<   2006年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 30日

トラタヌ !の飛行 風きり羽

d0067943_21192423.jpg
SSFC飛行会で問題なく飛行することが確認できたので、主翼翼端を風きり羽風にカットしてみました。
d0067943_211879.jpg
翼端の輪郭線のみカットし、深くはまだ切り込んでいません。ゆくゆくはやってみたいところです。曇りですが、所々晴れて、日も差しています、さすがに時おり赤外線の信号が途絶えますが、それも計算に入れて飛ばしていれば、それほど困りません。
d0067943_21201577.jpg

でも困るとこういう事にもなる。
今回9対90のギヤユニットも大変静音に組むことが出来たので、のんびり静かに飛ばせます。予定どうり風きり羽状にカットしたわけですが、変化はあるのか無いのか・・・
d0067943_21401890.jpg
単にこの機体の操縦に慣れた来たのか、前よりずっと素直に舵が効いている様な気はします、ほんと何となくですが、旋回時に高度の落ち込みが減った様な気がしますが
d0067943_21252296.jpg
(子供は飛ばし易い機体だと褒めてくれますが)、外なので多少風の影響もあり。にんともかんともですニャー 

by mayoneko | 2006-06-30 21:42 | 機体 | Comments(6)
2006年 06月 28日

スーパーグライダー図鑑 全8種 未完→完成

スーパーグライダー
北方ノカニャモノヤ氏ヨリ画像提供アリ感謝感謝(^^)
噂ニヨルト8機種、イマノトコロ確認デキタノハ7種→8種コンプリート(アッ敵性用語ダ)
以下ニ記録ヲシルス 機体ノミ重量 脚、プロペラ、ヲ除ク
d0067943_23562812.jpg
中島 一式戦闘機 ハヤブサ 重サ8.1g
d0067943_23564569.jpg
グラマンF4F ワイルドキャット 重サ9.7g
d0067943_23565767.jpg
ノースアメリカン P51D ムスタング 重サ8g
d0067943_23571075.jpg
ヤコブレフ YAK-3 重サ8.5g
d0067943_23572266.jpg
ドボアチン D-520 重サ8.8g
d0067943_2357337.jpg
ホーカーハリケーン 重サ8.3g
d0067943_05875.jpg
フィアット G50 チェンタウロ 重サ8.0g
d0067943_919884.jpg
スーパーマリーン スピットファイヤ

以下ハ第2弾第一希望 
d0067943_23581855.jpg
?メッサーシュミット BF109G ?
希望トシテハ、フォッケウルフ FW190D ダトイイニャ
目撃情報モトム マタハ ドレヲ飛バシタイ?
d0067943_2358054.jpg
オマケ

by mayoneko | 2006-06-28 00:00 | よもやま | Comments(15)
2006年 06月 27日

マイクロン 浮く

ヘリが悪いのか
否っ!
パイロットが下手なだけである。
d0067943_03269.jpg

へりひよッ子所員、ラジコンヘリ初操縦から17日目
浮かせられました。楽しいギャラリーからの野次とカメラの回っている前で。
でもちょっとだけよこの後すぐにtoko教官が操縦すると
ピタッ ホントにおいらの機体???
機体は悪くない、悪いのは私の腕、練習あるのみ。でも広い場所の方が分解知らずで
練習が途切れなくて、いいやね。

前夜会場に持ち込む前に調整の参考にしつこく見た小型ヘリ達人Fujinawaさんのサイト
で今日現場でしたこと。
まず、いきなりなぜかパドルの向きがが逆だったので、それを元に戻す
これは度重なる墜落ではずれたものを、いつからかは解らないが逆向きにつけていた。
パドルのくの字リンクロッドが2本では渋いので1本にする、プラプラでなくてはいけない。参考ビデオtokoさんのマイクロン
マイクロンTipsつぎにエルロンとエレベーターのミキシング量を整える。ここでミキシングってなに?上のビデオのサーボの動きをよく見ましょう。2個サーボが動いていますが、動かしている送信機のスティックはエルロンまたはエレベーターの1本だけです。(私のマイクロンの場合エルロンを右に切ると右に傾きつつ後ろにも下がってしまう)のでたとえばエルロンを右に切った時にエレベーターをダウンに送信機が動かしてくれる量を決めておくと操縦が楽になるわけで、要するに勝手に送信機が癖を補正してくれる量の関係を決めるということになるのと思います。間違っていたら突っ込みよろしく。
プロポは双葉 T7ACP ここでCH1はエルロン CH2はエレベーター CH3はスロットル
CH4はラダーです。画面表示はこうです
P-MIX1 CH1→2 RT-40% -40%
P-MIX2 CH2→1 RT+30% +30%
P-MIX3 CH3→4 RT+10% +22%
つぎにスロットルカーブを決める
スロットルTHカーブCRVとはスロットルを上げたときに、変化するスロットルの量の調節の増減の具合をグラフ化したもの。私の場合スロットルスティックを動かしたときのPポイントが等角度で5カ所あり、ここではホバリング寸前までで第1段階、次ににホバリングするところから上昇するところまでをきめ細かくすることによって、実際に飛ばすときのスロットルのコントロールをしやすくする便利な機能 プロポ側の表示は下のようになる。
TH-CRV N(N) P5>100% P4>87.5% P3>75.5% P2>50% P1>0%
d0067943_23592279.jpg
あとは飛ばしながら、付属の3IN1mixボード(このボードはジャイロ、自分の機体の動きを感じる素子があり、その動きによって、機体のラダー方向の安定を保つように、メインローターの回転数に応じて後ろのテールモーターの回転数を制御する、回路がのった板)のジャイロゲイン
(ジャイロがどのくらい挙動の強さで反応するか決める)をボードのトリムのマイナス溝の位置によって、調整しました。大体今日の所は推奨位置75%位のところから下げていき、60%ぐらいととしました。
d0067943_20594383.jpg
まだすこし効き過ぎと教官コメントをいただいてます。
あと教官が飛ばして、エルロンのトリム位置を右に4コマほどずらして安定させてました。
この日は実地指導だったので、するする体に入りました。
全くのヘリ初心者が17日間で少しだけ浮かべるまでにクラッシュした部品、テールスキッドのみ、これは0.5㎜ピアノ線に交換
あとは、初期不良のサーボリンクロッド先端のみ。
強く落とすと、部品がバラバラになるが、そこがいいみたい
これって、ヘリ入門としてはリーズナブルなのニャ?


by mayoneko | 2006-06-27 09:07 | マイクロヘリ | Comments(3)
2006年 06月 25日

第80回SSFC 飛行会に行ってきました。

楽しみにしすぎて、前夜ほとんど寝れず。車は危ないと思い、電車で出かけました。
イヤー小田急線乗車中寝た寝た爆睡、帰りは一駅乗り過ごしたし
会場に着いてみると、うーん盛況だなー
d0067943_206925.jpg

おやじだらけ 男の園
d0067943_2062996.jpg

いい絵だなあ 離着陸、室内周回飛行 うまい
d0067943_2072396.jpg

重心位置確保のためのシャフトドライブ
d0067943_2083145.jpg

ハイーいらっしゃい、いらっしゃい、今日はカーボンが安いよー
d0067943_2093272.jpg
d0067943_209568.jpg

0.3㎜カーボンでバルサペラ作ると0.03gだよー
d0067943_20104495.jpg
d0067943_2011579.jpg

若いパワーでどんどん作っちゃうよー。EPPだよーん
d0067943_20124411.jpg

定番おなじみ駄菓子屋機、電波で操縦するタイプ
d0067943_20134969.jpg

ここらでビデオパート1行ってみよう
d0067943_20152554.jpg

赤い悪魔も荒馬も飛んじゃうよー
d0067943_20162614.jpg
d0067943_20165522.jpg

ご先祖様なハウスフライ
d0067943_20174378.jpg

雀サイズで飛びは可愛い、この機体なぜか人にまとわりつく癖が
d0067943_2019660.jpg

おっ! 浮いてる浮いてる ?
d0067943_20203340.jpg

駄菓子屋飛行機もバリエーションが増えました。とてもゆっくり飛んでいい感じ
d0067943_20214158.jpg

d0067943_20234138.jpg

これが勝利の鍵だ!
d0067943_20241854.jpg

重心位置はこれでも後ろ気味ニャり
d0067943_20244642.jpg

ノッチ機構も、手作り出来る、素晴らしいアイディア
d0067943_20345674.jpg

d0067943_2027293.jpg

マイクロンお出かけ百円バック
d0067943_2028634.jpg

ねみー あとはビデオパート2でも見てニャん

by mayoneko | 2006-06-25 20:29 | 飛行会 | Comments(17)
2006年 06月 24日

マイクロン養成ギプス

所長ホントにこれやるんですか?
これってただのドリル刃立てじゃないですか。
こんなのでマイクロン操縦がうまくなるんですかね?
d0067943_2395440.jpg

とにかくやってみニャ、ですか?
まーやってみますけど。
これって、ホントに役に立つん?
所長、そこどいてくれないと。養成できないじゃないですか。
えっ、冗談を本気にするニャ
だからオミャーはいつまでたっても平所員 ニャッ ですか

シドイー(TへT)

by mayoneko | 2006-06-24 23:12 | マイクロヘリ | Comments(11)
2006年 06月 24日

Toratanu !

よっしゃ、何とか飛行会に間に合いそう。
トラタヌ !
d0067943_1193242.jpg

この機体重心位置がきびしい! (ベストな重心の範囲がめちゃ狭い)
でも羽の形が素敵! と思いこんでる
d0067943_1195671.jpg
などいろいろありますが、飛行中横滑りしていくときの姿が何ともいえません
d0067943_1361561.jpg
全長19センチ翼幅30センチ重さ10リポのとき2.88gだが
現在の形状では重心位置が合わず、
d0067943_1443875.jpg
機首にバラスト代わりの
自己点滅LEDを使ったバッテリモニタ搭載で現在重量3.06g
d0067943_135819.jpg
IRX-261赤外線2Ch受信機搭載
モーターSicoh 4×8 30Ω 9対90ギヤ
プロペラ MCF3222 尾翼固定材カーボンロッド0.5㎜
d0067943_11103282.jpg
体育館での飛行を確認したら、上図のように風切り羽根状に切り込みをいれたい。

by mayoneko | 2006-06-24 11:12 | 機体 | Comments(8)
2006年 06月 22日

夏至 の夜

お日様が出ている時間が一番長い日、6月21日夏至
この日の夜は電気を使わず、ろうそくで素敵に過ごしてみましょう。
d0067943_14322781.jpg
とかどこぞの某が言い出したのかしれませんが(´。` ) =3 ヤレヤレ
昨日夏至の夕方に神さんから
「今日は、ろうそくだけで過ごして、ご飯は、サンドイッチとかで済ませない?」
と問いかけというよりは、これはすでに命令なので
 (ノ´д`)ラヂャ! てなかんじで
ろうそくだけで過ごすことになり。

買い出しに出かけた、神さんを待ちながら、子供と私で、やるからには徹底してやるぞということで、電気をすべて消し、熱帯魚の水槽のライトもすべて切り、テレビもつけず、パソコンも開かず、冷蔵庫を空けるのも禁止、ガスも駄目。できることといえば、ろうそくの明かりでLEGOなんぞで遊ぶことか、( ° ° ) ボーーーとするかだけです。
d0067943_14314014.jpg

所長は絶好調で野生化し、廊下を歩くと、物陰から半ズボンの足に爪を立てて襲いかかってきます。ワッワッo(≧ω≦;)o イテテテテ(×_×;) お願いしますよー∑(TдT ;)
d0067943_14283074.jpg
子供たちはおなかがすいたーの大合唱で、わたしは待つべし、
でひたすら神さん推薦のステーキなろうそくの明かりのもと、2時間近くも堪え忍びました。
まだかな♪(・ ・。)(。・ ・)まだかな♪


ブー  
       キタ━━━━ヽ(・∀・` )ノ━━━━!!!!
待ちかねた玄関ブザーの音を聞き、帰りを待ち兼ねたワンコのようにダッ-シュ、ろうそくランタンを手に夕飯(かみさん)を迎えに行きました。急いで玄関のドアを開けると、外から入ってくる街灯の光の明るいこと。
「をそいー」「ごめんごめん」 「すぐ食べよ」で
神さんは買ってきた総菜をピッピッ
電子レンジでガ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ッと温めたのでした。OTL

(~-~;)ヾ(-_-;) ヲイヲイ
d0067943_14294015.jpg


by mayoneko | 2006-06-22 14:37 | よもやま | Comments(8)
2006年 06月 22日

MK06-4.5 モーター

トラタヌ1 PO 条件さえ許せば、ほとんど必ず4月あたまくらいから、家の裏や空き地や出先で飛ばし続けていましたが、どうも最近元気がない。どうやらさすがにモーターがくたびれてきたようで。今日はついに水平飛行もままならなくなってきて、電池もすぐ終わってしまいました。
d0067943_235191.jpg

そこで、モーターをおろして推力を測定してみると、推力が3.5Vで2gも出ていず、その上電流値も400mAも流れています。プロペラを外しても180mAも流れていて。これでは駄目なはずです。そこで、原因を探るべく、モーターを分解してみました。後ろのバックプレートを外し、ブラシを見ます、汚れてはいますが、すり切れてはいません。コアレスのコイルを見ると、コイルを包んでいるテープが少しゆるんでコイルが少し膨らんでいるような気がします。モーターカンのなかに戻して回してみると、明らかに缶の内側に接触しています。ナルホロネ
d0067943_242598.jpg

画像中のコイル外周のはがれ掛かったテープは構造が分かりやすいように、はがしたものです。さてこのままこのモーターを捨てるのはもったいないので、もうちょっち分解してみました。
1.6㎜の棒で軽くたたくと、まず0.8㎜モーター軸を受けるオイルレスメタルがはずせ
つぎに1.9㎜の棒でたたくと、マグネット用のスリーブとマグネットがモーターカンからポロッと外れます。つぎにマグネット穴の中に1.8㎜の棒を入れて隙間のある場所に、立てて棒を叩くと、マグネットからスリーブを抜くことが出来ます。これでとても綺麗にメッキされた、強力な円筒形磁石(外形4㎜内径2㎜長さ6ミリ)が手に入りました。普通販売されているこの手の磁石の値段を考えると、モーターが壊れたとはいえ、なんか得した気分です。
d0067943_251790.jpg
いやーこの磁石もったいなくて捨てられません。何に使おうかな。おかげで壊れたモーターでもそう軽々しくは捨てれません。もったいニャイ

「こーして又使うかどうかよくわからんジャンク品が山積みになっていくわけだニャ」 by所長

by mayoneko | 2006-06-22 02:06 | 動力関連 | Comments(5)
2006年 06月 19日

マイクロン再組み立て その2

マイクロン再組み立ての続き、まず前回外れて困ったボールリンクの受けですが、画像手前右を見れば解るように、ものすごく穴が位置がずれいています。
d0067943_2347112.jpg

今度きた部品は、ロッドのハマリも良く、ボールリンクもとてもスムーズです。早速ファルコンサーボにバルサ片を貼り付けて、
d0067943_2351881.jpg
サーボをマウントして見ました。このサーボのホーンの穴は小さいので0.8㎜に広げました、その際0.8㎜のドリルで穴を空けただけではきつすぎるので(0.9㎜では緩すぎる)、弱テーパーのコニカルリーマを使って、スムースかつガタが出ないように穴をわずかに広げました。ところでこのリーマはギヤ穴の適度なテンションやプロペラ穴のこれまた微妙なハマリ具合を出すのに大変重宝する工具です。径別に何タイプか揃えておくと、便利で、ピンバイス用のチャックにはめて使うと使いやすい一押し工具です
d0067943_23521180.jpg
ファルコンサーボは磁石の向きを検出して、サーボの位置決めを行うため、サーボ同志の磁石同志を近づけすぎると、動作が干渉します、私は搭載位置を上下にずらして、送信機で動作を確認しながら、干渉が一番少ない場所にサーボを固定しました。
d0067943_23515549.jpg
d0067943_23522893.jpg

ジャイロボードや受信機は両面テープで固定し、
d0067943_24547.jpg
アンテナを短くするために、0.5㎜の真鍮線を4㎜の棒に10回巻き付けて作った空芯コイルと20㎝のリード線をアンテナ線として見ました。いちおう10メートルくらいは室内で安定して受信できているようですが、これはかなり怪しいアンテナです。電池の固定はボディの穴にゴムを引っかけておき、そこに電池をはめて固定するようにしました。このやり方なら、すっきり電池を止めれると思うのですが、どうでしょう?
d0067943_013758.jpg

ここまできたら即飛ばしたくなってきたので、一応スキッドのOリングに長さ15センチ0.8㎜のカーボン2本をバッテンに通して、先にはBB弾をとりつけてアメンボらしきものを装着してみました。このアメンボ装着時で総重量は49.5g(アメンボなし48.5g)と最初に組み立てたときより3g近く軽くなりました。つぎに送信機のマニュアル片手に、ミキシングに挑戦、この機体エルロンを右に打つと前に左に打つと後ろに行く癖があるため。チャンネル1エルロンをマスターとしてチャンネル2のエレベーターにエルロン左右に対して、それぞれ前後のミキシングが掛かるようにする。手で持ちながら、ブレードを回しつつミキシング量を合わせられるので挙動がまさに手に取るように解り、面白い。ヘリのミキシングってなに?みたいな感じで頭だけではしっくりこなかったものが、実際連動して動いているのを見ると、すんなり頭に入るところが不思議なところ。
d0067943_0312949.jpg
ここで一応形になって我慢できなくなったので廊下でちょこっと飛ばしてみた。どうも前に傾かせるのが弱いようだ。トリムを目一杯前にしても、後ろにツツツと滑っていく、同時に左にも滑る。ポンと思い切って上げてみると、以前よりはまともに反応しているような気がするけど、ホバリングなんて夢の彼方。リポセット1パックをホバークラフトと一瞬ぴょんてな感じで繰り返し遊び、次のセットでつぎに万力に機体を固定して、ブレードの状態を撮影すると現在の状況はこんな感じ。前にスワッシュプレートを倒す量がまるで足りていない様子がよくわかる。ほかにもベテランの方から見ると、突っ込みどころ満載のブレードの挙動映像だと思うので、突っ込みお待ちしておりまするニャー

by mayoneko | 2006-06-19 00:26 | マイクロヘリ | Comments(21)
2006年 06月 18日

マイクロン 再組み立て

アホさ故の過ちはあまり認めたくないものですが。
初めてのラジコンヘリに選んだマイクロン。
怖いもの知らずで勢いだけで組み上げたマイクロン。
まるでいうことを聞かないリアルな現実のマイクロンに反省して
一から再組み立てを始めました。マイクロンはスワッシュプレート部が半完成状態でおくられてきましたが、とにかくばらせるだけバラました。気を付けたのはマイクロンは部品がとても小さく予備がないので、ネジ類は慎重に扱う必要があります、ウォーリーになったら、最後です。ネジ類はすべてマグネットに貼り付けておくようにしました。
d0067943_0414854.jpg
まず最初にしたのは、スワッシュプレート、オフセットを決める、ガイドの固定から始めました。お菓子ブリスターの透明板に角度目盛りをつけ、それを頼りにFujinawaさんのコメントを参考にオフセットをほぼ20度にしてみました。これでどうなるかですが、試してみたかったのでとにかく20度つーことで、まひとつ
d0067943_048143.jpg

つぎにtokoさんのした改良を参考に、スワッシュプレートのボールとその支持部の遊びを減らす事にしました。私は0.8㎜のアルミ線をドリル刃に巻いて、リングを径を0.1㎜刻みでいくつか作り、動きが一番しっくりくる、3.7㎜径のドリル刃に巻いたリングを、ボール支持部におき、そのリングと支持部の隙間に瞬間接着剤の促進剤をうすく流しておき、対衝撃用瞬間接着剤をピンの先に少量ずつつけて、固定しました。この方法は瞬間を流し込ませたくないときに、エポキシ接着剤やシリコン系接着剤の長時間硬化待ちの「待てっ!」が出来ない猫型の私がよく使うリスクの高い小技です。(よい子はまねしないでね)
d0067943_12244.jpg

つぎに、コントロールパドルのバランスを取り直しました。プロペラの調整の時と同じ要領で、高速回転するものはバランスが重要と考え、バランスをとったあとで、手で回してみて、ボディに振動がこないように、猫型所員なりに念入りに猫パンチで調整しました。(猫型ですからー、ごっついい加減ですぅ)この辺が万年平所員故の作業の甘いところですね。
d0067943_174521.jpg

で今日はもう疲れたのでここでおしまい。唯一の心配は、ボールをカバーするように取り付けたリングでスワッシュプレートの傾きの制限が増えたこと。楽観的にはここまでガバガバ打つことはあるまいと、夢見ているのですが、はたして結果はいかに??? 明日へ続く のか?

by mayoneko | 2006-06-18 01:08 | マイクロヘリ | Comments(2)