<   2007年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 30日

20070429 IAC-ASO飛行会 レポート

みなさまゴールデンウィーク如何お過ごしでしょうか?
今日はインドアプレーン動画6本立てでお送りします。
昨日行われたIACーASO飛行会は従来のやり方に捕らわれない自由な発想で製作された機体が乱舞しました。
d0067943_17535746.jpg

小松原さんのカーボン全翼機は更に進化を遂げて、メカ部分のコンパクト化に成功
大変バランスのとれた機体に仕上がって来ました。
d0067943_17554344.jpg

こだわりの薄くコンパクトにが見事に実現されています。
d0067943_17564718.jpg

また超小型羽ばたき機も披露 なんと翼幅10センチで成立させています
d0067943_1759174.jpg

それぞれの素晴らしい飛びと操舵メカの動きをご覧下さい飛行ビデオ
d0067943_1814650.jpg

フリーフライトで十分にその機体の癖をつかむやり方はRC化飛行成功への一番の近道♪
d0067943_18115342.jpg
yosiさんはX-29のフリーフライト機で調整ポイントを念入りに掴もうとしていました。この機体をマイクロダグテットファンで室内RC化するのが目標だそうです
yosi「この機体でこのサイズまだ、誰もやってませんよね?」
所員「たぶん、ないでしょう」   
yosi ( ̄ー ̄)ニヤリッ
と不敵な笑いを浮かべたyosiさんを見て。 フフ頼もしいルーキーニャーと思った所員でした。 
d0067943_18131233.jpg

嬉しいことに京商のミニュームプレーンの体験会も開かれました。最後にラジ技編集さんからひとこと
「操縦体験したひとは全員レポート提出よろしくー」
祭りのあとの宿題が待ってましたとさ(笑)。
実はこのミニューム体験会で一番落とした私
「一番操縦ヘタッピなのは誰」
「それは私、リターン付きのスロットル&エルロンは苦手です」
ド下手がばれてしまったー(泣) 飛行ビデオは発売日すぎれば公開可能なようですのでしばしお待ちを
d0067943_18164434.jpg
ニャルテンV2の操縦もだんだん慣れ来ました。タキシングは完全に思うがままのラインを描けます、難しいのは着陸で微妙なスロットルワークが要求されます(まーヘタッピの私が出来るのですから誰でも出来るはずです) タッチアンドゴーみたいなー ビデオ
d0067943_18231764.jpg
motoさんのカーボンマイクロプレーンminnieは20リポ装備で4g台になり、小型ながらもゆぅったりとした飛行になってきました。だんだん良くなっていく機体にとても嬉しそうなmotoさんビデオ
d0067943_18282262.jpg
風邪が治っていないのに遠方の飛行会に1g切りカイトプレーンの飛行テストを楽しみに来られたtokoさん。おかげで師匠の貴重な受信機回りの空中配線テクニックの冴え渡る技を画像にたっぷり収めることができました。昨日のビデオダイジェストの後ろにあります。
d0067943_1833228.jpg
もう一つのお楽しみ。室内機ベテランのgeorgさんによる、バルサ巻き胴講習会が行われました。
d0067943_183785.jpg

この講習会のためにたくさんの荷物を余分に担いで来られた
d0067943_2137991.jpg
georgさんありがとうございます。
d0067943_18381580.jpg

この位の軽い巻き胴が巻けるようになるには修行が要りますが、素晴らしい手業です
のちほど講習ビデオと記事をアップしますので、足りないと思われる部分はコメントよろしくお願いします。
d0067943_18384264.jpg
トラタヌ ヴァル オ ヴァンのテストは順調に進みました。残念ながら離陸は出来なかったのですが、飛び回れる事は確認できました。もう少しの推力アップと、車輪位置の変更でなんとか離陸いけそうな気がします。 飛行ビデオはこれっす 飛ばしても楽しく、はいずり回らせても愉快な機体です georgさん撮影うまい! 感謝ですっ
d0067943_18441769.jpg

伏見さんの貨物機はエアロウィングスメカ搭載で総重量12g台 推力余りすぎで、かえって苦労していたようです。
d0067943_18461564.jpg

いつも綺麗な仕上がりを見せる伏見製発泡スチロール機、印刷にはエプソンPM920などのインクジェットプリンタ厚紙印刷機能付きのプリンタを使っています、綺麗な機体を作るコツは素材の発泡スチロール板を切り出す際に高温で素早く切り出し、切削面を平滑にすることが重要で、印刷後仕上げに定着液(シンナー系でないクリヤー塗料)を薄く吹き付けることもポイントのようです。
d0067943_1904676.jpg

これは毎秒60フレームで捉えた羽面の波模様 今回のリポートで
取りを飾るのはやはり鳥? いや蝶か? たかはしさんの過去に類を見ない新羽ばたき機構を組み込んだニューコンセプト羽ばたき機は
優しく空気を掴み浮かぶことに成功しました
羽ばたき渦波理論 いつもオフ会などの飛行談義で盛り上がる羽ばたきの秘密は渦と波にありがまさに形になって舞っています羽ばたきビデオをご覧下さい
フィー グラフィック能力が弱いパソコンなんで4時間の飛行会編集に6時間も掛かってしまった。でも放流してスッキリ。あっまだバルサ巻き胴講習会の編集が待ってルゥ~
あまりにもあまりにもっ  楽しい飛行会であった。
それではみなさま楽しいゴールデンウィークをお過ごし下さいニャー

by mayoneko | 2007-04-30 17:59 | 飛行会 | Comments(15)
2007年 04月 30日

20070429 IAC-ASO飛行会

今日の飛行会はおっそろしく、充実していました。
内容が濃すぎでてんこ盛りで今頃になってどっと疲れが
d0067943_0554878.jpg
怪しいヒラヒラな物体など諸々ビデオを撮りすぎたので(2GB)編集に時間が掛かり もう眠いので
今日はダイジェスト版ビデオのみ投稿します
それぞれの機体で撮影してあるものは追ってアップします。
お楽しみに ファ~ 寝よっと
オヤスミナサイ

by mayoneko | 2007-04-30 00:56 | 飛行会 | Comments(0)
2007年 04月 29日

Toratanu Vav

トラタヌ Vol au vent (おフランス語の風の翼とかのそんな意味らしいが)
ヴォル オ ヴァンと読むらしい(全部受け売りでーす) トラタヌ ヴォルド オ ヴァン いいねッ♪
d0067943_110439.jpg

翼幅? 総重量? 楽しければ細かいことは気にしないざんすよ ケセラセラ
重量は持った感じからすると10gは超えてる、でも4㎜モーターで飛ぶだろう みたいな
飛ぶことを祈る (猫神社にですか?)
ちなみに星の王子様で有名なサンテグジュペリの夜間飛行のおフランス名は
{Vol de nuit} ヴォルド ニュィらしいニャ シェー

by mayoneko | 2007-04-29 11:00 | 機体 | Comments(3)
2007年 04月 28日

名前はまだ無い 明日テスト たぶんトラタヌ なんとか?

楽しく手の赴くままに工作しつつ、飛ばして見つつ、切ったり貼ったり、はがしたり
d0067943_191066.jpg
前にしてみたり、後ろにしてみたり、反らしてみたり 試行錯誤遊びは楽しい   
でなんか出来た。うーんネーミングが思いつかない
明日のIACーASO飛行会でどう飛ぶかニャー楽しみ。

by mayoneko | 2007-04-28 19:01 | 機体 | Comments(6)
2007年 04月 28日

熱中生活ブロガーに載ったみたい

熱中生活ブロガーの一覧にこの研究所が載っています。たくさんの楽しい熱中生活者のブログがたくさんリンクされてるニャ。
d0067943_1213393.jpg


by mayoneko | 2007-04-28 12:01 | よもやま | Comments(0)
2007年 04月 27日

匠な技 インドアプレーン

インドアプレーンを長年趣味されている方のため息が出るような美しい機体を見せてもらうと。
d0067943_1042767.jpg
ウニャーっと唸ることばかりです。大抵どうやるのか聞いてみても
「簡単簡単、ちょいちょいって」
謙遜されいて、はたからみるともの凄い技なのですが
「ラジコンに比べたら楽なモンですよー」
「それにしても、この技は凄すぎです ウニャーッ」
工作は聞いたことを自分で実践してみないとまず何ひとつも解らないとは解っちゃーいるんですが・・・見事な工作をみると 解っちゃいるけど聞いちゃうよん♪ あっソレっ でこれはっ!
d0067943_1047214.jpg
このバルサ巻き胴の伸縮自在な2段継ぎは最初からバンザーイというか巻き胴一つ満足に巻けない私にとっては完全お手上げ領域です。ハマリ具合も絶妙でお好みのセッティングにするために、テールモーメントも自由にかえられ、なおかつ水平尾翼の傾きも変えられるので、機体の癖取りにも使えます。で調整後はその位置をキープするぐらいのきつさも程よくあるわけで。
「これはー作るのも時間も凄く大変じゃないですか?」
「楽なモンですよー」
「ウニャーッ!」
と唸りつつ自分がやるとなると2の足を踏んでしまいます。さらにブログを書いている途中で画像をよく見て発見!ウィングポストの立ち上がりが、見事にRを描いています、こういった構成角度が急変する箇所にRをつけるのは構造強化にとって大変重要で、実際昆虫の羽の肢脈なども顕微鏡で拡大すると見事に交差部分がRで構成されています。これもたぶん強化しつつも重量増にならないような技が炸裂しているのでしょう。私自身以前軽量化のために巻き胴製作にチャレンジしていた時期がありましたが時間をかけて散々苦労して2本ほど出来上がってもなんかヨレヨレで途中で材料選択に発泡スチロールに行ってしまい挫折したままでした。そんな会話を飛行会場でしていると今度の飛行会でgeorgeさんがバルサ巻き胴製作を目の前で講習してくれるとのこと、滅多にないチャンス!ビデオにたっぷり収めて素晴らしい技を後生に残すためにも是非とも工法を公開したい所です。なんといっても模型飛行機の材料としてバルサ材は軽量化のためなら現代でも最良の選択ですから

by mayoneko | 2007-04-27 10:56 | よもやま | Comments(7)
2007年 04月 27日

熱中フェスタ 5月11~13日 開催

インドアエアプレーンのブースがビックサイトに出展されます、見に来てニャ

by mayoneko | 2007-04-27 09:40 | よもやま | Comments(0)
2007年 04月 25日

Make: イナフな工作読本 所員感激ー♪

先日のエレキジャックの編集の方と執筆打合せをした際、大変面白い本を紹介された。
d0067943_1650662.jpg

「ちょっと工作が日本人には、ぶっ飛び過ぎていて余り受けないと思いますが」
の編集さんの前置きをよそに、そこにいた4人のSSFC飛行会メンバーは飢えたピラニアよろしく本にかぶりつき、しばらく今日は執筆の打合せなのか、この本の工作をどうやるのかのディスカッションなのか解らない状態になった。当然私もその一人でもう一目惚れ、ジャム瓶でジェットエンジンを作るだの、ゴキブリの脳をハックするだの、
COO--------L イカス チョット見ただけも錆びた脳内になんか湧いてきたぞ
早速メモった発行元と本のタイトルで帰宅後検索ワンクリックしたのはいうまでも有りません。
こんないい本が出ていたなんてそれだけでも嬉しい 
Make: Technology on Your Time Volume 01」と
Make: Technology on Your Time Volume 02
が今手元に届き所長も興味津々???
工作する心のロケットの推進剤となる好奇心型酸化薬がたくさん詰まった
Make:(本家サイトはココ 季刊誌 取り寄せてみようかな)
こういった本が今後も日本で翻訳出版されるとハッピーだニャー

by mayoneko | 2007-04-25 16:52 | よもやま | Comments(11)
2007年 04月 24日

トラタヌ ! ver2

トラタヌ!と同じレイアアウトで翼幅を30㎝から44㎝に拡大した大型機ver2を製作しました。熱中フェスタでのデモ飛行仕様の機体として設計しました。先日行われたSSFC飛行会で調整テストを無事終了し、あとは野外テストのみとなりました(エレキジャックの編集さんが撮影された飛行会での画像はココにあります)とりあえずちょっと風が弱いので外で飛ばしてみました。
d0067943_15451281.jpg

この機体日中でも飛ばせるようにと無線仕様にして胴体は1㎜EPPでペパークラフト工法で立体化した中に電池や受信機がスッキリ収まるようにしました。同時にEPPの立体構造のためカーボンによる胴体補強がいらなくなり、衝突や墜落ではまったく胴体が壊れない丈夫な機体となりましたが、流石に総重量は増えて、50mAリポを搭載した状態で5.1gと大変重くなってしまいました。でもその重量増のおかげで少しの風なら外でも安定して飛ばせる機体となりました。モーターはMK04S-24を使用し9対90のギヤダウンで直径10㎝のMCF4222ペラを使用しています。デザイン上どうしても機首をこれ以上延長したくなく重位置確保のため50リポを搭載しましたが。おかげで20分以上楽勝で飛ばす事が可能になり、まーこれはこれででいいバランスに落ち着いたようです。

by mayoneko | 2007-04-24 15:48 | 機体 | Comments(3)
2007年 04月 22日

2007年4月22日 SSFC飛行会

SSFC飛行会に行ってきました。
d0067943_22264591.jpg
すいません参加者の方の持ち込まれたモノが新作多数かつ改良多数で面白すぎでー 
「えー、どうなってんてのホエー?」「云々かんぬん」「マジっすか?」「すげーっ」
みたいな会話に夢中で、ビデオも写真もほとんどありません。たぶん飛行会主催者tokoさんのところにしばらくしたらビデオの長いのが上がるんではないかと・・・たぶん(人頼みモード)
ではほんちょっとだけですがお楽しみいただければ幸いです
d0067943_2228277.jpg

小松原さんの超独創的な操舵方法の無尾翼機、あっと驚くやりかたで見事気むずかしい無尾翼機の操縦をサーボ無しで成立させています
d0067943_2229641.jpg
解るかニャー? この機構でラダー信号のみ1モーターでエレボン動作可能 すぎょーーーい!!!
凄すぎて素晴らしい飛びのビデオ取り損ねました、操縦性も大変いいです。本人はメカの厚みがまだまだでもっと薄くメカを収めたいとのこと。 脱帽っす 
d0067943_22315153.jpg

伏見さんの発泡スチロールへの印刷技術が活かされた綺麗な小型低翼機 とってもスローな飛行だそうです、小型ぶりはしたの板の幅が大体9㎝ですからそれで解るかと
コレの飛行も見損ねた、残念っ!
d0067943_2234550.jpg
たかはしさんの片持ちXWINGは大成功、ラダーなど無くてもちゃんと左右旋回もこなせます。お見事です このビデオはあります。
さらに飛行機のままで羽ばたくビデオを発見、滑空もできてるし見事なしろものです 世界は広いっ!
d0067943_2237295.jpg

ニャルテンV2は0.3gの車輪がついて4.1gになりましたが離陸が可能になりました これもちょこっとビデオ
で最後が
d0067943_22425340.jpg
これはmotoさんの小型新型カーボン5g機なんですが、写真取り損ねましたビデオからの抜き出し画像です。とても繊細に綺麗にまとめられていて、動力ユニットにエアロソアラのメカを使用していますが問題なく飛行できています。コレもちょこっとビデオ ビデオの最後で絶叫が聞こえますが、この顛末もあっけにとられていてビデオに取り損ねました。撮れてたら面白かったんだけどニャー。残念 今日は飛行会終了後にエレキジャックの編集の方と打合せをしました。5時間に及ぶ熱濃い打合せでしたので室内飛行機特集のエレキジャック3号は期待が持てますニャー ウーン中身の濃い一日であった。
でめたしでめたし

by mayoneko | 2007-04-22 22:50 | 飛行会 | Comments(8)