カテゴリ:製作工程( 92 )


2016年 08月 04日

夏休み工作 光るイライラボールの作り方

光るイライラボールの作り方 夏休みの工作に如何でしょう、予算約200円位でかなり遊べます。
横揺れの地震計にもなるかもです。材料はすべて100均で揃う夏休みの工作です。
d0067943_18122110.gif

超簡単に精神を集中して遊ぶボールが作れます。
用意する材料は、ダイソーの光るボール、竹串(棒状のもので電気が通らなければあんでも)、
電気コードちょっと(細いリード線が楽)
電気が流れる針金(ここでは1ミリの真鍮線を使っています、鉄の針金でもOK)、
糸、
チューブかテープ(’電気が通らないものならなんでもOKスイッチ用 熱収縮チューブがベストだがテープ巻きでも構わない要は絶縁出来て移動できるものならなんでも)
d0067943_18124096.jpg

必要な工具は ハンダゴテ、糸ハンダ、カッター、ラジオペンチ、ニッパー、輪ゴム。瞬間接着剤(硬化促進剤もあると便利だけど、無ければ待てば良い)
d0067943_18133473.jpg

カッターを使いボールの継ぎ目を見つけて、それに沿って笛の箇所から160度ほど上に切り裂きます。
d0067943_18164676.jpg

ボールの中にあるプラスチックの球体をはぎ取るように取り出し、
d0067943_18205683.jpg

取り出したボールの継ぎ目を
d0067943_18212118.jpg

ニッパーやドライバーのマイナスを使って、隙間に差し入れこじってプラスチックボールを割ります。このとき工具で怪我をしないように、簡単に割れる場所(継ぎ目)をよく見極めて作業しましょう。
d0067943_18224986.jpg

衝撃センサになっているすスプリングを外しますが その前に
d0067943_1823289.jpg

、このボールがスプリングのどのような動作で光るのかをよく観察理解しておいてから分解しましょう。
基板を取り出してスプリングをハンダゴテで外し、LEDの余分な線を切り取ります。
d0067943_18243862.jpg

d0067943_1825930.jpg

リード線の被覆を5ミリほど剥き、中の銅線にハンダを馴染ませておきます。
基板が動くとハンダ付けの作業がやりにくいので、ペンチに輪ゴムをかけて閉じて、基板をペンチの先で固定してハンダ付けの作業をやりやすくすると、迅速に作業が行えます。
d0067943_18273253.jpg

画層の場所にリード線をハンダ付けします。
d0067943_1828794.jpg

取り外したスプリングはいつか何かに使うかもしれないので、品名を書いたパウチ袋にしまっておくと、いつか助かることがあるかもしれませんが、一生使わないかもしれません。
d0067943_18294613.jpg

針金を曲げて振動センサーを作ります。
d0067943_18303695.jpg

まず画像のようにブル下げて、長い針金がぶらぶらするような形状を作ります。
d0067943_18315223.jpg

長い針金が通る輪も作ります、この輪の広さで振動センサーの感度が変わります。
最初この画像のように作りましたが、鋭敏すぎたので、あとで大きな輪に変えました。
輪の形状でセンサーの検知方向もコントロール可能です。
d0067943_18354545.jpg

コードの先端と針金にハンダを溶かして予め盛っておきます(予備ハンダといいます)
d0067943_18372238.jpg

竹串の先端にブラブラする棒を、糸と瞬間接着剤で固定します。
d0067943_18382365.jpg

程よい位置に輪にした針金を糸と瞬間接着剤で固定します。
この作業の前に長い針金にスイッチ代わりのチューブを通しておいても良いです。
d0067943_18404953.jpg

リード線と針金をハンダ付けします。極性はないので、どちらの針金にどちらの線を取り付けても大丈夫です。
d0067943_18415336.jpg

ボールの笛の回りの棘を一周刈り取ります。
d0067943_18435015.jpg

今回使った瞬間接着剤これです。瞬間接着剤促進剤があればより便利です。
d0067943_18454120.jpg

ボールを水平な場所に笛を真下にした状態で置き、竹串を立てます。
その状態で針金の輪に長い針金が触れないように、各位置を微調整後
瞬間接着剤で竹串を固定し。完成です
運搬時や使わない時は長い針金のチューブを下に移動しておけば、イタヅラに光らなくなります。
d0067943_18501117.gif

さまざまなシュチュエーションを設定して、遊ぶと楽しく遊べます。
予算に余裕がある人は、秋月電子で振動センサを購入してみても面白いです。
振動(傾斜)スイッチ(丸型)AT-407
d0067943_18515497.jpg

手作りセンサと2種類のイライラボールを作ってセンサーの特徴を比べてみるのも面白いです。
d0067943_2127295.jpg

#MakerFaireTokyo2016 会場で体験が出来ます。

by mayoneko | 2016-08-04 19:10 | 製作工程 | Comments(0)
2014年 11月 06日

フライングキャットの作り方。手持ちのメカで作ろう

沼津のI田さんは、超軽量なメカを使わず入手しやすいラジコンメカで空飛ぶ猫
フライングキャットを見事飛行させています。
そこで、彼にメカの詳細を教えてもらいました。
d0067943_19281665.jpg

以下I田さんからのメールの抜粋です
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1、 受信機、以前は72メガ帯 双葉を使って居たのですがクラブの人がHITECのテレメトリーセット付を購入
瞬く間に 4人(私も含め)HITEC 2.4ギガを使って居ます、このため受信機は
HITEC 4CH マイクロレシーバー(2.4GHZ A-FHSS)パークフライ用を使って居ます

2、サーボは2.5グラムのアナログサーボ

3、モーター ホビーキング製 HK2402 2350KVです (KV値が一寸大きいですが・・・)

4、バッテリー 2S,360~450mA

5、アンプ 10A

6、重量  95.5グラム(バッテリー含まず)

7、プロペラ はGWS DD 8x4 の外径を140mmに切り落とし使って居ます(プロペラ先端の
 肉厚が厚いため 曲がりやキズが付きにくいです、
d0067943_19283936.jpg


後は前足の裏側に カーボンスパー 0.5t X 5mm 幅 を張り付けています、

皆さんの機体に比べると大分重いのではと思いますが 良く飛んでくれます 風が強くなると(3m位)
前足が風を受けて少し開くため 安定して飛んでいるようです、

5匹目から モーターを10mm前にだしダウンスラストも付けました 今までのものより安定が良い様です、
d0067943_1929214.jpg

初めて作った時は メカの積む位置 重心位置 等が解らず 体育館で飛ばして居る 動画を何回も
チェックしました、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とても参考になる情報を教えて下さりI田さん大感謝です。
私は図面もないので、適当に形を真似て見てくださいぐらいしか、アドバイスしていないのですが
見事に手持ちのメカにあったアレンジをして飛行に成功し量産機も飛んでいます。
どしどし量産できるような型紙も凄いです。
これを見て作りたくなった人が増えればいいニャあ いいワン(犬もあり) いいブヒ(豚も飛べるはず)

by mayoneko | 2014-11-06 19:35 | 製作工程 | Comments(0)
2012年 12月 09日

推力偏向ユニット 5g

できるだけ軽量な組み合わせで、作ってみたが10Wブラシレスモーター使用が前提だとどうしても重くなる。
d0067943_9291087.jpg

ふしみさ製作所のような6㎜ブラシモーター推力偏向ユニットなら相当コンパクトに出来るし軽い。

そういえばコレならMAKE会場で飛ばせたかも 惜しいことをしたニャ 

by mayoneko | 2012-12-09 09:35 | 製作工程 | Comments(0)
2012年 03月 07日

そんな時は万能糸ー

難接着物として有名らしいジュラコンに相棒のコニシ製難接着用プライマーと共に接着を挑んでみた。
d0067943_19404885.jpg

念のため接着面を軽く荒らしておき接着後、情け容赦なく力をかけるとポロッと綺麗に取れた。
ジュラコン流石である、やはり専用のプライマーセメダインPPXセットなどを得てから闘いを挑んだ方が
良かったかも知れないと思ったが、物は試しともう一度プライマーを塗って今度はプライマー乾燥時間を変えて
接着してみた。荷重テストをしてみると、今度は結構頑張ってるが強い衝撃では外れそうな予兆は見せたそこで糸を援軍に2箇所ほど適当に巻き付けて接着してみた。
d0067943_19454452.jpg

バッチリだにゃ 糸の援軍最強。
プライマーの塗る量と乾燥時間と接着強度には微妙な関係があるようだ。

by mayoneko | 2012-03-07 07:00 | 製作工程 | Comments(0)
2012年 01月 27日

発泡スチロール翼型カット

やまめ工房さんからいただいた120倍発泡スチロールを真面目にニクロム線で翼型カットしてみました。
後縁の薄いところは流石にすが入ります。
d0067943_941151.jpg

狭い室内で軽く手投げした感じは、ただのキャンバー翼に比べ、良い感触があります。
これはとても良いかもしれないと思い先日のIAC-ASO飛行会に持ち込み早速飛行テスト
やまめ工房さんの発泡製カテ1機の飛行も見られたのでとても参考になりました。
 翼面荷重は120倍発泡動力付も30倍発泡動力無しも1g/dm2程度でそろえました。
ちなみに大きい方の機体は翼長が60㎝3.6dm2ラジコン装置を載せた状態で総重量3.6gしかありません。それも30リポ モーターダイレクトドライブでそれですから、10リポギヤダウンペラにするだけで1gは軽量化出来ますが、いたずらに軽くしても滑空は良くならないだろうと踏み、あえて重量がkさむ構成にしました。
d0067943_9403576.jpg

手投げした場合、手投げ直後の速度がある程度乗っている内は素晴らしい滑空を見せますが、飛行速度が落ちてくると途端に足がとまりだし滑空が悪くなります。動力を入れてある速度域以上にキープしていれば、大変効率的に飛んでいる感じがしますが滑空だけさせると速度が落ちてきた際に抗力がどんと増えているようです。120倍発泡の動力付機体(画像右の機体)の飛行は大変遅く楽しめますが、天井ギリギリにあげて、滑空に入れる際に少しでも速度が速すぎると
翼がよれて鳥人間コンテストの初期のような翼がよれてバンザイ墜落の仕方をします。
強度も足りていません。
d0067943_9434168.jpg

無動力の30倍発泡機は薄いカーボン板で翼の裏に補強を入れておきましたが、ゴムカタパルトの速度には耐えきれず2度目のカタパルト射出でバンザーイ 
ほぼ同じ翼型のバルサ機とは滑空、強度ともに雲泥の差です。
強度はカーボンで補えると思いますが、とにかく滑空時の速度落ちが弱点です。
現状製作の簡易さから見ると翼型を作るより、ただのキャンバー翼の方が室内飛行の場合速度全域でそこそこ楽しめる感じです。ただ滑空はやまめ工房さんの室内バルサHLGの飛行を経験した身には
今3に映ります
発泡スチロールでもなんとか速度が死なない方法を施すことで速度全域で楽しむことが出来るかもしれません。方法としては翼厚を薄くする、翼表面をツルツルにする軽い方法を会得するかですが。
軽いバルサを捜し出して作ったほうが出るゴミも少なく見た目や機体寿命も良い気もします。

by mayoneko | 2012-01-27 06:27 | 製作工程 | Comments(0)
2011年 11月 26日

500円ルーペをハックする #mtm07 

マルエツスーパーの雑貨売り場にてスタンド付ルーペWレンズ(サンスター製)を525円で購入したんだあ
(もしかしたら100円ショップにあるかもね、でも見つけたらショックじゃね ブルブル)
なぜこれを買ったかというと、ライト付スタンドルーペにするために決まってるんだけど
d0067943_135591.jpg

なんでそんなの必要かって言うと、目が悪くなったからにに決まってるじゃん
近頃ICの品番とか超読みづらいんだよね~ 家には100V駆動の蛍光灯スタンドルーペあるんでこまらないんだけど、そんなの簡単に持ち歩けないじゃん。ほら折りたためるしぃ
d0067943_136899.jpg

出先でちょっとこのICの品番はとか小型基板の修理とかあったら、裸眼じゃ私 絶対無理www
ってことで、携帯型のスタンド付ルーペ(ライト付)欲しかったんだよね~
d0067943_1362879.jpg

こいつと放熱クリップスタンド組み合わせたら無敵ングじゃねって感じで
たとえ地下迷宮で迷って、お先真っ暗闇でも半田付け出来るって訳。
d0067943_1361824.jpg

LEDは手持ちのモノがあるし、大きな余り出番のないリポ電池もあるし、あとはこんな風に配線して、接着剤で止めて ホラすぐ出来た やれば出来る子じゃん 私ってば
d0067943_1363948.jpg

命名 あかりん (LED照明付スタンドルーペの略)
を見たくなった方はMake: Tokyo Meeting 07に来てね 
東工大体育館隅っこの方にピッカリ光って貴方を待っていたりするかも
あかりん 君を待ち続けて24時間連続点灯したってへっちゃらなんだ

by mayoneko | 2011-11-26 13:20 | 製作工程 | Comments(4)
2011年 11月 11日

170枚分のジワ~~~~~~~~~~ 発泡スチロウる

雨の日は飛ばしたい欲が消え、たんたん作業に没頭できます。
d0067943_20172711.jpg

発泡穴あきブロックからは、1㎜厚が30枚近く切り出せます、1,2㎜厚なら23枚~25枚
穴の空いたブロックは発泡の倍率が低く固いので、一枚切るのに平均2分ぐらいかかります。
発泡倍率が高い柔らかいブロックなら一枚当たり平均1分になります。
切っている間はジワ~~~~~~~~~~~~と切れる分だけ
無理なく発泡ブロックをよどみなく押し続けるのです
つまり切った枚数×ジワ~~~~~~~~~~~~とやっているわけですが
なんだかで1ブロック切り抜けるのに1時間ジワ~~~~~~~~~~~~となり
1ブロックごとに休憩をいれつつ
今日は2個穴あきブロックで1㎜と1.2㎜で50枚近く切り出し
無垢材2個から1.5㎜2,2㎜3㎜をそれぞれ40枚づつ 切り出しました。
170枚分のジワ~~~~~~~~~~
外では冷たい雨がシトシトシト

by mayoneko | 2011-11-11 20:38 | 製作工程 | Comments(5)
2011年 10月 05日

3.54g お手軽マイクロ零戦の作り方


 重さ3.5gのマイクロ零戦の作り方をビデオにまとめて見ました。かなり簡単そうでしょ?超小型軽量なのラジコン零戦です。
飛ばす場所は6M四方もあれば楽勝です。
部品の入手先は
インドアエアプレーンワールド (アクチュエーター、ニクロム線、20mA リポ)
e-slowflyのe -shop       (コネクター、マイクロ受信機)
Hobby King           (モーター プロペラ Micro 9g Cessna Ready to Fly より)
BSD Micro            (アクチュエーター、20mAリポ、アクチュエーター)
てな感じ。送信機はJRのDSM2モジュール
傑作マイクロヘリ Blade Msr の送信機(YAHOOオークションで送信機のみ入手可能なこともあるよ)
設計図はココで主翼スパンを20㎝になるように印刷するとよし。
CGは主翼中心前縁から15㎜くらいで割とその数字より前よりのほうが安定します。
神話化している前縁から30%とかに全くこだわらない方がいいですわよ。
20140317 追記
ST氏よりこのマイクロ零を参考に疾風を作ったのとのレポートがありました。画像や緒元はこちら

by mayoneko | 2011-10-05 17:39 | 製作工程 | Comments(23)
2011年 09月 28日

超小型複葉機の秘密 なんつって はっぱふみふみ

d0067943_1501275.jpg

先日のSSFC飛行会で複葉機のテストをいろいろ行いました。WW1爆撃機向け上反角がわりの幅広翼間支柱テスト
このテスト機の幅広翼間支柱には切れ目がいれてあり、面積を簡単に減らすことが出来ます。
まずいきなり翼間版を3枚抜いてみます。舵を打たなくてもどちらかに傾くとそれっきりで、
当て舵を打とうがなにしようが巻き込んで墜落します。操縦で巻き込み回避することはほぼ無理です。
d0067943_147515.jpg

んでは一枚戻します旋回はしますが巻き込みはじめるため、巻き込む側と反対方向に当て舵打ちますが、機体が水平に戻るまで時間が相当かかります。操縦できなくはないですが、かなり気を使う操縦なので、もう少し安定感が欲しいところ
d0067943_1453394.jpg

ではではと2枚戻します、今度は素直に舵が効いて
旋回から反対側への旋回への遷移もスムースに行えます。
実際には翼間支柱が幅広ままでは格好悪いので発泡スチロール板の代わりに透明なフィルムを貼ることになると思いますが、上反角無しのWW1爆撃機スタイルで飛ぶ機体ができそうな目処が立ちました。
では3枚戻すとどうなるかというと、2枚とそれほど変わりませんでした。
ということでなんとなく諸々納得して次のテストに移ります。
d0067943_1444595.jpg

つづいて翼長15㎝重さ4g台のデフォルメ複葉機のバランス割り出しを行いました。
目的は可能な限り小さく、なおかつ遅く飛んで操縦のしやすい複葉機のレシピ探しです。
いろいろ翼を切り足ししてこのデザインでの美味しいところを探ります。
d0067943_141647100.jpg

最終的にこんな比率に収まりました。このデザイン重さ飛行速度メカ構成において
左右旋回共に気を使わない操縦が出来る比率です。
d0067943_1413768.jpg

そんでもってそれを元に試作2機目がこんな感じです、前回のIAC-ASO飛行会で飛行を楽しみました。
d0067943_14201321.jpg

この機体スパン17㎝ 重さ 5.6g(リポ、所長込み、スイッチ付き)で仕上がりました。
上反角はほとんどつけていませんが、この比率のデザインの場合問題なく
安定した旋回することができるようです。
d0067943_14214768.jpg

2サーボのスパン24㎝DR1と並べるとこんな感じで送信機はBlade msR用がサイズ的に似合います。
これでエキスポ効くと最高なんですが。ラダーのヒンジの硬さ調整でエキスポの代わりとします。
d0067943_14232588.jpg

塗装はプラモ用塗料やコピック以外では顔料系のインクジェット印刷機で雰囲気のある塗装が行えます。
(画像は鈴木機)
d0067943_14562469.jpg

ダミーエンジンはイメージを印刷した紙をプロペラとギヤの間に挟み込んでいます。
以上 超小型複葉機のヒミツ でした。

by mayoneko | 2011-09-28 07:30 | 製作工程 | Comments(10)
2011年 09月 16日

上反角 知らニャイな テスト機

d0067943_17295063.jpg

飛行機の操縦で垂直尾翼についている方向舵(ラダー)だけで旋回しようとするとき、主翼に上反角が無いと曲がらない(曲がりにくい)ともよく言われますが、超小型複葉機は結構曲がれたり、使用上問題ない範囲で舵がちゃんと効いたりもします。ただ絶対毎回そうなるかというと機体の重心位置や、デザインによっても変わります。もう素直に上反角を程よく付けた方がラダーだけで曲がるときには好都合の場合がほとんどです。でもスケール機というかなんちゃってスケール機などを作るさいに、この機体の翼に上反角ついていたら自分の持っているイメージとかけ離れちゃうんだよなってこともあります。じゃあエルロンでいけばいいんじゃね?ということになるとエルロンを動かす装置の重量を許容できる、ある程度の大きさや飛ぶ速度がある程度早い、あるいはエンジン出力が大きい飛行機の場合エルロン付ければあっさりその悩みは解決します。しかし10gを切る低速度で飛ぶ超小型飛行機などでは余りその方法はとりたくありません。なぜなら10g以下の超小型機が飛ぶ低速度領域ではエルロンは余り効かないからです。そこで先程の複葉機だと上反角なくても旨く曲がれることが多い(しつこいようだけど超小型、低速飛行の場合ね)はなぜ曲がれるのかってことになるのですが、実は超小型複葉機の場合上の主翼と下の主翼を繋ぐ支柱が上反角の役割を受け持ってくれたりする場合もあるのです。ただこの支柱がどの程度上反角の役割を受け持ってくれるかは、機体デザインと重心位置に左右されるので、作って飛ばして見ないと判らなかったりもします。
d0067943_10291358.jpg
今回は双発の複葉爆撃機ふうを作りたくなったのでテスト機を作ってみました。上下の翼を繋ぐ支柱は幅広の板ですがカッターで縦に裂け目がいれてあり、板を細くしていくことが出来るようになっています。月18日開催のSSFC飛行会で上下の翼を繋ぐ支柱の幅がどのくらい必要かを検証して見たいと思います(しょっぱなから曲がらなかったらハイそれまでよー)。2個モーターを使っているのだから左右モーターの差動で曲がればいいじゃないと思うかも知れませんが、しっとりと操縦するには左右モーターの差動での操舵は私の技術では難しいので、ラダーで曲がらせたいのです。ちなみにこの機体翼幅は30㎝機長20㎝ 重さ8g(70リポ込み)翼面荷重2.6g/d㎡で仕上がっています。

by mayoneko | 2011-09-16 10:58 | 製作工程 | Comments(3)