カテゴリ:PIC( 4 )


2011年 11月 10日

赤い Pickit 3 を無精者が使うとき

書き込みが3倍早いと噂されている(あくまで噂)あの赤いPickit3 を
3倍人より無精者の私が使うときが来た。
d0067943_1646751.jpg

ソケット付のPickit1と違いPickit3は書き込みソケットを自分で自作して接続しなければならないのだが、DIPソケットをユニバーサル基板やブレッドボードに組みこむのは面倒に感じる。
なんとか楽できないものか・・・
3倍無精者だけに楽するためには3倍努力を惜しまない私は
死蔵した電子パーツがごった返す、引き出しをごそごそやる
「ほう これは使えるな」
ブレッドボード用JPワイヤー10PS-MIX プラグーソケット を発掘
早速プラグをPickit3に繋いでPICの足にソケットを差し込むが
PICの足は子鹿の足のように細くソケットは抜ける
「ふむん」
ではとDIPソケットとヘッダピンを半田付けしてみる。
d0067943_16462181.jpg

出来た。
d0067943_16463495.jpg

「当分コレでいこうと思うのだよ」
「そうしょっちゅう使う物でもないしな」
と3倍無精者の頭の中で声が響いた。
~~~~追記 2011/11/10 午後7時 覚え書き~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PIC16F648AのASMプログラムをMPLAB IDE 8.73でMakeする際に
Symbol not previously defined (_DATA_CP_OFF)
(そんな言い回しありまへんて言われている訳ね)
のエラーが出る場合は簡単に済ますならconfig欄の_DATA_CP_OFFを消すと正常にMakeできる。

ちなみにコンフィグのこの項の意味は
; EEPROMコードプロテクション
; _DATA_CP_ON : CPD = 0 ==> EEPROM書き込み禁止
; _DATA_CP_OFF : CPD = 1 ==> コードプロテクション解除
だと思うのだが
要するにPIC16F648A.dev内Configuration Registersには
key=DATAが存在していない 
PIC16F648A.devを読むと
_CP_OFFの記述だけで同じ意味は足りているように感じるが正しくは解らニャイ 
おまじないのワードの一部が変わったということは確か
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どうにもこうにもPICKIT3がどうにもまともに動かないというか
The overcurrent logic has detected a fault condition on
either VPP or VDD. Please disconnect your circuit check
MCLR or VDD for a short circuit and then reconnect. Also,
ensure that your target current requirements do not exceed
the specified limits.
のメッセージが、単体でも出る。
デバイスを繋いだ状態ではこんなメッセージ
Failed to get Device ID
そこでメニュー→Programmer→setting→Powerで5V電源供給にしてみたが
どうにも同じメッセージが、USBバスパワーのパワーサポートがある状態でも出る
いい加減本体が壊れているんではないかと疑ったが
Powerの電圧値を5Vから3.3V付近にしたところ。動いた やったー
この究明にほぼ丸一日を要した。
究明中に見つけたPickit3をスタンドアローンで書き込める、書き込み専用ソフトですら
最初動かなかったが、何か知らんが、書き込めるようになった
よく解らんがとりあえずは めでたしめでたし
何か疲れた

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
追記
飛行会で他の方のPickit3を繋いでみた、パワーを5Vに設定しても上記のメッセージは出ない
初期不良大魔王の面目躍如 どうやら私のPickit3はハズレだ
参ったニャー
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by mayoneko | 2011-11-10 16:32 | PIC | Comments(8)
2009年 07月 06日

ヨンbit 0101

半年ほど前に子供にコンピュータのことを教えてと(入力)されたので、
ある程度根っこから教えるにはと考えて(演算して) 
実行した(行動という形で出力してみた)。
d0067943_11212023.jpg

コンピュータの専門家ではないので笑われるような超いいかげんな教え方だが、一般的な入力 演算 出力 の概念とそれを実現するための、やり方のいくつかたを、向こうが知りたがる範囲で口頭と手書きの図とおはじきで説明して、ノートに記録させて教えた。その後パソコンでいつのまにか検索を覚えて何をやっているかと思えば、面白そうなオンラインゲームばかり遊んでいたのでコンピュータの構造や原理にはもう興味がないと思っていた。ところが最近さらに知りたくなったようで、もっと教えてと言うことになった。(父ちゃん嬉しい)
さて次はとギヤを組んで計算機を作ったり、簡単な論理回路をICで作るのも面白いと思ったが、
そんな時間も無いし、ギヤ式はタイガー計算機でざっと説明して手抜きしてすっ飛ばしておいて
d0067943_11265862.jpg
 
なんか簡単なマイコンないかなあと探してみると。なんと
4bitマイコンが本付きで2500円で売られているではあーりませんか!
2500円 なんじゃそりゃー
おいらがTK-80やLkitー8、はては雲のかなたのPET2001(APPLEⅡ忘れてた)がどんなに欲しくても手に入らずに、毎日学校帰りパーツショップに入り浸ってTK80デモ機に薄い頃の I O誌のサンプルプログラムを友達と打ち込んで遊んでいた頃と比べると あー比べるのもむなしくなってくるるが、あー歳とったなあ。 
と横道にそれたが、まさに学習目的にピッタリ沿った物だったので迷わずポチした。
このマイコンキットGMC-4は大人の科学マガジン24号の付録
d0067943_114807.jpg

マイコンの歴史も載っていて、とても懐かしく読めた。
さて、うちの子といえばキット組み立てて、しばらくはポチポチ ピッ ピッ ピカピカしていたが、
お気に入りのアバターが動き回るわけでもなく、敵機を撃墜したり、ドラゴンを退治できるわけでもないので、すぐに飽きたご様子。 
だよなあ というか いまどき ですよねー(笑)
でも根っこを知って考えることは楽しい 
と言うことを何とか伝えたいと思っている今日この頃だニャア

by mayoneko | 2009-07-06 11:21 | PIC | Comments(9)
2008年 11月 27日

衝突防止灯の試作

tokoさんのところで売っている衝突防止灯をマネッコして作ってみた。10F200を使うので4ピンある入出力端子を3つ使って、衝突防止灯以外に翼端 及び尾灯 をこのページを参考に付け加えてみることにした。
d0067943_1444116.jpg

ただのLED点滅なので最初サクッとプログラムできるかと思ったがポートの定義が最初A0~A3だとばかり思いこんでいたので、10f200インクルードファイルの中身を見るまでポートの定義がB0~B3だということに気づかず嵌った。ホントたまにしかやらないと、
こんな簡単なプログラムでも嵌る情けない平所員で有ることだニャー
今回Cで組んだ (組んだと言うほどではないが)ので点滅時間の調節も 
delay_ms(1000)とか書くだけで簡単に1秒(1000msec)
とか設定できるのでそういう点ではアセンブラよりは超楽だった。
厳密な時間を要求していないので数字あわせしただけでことたりる
一番の問題はチップLED4個と、その配線が一体どのくらいの重さになってしまうか?
重すぎるようだったら一個だけにしようかニャー
d0067943_1250816.jpg


追記 HEX 置いておきますね 10F200用です

GP0toGP1に繋いだLEDを0.1秒オン0.1秒オフGP0だけ0.1秒オンしてオフ0.2秒後GP2を0.1秒オン0.4秒休んであと繰り返し
// 2008.11.26 としちゃん
==========================
:020000040000FA
:100000002500150A030A14024306140A010C3100E4
:100010007000F002090AF102080A4A0C3000F002EE
:100020000F0A120AF402060A0008DF0C020064003C
:10003000FF0C3200120412020600060532041202FE
:1000400006002605640C340003091204120206009F
:1000500006043204120206002604640C340003096C
:100060001204120206000605640C3400030912048F
:10007000120206000604C80C3400030952041202DE
:1000800006004605640C34000309520412020600FF
:100090004604020C3300C80C34000309F3024B0A77
:1000A0001A0A0300FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FD5
:1000B000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FD0
:1000C000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FC0
:1000D000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FB0
:1000E000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FA0
:1000F000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0F90
:10010000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0F7F
:10011000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0F6F
:10012000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0F5F
:10013000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0F4F
:10014000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0F3F
:10015000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0F2F
:10016000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0F1F
:10017000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0F0F
:10018000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF
:10019000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FEF
:1001A000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FDF
:1001B000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FCF
:1001C000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FBF
:1001D000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FAF
:1001E000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0F9F
:0E01F000FF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0FFF0F9F
:021FFE00EB0FE7
:08020000FF0FFF0FFF0FFF0FBE
:0201FE00FF0FF1
:00000001FF
=================================================

by mayoneko | 2008-11-27 14:06 | PIC | Comments(3)
2007年 10月 24日

プログラム再び

最初にPICのプログラムを始めたのは16F84を使った入門書わかるPICマイコン制御―16F84プログラミングの世界へだったと思う、ちょっとした制御を最小限の構成で行いたいと思っていた私にはピッタリの本だった。この本の終わりにある赤外線でマウス制御するプログラムをいろいろいじって、赤外線操作のサッカーロボを自作して子供と対戦して遊んだが、当時は赤外線を超強力に照射することや、受光素子と赤外線LEDの相性問題も全然わかっていないし良い素子も手に入りにくくて、混信や信号が届かないで満足の行く出来ではなかった。そのあと遠隔操作ではなく自立制御に走りマイクロマウスにちょこっと手を出し始めてTINY8などほんのちょっとかじって迷路で遊んでいたが、やがてtokoさんの素晴らしいホームページにネット漂流中に漂着、そこで今日までインドアプレーンにどっぷりはまってしまった。
d0067943_236482.jpg
最初はすべてを理解しつつ進めようともがいていたが、やがてプログラミングからはすっかり遠のいてしまい興味の対象は飛ぶ機体設計へと移って、それでもたっぷり楽しんできたが、ここ半年ばかりやはりより自由な飛びを得るためには再度PICの勉強を始めなければと思っていた。が・・・
ドンドン忙しさに紛れて月日は過ぎ去っていく。まず今日とっかかりとしてMPLABをインストールしてFLASH KIT1をつなぎ、とりあえず少し遊んでみた。一番最初にPICを始めた頃に比べるとはるかに便利になっている、PCにつなぎ放しでマウスポチとキーボード入力だけでいろいろPICの動作の勉強ができるのはありがたい限りだ、昔はたんにポート制御の勉強のためのLED点滅を確認するために書き込み後パッケージを外してテストボードに搭載、動作確認後また戻して書き込みを何百回繰り返したことか。といかにも解っているような解っていないような感じに書いているが、未だプログラミングは思いっきり苦手です 雑な性格だからニャー 
一文字くらい違ってたっていーじゃん(笑)の精神で いい加減が大好きだから
ATMEL AVRもやりたいからC言語でしっかりやりたいところだが,PICアセンブラの感を取り戻すのが先  本当に必要になったら考えよっと

by mayoneko | 2007-10-24 23:06 | PIC | Comments(11)