<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 29日

ハニービーの消費電力

とても楽しい 超小型 ヘリコプター ハニービーの消費電力を測定してみました。
d0067943_19203845.jpg

測定にはEメーターと自作の推力計を使用
バラしてみると おっ 赤外線受光素子が小さい 軽そうだなーと更にバラしたくなるのをこらえて、まず全体の消費電力を計る
満充電を確認した後測定
電池電圧4.22V リポ電池は重さ(電池管理基板を含んで)1.8g Full Riverと印字
スロットルハイにて
3.52V 510mA ローター回転数2900rpm

モーター単体 メインローターモーター 6ミリ径長さ13.5ミリ 3.9Ω
3.5V 270mA 2940rpm 静止推力10.5g

テールモーター  4ミリ径長さ11.5ミリ 9.5Ω 重さ約0.74g
3.5V 270mA 24810rpm 静止推力1.9g (印可3.99V で3.5V)

で試しにテールローターをDIDELMK04-10 重さ0.68gと組み合わせた場合
3.5V 180mA 21420rpm 静止推力1.8g 

d0067943_19373786.jpg
なので、もしかしたらこちらのモーターにしても、ラダートリムで癖がとれる場合は消費電流が少ないことと軽くなることで飛行時間の延長が出来るのではでは???
まー私のハニービーは決して大当たりの方の部類ではなかったので、上記の値は個々でずいぶん違うと思いますが。ま ま 何かの参考になればニャってところでひとつよろしく。

あと4ミリダイレクトでテールローターを使い3g以内の飛行機を作れば、面白い飛行機ができるんではと夢は膨らむニャー

2006/10/02 基板写真のアップ ハニービー 改造 チャンネル変更 
(A CH)
d0067943_11291156.jpg

B ch
d0067943_11515014.jpg


Ach
d0067943_11292713.jpg

Bch
d0067943_11512770.jpg
 

間違い探しクイズ
左下隅の3パターンが怪しいかな?
  ってところ kobaraさんヨロピク
C ch
d0067943_13181357.jpg


概要
d0067943_13184418.jpg


お約束のおまじない 改造は自己責任でニャー わしゃ知らんよ

by mayoneko | 2006-09-29 19:44 | 動力関連 | Comments(21)
2006年 09月 29日

小型の無線ラジコン送信機がほしいにゃあ

その昔、三和で小型のラジコン送信機を売っていた。欲しかったが買えなかった、友達が持っていて寒い長野の冬に田んぼで京商の049センチェリオンを飛ばしていて、その小型同志の組み合わせに憧れた。最近プロポの性能はものすごくて、コンピュータ支援は当たり前に付いてくる、そのぶん送信機の顔がなんかごつい!これでもかってくらいにごつい!私にはごつすぎるし、のんびり飛ばす向きにはそんなの要らないし、公園でぎらぎら光る大げさな送信機で2CH程度の飛行機をとばすのはなんか小恥ずかしい(小心物の平所員)。
d0067943_10583148.jpg
そんななかPLANTORACOの送信機目をつけたが、正規に輸入して電波を使って良いよシールを取得しないと、お上に怒られる。ではと思い一番安い4chの送信機を小型化するのはどうだととも思ったが、かなりめんどくさい、そんななかタワーホビーのカタログを見ていると双葉SS3なるシングルスティックの送信機が目に入った。ユニオンのフルセットにも着いていた物だ。いろいろ見ていくと72M帯がつかえて、その上ニッカド標準装備、さらにVテール機能も着いている機種を見つけた。ポチすると3日ほどで届いた。ついでに周波数チェッカーも買った。もろもろ買った物はおおよそ国内で買う値段の半分だった。ほかにもいろいろついでに買ったがその報告は後ほど、セールクーポン使ったので30ドルも割引になった。
あこがれのシングルスティック、昔のやつでJRセンチュリー 7やFUTABAの凄いのが(メカメカしくてチョー格好いいやつや、シンプルでこれまたアルミシャーシが格好いい)のがあるけど
オークションで何度夢破れたことかあ(・ ・)遠い目
(もし譲っても良いよという人がいたらメールお待ちしております<(_ _)>)
まーとにかく手に入れるのがしんどいので、これで行こう。左手スロットルになるけど、ボリューム斜め移動なのでたぶん変な癖は付かないとおもう。最近トイラジは全部左スティックなのでたぶん頭の中で切り替えてから飛ばせば大丈夫だと思う(ヘリはたしかに危険)、隣にならべたT7ACPより一回り小さいし黒いから公園で飛ばしていても私的には気が引けるところがない。えへへこれで何飛ばそうかニャー

by mayoneko | 2006-09-29 10:56 | 送信機 | Comments(7)
2006年 09月 26日

浜松飛行呑み会に行っていきました

最後の有人戦闘機F104のするどい主翼前縁で大根は切れるのか?
たしかにあの鋭さなら・・・みればわかる触ればわかる
d0067943_20535037.jpg

浜松へ行ってきました。目的は飛行会と呑み会と
ついでに浜松広報館の見学、
d0067943_21323984.jpg
ここの展示機のコンディションは国内ではピカイチです。
d0067943_21274331.jpg
展示機はコックピットに座れる物が多く、操縦桿やスイッチ類も可動で、動翼はそれに連動して動きますのでF104のコックピットに座ったおばちゃんが
「あらやだっ、ほんとに動くわねあたしでも操縦できるんじゃyなーい」
などとはしゃぐことも可能で、怪しいおっさんがコックピットに座って親切な広報館職員にパチリと写真を撮ってもらうことも出来ます。
d0067943_21305891.jpg

機体がとにかく美しい
d0067943_21321077.jpg

うーん刺激が多すぎて頭がウニウニだ
d0067943_21355955.jpg

良いところだなー浜松 こんな良い機体がすぐに見られるなんてうらやますい
d0067943_21364886.jpg

でもって、メインイベントの夜の呑み会は大いに盛り上がり、記憶が確かな人がいません、第一飛行する体育館の場所だって翌朝になってもはっきりしません、でも細かいことはどーでもいいんです
d0067943_21393294.jpg
最終的に着いて飛行が出来れば何でも良いんです。着かなくても楽しく呑めたからイーやと言う人もいたなあ
d0067943_21405080.jpg
d0067943_21423878.jpg

野末さんの赤外線送信機、光るトグルスイッチがかっこえー
d0067943_21433259.jpg

小型モーターグライダーがカッコエー 
d0067943_2243456.jpg
素晴らしい野末式マイクロモグラの飛行ビデオ
d0067943_21441110.jpg

怪しい人型飛行機があやしー 式神? 術符?
d0067943_21442782.jpg

タイヨーのフリーフライト零戦素材の赤外線改造ラジコン機がゆっくりそれはよく飛ぶこと
d0067943_21572151.jpg
この素材使って全備重量15g台は凄い、
d0067943_21595356.jpg
ビデオに収められなかったのがクヤチー
d0067943_21472783.jpg

何年も前にこの素晴らしい出来のピーナッツケールのDB-9はラジコンで飛んでいたわけで
今も現役だしいー
d0067943_21531213.jpg
野末さんの技術の確かさに舌を巻きました。
d0067943_21564181.jpg

まだ酔いが覚めていなかったたりする人がいたりしてー
でその野末さんが手こずったme262を見事浜松で飛ばして鼻をあかそうという魂胆だったのですが
d0067943_224523.jpg
野望は脆くもくずれ去り。たしかに難しぃーー
d0067943_227083.jpg

滑空は綺麗なんですちょっとした重心位置が合うとグライダー並みです、でも動力を入れた途端に豹変するのです。野末さんいわく「自在に飛ぶところ見られるかなーと機体してたのになあー俺の時と全く同じ」まーこの機体の癖が同じ事なのは確かなようです。推力差で曲がろうとすると、旋回から抜け出せない方向か突然切り替わる、切り替わり点が毎回変化する。と手強い
大変な宿題を抱えてしまいました。
d0067943_1059190.jpg

集合写真 奥山中学校バレーボール部 同窓会ではありません、今回参加した関東方面隊の面々 野末監督が写っていませんが、ネット上で直リンクはとても出来ないすごい姿がさらされてますので興味のわいた人は探してみましょう。

最後に今回の浜松遠征飛行会ダイジェストビデオをどうぞ
その壱 ビデオ

その弐ビデオ

燃えたよー真っ白だ 刺激が強すぎて2日ほど頭がウニウニしていて(二日酔い?)
ブログ更新もままなりませんでした。あーーーーーーーー
楽しかった。野末さんお世話になりました。

by mayoneko | 2006-09-26 20:52 | 飛行会 | Comments(19)
2006年 09月 23日

人待ち

d0067943_1757574.jpg

待ち合わせの暇つぶしにワンフライト

by mayoneko | 2006-09-23 17:57 | よもやま | Comments(7)
2006年 09月 23日

トラタヌ NYA62A 間に合うのか??????

家庭訪問という一大儀式のため、多くの時間を割かなければならなかった、
研究所平所員としちゃんはかねてより計画していた、ME262のピーナッツサイズ版の開発を始めた。
d0067943_03616100.jpg
所長の独裁的な爆撃機型開発を優先させたため大幅に開発が遅れ、もはや家庭訪問の準備という状況の中では本土防衛のため優秀な迎撃戦闘機を開発しなければならず、ようやく爆撃機戦略から脱した所長の許しを得て、ようやくトラタヌ 262戦闘機型開発はスタートした、だが戦局はもはや終盤にさしかかっており暗号名フライング イール(飛びウナギ)作戦発動までの猶予は明日の朝まで(あと8時間かあ)しかないというなか、ファイト 一発工作魂でなんとか初号機のロールアウトの目処が立った、あとはテスト済みのメカを載せるだけである。それでも間に合うか不安はぬぐえない、傷拾いや塗装はあきらめるしかない、キャノピーもバキューム型を起こしている暇はない、それでも間に合わせたい。ならもう書くのはやめて製作に戻ろう。
d0067943_0363330.jpg

焦る所員をよそに快眠を貪るフューラー所長
ハニービーも遊び倒したいところニャりよ

by mayoneko | 2006-09-23 00:37 | 機体 | Comments(4)
2006年 09月 22日

トラタヌ LUNYA BB

トラタヌ ルニャBB のアクチュエーターは3ミリ径3ミリ厚のマグネットを使用していましたが。
どうやら羽ばたき機にはガバッガバッと舵をしっかり切れた方が良いようです。そこで4ミリ径3ミリ厚のマグネットに替えたところ、トルクが大幅にアップし大変操縦性が良くなりました。外を見るとはそよっと風が吹いていて良い天気だったので、FM受信機に換装して外で飛ばしてみました。わずかな風でもものすごく影響を受けますが、それなりに飛ばすことが出来ました。 
お外で羽ばたき機 ビデオ
d0067943_1525326.jpg
よく飛んでいますが、風が少しでも強くなると、ほとんどコントロールできません、そんななか私の近くをモンシロチョウやシジミ蝶が軽やかに笑うように舞っています。かなわんニャー

by mayoneko | 2006-09-22 01:52 | 羽ばたき飛行機 | Comments(13)
2006年 09月 21日

MK06-4.5とエアロウイングスのプロペラ

ピッチが逆で手に入り易く丈夫で軽い室内飛行機用プロペラはそうそうありませんが。
双発の小型軽量ラジコン飛行機用にピッタリなエアロウィングスのプロペラ 重さも2個で0.5gと割と軽量です、軽量化次第では0.4g台に収めることができそうです。ただ6㎜4.5Ωモータとのダイレクトな組み合わせではかなり電流(3.5V時510mA×2)を食います。そのため重さが4g近い140リポを選択しなければならず、機体総重量はそのため軽く10gを超えます。ちなみエアロウィングスは20g位
d0067943_0125019.jpg

私としては8g付近の重さに収めたいところですが、そのためにはIPX-70リポを選択しなければなりません。そこでDIDEL コアレスモータ MK06-4.5とエアロウイングスのプロペラの組み合わせでプロペラ直径を切り詰めていき、電流値と推力がどのように変化するかE-meter
で測定してみました。目標は片肺飛行でも水平飛行が維持できること。そのためには仮に浮きの良い機体だとして8gの機体の場合おおざっぱに見てモーター一個の推力3g位は必要です。なおかつ電流値は2個合わせても600mA以下が好ましい。して測定結果は
d0067943_054756.jpg

参考としてグラフの中の赤丸はGWS2508を30㎜に切り詰めた時の値です。
効率はこちらの方が良いみたい、これで逆ピッチがあればベストなのですが。
オマケで測定したAGのスカイワンのダグテッドファンの20.5ミリのプロペラとの組み合わせでは3.5Vのとき推力2.7g電流値240mAです。これも逆ピッチはない。
8gの双発機には
プロペラ直径30㎜よりちょい(28㎜位)でしょうか?トラタヌトラタヌ

by mayoneko | 2006-09-21 00:12 | 動力関連 | Comments(6)
2006年 09月 20日

Park luna  Lunya BB

Park Luna には操縦性(飛行会に見学に来られた方ラジコン機初めてでPark Lunaを体験操縦している時の飛行ビデオ)がまだ追いつけませんが、少しランデブーできるようになってきました。あともう少しの調整で、狙った演技も出来るようになりそうな予感 最後にパクルナに撃墜されるルウニャ BB ビデオ
d0067943_054434.jpg

左がルウニャ BB
ずばりアクチュエーターの力不足
ネオジウムマグネットの4㎜径を調達せねば

ただの検索呪文 羽ばたき機 ラジコン 室内 

by mayoneko | 2006-09-20 01:00 | 羽ばたき飛行機 | Comments(6)
2006年 09月 16日

Toratanu YF-23 黒猫 秋空を翔ぶ

トラタヌ YF-23 黒猫を秋空の元飛ばしてみました。
最近ゆったり系の飛行機しか飛ばしていないのと、板翼になれていないので、最初は思わぬところで落としまくって機首もげもげで
d0067943_17414370.jpg
満身創痍現場修理の補修テープグルグルくんとなりましたが、だんだん板翼の癖が解ってくるにつれ飛ばすのが楽しくなりました。低速で飛ばせるので小さなグランドの半分で飛ばしていられます。きっと旨い人が飛ばせば見違えるような飛びをするんだろうなー板翼になれている方ならラダーロールや背面飛行が出来そうです。、特にリポが元気なときの垂直上昇は気持ちいいです。で機体総重量は24gとルーキーより軽いのですから、子供に混じって安心して飛ばせます。
それでも子ども達は飛ぶ機体を追いかけるのが好きなので、操縦には結構気を遣います。

by mayoneko | 2006-09-16 17:47 | 機体 | Comments(6)
2006年 09月 14日

トラタヌ BB 基本に還る 

夜な夜な悩んでネットをさまよったあげく、結局基本に還り
発泡スチロール板を使って得た結果をそのままオーソドックスに反映させてみた。
新しい 試みひとつもなし、心の中の天の邪鬼が
「もっと見たことのない形にしろー」と騒いでる。
d0067943_22304363.jpg

せめてものあがきにティル部分のみクリヤーブルーのフィルムを張ってみた。
とりあえず羽ばたきRCチャレンジは安定してから崩す方向に行くことにする。
先程又夜中の怪しい飛行テストを行ってみたが。こなれている配置だけに
風が吹いていてもいけてるような感触はある。
SSFC飛行会の無風でのテストに期待
機体を分割式にしたので、A4サイズの内寸深さ5㎝あるプラケースが欲しいニャー

by mayoneko | 2006-09-14 22:30 | 羽ばたき飛行機 | Comments(4)