<   2006年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 30日

SU-31 フリーフライト改造

素材を求めて立ち寄った、初めての模型屋は車とガンプラ中心の品揃え、T-4の安いプラモでもないか知らんと、寄ったのでしたが、まるでなく、棚の隅をみると、おやユニオンのSU-31がひっそりおいてあるではありませんか。フフフ、改造しやすそーだのう、で家に帰って早速、ゴム動力用の補強材を剥ぎ取り、機体パーツのみで体重測定、約13gふむん、これにファルコンサーボ2個とと、マイティミゼットブラシモーターと受信機、電池積んで、ざっとプラス14gで合計27g、5インチペラなら推力は26gは出るニャー、いかんいかんそんなトラタヌより、原稿のことを心配しなくては。(´・ω・`;)
d0067943_232234100.jpg

ポチッポチッ これがうわさの小型ヘリかマイクロンもおもしろそーだニャー
いかんいかん(´-ω-`;)ゞポリポリ

by mayoneko | 2006-03-30 23:22 | トラタヌプラン | Comments(6)
2006年 03月 26日

SSFC飛行会 IAC-ASO飛行会 一日飛行機三昧

流石に移動を含めての一日2会場の飛行会は疲れました。おかげでずいぶんお茶室でとぐろを巻く羽目に、IAC-ASO飛行会はなんか半部くらいお茶をしていたような、私は今日一日でトラタヌシリーズ 1PO ニャイパーカブ チービーZ トラタヌデルタ改 チョコラジ研機 ルウニャ 猫賊 165 ミニーニャと合計9機とほとんど研究所機蔵出し総ざらえ虫干し状態飛行で、もうおなかいっぱいです。RED LIONちゃんごめんちゃい、連れて行ったけど、もうトーちゃん、気力が残っていなかったのよ。次回は飛ぼうね、いやーほんとに 一日楽しめて
ありがたやありがたやです。
d0067943_2327490.jpg

わたしにとって超目玉のチョコラジ研機は
離陸までは所長が操縦、綺麗に離陸後は私が操縦で半周くらいで落としてしまい。
、久々に落ちると機首が壊れる
d0067943_936433.jpg
という甘酸っぱい青春のラジコン時代を髣髴させる落とし方をしてしまい、なんか昔より操縦下手になっているような。ここのところぶつけるのが平気になってしまい、いまいち緊張感に欠け、次回バルサ機はもっと気を引き締めて飛ばさねばと反省しました。復活させねば。所長の離陸は実に見事です、旋回が荒いのは私のせいですハイ。
うう、んむい、いや眠い ZZZ
サー起きた続き続き
第76回SSFC飛行会では
d0067943_9393872.jpg
d0067943_943372.jpg
石川さんのJWCAD教室や
d0067943_940309.jpg
ついに完成の域に入った、LUNA ファイナルバージョン
d0067943_9414292.jpg

ほぼ量産レベルに達した、小松原さんのお手軽スチレン逆ピッチペラ搭載ツインプッシャー機
d0067943_944578.jpg

ひろひろさんのポケコン赤外線信号モニター いけてます。
d0067943_9461098.jpg
高橋さんのタンデムはばたき機や
d0067943_9471979.jpg

長江さんの初飛行挑戦機など
刺激いっぱいの飛行会でした。


by mayoneko | 2006-03-26 23:32 | 飛行会 | Comments(5)
2006年 03月 26日

飛行会開始

d0067943_9305889.jpg

始まり始まり(^O^)/

21時40分帰宅
皆さんまだ帰宅途中かな?
お疲れ様でした。

by mayoneko | 2006-03-26 09:30 | 飛行会 | Comments(4)
2006年 03月 25日

トラタヌ デルタ改 マンタ型試験 エイ意更新中

小さな飛行機in大和川という大変魅力的な機体が山と紹介されているページで見た、マンタ型飛行機、ダグデットファン搭載で、わずかなスペースでも飛行でき大変魅力的です、非常に独創的なアイディアで見事飛行を成立させています。あれを発泡スチロールで作って、小型のダグデットファンを載せたら、さぞやゆっくり飛ぶでしょう。まずはテストでお気軽に飛ぶところを、感じてみたいと思い、トラタヌデルタに改造を加え、明日の飛行会でテストできるように急ごしらえの、小さなエイ型飛行機に改造しました。
d0067943_2043574.jpg
めまぐるしく開発が進行するので、実はこの機体棚の隙間に挟まったままでした、以前のテストでは、一度旋回に入ってしまうと、安定して回り続け、反対に舵を切っても反応が半周くらい遅れる現象が出ていましたので、今回はマンタ型を参考に、両翼端にはね上げをつけ、自立安定性を上げ、ラダーが効きすぎるのをエイの尻尾のように長くしたラダーの形状で押えてみることにしました。行方不明になった、トラタヌトンビも通常ではまず尾羽全体を動かすには相当なトルクが必要と考えられますが、実際やってみると、意外にわずかなトルクでも十分に小さく旋回することが可能なことがわかりましたので、それと同じ効果を期待します。
d0067943_20461926.jpg
明日は飛行会のはしごだなー、今日は早く寝よう。もうすっかり酔ってるんだニャー 梅酒だけど ヨワッ

by mayoneko | 2006-03-25 20:49 | 機体 | Comments(3)
2006年 03月 24日

プロペラの穴 モーターのシャフト径 太さが違うの巻

とし太 「マヨえもん、助けてよー」 (T-T )
d0067943_112790.jpg

マヨえもん 「どうしたの、とし太くん」

とし太 「モーターにプロペラつけようとしたら、プロペラの穴がユルユルでプロペラが止まらないんだ」  o(TヘTo) 

マヨえもん 「そうだね、プロペラの穴は1ミリ弱、そして、とし太君が使いたいモーターの軸の太さは0.8ミリ、つまり0.2みり太さの差があるわけだ」

とし太 「なんとかしてよー」 (TωT)

マヨえもん「しょがないなー、じゃあこれ」 ごそごそ

「ユルユルぴったり破れ風船!」

とし太 「破れた風船がどうしたの?」  (・ ・)
d0067943_112514.jpg
マヨえもん 「いいかい、これをモーターの軸に、かぶせる、そこへプロペラをはめてごらん
ゴムが隙間にあわせて伸びて、ぴったり、プロペラがはまるんだ、余ったゴムはカッターで簡単に切れる、
d0067943_1131374.jpg
接着剤も要らないし、その上墜落してプロペラが地面に当たっても、外れるか
ゴムがショックを吸収してくれるので、モーターへのダメージが少ないんだ」

とし太  「へえー、あっほんとだ、簡単にプロペラが止まったよ、ありがとうマヨえもん、できた、飛ばしてくる」  。。。。ヽ(*´∀`)ノ    
d0067943_113421.jpg

数分後
「マヨえもーん、墜落して壊れちゃったー、なんとかしてー」
 。゜(゜´Д`゜)゜ 。

マヨえもん 「やれやれ」

by mayoneko | 2006-03-24 11:07 | 動力関連 | Comments(2)
2006年 03月 23日

トラタヌ トンビ 視界没 探してます

とても、おだやか昼下がり、3時のお茶をしながら外を見ると
風がない、ではと早速無線化したトラタヌトンビを試験飛行させに
外に出ました。
d0067943_1664171.gif

いつもの団地裏で飛ばしていると、ほんと空気に乗ったトンビそのもので
もうニンマリ、いい気になって、いつもより高度を上げながら旋回に入ったときです、
フワっスーッと1段高度が上がりました、やばっ パワーを切っても一向に降りてきません
幾ら、ラダーを切っても降りてくる気配なし、ぐんぐん上昇していきます、やばー
団地の棟の間に発生したサーマルに完全にとらえられています、右旋回も左旋回でも温かい空気の塊から抜け出せん、エレベーターがないので、無理やり降下ができず
ひたすらラダーでスパイラルとサーマルからの脱出を誘いますが、あまりに安定していて、フルラダーでも小さな円を描きながら、どんどん上昇していくばかりです、上空に風がないため、ほとんど場所を変えずにはるかな青空の中に吸い込まれて行ってしまいました。大体10分くらいでしょうか、見えていたのは、もしこのブログを読まれていて、拾った方、メールくださいね。
久々に味わった嬉しいー様な、悲しいー様な。頭の中に残る
青空ににじんでいく、ぽつんとした白い点
ああーあの機体設計図が存在していないー
今頃どこを飛んでいるのだろーか
海まで飛べば本望だな

by mayoneko | 2006-03-23 16:10 | お知らせ | Comments(20)
2006年 03月 22日

チョコラジ研機 とりあえず完成

チョコラジ研機、なんとかロールアウト
d0067943_11322659.jpg

全長25センチ翼幅37センチ総重量15.7g
現時点での仕様
モーター ス-パースリックオレンジ ルーキープロペラをダイレクトドライブ
IPX-70 リポ 3ミリ130Ωマグネットアクチュエーター 赤外線受信機キット351
d0067943_11372791.jpg

うーんなんだかんだで予定重量0.7g超えたか
ノーズカバーは、はめこみ式で、着脱可能になっており、モーターのスラスト調整と換装が簡単にできるようになっています。
d0067943_11381035.jpg

脚に見える丸いポチはネ2ミリオジ磁石で脚と機体に埋め込んであり、着脱の簡単さと、衝撃吸収の役目をトラタヌ
d0067943_1142598.jpg

画像では主翼止めゴムがかっこ悪いのではずしてります、支柱は0.8ミリカーボンロッドと0.5ミリピアノ線を収縮チューブで止めて、微調整後瞬間を染み込ませて長さを固定、主翼、補強支柱は胴体から着脱可能で運搬時の収納性アップ(ただこの機構のせいでおもさは確実に1gは増えている)
d0067943_11455167.jpg

スピンナーは発泡スチロール削りだし
d0067943_11463436.jpg

尾輪はフリーのキャスター方式、主車輪はフリーで回転、材質は2ミリバルサ張り合わせ後
リューターに取り付けサンドペーパーでろくろ整形、着色
d0067943_11494148.jpg

予定重量を超えたのは、最近太った所長のせい?
d0067943_11502719.jpg

とりあえずは、できた。問題はまともに飛ぶまでに、機体がどのくらい持つかなー
まだ芝生が生えてこないし、こういうのテストは草原が一番なんだけど。
布団滑走路しかないかニャ

by mayoneko | 2006-03-22 12:02 | 機体 | Comments(8)
2006年 03月 21日

チョコラジ研機 色を塗る

チョコラジ研機、結局塗装は薄いクリアーを一回だけ軽く吹き付け、サンディング後、マスキングで単純な線で構成しました。コテーと塗らずに極力、薄めに吹き、塗装による重量増は0.4gで済みました。でも主翼を着脱式にしたので、このあたりの機構でずいぶん重量がかさんでしまいました。1g増みたいなー(輪ゴム2本で0.4gもあるとは)軽いゴムないかしらん、それでもなんだかんだで、あともう少しで完成です。
d0067943_1082468.jpg


by mayoneko | 2006-03-21 10:13 | 製作工程 | Comments(7)
2006年 03月 20日

IAC-ASO 飛行会 3月26日 

IAC-ASOの飛行会を3月26日 日曜日 午後5時から午後9時まで
おこないます。みなさま奮ってご参加ください。
見学、参加希望の方は、コメントをIAC-ASOブログの飛行会のお知らせにコメントを入れてください。よろしくニャ
d0067943_926372.jpg


by mayoneko | 2006-03-20 09:28 | 飛行会 | Comments(0)
2006年 03月 19日

チョコラジ研機 ラダーとエレベーター アクチュエーター

ラダーとエレベターにアクチュエーターを装着しました。
ヒンジはフリーフライト用のゴムを使っています。接着は木工用瞬間
d0067943_121985.jpg

この部分全てで、重さは0.95gになりました
d0067943_12395.jpg

実はこのあとアクシデントが、
たまらず仮組みしてしたくなり、テキトーに仮組みしたら、なんとなく立たしておいた
垂直尾翼がポトッとたおれ、エレベーターとラダーのアクチュエータがガッチリ、ネオジ磁石同士張り付いて、半端じゃない吸着力、それでも恐々気をつけながらなんとか、引き剥がし、動作テストを再度行ったところ、
エレベーターのコイルがどこか断線しました。 OTL
寝よっ

by mayoneko | 2006-03-19 01:09 | アクチュエータサーボ | Comments(0)