<   2005年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 30日

じたばた だんだん 飛んでくるように

完成当初は、まるで木の葉がもまれるような挙動しかしなかった、ニャルパ1号ですが、ブレードをバルサ単版に替え、ゴム動力の機体のサイトの画像を参考にしながら、ブレードを支える軸の位置もパクリ、さっそく外でテストしてみました。おー大きくスパイラル降下していく、これはラダーを思いっきり逆にして、意外に収まらんな、ではエレボン、では重心位置、おっ重心前にしたら、少し安定したぞ、ではローター高さを変えて、おっとと、少し低めのほうが良いみたいだな、なんか滑空状態が長くなってきたぞ、ではもっと重心を限界まで前にして(現状主翼前縁付近)おーなんかより安定、高度は落ちてゆくが、滞空時間が長いぞ、でも今度は左に取られるなー、ではラダーを右にして、ぐわしゃ、さしもにブレードの軸がポッキリと折れました。
なんか、すこし見えてきたような、寒くて鼻水も垂れて来たような。
でコタツに戻って考えてみる。そっかー重心位置もしかしたら、ローターを翼と考えると、このローターが作る翼効果の前から30から40パーセント付近に重心をあわすような考え方でよいのかなん???なんとなくそんな気がしてきたが。そういう目で、またゴム動力の機体の画面をみると、また違ったものが見えてくるし、面白いなー、それにしても、きっとこの手の技術って、第2次世界大戦中の模型航空誌とかにとっくに特集されてたんだろーなー、先日の飛行会で丸山さんが見せてくれた、古い洋書の設計図も目からうろこがポロポロ落ちるような、設計がいっぱいつまっていたし。いまは何でもネットだけど、古書もいいなー。DENYさんから譲り受けた30年近く前の模型とラジオも、今読んでも読み応えあるし、最近骨のある工作本見かけんニャー。おっと☆PICマイコンで作るインドアエアプレーン☆という本は別格にゃー。昔小学校の図書館に当時でもかなり古いと思われる工作本があって、しょっちゅう借りたけど、その中に自分でブリキ板をコの字型に切って組み合わせて、ニクロム線まいて変圧トランス作る工作とか、一升瓶に毛糸巻いてそこにアルコール湿らせて火をつけて、ころあいを見計らって、バケツにジュンとつけると見事に一升ビンがスパッと切れるので、それをビーカーにするとか。ごついビーカーだったけどいくつも作って実験して面白かったなあ。待てよ手作りビーカーは黒色火薬の作り方を教えてくれた理科クラブの先生に伝授されたんだっけかな?今じゃ考えられん話だけど。なんか話しずれまくり。まっいっか。いろいろ面白いジャイロ関係のページを見つけた。
こことか
d0067943_7584857.jpg
、はたまたカーターコプターとかカッコいいなー、やっぱ検索は基本だニャー、ここも面白い

by mayoneko | 2005-11-30 01:17 | トラタヌプラン | Comments(1)
2005年 11月 29日

トラタヌ ニャルパ1号 飛ばニャイ降臨

とにかく、スムーズに回るローターを2種類用意して、推力はバッチリ確保して、バランスさえとって、軽量に仕上げれば、2CHでコントロールして自由にあっさり飛びまわるではないかと、トラタヌして、製作した、トラタヌオートジャイロでしたが、妖怪飛ばニャイにしっかり取り憑かれていたようで、飛ばないこと。飛ばないこと。ニャハハ
ちなみに大きさは、
全長18センチローター直径18センチ、ローター角度及び高さ可変。
DIDEL6ミリ径4.5Ω1:3 U-80 80リポを使用で総重量7.66g。
永野さんが教えてくれたURL覗いてみると、あっさりゴム動力で飛んでいるみたいだし、ピスタチオクラスでも飛びそうだし。ローターの形状は平板でよいようだし。完全なパラメーター(答え)見るのもつまらんし、もう少じたばたしてみようかニャー 飛ばニャイ退散のお札を貼らなかったのが失敗の最大の原因ワターリ鳥カモかも?(笑)
d0067943_8382795.jpg


by mayoneko | 2005-11-29 08:42 | 機体 | Comments(9)
2005年 11月 28日

その場で改修 テスト、再び 改修 おもろいなー

第7回IAC-ASO飛行会は大変有意義なものとなりました。室内飛行機入門としての機体には一体どのようなものが良いか、2週間近く、いろいろな意見を出し、その中で今回2機が、ロールアウトしテストをみっちり飛行会で行うことができ、さらに現場で、切ったり貼ったりの改良を、参加したメンバーの知恵を集めて行い、凄いスピードで、よいものへと仕上げていく、過程が体験できました。なにせあの超軽量の鬼tokoさんがはさみで機体をチョキチョキ切るという大変珍しい映像が収録できたのも有意義でした(笑)まー、この重さでのこういった機体の前例がないのだから、試して、改良していくしかありません。最初はいろいろ、トリッキーな飛びを見せていた機体も改良が進むにつれ、おとなしくなり、とても飛ばしやすい、入門用の機体として、姿を整えつつあります。通常なら機体の改修には設計のやり直しや、改修のための作業などに大幅に時間をとられるところですが、選択したEPPという素材や発泡スチロールという素材の特性のおかげで、翼をひねって、バランスを取ったり、垂直尾翼を切ったり、左右上半角用の翼を貼り付けたりと。ものの5分とかからず改修ができ、すぐその場で飛ばし、問題点を洗い出し、すぐにまた改修し、目的の機体へと追い込んでいくことができます。これがまた面白いのだから、やめれましぇーん。
d0067943_0134086.jpg
d0067943_014168.jpg
d0067943_0145081.jpg


by mayoneko | 2005-11-28 00:16 | よもやま | Comments(2)
2005年 11月 26日

思い立ったら 試したい 性分

昨夜ネットをぶらついていると、RC飛行機実験工房でこんなオートジャイロのビデオを見つけました。しつこーくみること、数十回
いろいろ、見えてきました。むずむず、これはオモシロソー。でまずお手軽にやてみるにはと、アンドリュー、デューアー著ほんとに飛ぶ!紙ヘリコプターのオートジャイロの作りかたを、見て、スチレンペーパーを熱成型したものでローターを製作し。最初皆さん良くやっている、ローター軸をもって走り回る儀式をやり。なんか逆に回転してるんだけどいいのか知らん。とにかく浮力を感じ、ホイっと高いところから落としてみても、綺麗に大トロ(旨そうな響きだにゃあ)するのでCHBI-Zに無理やりしょわせて見ました(かわしいなー)。何もかもめちゃくちゃなのは良くわかっています。でもやってみたかった。予想では推進用のプロペラを回すだけで、風圧でローターも回るはずと思いましたが、この推力では無理なようで、そこで、スロットル全開にして機体を持って走り、そっと離す、おーなんか恐ろしくゆっくり安定して
d0067943_14535221.jpg
飛ぶ瞬間があるぞ。といい気になって2投目、頭から、コンクリート面に突っ込みドライブシャフトがポロリととれて、テスト終了。オレンジモーター使った機体なら、もうすこし何とかなるかも、はたして明日の飛行会に間に合うのか???オモシロー

by mayoneko | 2005-11-26 14:54 | トラタヌプラン | Comments(4)
2005年 11月 25日

トラタヌ 1PO! TYPE MARUYAMA 

d0067943_8524336.jpg
無理やり、超いい加減な基本3Dデータ(下のカラスもどきのベースデータ)を送りつけた、丸山さんから、早速、綺麗な画像が送られていきました。(丸山さんありがとうございます)
私のいいかげんな3Dデータ作成に比べ、各段に丁寧に作成されてます。バルサの質感もでていて、構造も、シンプルで工作のしやすい感じが出ています。出たとこ勝負のラフスケッチだけで、いきなり、切り出し始める工作が、私の場合ほとんどですが、たまに3Dデータをぐりぐりいじっていると、これはこれでまた新しい発見があったりします、私の場合、せいぜい、積み木のように形を足したり引いたりして、粘度細工のような楽しみ方しか未だできませんが、質感やカラーリングが自在に扱えるようになると、もっと楽しくなりそうです。でも3Dソフトって、現実の切った貼った並に扱えるようになるのは、なんか難しいニャー。
d0067943_841547.jpg
d0067943_8525692.jpg
d0067943_8532236.jpg


by mayoneko | 2005-11-25 08:44 | トラタヌプラン | Comments(4)
2005年 11月 24日

発泡スチロール 補強 バルサ

トラタヌ 1PO!の胴体はスチロール製です、このスチロール軽くて便利なのですが、細い角材や、短冊状にすると強度が頼りなくなります。そこでカーボンやバルサの板を要所要所に貼って剛性を上げるわけですが、入門用の機体としては、あまり入手しづらい材料はそれだけで工作をする上での壁になりyすく、そこで今回はカーボンの使用は見送り。昔から親しまれている、飛行機工作の究極の素材バルサを使うことにしました。バルサ材は、極めようとする方には果てしない道が待っていますが、今回使用したバルサは1ミリ厚のその辺の大工センターなどのDIYショップにいけば大抵あるもので、バルサの色とかつやとか、しみとか柾目とかオーラとかあまり意識せず、割れてなきゃいいや程度で購入したものを使いました。さてバルサを使った補強の方法ですが、ただ1センチの幅に切った1ミリ厚のバルサ材を補強したい場所に、ペタッと貼り付けるだけです、それも今回のスローフライ機であれば4面張る必要はなく、2面貼れば、十分な強度が得られます、もしスチロール断面がある程度縦長の場合は短い辺の面に1枚だけでも十分、強度を稼ぐことができます。この方法、墜落時の衝撃にも強く、通常のバルサだけの組に比べ、衝撃をスチロールが吸収してくれるので、バルサの折れや割れを防ぐことができ1石2鳥のおいしい方法だニャ。
d0067943_914461.jpg


by mayoneko | 2005-11-24 09:01 | 製作工程 | Comments(0)
2005年 11月 23日

スローフライ入門機? 始めの1歩 トラタヌ 1PO!

遅く飛ぶことで、だれでも操縦しやすく、それを軽量に作ることによって、衝突または墜落時もダメージが少ない。運動エネルギーK=(1/2)mv2 質量×速度の2乗の法則を利用した(大げさ笑)。入門者向けスローフライ機、かといってあまり軽すぎても、外での微風が吹いた状態で飛ばすには、飛ばしにくく(これもおもろいけど)、かといって重いものは何かと、早く、ぶつかったときの衝撃もおおきい。いったいどの辺がおいしいのか、工作にも気をつかわず、テキトーにつくっても、そこそこ楽しめる機体はと、得意のスチロール工作ででっち上げたのが、トラタヌ 1PO!
実験機のため、翼の迎え角や胴体の長さなどは自由に変えられるようになっていて、特別な材料、カーボンなどは一切使っていません、胴体の補強には短冊状に切った1mmバルサを
縦 横と 2枚だけ貼って十分な強度をだしています。またコード類も、特別なものは使わず、普通に手に入る太さの物で製作し、各種受信機器もいろいろ試せるように、すべての端子にJSTコネクタをつけたところ、全長33センチ(可変)翼長33センチ主翼面積2.64/d㎡の機体が、スリックモーターオレンジとGWS2510プロペラ込みで9.06gで出来上がりました。さっそく一番重い設定として、小型RF受信機、140リポを載せ、全装備重量15.85gちょろっとグランドに飛ばしに行きました。ちょっと重たそうですが、まあまあ飛んでいます、子供に渡すと早速鉄柱衝突試験をしてくれましたが、その後も問題なく飛ばし続けて、遊べました。時間にして水平飛行できなくなるまで10分くらいは遊べました。うちに帰って電圧測ってみると、3.6vに落ちていました、速度的にはルーキーよりかなり遅く感じます。この状態での翼面加重は6.09g/d㎡です。tokoさんの赤外線受信機と70リポ使えば翼面加重5g/d㎡は楽勝で切れそうです。もっとホンワカ飛びそうで楽しみだニャ
d0067943_9304323.jpg
d0067943_9312977.jpg


by mayoneko | 2005-11-23 09:31 | トラタヌプラン | Comments(6)
2005年 11月 22日

rookie アクチュエーター 工夫 トラタヌ 1PO!

画像左は、ルーキーのアクチュエーター付近のアップです、大きなコイルと大きなマグネットで、ヒンジは2ミリ×1ミリのゴムと、旨いやり方です。しかも、永野さんのやり方と同じように、コイル径を絞った上で、コイルの外にマグネットを出してしまっています。アクチュエーターをこういったやり方で自作されるとわかりますが、コイルの中でかなりスムーズにに磁石が動くようにしないと、アクチュエーターがまともに動きませんが、この方法であれば、磁力を強めるためにコイル内径を小さくしても、磁石は外に出ているので、それほど精度を要求されず、工作もシンプルで済みます。早速私も真似して、できるだけその辺のもので作れる、入門用機体のテスト機、トラタヌ 1PO!試作0号 のアクチュエーターに同様な構造を採用しました。アクチュエーターのヒンジはただのコピー紙を3ミリほどの短冊状に切って使いました(輪ゴムで挑戦してみても良いかも)。ヒンジのつけ方は、従来のラジコン機とおなじつけ方で、垂直尾翼の厚み方向センターにカッターを切り入れ、そこにヒンジの先端に軽く接着剤をつけて差込んで固定しました。紙ヒンジを使うときのコツは固定する前にヒンジの曲がる部分だけをよくまげて、紙の繊維をそこだけ柔らかくしておくことと、その曲げる箇所だけは接着剤を染み込ませないことが肝心です。また、差し込む部分は硬いままでないと、切り込みに差し込みにくくなります。、接着剤が固まるまでに時間的余裕があるので、通電した状態でテストしながら、磁石とコイルの位置関係の微調整も簡単にできます。ちなみに 1PO!は始めの一歩をもじったモノだニャー。
d0067943_858764.jpg


by mayoneko | 2005-11-22 09:01 | アクチュエータサーボ | Comments(4)
2005年 11月 21日

ルーキー VS エアフォースガン

d0067943_2243774.jpg
日がかげると、関東圏でもさしもに、外は寒く、晴れていれば、大入りの某公園も、曇りの午後は3時を過ぎると人がまばら、それを狙って、ルーキーを思いっきり飛ばしてきました。サッカーコート1面くらいの(牧草地が無人になり空きますが、あまり遠くに飛ばすのも怖いので、自分の周りをうろちょろと飛ばしました、子供に操縦する?ときくと打ち落とすほうが良いというので、高度を低めにとるようにして、エアフォースガンという硬質スポンジ小型飛行機を打ち出すガンで狙わして見ました。
撃墜失敗ルーキーはスロットルがオンかオフしかないので、高度維持がむずかしいのですが、慣れてくると低空飛行もできます、残念ながら、ビデオには収められませんでしたが、このビデオのあと、3回ほど撃墜成功していました。おもしろーい、組み合わせです。ルーキーは立ち木に激突以外ではほとんど、大破するような落ち方はしない構造なので、開けた場所なら、まず壊すことはありません。撃墜されて落ちても、形が丸いので、ころころと旨く転がり、ショックを和らげています、大変良くできた機体です。撃墜で満足したのか次は子供がルーキーを操縦しましたが、電波が届くとか気にせずガンガン高度を上げて、無人になった広い原っぱをいっぱいに使って飛ばすので、私には撃墜できませんでした。撃墜してみたいニャー
d0067943_2252187.jpg


by mayoneko | 2005-11-21 08:07 | よもやま | Comments(7)
2005年 11月 20日

妖怪    ~ はたらけ ~

超小型ラジコン飛行機研究所には妖怪が出ます。
その名は
妖怪 はたらけ
サー、12時も過ぎ、もう作るのやめてネヨッかなーと,あくびしながら、上をみると
この妖怪が見つめてきます

目があってしまうと、頭の中に声が響き

~ ~はたらけー、はたらけー~~
たまに

~ ~はたらけー、夜食もよこせー~ ~

耳には聞こえず、頭の中に直接響いてきます。

夜食をお供えし、眠い目をこすりながら研究や工作を続けます、
深夜FMのジェットストリームも終わり
「ふーー、もう1時か、寝よっ」
やれやれ、と伸びをして、ふと上を見上げると
しまったっ!
d0067943_0251190.jpg


~ ~はたらけー ~ ~

by mayoneko | 2005-11-20 00:32 | よもやま | Comments(5)