<   2006年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 27日

羽ばた菌 感染 イシャはどこだ 

どうやら羽ばた菌に感染したらしい
いろいろネットをあさり、情報におぼれつつあり、自分が体験した情報と整合できず、混乱状態
で少しメモ
静止推力においては羽が大きい方が効率が良い
飛んでいるときの効率はどっちがいい
羽を短くしたら飛びが良くなることもあるんだよなー
d0067943_11244228.jpg

羽軸はしならない方が静止推力がでる。
国内のゴム羽ばたき名人機はどれもかならず羽軸をしならせている。
トンボもそうらしいが
オニソプタゾーンの機体はがっちりでもよく飛ぶ。、
答えはどっち、これも機体ごとの飛行中の条件でないとわからんか。
実際手で持って羽ばたきが絶好調でも、飛ばすと、明らかにトルク負けすること多し

トンボの羽は全体重量の2パーセントの重さ
トラタヌ ヨニャクニ3は20パーセント前後
これ以上どーやって軽くするんだー(笑)

重心位置は30パーセントが良いみたい
名人機は100パーセント、ルナ型は50パーセント
ヨニャクニ3は35パーセントくらいがちょうどいい。
答えは、それぞれにある、飛ぶことそれが答え

で次なる一手は
構造及び複雑な羽の動かしなどの生物模倣は無理
今の手持ちのコマは、
1・シンプルなクランク機構
2・単1の羽軸に軽量な膜を貼る
3・リポと、モーター、ギヤの組み合わせ
4・軽量化のための無駄のない形状の割り出し

工夫のしどころはと考えると、3はほぼ決まってる。

1はまだ改良の余地あるが、重くはできない
2は貼るものの材質、羽軸の材質としなり、
それぞれの組み合わせでのベストな翼形状の割り出しとサイズ出し
4は自然に決まる
なるのかニャー

待てよ、無理だと思っていて所をサクッと解決すれば
ブレークスルーがあるのでは、ではどの戦略を使うか・・・・ 

ぼくは重症だ!
イシャはどこだ

by mayoneko | 2006-02-27 00:50 | 羽ばたき飛行機 | Comments(0)
2006年 02月 26日

トラタヌ ヨニャクニ3 2.1号機

昨夜、というか今朝というか所長に駄目だしを出された、ヨニャクニ3 2号機の翼を紙に張り替えました、LUNAにつかっった、紙の残りで、十分足りましたが。重さはふえて、2.74gに早速所長に見せると、
d0067943_14414784.jpg
「飛ばんもんには、興味がないのー」と無視されてしまいました。
で飛ばしてみると、流石所長、見事性能を看破しています。よく飛びましぇん(T T)
ではと、思いつく限りのことをと、
ゴシゴシゴシと機体の各部にサンドペーパーをかけ、剛性を全体的に落としてみました。
すると、おおー飛ぶ飛ぶ、フッフッ、所長飛ぶようになりましたぜ。このぶちきったアクチュエーターの線を戻しても、
d0067943_14422130.jpg
ヨーござんすかね?と振り返ると所長はしとしとと降る2月雨の景色を眺めています。
d0067943_14425463.jpg
所長ありがとう、すこしは飛ぶようになって来ました。

by mayoneko | 2006-02-26 14:43 | 羽ばたき飛行機 | Comments(5)
2006年 02月 26日

トラタヌ ヨニャクニ3 2号機 

ヨー飛ぶのーとおもっていたヨニャクニ3 1.21号機も、度重なる狭い部屋での、テストで翼をぶつけ、かなり、翼が後ろに曲がってしまい、飛ばなくなってきました。そこで、そろそろこの機体はこのままにして、今後のテンプレートがわりにし、2号機を製作しました、ほぼ同じパラメーターで作りつつ、アクチュエーターつきのラダーも搭載してみました、サイズは同じでおもさはアクチュエーターを搭載したにもかかわらず、1.21号機の最終の重さより軽い、2.52gで完成しました。さっそく真夜中のテスト飛行、手に持って羽ばたかした感じは、素晴らしく良く、音もシャパッシャパッと軽快です、ふふふ、これはもう羽ばたき機のコツ掴んだなと、鼻息荒く、、手なげすると、ぜんぜん上昇していきません、ラダーは良く効きます。アリャリャ、何がいけないんだー、とクランク位置を変えたり、重心位置かえたり、延々いろいろいじくりまくり、しまいにはベストだと思われた、翼の形まで変えてテストを続け、ますます飛ばなくなり、なんかつぼにハマッテしまいました。、もしかしたら、すこし遊びのある差動クランクでない方がいいかもと、クランクひとつの方式に切り替えてみたりしましたが、効率よく羽ばたきが、とても早くなるのはよいのですが、どこをどういじっても、右に巻き込みます。でまた作動クランクに戻しましたが、翼の形を変えすぎたのが、かなり響いているらしく、羽ばたきは軽快ですが、ラダーで曲がりが消せないほど、右曲がりがつよくなってしまい。今夜の開発はこれまでと写真を撮って終わりにしようとすると、散々テスト飛行中に
d0067943_2421019.jpg
飛びつくことができなくて、じらされた所長がやってきて、バシッと一叩き、アクチュエータの線がちぎれ、尾翼が吹っ飛びました。まだアクチュエーターをつけるのは早すぎるようです。で所長はこのブログを書いている、私のひざの上でぐっすりもう寝てるし、もうこれ書いたから、寝るぞー

by mayoneko | 2006-02-26 02:46 | 羽ばたき飛行機 | Comments(3)
2006年 02月 23日

トラタヌ ヨニャクニさん 1.21号機 一筋の光

1月初頭から、20センチ幅の小型の羽ばたき機を模索してきました。ここ最近はトラタヌ ヨニャクニ3をベースに徹底的に夜な夜な改修とテストをつづけ、製作当初は2.08gだった重さも2.6g台に突入し、夜のあやしい飛行機おじさんから、夜の鳥おじさん(飛ばんニャーとか言いながらやってるから、ますます怪しいか (爆)と化し、水平飛行がやっとだったころから、なんだかんだで10mAリポでも上昇できるようになって来ました。固定ラダーによる制御もよく効き、好みの旋回方向と旋回半径が選べます。アクチュエーターをそろそろ載せる時期かもしれません。ハーフスロットルで水平飛行、全開にすると元気よく上昇していきます。ここ数週間どこをどう変えても、飛びにさしたる影響がなく、一体何が正解なのか、つかめずにいましたが、あるときから、ふっと飛ぶようになりました。(文字にできるほどの正解は掴んでいなくて野性の感のみ)まだ追い込む部分がたくさん残っていますが、10リポと4×8ミリモーターの羽ばたき機でも、十分に上昇していく力を生み出すことが解ったので、これからの改良に弾みがつきそうです。
d0067943_2184670.jpg

この角度で羽が止まると、きれいな滑空に入ります。

by mayoneko | 2006-02-23 21:11 | 羽ばたき飛行機 | Comments(9)
2006年 02月 22日

備えあれば憂いなし USB2.0外付けHDD

tokoさんのところのMEMOブログを読んでいて、HDDクラッシュの話題があり、いい機会なので、これからは研究所も外付けHDDによる丸ごとイメージバックアップ環境を作らねば、いかんぜよと、山ノ神に言い訳しておいてから、PCショップへいそいそと出かけ、HDDケースなるものを買って来ました。
d0067943_1235879.jpg
3.5インチのHDDは新品が半年前に買ったまま紙袋に包まれてあり(実はタワー型のバックアップに入れようと買って帰った矢先にタワー型が完全クラッシュで、やる気なくし、そのごはノートだけできていたので少し不安だった)、出費はケース代6000円程度で済みました。同梱のバックアップツールで、2パーてションに分けた40Gドライブをまるごとイメージ化しバックアップしました。無圧縮で作業を行いましたが、バックアップにほぼ1時間30分ほどかかりました、40G転送するのに思った以上に時間がかからなかったので、USB2.0接続でも十分早いものだなーと感心しました。よっしゃこれで安心して原稿に入れるニャ。
d0067943_1234436.jpg


by mayoneko | 2006-02-22 12:37 | よもやま | Comments(0)
2006年 02月 21日

第10回 IAC-ASO 飛行会 3月26日

今月2月は残念ながら、ママさんバレーボールの大きな大会とスケジュールが重なり、会場確保できませんでした。

  (^o^)/ @
       I     \(TへT)/

記念すべき第10回 IAC-ASO飛行会は3月26日に行います当日は午前9時から午後1時まで藤沢は六会でSSFCの飛行会ありますが
私は両方参加する予定です。
「モーお父さん酔っ払っちゃたなー、もう一軒、いっちゃうよん」
見たいなノリだにゃ、奮って参加表明コメントお待ちしております。
d0067943_184592.jpg

所長、沈思黙考する、けっして寝ているのではありません。

by mayoneko | 2006-02-21 01:12 | 飛行会 | Comments(3)
2006年 02月 20日

1号試作 トラタヌ ヨニャクニ3

久々ののんびり日曜日午前中コタツにつかりながら、ヨニャクニ3零号機体を眺め、あーやろうかーこーやろかーなどと妄想しながら、夕方になってしまい、夕飯食べて、寝る前に主翼だけでも作り直そうと始めて、気づいたら、全部作っちゃった。今回は主翼桁材に0.2ミリのカーボン板、クランク関係は0.5ミリのピアノ線、であとギヤユニットの台座もハードバルサの1ミリと、強度優先で、製作しました。でできたのは
d0067943_118798.jpg
全長130ミリ翼幅200ミリで総重量2.48gと0.4g増になりました。ちなみに主翼は以前0.33gでしたが今回は0.50gで桁材を強くした代償は0.17gでした。いちばん響いたのは、ハードバルサの使用でしょう。で羽ばたき角も今回80度と前回50度程度から、かなり大きくしてみました。当然モーターにかかる負荷も増え、全開時でもあまり羽ばたきの周期が上がりません、欲張りすぎたか?で完成したからにはすぐに試験飛行で、飛ばして見ました。重心位置は40パーセントで全開で手投げすると水平には飛びます。しなりも無理がない感じ、
d0067943_0414680.jpg

すこし尾翼を捻ると、2メートルほどの円を描いて手元に帰ってきます。可愛いー、いいなー、いいぞーこれは、でも羽ばたき回数をもう少し上げたいところで、モーターを10オームにするか、羽ばたき角を60度程度にするか、どうしようかニャーで気晴らしにネットを見ると、DENYさんのところではNOBUさん単葉羽ばたき機が1CHコントロールで元気に飛び回っています、しかもスロットルコントロールだけで左右に曲がれるし、オモシロー、えーなんでなんで?ビデオ見てると後ろの尾羽に何か秘密があるんかなー???
一体今年は、どこまで羽ばたき機進化するんかニャー

by mayoneko | 2006-02-20 00:42 | 羽ばたき飛行機 | Comments(7)
2006年 02月 19日

作っては見たものの 零号試作ヨニャクニ3 

サタデーナイト工作でノリノリで製作した
小型2枚羽試験機、零試作ヨニャクニ3です。
ひたすら軽量を目指して、主翼桁にしなりを狙って0.12mm幅2.5mmのカーボン板をつかい、羽材はポリエチレン袋。胴体主軸と下部構造材に0.2mm3ミリ幅のカーボン板、モーターとギヤマウントに1ミリバルサ、クランクは0.3ミリのステンレス線で構成、クランクロッドは0.3mmカーボン板モーターDIDEL4×8ミリ28Ωギヤ比9対60・12対60のおおよそ33対1受信機はIRX-261、電池はIPX-10リポ尾翼には2mm厚発泡スチロールと言った構成で全長14センチ翼長20センチの大きさで総重量2.08gで完成、仮組みで羽ばたかせると全開では翼がたわみすぎ、推力ダウン、1.8Vもかければ起こしている風的には十分な様子、では実際の飛行ではと、すかさず飛ばしてみると

d0067943_112050.jpg
重心位置30%で飛ばすと急激に落下、所長もまっしぐらで回収に向かい、というか襲い掛かっていき、その衝撃で、翼の中心の回転軸が少し曲がり、翼の張りがユルユルになってしまいました。それでも羽ばたかせると、風は結構あるので重心位置を変えて投げるたびに所長を片足でけん制しつつ、テストを続けていき、40%のところで、綺麗な滑空に入ることと尾翼の跳ね上げ具合も程よいところを見つけ。そこで回し過ぎないように、一番羽ばたきの風がおいしいところで、はなすと、綺麗に緩降下しながらですが飛んでいきます。それではと欲張って飛行途中でスロットルをグワッと上げると羽ばたきは高速になるものの途端に失速、フニャー軽くしすぎで、しなりによる打ち下ろし時の効率化を狙ったけど翼がゆがみすぎて効率よく羽ばたきのサイクルがあげれないっす。フムン、主翼桁は0.3mm厚カーボンの方が良いかも、あとクランク回りも0.3mmから0.5ミリのピアノ線に変えようっと。あと全開ではパワーが余りすぎるので、ギヤ比更に落としてJ7モターでも良いのでは、とか。4枚羽より2枚羽のほうが軽くするのは楽ニャリ。とわずかに身に染みて解ったような気がするけど、まーとにかく、改良してやってみるしか解りましぇんニャー。

by mayoneko | 2006-02-19 01:51 | 羽ばたき飛行機 | Comments(5)
2006年 02月 18日

J7ダイレクトドライブ プロペラ試作1

とりあえず重量は気にしないことにして、瞬間をしみこませたバルサで4種類プロペラを製作してみました。結果4本全て0.03gになり直径30ミリと小型の割りにかなり重いプロペラになっています(tokoさんのA-6 2号機のプロペラが76ミリ直径で0.05g)。当初3.5Vかけて12000回転回るかなトラタヌしていましたが、大体9000回転前後になり、ピッチが大きくて、幅広なタイプが良い結果を出しました。推力が違っても、消費電流は全て100mAと揃っていて、そのあたりが面白いところニャ。この実験は電源に安定化電源を使っているため、実際に飛行させるときとは条件が違います、そこで念のため、ベストなプロペラと10mAのリポ電池での測定も行いました。気温15度でテストすると電池電圧4.15vから3.29v近くに落ち込みます、推力はそのときで0.61g保温してある場合は3.5Vになります。つぎに電圧3.8vの状態の10mAリポをつなぐと、一瞬2.2V近くまで落ち込み、そのあとくるくる数字は上がり、20秒ほどで3.34V80mA推力0.50gで安定しました。いちおう今回の試作で目標値の0.6g以上の静止推力が出たのですが、更に欲張って、幅広タイプのプロペラや2ミリほど直径を大きくしたプロペラも製作して、数字の変化を見たいと思います。
d0067943_14555685.jpg


by mayoneko | 2006-02-18 14:56 | 動力関連 | Comments(0)
2006年 02月 17日

J7用プロペラ 開発

J7ダイレクトドライブで推力0.6g程度を出すにはと、プロペラを設計してみました。想定飛行速度は3m/sでプロペラ直径は30mm、回転数は以前、無負荷で20000回転前後、以前取り付けた同サイズのペラで9800rpmから、もう少し回せるのではと踏んで12000rpm設定ピッチ20.4mmで、今日コメントで書いたAGスカイワンのダグデットファンに使われているスクリュー風を参考にアレンジしてパチパチと作図して、ぐりぐり3Dソフトで眺めていると、
なんか似てると思いません?そうなんとなく、ハエの羽の形に似てきました、サイズも大きいハエの羽ぐらいだし。しかも羽ばたきサイクルで見る限り200Hzくらいなので、×60で12000となんと数字も似ていることか、面白い偶然だニャー
d0067943_2214788.jpg

ちなみにハチドリ1秒間に80回で×60で4800かーウニャニャ

by mayoneko | 2006-02-17 22:14 | 動力関連 | Comments(2)