カテゴリ:受信機( 17 )


2013年 08月 01日

3式操縦機

3式操縦機できました。
d0067943_20412970.jpg

この3ch送信機で3Dプリント6枚羽根 羽ばたき飛行機 猫の舌忘れを操ります。
d0067943_20423017.jpg

ボディにNC加工した木を使い
d0067943_20454669.jpg

、オイルステンで拭き仕上げました。
d0067943_20433481.jpg

常々怪しい飛行体にあうデザインの送信機が欲しいニャ~と思っていたのでした。

by mayoneko | 2013-08-01 20:59 | 受信機 | Comments(4)
2013年 07月 22日

案外片手は難しい。

片手で3Ch分操作できる送信機を常々作りたいと思っていた、で試作を作ってみた。
d0067943_939591.jpg

手に木片を持ちながら、ジョイスティックやら、スイッチやらを配置して
自分の手にぴったり合うような感じでレイアウトしてみた。
切った貼ったなので夏休み工作のティストがプンプンしてくるが、手になじむ感じを求めて
パーツ類をつけては握って操作してみつつ、チョイ足し、チョイずらしとかするには木を使うのが一番簡単で早い。
ほぼいいところで、各部を固めて、実際に飛ばして操作してみる。
ふむ~NN エルロン エレベータ操作は問題ないが、スロットル操作がどうにもなじまない。
余りにも従来型のプロポ操作に指がなじみきってしまっていて、なかなか刻々と変化する飛行状況に対応しての細かいスロットル動作に指がついていかない。普通のプロポでも初めて触る人はこんな感じを受けるのかと
自分がそういった感覚を忘れていたことを思い出した。どのみち指の動きは訓練しかないと思うのだが、考えるより早く指が動くようになるには飛行時間がかかりそうだ。とりあえず大体各部の配置も煮詰まってきたので3Dプリントでケースを作って仕込んでみたいと思う。
最終的には画像下にあるようなaruduino基盤を仕込んで、プログラム変更や、充電もミニUSBで出来るようになるといいにゃ。
そういえば次回飛行会は7月28日 夕方5時からです。

by mayoneko | 2013-07-22 09:57 | 受信機 | Comments(2)
2011年 06月 20日

超小型DSM2受信機のバインドについて

過去ログが見やすい超小型飛行体研究所ホームページもあるにゃりよ 以下本文
Deltang DSM2 Micro Receiver
超小型機向けDSM2受信機マイクロヘリBlade msRの送信機で制御できる。
ただバインドするときだけ、ちょっとしたコツがいるのでそのことを記す
d0067943_19135052.jpg

この受信機達をBlade msRの送信機でバインドするときは乾電池4本の合計電圧が6V以上無いとバインドしにくい あるいはできないのでバインドするときだけは新品乾電池を使った方が良い。(エネループなどの充電池は満充電でも1.3V×4=5.2V程度しかないので論外)
バインドしにくい、バインド出来ない状況とは
受信機電源ON後30秒するとすると受信機LEDが高速点滅状態のバインド受け入れモードになったときに、送信機左ステックを押しながらONして送信機をバインドモードにすると受信機のLEDが消灯する、そしてそれっきりになる状態を指す。ごくたま~にうまくいくこともあるが大抵は幾ら待ってもバインドはできない。
d0067943_17462938.jpg

正常にバインドが行われるときは、送信機をバインドモードに入れるとすぐに受信機のLED高速点滅がいったん消え、その後一回LEDが点灯後又消え、さらに点灯してそのまま点灯を続ける。
この状態がバインド成功ペアリング成立ということになる。一度バインドしまえば同じ送信機と同じ受信機の組み合わせである限りバインドし直す必要はなく、その後多少電池電圧の下がった合計電圧6V以下のBlade msR送信機を使っても問題なく制御できる。
送信機を変えた場合はバインドする必要がある。
同じ型番で別の個体の受信機を使う場合も送信機とバインドする必要はある。
大事なことはペアリングのバインド時にBlade msR送信機の電圧が高くないとうまくいかない点を忘れてはならない点にある。これがコツ
ちなみに
TD2.4LP DSM2 2.4GHzインドア用ローパワーモジュールとのバインドではこの電池電圧の心配が要らない。
また海外遠征したときにスペクトラムやJRのDSM2形式送信機とバインドする場合でもこの心配は要らない(送信機正常動作範囲の電池電圧であれば)。  

2011/08/08 追記
受信機に電源投入後LEDが点滅しながら30秒後に高速点滅のバインド受付状態になる。
高速点滅中に送信機側のバインドボタンを押しながら送信機電源を入れるわけだが、その際
バインド時に受信機LEDがゆっくり点滅あるいは消えたままになりバインドが成立しないときがある。
その場合はいったん受信機電源を落としてから再投入し直し。
受信機と送信機の距離を近づけたり(近接)、遠くしたり(60㎝から1M位)してバインド作業を試すとことが大事なようです。 
2011/9/27 追記
バインドしにくい状況下で割と成功率の高い方法
(飛行会やWIFIなどで2.4G帯の電波が飛び交いまくっているような環境でのバインド作業)
通常の手順でバインドする際に、送信機のバインドボタンを押したときに受信機のLED点滅が消える
ギリギリの距離でバインド作業するとバインドが成功しやすいことが解りました。
送信機にもよりますが受信機との距離は1.5mほど離してでちょうど良いこともあります。
アンテナ同士を近接させるよりは、バインドする状態に入るギリギリの距離でバインド作業を行った方が良いようです。
              
参考用のブログ記事 リンク
kobaraさんの記事 
243さんの記事 
国内で只一店舗だけこの受信機を販売しているeSlowfly E-shopそこの店長のブログ記事

by mayoneko | 2011-06-20 17:47 | 受信機 | Comments(2)
2011年 06月 19日

DSM2 超軽量受信機 導入

d0067943_151225.jpg
今仲間内で話題のDSM2 超軽量受信機 RXシリーズ詳しくは色が違う文をクリック 重さは軽い物では0.23gと驚異的な軽さ&小ささにもかかわらずお値段も手頃と言うことなしの受信機だ。

でも老眼が始まりだした平所員には言うことがある。
1アクチュエーター仕様のRX41の半田付け箇所 狭すぎ (というか最近0.01g単位の攻防をしてなくて腕が鈍っているのもあるが
d0067943_15123056.jpg
とにかく狭い)流石に裸眼ではまったくお手上げなので、ついにルーペ付スタンドなる物を導入してしまった。これが便利な物で今まで老眼が進んだことを認めるのが嫌で導入しなかったのだが、使い出すとこれが便利で便利でもうやめられない。以前は虫眼鏡を固定したり、時計用のキズミなどを使っていたが、半田ごてと基板と目の距離を保つのが難しく非常に使いづらかった。ルーペスタンドなら基板とレンズの間が広いので半田ごて先を余裕で好きな角度から両目で覗きつつ半田付け箇所に無理なく正確に当てられる。ほんともっと早く導入すべきであった。
d0067943_15125181.jpg
ちなみに2アクチュエーターが制御できるRX42になるとランド回りが広くなるので大変扱いやすい。重さ的には0.04gしか違わないので(甘くなったな儂)たとえ2ch制御1アクチュエーターしか使わなくても、RX42の方が配線時のリスクが低くお奨めだと感じた。
いずれの画像もクリックすれば拡大できるので一目盛り0.5㎜の定規と比べて狭さを想像してみるのも面白いかも知れないニャ

by mayoneko | 2011-06-19 15:14 | 受信機 | Comments(0)
2008年 09月 20日

SPKTRUM Nanolite 6

現在市販されている2.4g受信機で最軽量だと思われる、
d0067943_14174750.jpg
AR6300 DSM2 Nanolite 6-Channel Receiver を取り寄せてみた。メーカーの発表では2gと言うふれこみ
 実測1.97g おー広告に偽り無し
d0067943_141876.jpg
 JSTコネクタ抜けば 1.5gにはなるす
d0067943_1418358.jpg

並べてあるのは ブルーアローの72受信機 こちらは基板剥き出しに アンテナ線無しで2.7g位
d0067943_14185284.jpg

さて この2.4Ghz受信機 モジュレーションはDSM2と言う形式だが 果たして国内で発売されているJRの2.4gの送信機の信号を認識するのだろうか? スペクトラムの送信機の筐体はJR製そのものだが もしシグナルにメーカー別の固体識別IDとか折り込まれていたら 互換性は全くないことになる
もし日本発売のJR2.4G送信機で動いてくれたら超ラッキー 
まーダメ元でってところで だめだったらバッチにでもするかニャ
それにはまずJR送信機をポチしなければならないが、それにしても日本のは高いっす。
しばらくは眺めている日々が続くと思われ・・・

by mayoneko | 2008-09-20 14:19 | 受信機 | Comments(18)
2008年 02月 01日

バンドモニター

赤外線バンドモニターを作った。
判りやすいように38K56Kと直読できるようにした。
d0067943_19321459.jpg

特に38kはトイラジ、自作と入り乱れて大変混雑しているので、38K使用が遠くから見ても判りやすいように高輝度LEDも1個余分に増設して、コモンも点灯させた
d0067943_19325913.jpg

ケースはミニDVカセットのケースがピッタリでちょうど良かった。
d0067943_11201781.jpg
SSFC100回記念飛行会準備はこれで万端のはずだが、なにか忘れているような気がして落ち着かないニャー

by mayoneko | 2008-02-01 19:34 | 受信機 | Comments(7)
2007年 10月 30日

Minor FLat 受信機

マイクロインベントのminor flat受信機
d0067943_12485991.jpg
発売当初表面実装フラットタイプのクリスタルがついた真のコンパクトで平らな受信機のSMDバージョンがアナウンスされていて大いに期待していたんだけど残念ながら入手していない。
d0067943_11543850.jpg
入手しやすいミニクリスタルを使用するタイプが国内ではe-slowflyのe-shopIndoor Airplane worldで販売されている。できれば折角小型なところを活かしてフォルムをフラットにしたいということで、研究所ではクリスタルを直づけにして使っている、おかげで超小型機でも内部に実装する場所に困らない。飛行会ではバンドがかぶることはまずないので、この方法が採れるとも思う。
d0067943_122626.jpg

ちなみにコネクタ付近のチップが黄色く塗られているのは、絶対に間違えられない電源コネクタを差し込む向きを間違えないために(プラスマイナス間違えると1撃で受信機昇天します)、より黄色が目立つようにプラモ塗料で塗っています。ちなみに黄色側がマイナスです。
この状態にしたところでアンテナ線がない状態では重量的にはノーマルコネクタ式と0.02gしか軽くならず画像の受信機の重さは0.92gといったところ。あと折角軽量な受信機を使っていても取り付ける方法を油断すると簡単に苦心の軽量化を吹き飛ばし重量増を招く、ちなみに下の画像の1センチ角の両面テープは剥離紙を除いた状態で
d0067943_1264966.jpg
0.09gと 随分重い 柔軟性のある接着で大変重宝するけど、できるだけ細切りにして使っている接着力が強力なので細くても十分使用できる。次はアンテナ線 も可能な限り細い物を使用しないとリード線の重さだけで軽く受信機の重さを超えてしまう
d0067943_12103848.jpg
ちなみに受信機についてくるこの部分だけでも0.07gもあるので、私は0.01㎜のUEW線に置き換えて使っている、ただし極細ワイヤアンテナ線は取り回しに気をつけないと簡単に切れる、特に基板とワイヤーの半田接続部にテンションがかからないように気をつけなければならない。万が一ワイヤが切れかかったり切れていたりして受信状態が悪い場合、この賢い受信機はモーターをスピーカーにして受信状態をピッピッと音で教えてくれワイヤの断線や接触不良はすぐに解る。ただココまで書いてきて余り無理して軽量化を優先しすぎると、思わぬトラブルも増えて機体稼働率が下がることもあるのでその辺の兼ね合いも大変重要だと近頃感じています。ノーマルで使用しても総重量10gを超えている機体なら飛行速度が目に見えて速くなるわけでもないので、4g位の機体に使いたいたくてできるだけ飛行速度は遅くしたいという人だけの話ということになるかもニャー

by mayoneko | 2007-10-30 12:02 | 受信機 | Comments(5)
2007年 10月 10日

IRX-261 受信機の可能性

私的にtokoさん設計のIRX-261赤外線受信機は一番シンプルで全く無駄の無い設計を兼ね備えた最高の自作できる最高傑作受信機KITだと思っています。軽量な表面実装型の受光素子との組み合わせでお手軽に0.11gという超軽量な受信機が手に入ります。
d0067943_022586.jpg
この受信機の軽さを活かすために電池を直づけして配線材を極力減らすことを試してみました。組み合わせた10mAリポはタブが長い状態で0.37g これに1.2㎜マグネット 1.5㎜金メッキマグネット マイクロコネクタ雄ピン1つを組みあわせて、充電可能でマグネットスイッチ付きの電池受信機ユニットを作り紅天狗茸飛行機に搭載しました。
d0067943_03156.jpg
このユニット重量は0.47g ちなみに今回IRX-261受信機はコンデンサや抵抗のサイズを1608サイズから1005サイズに変更し、10μのコンデンサを1μにすることによって受信機完成重量0.10gにしたものを組み合わせています。基板をやめて立体配線すればノーマル状態で0.07g 部品をさらに削り込んだ開発元では0.035gという飛んでもない数字の受信機すらあります
d0067943_034359.jpg
この受信機で大きさ8センチの飛び紅天狗茸が飛行しています もしJ7モーターをギヤダウンで使いそのドライブユニット重量を0.3g以内(プロペラ込み) ラダーユニットを0.07g以内 で製作すれば1-0.47-0.3-0.07=0.16gと、その他分の重量も考えると機体重量0.13g程度の機体を作れば簡単に1g切りの飛行機が手に入ります。小さくて速度が速くても構わない飛行機ならこの数字は意外に簡単に達成できる数字ですので是非みなさん これを機会に1g切りに挑戦してみるのも面白いかもしれません。 
d0067943_1229507.jpg
そうそう電池に貼ってあるマスキングテープを剥がしたり、タブ付近を切り詰めればもっと機体に重量が割けるでしょう。無理に1g切りにこだわらなくても1g位の機体で翼面荷重をたっぷり低くした飛行機を作り組み合わせれば一緒に歩くことができる、ゆったり飛行も簡単に手にいれられる、ほんと素晴らしい受信機KITです ありがたやアリガタヤ
でも組むのしんどいという方は同じ回路構成に電圧監視もついた完成受信機IRX261Sで243さんは翼幅11センチの1/72ソッピースを飛ばしている実績があるのでお手軽にこちらを使う手もあると思います、確か総重量は1.6g付近だと記憶していますが良く飛んでます。

by mayoneko | 2007-10-10 00:04 | 受信機 | Comments(20)
2007年 09月 03日

空中配線 受信機 試作

はたして空中配線で超軽量表面実装型赤外線受光素子 使って組んでみたら、いったい何グラムぐらいになるだろう?と言う好奇心だけで10F200受信機を組んでみた。
d0067943_20261814.jpg
お試し工作なのでチップパーツも扱いやすい1608サイズを使ってPICやFETや端子や本体を一切削らなかった、それでもサックリ0.07gでできた(配線ワイヤ込みではないが)、
d0067943_2042398.jpg
ほんの一年前にこの重量にするためにどれだけ受光素子を削り倒して何個お釈迦にしたことか、 「素子削りか、何もかも 懐か し い」 

by mayoneko | 2007-09-03 20:33 | 受信機 | Comments(11)
2007年 07月 02日

MINIUM 受信機

d0067943_1145730.jpg
ミニュームプレーンに使われているサーボ一体型受信機。気になる重さは、3.2g アンテナ長さ95ミリ0.32スズメッキ線?とJST風コネクタを替えれば、ちょこっと軽くなる、比較としてFLAT MINOR4CH受信機とファルコンサーボ2個の重さは合わせて約4.2g程度からいくと、3CHで3.2gはおいしい♪ 
d0067943_20303290.jpg
モーター6ミリギヤダウンでFULLRIVER 30でいくとU80プロペラ込みでまー3g位、受信機とあわせて6、2g 機体を3g程度で作ればほぼ推力比1ぐらいの10g以下のキビキビ飛ばせるラジコン機できるんでは と トラタヌ
d0067943_22543386.jpg
受信機と送信機のID照合とサーボ動作のビデオを追加ニャリ 

by mayoneko | 2007-07-02 20:01 | 受信機 | Comments(15)