<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 27日

第19回IAC-ASO飛行会 

今回のIAC-ASO飛行会は大盛況♪
d0067943_1525973.jpg

圧巻はたかはしさんのスローでサイレントな羽ばたき機
ゆっくりした羽ばたきで飛ぶ姿は太古の静けさを彷彿させました
スローフライト羽ばたきビデオ
カメラマンがうるさいのはご勘弁
d0067943_15281782.jpg

羽ばたき機論文を書くために学生さんも上の機体を持って参加してくれました。
d0067943_15292272.jpg

室内ラジコン飛行機の完全自作に1年余りをかけた長江さんの成果は今日報われました。
飛行ビデオ(IAC-ASOブログとおなじものです) うれしそうでしょっ ♪
d0067943_15314699.jpg

機体箱もすっかりRC仕様になっていました。ハニービーがなにげに収納されてます。どこかにいますよ
d0067943_15323411.jpg
製品レベルの赤外線プレステコントローラ トリムの位置やリバーススイッチ、周波数切り替えスイッチの位置が良いところに無理なく収まっています。
d0067943_15335826.jpg

永野さんのオートジャイロ 浮かぶようになってきました。問題は浮かんだあとの制御をアクチュエーターでどうやるからしいです。
d0067943_15351299.jpg

伏見さんの小型機群 いいですねー
d0067943_15355727.jpg

d0067943_15361466.jpg

スケール感ばっちりの伏見セスナ 主脚のオレオまで再現されています。
飛びのほうもバッチリで言うこと無し。すいませんビデオは取り損ねました。
d0067943_15375724.jpg

伏見さん考案の怪しい機構の送信機 操縦は対面時がかなり難しいようですが・・・
おもしろいっ!
d0067943_15392778.jpg

かんたさんのトイラジ群 次はエアロソアラのリポ化(ハニービーの50リポ搭載)に挑戦するそうです。たのしみっ!
d0067943_15405655.jpg

motoさんの駄菓子屋機 この日は商売繁盛でなにより、お店広げてました
ところでmotoさんTOKIOはどうなったんだろう?見損ねた
d0067943_1542721.jpg

柴田さんのリポ搭載ブルーLED拡大鏡、リポ電池の軽さはココでも役に立っています。
d0067943_15433743.jpg

d0067943_15435899.jpg

同じ作者の低速ウオームギヤユニット、肉抜きをすることで0.1gの軽量化が行えます
このユニットで大きなゴム動力用バルサペラを回しきります。搭載機体写真取り損ねた
御免
d0067943_168117.jpg

石神さんのエアロウィングスメカ流用の無尾翼機 長江さんのビデオの後半で飛ぶ姿が見れます。
d0067943_1695758.jpg

わたしにとっての問題のコレですがゆっくり飛ぶことは飛びます、エルロンが逆に効くことを除けば・・・(笑)
見学にこられたesuさんのアドバイスにより、エルロンの差動が必要な様子、現場では改修できないので、とりあえず翼前縁の付け足し効果をテスト、なんとコレをつけると、低速でもエルロンが正常にビシバシ効くようになりました。0.3ミリ厚8ミリ幅のカーボン板をはさんだ胴体と主翼は剛性バッチリでよれません。墜落しても30g台機体のため比較的平気で、激しく落ちると、流石にまースパッツがもげたりモーターマウントがもげたりはしますが、発泡スチロールをただ元通りに接着すれば5分後には飛べる簡易さです。慣れてくれば小さな体育館でもこのサイズなら、グリグリ出来るようになる感触は得ることができました(腕がついていくかは別)。たくさん落としましたがまだ機体は健在なので各部の付け足しや細かな調整を続けながら、このサイズで狭いところでもグリグリが楽しめるように追い込んで行きたいところです。
うーん飛行会8時間枠欲しいなー と切実に思う今日この頃

by mayoneko | 2006-11-27 15:46 | 飛行会 | Comments(14)
2006年 11月 25日

チービー Zファン 

よっしゃ、なんとか出来た、あとはリポのタブ配線処理して充電すれば明日の飛行会で飛ばせるはずと思うが・・・・飛ぶのか?これ
d0067943_2232334.jpg

チービー Zファン 翼長40㎝ 全長39㎝ 総重量35g 翼面荷重7.3g/d㎡
で板翼 果たして狭い体育館で楽しく飛び回れるのか?やって見なきゃワカラニャイ
d0067943_2225595.jpg


by mayoneko | 2006-11-25 22:03 | 機体 | Comments(7)
2006年 11月 21日

IAC-ASO飛行会 11月26日開催

11月26日午後5時から9時までIAC-ASO飛行会を開催します。
詳しくはここをご覧下さい
d0067943_1454914.jpg


by mayoneko | 2006-11-21 14:05 | お知らせ | Comments(12)
2006年 11月 17日

RealFlight 3→3.5 UPデート

RealFlight 3.5がリリースされ、タダで3から3.5にアップデートできると言うことで、ここへ行って、早速流し込んでみた。
d0067943_13593683.jpg
最近よく飛ばしているパターンが、フォトフィールドのアスレチッククラブでファンフライを飛ばすのに填っていたが、いまいちなんか違和感があった。
d0067943_140157.jpg
(本格的にファンフライをやっていないので違和感というのもおかしいが)なにか、いままで大会などで見てきたファンフライの飛び方と違うのである。(まっま腕の話しはおいといて)3.5にアップデートして一番感じたことは「おっなんかいけてるかも」そう 変な違和感が消えた。いい感じーである。もしアップデートしてないのなら、検討の価値あるカモン
話変わるが、
d0067943_1463456.jpg
エクスパンションぱっく2についてくるこのスパイダーという機体はかなり面白い。
d0067943_1465486.jpg
慣れるまで飛ばすのがむずいが、かなり面白い機体だ。いつか製作してみたいニャー
リアルフライト関連の国内サイトではRCFSが一番情報が早いと思う
ちなみにアップデートするためのファイルをダウンのためにポチッする場所は上で紹介しているページの下の方ココね
d0067943_14194972.jpg


by mayoneko | 2006-11-17 14:07 | よもやま | Comments(7)
2006年 11月 17日

トラタヌ AFO テスト飛行

いつも使っている、グランドが工事で使用不能になり、しかたなくその辺の芝生の空き地でテストして見ました。あららー腕が全然ついていきません、テスト飛行ビデオ
d0067943_1324398.jpg
たぶんファンフライやられてる方なら楽勝では?推力的には足りているようだし。プロポもエキスポとか入れないと舵が効きすぎであきません。
私の腕では翼面荷重3g/d㎡ぐらいの機体にした方がコントロール下におけるかもしれませんが。もうすこしこの5g/d㎡くらいの機体でもがいてみたいと思います。意外に丈夫でこのビデオ以外に倍ぐらい落としましたが(それもアスファルト直撃とか)、最後の最後にサーボホーンから延長のバルサ片が外れただけで深刻なダメージは出ませんでした。機動を上げるためには左右の垂直尾翼は余計かもしれません。極細ポッキー1箱で雇ったカメラマンは早く壊れてくれないと仕事が終わらないので、落ちるたびに「壊れたー?」「いやまだ、もう一回」「えーっ」を繰り返し、「あっバルサ外れた」「やったー帰ろっ」 「ハイハイ」 「晩ご飯なに?」 「おでん」 「やったー」 でこの日の飛行テストは幕を下ろしました。ちゃんちゃん♪

by mayoneko | 2006-11-17 13:10 | 機体 | Comments(14)
2006年 11月 15日

トラタヌ AFO 念願の20g切り 別名@@パー

IFOを真似てつくってみたら@@パー いや アフォー(AFO)ができた、
d0067943_1018963.jpg
実は前回の飛行会に持ち込んだが、文字認識飛行に振り回されてテスト出来なかったものだ、当初ただのエルロン遊び機にしようとオレンジモーター仕様だったが、いつもなぜか搭載計画が頓挫してしまう可愛いマイティミゼットくんに花を持たせることにした(1年近くテストベンチ暮らしだった過去を持つモーター)。エアロウイングスのリポ(140?130?)を搭載して、なんと総重量は19.5g ブラシレスモーター RF受信機 2サーボの構成で20gを切ることが出来た(エアロウイングスとほぼ同じ重量)。翼幅はジャスト30㎝ 翼面積は3.6d㎡位 翼面荷重は5.41g/d㎡で先程ちょこっと飛ばしてみたが、結構いけてるような気がするしフライトシュミレーターでIFOを飛ばした感じが似ている(当たり前か)。明日カメラマンを確保できたら撮影してみよう。軽量な130リポが届いたらもっといい感じかも。コレでうまくいったらちゃんとカーボンとエキサティッシュで透けるカラフルな機体を作ってみたいニャー[
d0067943_10183323.jpg

tokoさんのファントレーナーとおなじファルコンサーボでダイレクトに舵を動かしている。

by mayoneko | 2006-11-15 21:52 | 機体 | Comments(4)
2006年 11月 14日

トラタヌスパイアイ テスト2

あかん、ぜんぜんあかん、当初カメラ載せてノンビリ飛ばせば楽勝じゃんと思っていた、文字認識飛行であったが。今の手持ちの機材では限界があることが前回IAC-ASO飛行会ではっきり判った。飛行機はほぼ問題ない(翼長80㎝に拡大すればよりベスト)、それよりなにより問題なのは、ワイヤレスカメラの電波をしっかり拾うこと。
d0067943_236591.jpg
急造のバイコニカルアンテナでノーマルよりは受信状態が明らかに良くなったが、歩いて距離テストの時に比べ飛ぶと意外にノイズが出てしまう、ブラシモーターやラジコンの電波は干渉していない。残る手は八木アンテナか?それでも正確に機体を追わないとかなりつらいと思われるアンテナ係がいるかも。できればワイヤレスカメラをバラして送信アンテナをつけたいところだが。それをやっちゃーおしめーよと言うことで。次は八木アンテナ製作かー 又今回はいったんビデオ撮りしてから、パソコンにキャプチャーしたが、ノイズが出る画面になるとキャプチャーソフトが固まり、キャプチャーされた映像は途切れと切れになってしまい大変見にくい、ただビデオをテレビでモニターすれば文字はA4用紙にに2文字書いたものでも読める。キャプチャーするとほとんど判らん、さらにYOU TUBEでエンコードされると更に荒れてもう何がニャンだかニャンダー仮面♪ 八木アンテナの製作費用はわずかで済むが、パソコンの動画環境を充実させるのはなー高くつきそー。でカクカクのキャプチャー画像ビデオがこれこんな映像でもキャプチャーして抜き出すのに費やした時間は1時間。うーんどうしよ。(かなりやる気下がってきた)
八木アンテナまでは作ってみるか?

by mayoneko | 2006-11-14 23:10 | 機体 | Comments(4)
2006年 11月 12日

第17回IAC-ASO飛行会にkobaraさん登場

日本最軽量の機体制作者kobaraさんがテレビ出演のついでにIAC-ASO飛行会に遊びに来てくれました。
飛行会前日は彼を囲んでの築地で昼酒を呑みながら寿司をつまみつつ、まったりと飛行機談義で盛り上がり、今日の飛行会を迎えたわけですが、当日約束の時間になっても現れません、あっもしかして迷っているかなと思い携帯をかけたところ、迷路のような路線に翻弄されているところでした。それでもなんとかたどり着いていただき、なんとか定刻通りに飛行会を開催することが出来ました。
d0067943_01099.jpg

注目ーー
d0067943_02386.jpg
怒濤の質問攻めー
d0067943_02409.jpg
いけてる充電器その1
d0067943_031112.jpg

いけてる充電器その2
d0067943_033974.jpg
kobaraさんの主力赤外線送信機
d0067943_042153.jpg
テレビ出演記念サイン入りハート機
d0067943_045626.jpg
すばらしいバランスのPUSHーEミニ
d0067943_054192.jpg
カッコEーは本当にカッコ良かった。マジかっこええわ♪
d0067943_07326.jpg
注目の0.88g機の飛行 この目で見るべし感じるべしを優先のため飛行ビデオは撮影していません。御免
d0067943_0748100.jpg
このチョーシンプルなしかも上京してから暇つぶしに作った機体がー
d0067943_083721.jpg
ごっつ、よー飛ぶんですわー。ただのEPP単板でッせ マジっすか?その場にいた1同唖然
d0067943_0111892.jpg
構造はいたって単純 でもとにかくよく飛ぶから これでいいのだー
d0067943_01291.jpg
重心位置?気になる? ウーンこのくらい らしい とここまでがkobaraさんの作品群 イヤー勉強になりました。今度はこちらが四国に遊びに行かしてもらいます。
d0067943_0144230.jpg
motoさんのおばかコプターは操縦には大変なインテリジェンスを必要とするようですが、飛びは大変面白かったです、開発はコレで打ちきりらしいですが。残念 飛行ビデオ(IAC-ASO飛行会ダイジェストビデオと同じ物です)
d0067943_019336.jpg
伏見さんのモーターパラグライダー 
d0067943_020232.jpg
これも伏見さんのとても可愛い超小型機 とても安定度が高く、ゆったり8の字飛行が出来ます。赤外線モニタもとても可愛く出来ています。
d0067943_023663.jpg
永野さんのジャイロも浮かぶところまでは来ました。嬉しそう
ほかにもたくさんいろいろあったのですが、写真に収めるより自分の目で見るのに精一杯で全ては紹介できません。4時間は余りに短い! たまには1日中ノーンビリ まったり モーター音を子守歌にお昼寝あり みたいな飛行会やってみたいなー 

by mayoneko | 2006-11-12 23:49 | 飛行会 | Comments(14)
2006年 11月 10日

トラタヌスパイアイ 支援システム増強

ひみちゅ兵器 1.2Ghz バイコニャカルアンテナ
バイコニカルアンテナに形を真似てみただけ。所長の耳の方が感度良いかもん
d0067943_14181287.jpg

アンテナも立派な兵器になのニャー 
Where is Mr. Yagi?
d0067943_1910309.jpg


by mayoneko | 2006-11-10 14:18 | 機体 | Comments(8)
2006年 11月 09日

トラタヌ スパイアイ 4ch化

エレボン&ラダーの4CH化を施した低翼面荷重機がどのような挙動をするのか興味アリ。
立冬を過ぎてつるべ落としの夕闇迫る中。グランドで飛ばしてみましたビデオ。
7.8メートル以上高度を上げると、風が不規則に巻いているこのグランドでは低空飛行を余儀なくされますが。エレベターを可変にしたことで、大変小回りがきくようになり、突然の風の変化にも対応しやすくなりました。低空でも予想外のところで風に巻き込まれて落とすこともままありますが・・・ちなみにエルロンはほとんど効きません、機体がわずかに傾く程度でほとんど利きを感じることが出来ません。撮影中子供も操縦して何度か落としましたが、発泡スチロール製で研究所としては超重量級ビッグサイズ(翼幅60センチ)50g機体でも荷造りテープなどで要所要所を補強しておくことで墜落による致命的な損傷が起きずに続けて飛行を行うことが出来ました。どうやらこの機体3CHがベストのようです。
d0067943_19201234.jpg


by mayoneko | 2006-11-09 19:21 | 機体 | Comments(2)