カテゴリ:ラジコンカー( 8 )


2016年 07月 28日

準備着々 #MakerFaireTokyo2016 ホバ猫一家

子どもたちにエアカーリングで遊んでもらうホバ猫一家が揃いしました。
d0067943_21212599.jpg

ほとんど勝手に走り回るホバ猫ですが、コントロールできるやつも混ざってます。
d0067943_21223940.jpg

ビッグサイトで8月6日(土曜)8月7日(日曜)に開催されるMakeFair 2016に向けて
着々ど準備が進んであります。
参加される方宜しくお願いします。
8月6日 土曜日は9時から設営   一般入場は12時から夜7時
8月7日 日曜日は9時から設営   一般入場は10時から夜6時
といったスケジュールです。
d0067943_21375151.jpg

LED触覚用のイルミLED注文ついでに、こんなのも届きましたが、
いじる暇がないフェアまでには間に合わんだろうなあコレ使ったの

by mayoneko | 2016-07-28 22:50 | ラジコンカー | Comments(1)
2016年 07月 23日

#MakerFaireTokyo2016 適材適所な材料選択

滑る目玉焼きという、滑るネタの再現に3Dプリンタパーツをふんだんに使って挑んでみたところ
d0067943_11445820.jpg

重い! 後ろの羽を除いて、本体の重さが21gと大変重くなってしまいました。
d0067943_1285158.jpg

スチレンボードで最初作った試作品の本体の重さは6g
3倍以上重くても走りますけど、遅い、平滑な床でないと走らない。
軽くしたほうが確実に性能が上がるので一番重いベース部分だけは
PLA(3Dプリントで使う材質)からスチレンボードにすることになりそうです
これだけで「10gは簡単に軽量化出来ます。21から10になるんですから軽量効果はデカいす
適材適所すなあ

by mayoneko | 2016-07-23 12:05 | ラジコンカー | Comments(0)
2016年 07月 20日

エアカー-リング体験の準備  #MakerFaireTokyo2016

東京ビッグサイトで行われる #MakerFaireTokyo2016 へ向けて、準備が進みつつ有ります。
d0067943_20105188.jpg

来場者の方に遊んでもらう、ホバークラフトやエアカーリング用のストーンの試作も進めています。
d0067943_1294133.jpg

エアカーリング?
このエアカーリングっつうのは、丸いホバークラフト(操縦装置なし)を的の箱に放り込む遊びです。
RCホバークラフトの実験していてひらめきました。、
「あえて操縦しないで、フワフワ浮くものを的めがけて滑らせて放り込ませる」
だけでもオモロイんじゃないかと。
d0067943_1291646.jpg

操縦装置がいらないので、シンプルに単4電池2本ダイレクトで6ミリモーターと径30ミリのペラを回して、
本体を浮かべます。反トルクでくるくる回ってドンドン勝手に動き回りますが、そこが面白い!
(実は反トルクを打ち消す簡単で巧妙な方法もあるのですが公開はフェアーにて)
満充電なら1時間は楽勝に持ちそうな消費電流設定にしてあります。
(エネループで十分浮きますのでアルカリ電池だと浮き過ぎる感じです)
リポ1セル仕様なら軽量なため4ミリ10Ωモーター160mAで超楽勝なんですけど、誰でも作れるようにしたかったので単4仕様にしました。
d0067943_1237883.jpg

今回デザインは猫以外に犬とかクマとか用意したいと思っています。基本基部が丸ければOK
使っている材料はおなじみのダイソースチレンボード 
これならかなり小さいお子様でも気軽に遊べるんじゃないかと。
d0067943_129433.jpg

もちろん、操縦体験用の1モーターホバークラフトも用意しました。平滑な床以外に絨毯の上でもかなり遊べますががこのデザインでは狭い場所では操縦が難しそうです。バック機能は必須かもしれません。
お遊びゾーンのレイアウトもだいたい決まりました。
d0067943_12304821.jpg

お遊びゾーンは地上浮上体遊び以外に飛行体の発着場にも使います。
エリアはサッシ養生用のスポンジコーナーバーで囲う予定です。今日ユニディで買うてきました。
d0067943_1295277.jpg

このあたりは次回7月24日の飛行会で、実際に設置して、広さ感を体験してもらおうと思っておりやす。
ので、参加者の方はいろいろ試してみていただけると幸いです。
ついでにバーの設置方法やコーナー形状なんかも相談したいと思っていますので、
いろいろ教えて下さいニャ

エアカーリング用3Dプリントパーツが欲しい方はコメント下さい
3Dプリンタお持ちの方はここに123D形式のものが置いてあります 
30ミリプロペラデータがまだ出来ていないんで、誰かこのデータに追加してくれると嬉しいかも

次回飛行会で配りますので
どんどん好きなデザインで作って貰えると嬉しいです。
超小型ビッグサイトでの展示場所はココです 8月6日7日に出展しています。
d0067943_1023010.jpg


by mayoneko | 2016-07-20 12:50 | ラジコンカー | Comments(6)
2016年 06月 05日

超小型ニコイチモータース

「っべっ~ 俺のフォーク曲がっててまともに走らねーからさー オマエのフォーク貸してみそ」 
「まじっすか」
「マジ マジ」
d0067943_23223186.jpg

「ということでタンク外すな」 オマエの肘の下の銀色の出っ張りををピンセットで押してえ
「うわ~ まじすか」
d0067943_23224349.jpg

「で フォークのアッパーがむき出しになるから、ここのネジを外してと」
d0067943_23225693.jpg

「まじすか」
d0067943_2323636.jpg

「ここのネジも外せば フォークアッシーまるごと外れるってワケだ」
「まじすか」
d0067943_23232783.jpg

「で オマエのフォークをフェンダーごと俺のバイクに移植してと、俺のフォークをオマエのバイクにやる優すいっ」
「まじすか」
「よしゃ テスト行くぜ ついてこいやあ」
「まじすかああ」


by mayoneko | 2016-06-05 11:50 | ラジコンカー | Comments(2)
2016年 06月 02日

3Dプリンタで作るミニッツ用ホイール

その昔ASO川の流域でミニッツ文明が発生しましたが、いくら清掃してもツルンつるん滑る体育館のワックス床攻略ができず2ヶ月ほどでミニッツ文明はあっという間に滅んでしまいました。 月日は8年ほど流れて 
d0067943_8334671.jpg

西方の地 ミニッツバーアネックス王国からの技術流入で、どうやらミニ4駆のスポンジタイヤが体育館の床に向いているらしいとの情報が伝わり早速、棚で埃をかぶっているカウンタックを復活させるべくミニ4駆のスポンジタイヤを輸入してみました。
d0067943_186276.jpg

届いて、とりあえずミニッツのノーマルホイールにはめましたが、タイヤの外径が29㎜近く(ノーマルでは25㎜弱)になり、タイヤハウスにもろ当たります、ということはホイールを作れば良いのだなと気づき ノーマルのホイールを採寸して
ミニ4駆スポンジタイヤ用ホイールミニッツ版を3Dプリンタで自作してみました。
以下自分用メモなので 謎の数字が並びます
ノーマル内径20ミリっ弱 最初内径18ミリ 後内径17ミリ 前輪 内側へのオフセット-1.5ミリ 
d0067943_1862795.jpg

プリントしてはスポンジタイヤをはめ、ホイールを車軸にはめしては各寸法のの微調整を行い
3個目の印刷で大体満足のいくものが出来ました、一個のホイールの印刷に掛かる時間は0.3㎜積層で5分弱なので、30分ほどの作業であっという間に望みのホイールが出来ました。
4個分プリントにかかる時間は 20分です。
その昔、僅かな寸法違いのホイールを探してWEBショップを彷徨いまくりました。
そしていざ入手しては、あれここが干渉しているとか、いくつも棚の肥やしを増やしていった物です、
それを思うと自分の家であっさり望み通りの寸法のホイールが自作できてしまう事に驚きを感じます。
マジ便利3Dプリンタ

ちなみに、今回作ったホイールデータのまま、そのまま外注3Dプリントに出せば、チタンやプラチナ製のワンオフホイールも出来てしまいます。

by mayoneko | 2016-06-02 19:00 | ラジコンカー | Comments(8)
2016年 05月 18日

ニッコー iRider 改造

もうかれこれ10年以上経ちますか、テレビの上に飾っていたオートバイだけが残っていて
送信機が無い(見つからない)ニッコーiRider ドゥカティ749S (黄色のやつね) を修理&改造で2.4ghz化してみました。内臓の充電池はとっくにお亡くなりになっておりますゆえ
d0067943_21442022.jpg

もう1台はレプソルホンダRC211V 
どちらも、たしかトイザらスのワゴンセールで980円位で買ったような記憶がうっすらと(いや1台は貰ったのかも)
d0067943_213433.jpg

本来は40MHzバンドのトイラジコンです、全長80ミリの超小型バイクながら
体を傾けてコーナリングする本格派なラジコンバイクで操縦は狭い室内では結構難しかった記憶がありますが、これを常々、2.4Ghz化してきめ細かく制御できたら、さぞやオモロイのではと思い続けて
早10年 ちょうど超小型受信機 DT RX42を壊れた機体からサルベージしたので、組み込んでみました。
d0067943_2131449.jpg

わずか2本のネジを外すだけ分解することが可能です。
この改造で一番時間が掛かった部分が電源スイッチの設置で、ノーマルの時と同じ位置にスイッチを配置するために小さな板を接着して、スイッチの固定を行いました。この位置出しに一番時間が掛かりました。
充電端子もそのまま流用なので、一見してアンテナ以外はノーマルと全く同じ外観を保てました。
あとは受信機のモーター端子に動力モーター、エルロンアクチュエーター端子にステアリング用モーターをハンダ付けしてお終い、10年も放っていたわりに改造はモノの1時間もかからず、
う~んタイミングって大事だなあ
このオモチャラジコンバイクのカウリングの装着方法やメカ類の実装はとても良く出来ていて、ニッコー サブマリーン168のときと同じく素晴らしい出来栄えです。
d0067943_2132684.jpg

60mAのリポがニッケル水素2本分のスペースにきっちり収まりました。
d0067943_2123387.jpg

このバイクは広いところで走らせたほうが断然楽しいので、次回
5月22日の室内飛行会が楽しみです。 
追記
なんかフォーク周りがダメダメでまともに走れないためレプソルのフォークを移植してまともに走るようになりました。フォーク移植のニコイチ改造の様子はこちらでどうぞ

by mayoneko | 2016-05-18 21:45 | ラジコンカー | Comments(4)
2016年 02月 05日

猫とワーゲンバスの戦い 


1/72のワーゲンバスで猫と戦ってみました。
以前襲われた時(下の動画)のリベンジです。

今回は、この時よりも長い6ミリモーター、さらなるステアリング可動域を確保し
旋回性と機動性のアップを図っています。

by mayoneko | 2016-02-05 10:06 | ラジコンカー | Comments(0)
2015年 01月 29日

プラレール江ノ電とタイヤ製作

おしらせ2月の飛行会は2月8日午後5時からです
d0067943_10153526.jpg

先日湘南の飛行会へ行った際、江ノ電のりばでプラレールガチャ(カプセルプラレール)を見つけたのでガチャガチャっと回してみると、ドノーマルの緑の江ノ電が出てきました、ゼンマイでゆっくり走ります、サイズ的に可愛いので、これをラジコン化してみたいと思いますが、後ろの車両が出ません2両編成ならトレーラー感覚の操縦がたのしめるかもなんて妄想。そんなことを思いつつ購入も頼まれたので後続車両狙いで2回廻しましたが似たようなものが今手元に3両ありますOTL くそ~~(243さんこのタイプしか出ませんでしたこれで堪忍してね)
さて飛行会で243さんのバスコレのバスと1/72ワーゲンバス(ニャーゲンバス)を操縦体験して比べてみましたが、バスコレ純正のバスは小回りがかなり効きます直径15センチ位の円さえ描けます、私のは25センチ位ですが、体育館のバレーコートの枠テープの上をコースに見立てて走らせると直角のテープコーナーを曲がるときに、この差が実に大きく感じるのでタイヤ幅を4ミリから2ミリにしたいと切に思います。
そこで画像一番手前のタイヤを試しに作ってみました、発泡スポンジの板をホームセンターで買ってきて、2ミリ厚にカットしリューターに取り付けてロクロ式にナイフで削りだしてみました、案外いけそうな感触、それになんたって柔らかいので、不整地走行にぴったりな感じがします。問題はサイズの揃えですが、治具をしっかり作ればなんとかなりそうに思います。このタイヤの注意点はしまっておく際に車体を浮かしておかないと、タイヤが変形してしまう点です、いぜんタムテックの1/24スポンジタイヤでよく変形やらかしていたことが懐かしく思い出されます。
d0067943_10395147.jpg

出だしのスロー感はロング6ミリモーターに換装した私の車両のほうがスローな出だしが可能です、ジワッと走り出せます。かなり楽しいです。1/72 1/87 1/144と極小スケールのラジコンカーですがモーターは極力大きくがスケールにあったヌルっとした走り出し感を出すには良いように感じました。
それからカプセルプラレールと言うワードでググると蒸気機関車とか除雪車とかいろいろあるようで物欲(改造欲)が刺激されます。どこかに出かけた際に出会えるといいニャア

by mayoneko | 2015-01-29 10:49 | ラジコンカー | Comments(2)