問題なし。
このやり方なら、HOスケールの大型トラックに簡単に組み込めそうです。
d0067943_946119.jpg

裏側はこんな感じです、本来磁石がはいるステアリング部にスプレーの延長ノズルのパイプを押し込んで、0.5ミリのピアノ線を差し込んでサーボで動かしています。

by mayoneko | 2015-01-21 22:52 | 動力関連 | Comments(4)
2015年 01月 20日

ザ・バスコレクション <BM-01>専用動力ユニットA

ザ・バスコレクション 専用動力ユニットAが届いたので早速分解
d0067943_2011870.jpg

この動力ユニットは厚さ2ミリのタイヤの外側で測って16ミリ幅、ホイールベース32ミリ(7ミリスペタイヤが4本)
分解は簡単でネジを外せばOK、さらにステアリング部と動力部がボタン電池収納部がそれぞれ別パーツなので
ユニットごとに分かれる故ホイールベースの調整も楽そう。
d0067943_20124795.jpg

ステアリング部はサーボからのリンケージをどうにかすれば簡単に使うことができそう
d0067943_2014632.jpg

1/72ポン・デ・リング ワーゲンワゴンに仕込むべくホイールベースを合わせた。
d0067943_20155222.jpg

モーターはコードがついていないタイプだったので、ハンダ付け。
ステアリングは行って来いのワイヤーリンケージを試してみる予定。
マイクロRCカーは細かくて目が疲れるので、ぼちぼち進めていくことにする。

by mayoneko | 2015-01-20 20:21 | 動力関連 | Comments(2)
2015年 01月 17日

遅すぎてもいけない

d0067943_213554100.jpg

これでホイールベース32ミリ 幅20ミリ
スロースタートは可能になったがががが全開でも遅い どんな状況かはビデオをご覧あれ。

あははこれで全開だす、目一杯アクセル踏んでます。
動きはスローだが走破性が著しく落ちキーボード上を走破できなくなりもうした、いくらタイヤが遅く回ってもグリップしないと意味が無いでごわす。
あと動力軸を可動できるようにした弊害でタイヤが揺れまくりです。
ここはやはり鉄道模型のように重く、モーター径も極力大きくが精神衛生上よろしいようで。
4ミリモーターではアカンです。4ミリの夢は燃え尽きました。
明日の飛行会でふしみさんのバスコレ専用動力ユニット の動きを見るのが超楽しみ。

by mayoneko | 2015-01-17 21:55 | 動力関連 | Comments(4)
2015年 01月 16日

スネイルメカ

カタツムリ並みの速度と出だし感がこれでいけると嬉しいなあ
d0067943_23191890.jpg

この方式ならサーボの改造はかなり楽になる。一番問題が起きやすいサーボギヤ最終段軸に穴を貫通させる必要がなくなる。
なんたってサーボ最終弾軸であるDカットしてある太さ1.4ミリのプラ棒にまっすぐ1.2ミリとか0.8ミリの穴を開けなければならないのだから
d0067943_23223026.jpg

サーボギヤボックスを開けてやることはサーボケース内側の出っ張り(角度制限用)をリューターで取り去ることと
だけ。換装用の4ミリモーターはシャフトが0.7ミリタイプなら、なんでも使ってみる
d0067943_23232173.jpg

穴あけはサーボ最終軸にもともと開いているサーボホーンネジ取り付け穴を0.8ミリのドリルで3ミリ程度掘り込むだけ。ここまで考えが来るのにでジャンクサーボ7個が犠牲になった、これを新品でやるとなるとしんどいが壊れようが汚れようが機体捨てようが自分で作れないパーツは温存しておくの精神でゴミを貯めこんでおいた甲斐があった。当然完全破壊されたサーボでも使えそうなギヤは取っておくのだ。なんてブログを書き終わって、ふと思いたって検索をかけてみると、ザ・バスコレクション 専用動力ユニットA(ホイールベース32mm)なるものを見つけた、もしかしてこれを使えば超楽なのか?しかも動力付きではないが、トラックや一般車両もいろいろあるではあ~りませんか。そんでもってNゲージ鉄道動力ユニット別売りもあるのねんなあ Nゲージというと車輪は9ミリ幅、いろいろ使えそうな気もしてくるのお。KATOのポケットライン用動力ユニットなんかお安くて良さそうに見えるが、果たして?実際に使ってみないと判らん、出だし感が知りたい

話変わるがHKの送料EMS8ドルをやめてDHL12ドルコースにしたら、12日朝時に頼んで15日昼には手元に荷物が届いた!4ドルの違いでこの早さなら嬉しい

by mayoneko | 2015-01-16 23:40 | 動力関連 | Comments(2)