<   2007年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 31日

1/48 SE5 タイヤ作り

突貫工作で28日の飛行会に臨んだため、タイヤ作りが間に合わなくて、ストックのバルサタイヤをはかせたSE5だったが 実はこれが円滑なテスト飛行及び調整続行に結構災いした。
d0067943_2122157.jpg

このタイヤだと着地の際に衝撃をもろに脚柱に伝えてしまうためヘタに荒く着陸すると、あっさりカーボンと瞬間接着剤で組んだ脚支え部分のどこかしらが壊れてしまう。そこで今宵は柔らかいタイヤを作った、ほぼ直径15ミリのタイヤになるが、余り凝ると重くなるので適当に流し、衝撃吸収優先で発泡スチロール円盤を回転させてサンドペーパーで整形し、ホイールカバーをつけた。
d0067943_215698.jpg

重さは以前のバルサタイヤが2個で0.11gだったのが発泡タイヤでは2個で0.07gと軽量化も果たせた。これで少しは脚柱が壊れる度合いを減らせると思う。また脚柱の組み方も軽さを保ったままで丈夫にしたいと考えているが、余り一部を強固にしすぎると、ボディにダメージが行くため衝撃を受けた際、修理しやすい場所が綺麗に壊れるようにするバランス設定をあれこれトラタヌするのも面白いニャー 

by mayoneko | 2007-07-31 03:15 | 製作工程 | Comments(15)
2007年 07月 29日

20070728 SSFC 飛行会 

3時間ほど寝てミョーに目が覚めてしまったのでそのまま、湘南は六会のSSFC飛行会に向かいました。
飛行会ダイジェストビデオ
d0067943_003919.jpg
早くつきすぎて暗い体育館の待合場所で寝ることしばし。パッと照明がつき、いつものメンバーの賑やかな声が聞こえ「もしかして 徹夜?」 「まさかここで寝て待ってた?」などといつもの調子で楽しい飛行会は始まりました。9時開始直後は体育館の中はひんやりと涼しいかったのですが、あっという間に室温は上がり、10時過ぎには真夏の室内飛行会ゆえの団扇をあおぎながら、飛行機を飛ばすよりしゃがんで談笑しているほうが多くなる、ゆる~い雰囲気で飛行会は進行します
d0067943_053381.jpg

小松原さんの新型小型ダクト無尾翼機
d0067943_063488.jpg

永野さん設計の3CHブラシレスモーターESC内臓赤外線受信機を小松原さんの実装技術で見事に再現
d0067943_075615.jpg

このプリント基板がすべて手作りなのです、しかもスルーホール基板です指の大きさと比べてみると細かさが解かるかと。画像をクリックすると拡大して見ることができます。この回路でMDブラシレスモーターのトラバースユニットを駆動している(ピックアップを移動させるステーターわずかに2枚という超小型ブラシレスモーターこのページ参照)を駆動し、3インチのペラで推力6gを引き出します。
d0067943_0123556.jpg

永野さんはミニュームプレーンの受信機でブラシレスモーターをコントロールするための、信号変換回路もPIC10F200で製作してきました。受信機から出るブラシモーターのPWM出力をサーボ信号に変換する基盤です。これに軽量ブラシレスコントローラーMBC2などを接続すれば、2.5Ghzの軽量グリグリ飛行機も可能になるという優れもののメカです。
d0067943_0193880.jpg
ミニュームの機体セットだけを入手し、自分のRC環境に合わせて軽量化する手法も出てきました。
d0067943_0211897.jpg
まるでハンガーの中のようです 上は鈴木さんの機体 下は塗装されたたかはしさんのピスタチオEindecker
d0067943_0242436.jpg

うーん いいなー 自画自賛
d0067943_0252595.jpg

急造品のSE5、塗装前でも結構気に入っていたりしますが、このままでは重心位置が適正な場所に来ないので作り直さなければなりません。(トホホ)綺麗さを求めるあまり 非常に発泡率の低い発泡スチロールを使ったのがあだになりました。要するに尻重になってしまったのです。
d0067943_0272731.jpg
今日は3機の1/48スケールの第1次大戦機が集まりました。飛行性能は243さんのインクジェット印刷プロフィール機がダントツでまだ私などのSE5では ドッググファイトはまだ演じるレベルではないですが、初めてでこれだけ飛ぶようになったのですから大成功です。
1/48 WW1 RCプレーンテスト飛行 ビデオ
さて今日はとにかく暑かった! マジ・暑・か・っ・た  なのですが 
こういうシーズンゆえのお楽しがあります 電車で行けば ビールが飲めるー。
飛行会後の飛行機談義をしつつの生ビールが もう最高ですニャー♪ 

by mayoneko | 2007-07-29 00:55 | 飛行会 | Comments(14)
2007年 07月 28日

秘密兵器工場?

さる情報筋から、富士の裾野で秘密裏に連邦軍の新型兵器が開発されているとの報を受けた、我が研究所では所長の命令により家族サービスをしているオヤジの変装を隠れ蓑に、木曜早朝より秘密裏に適地に潜入した、これはどうやら衛星軌道上へのリニア打ち上げ施設に違いないが
d0067943_28337.jpg

どうやら表の名前は ええじゃないか と言う世界最速のジェットコースター施設の様である。調査のため施設内の一見ジェットコースターのライドマシンにしか見えないメカに搭乗したが・・・・・・・・・・・・・・・
明らかにこれは宇宙戦闘用高機動訓練マシンである。 OTL
流石の百戦錬磨の私も降りてから足がガクガクした。生まれてこの方これほどの衝撃は味わったことがない・・・・ 一瞬気を失い掛かりヨダレまで出た。ジュルっ 続いて 冨士山なる 訓練マシンにも搭乗したがこれも効いた。はっきり言ってこの年では高機動訓練マシンは応える。気を取り直して 別の基地へ潜入 そこで驚愕の連邦軍の新兵器を目にすることになるが 
d0067943_2204394.jpg
基地内で奪取したPDA画面をわずかに撮影しはじめた時点で隠密潜入がバレそうになり、あとはひたすら尾行をまきつつカムフラージュのための一見家族サービスをしている子煩悩オヤジに見えるように徹し子供の望むままアトラクション消化に夕方までヘロヘロに追われ、体も気力もグタグタになり、ホウホウのていで研究所に帰投したのは夜半過ぎであった
d0067943_228817.jpg

なんとかかすかに残る気力を頼りに、深夜帰投後も工作活動を続け今日の湘南での飛行作戦に備えたが流石にここら辺りが限界のようだ、塗装は後日に回そう。 眠いっニャー

by mayoneko | 2007-07-28 03:13 | よもやま | Comments(6)
2007年 07月 26日

1/48 SE5 胴体製作

フィーっと 今日はここまで
d0067943_3202529.jpg

サイドスラスト、ダウンスラストはテスト機から得た決め打ち
d0067943_3213654.jpg

あと手を出せるのは金曜の深夜のみ 間に合うのかー とっと寝よっと

by mayoneko | 2007-07-26 03:23 | 製作工程 | Comments(9)
2007年 07月 24日

1/48 SE5 動力テスト

近頃日本各地の室内で1/48スケールの超小型ラジコンWW1機が飛んでいる。そこで私も戦線に参加すべく、とりあえずスタディで作ったSE5に赤外線メカと動力のみを積み込み、
いつものように深夜飛行テスト 
d0067943_2352295.jpg

うっしゃ問題ニャいっ いける重心位置も出た、あとはすべてを内蔵してなおかつ点検交換可能に仕込めるかだ。今週の飛行会でたかはしさん1/48Eindeckerと対決する、生き残れば四国のDR1とも勝負だー
またエースパイロット所長の出番を期待したいが。じつは所長はアルバトロスに乗りたがっている。
だがわたしは家族サービスで週後半3日はつぶれるので製作はあと2夜 間に合うのかー

by mayoneko | 2007-07-24 00:00 | 製作工程 | Comments(18)
2007年 07月 23日

強風下でもマイクロプレーン

凄いっ やるなっPLANTORACO !
d0067943_11544783.jpg
 強風で赤旗出ている状況下での
浜辺でマイクロプレーンビデオ 飛ばしている機種はたぶんこれかな? 1369

by mayoneko | 2007-07-23 11:54 | お知らせ | Comments(3)
2007年 07月 22日

YSFC飛行会2007年7月22日

この目で直にスローグリグリ小型機がどうしても見たくなったのでYSFCに遊びに行きました。トラタヌ NYAO(YSFCビデオ)やトラタヌ Ssも改修したのでいろいろ試したくお供に連れて行きました。 YSFC飛行会ビデオ
d0067943_21424489.jpg
ネメシスの実物は画像よりはるかにかっこよく感じました。
d0067943_21443523.jpg

ラダーつきIFOは文句なしの室内グリグリお遊び機だと感じましたYSFCビデオ。操縦を少ししましたがパワーがあまり過ぎていて非力なモーターに慣れている私ではちと怖かったです。腕がついていけばこのパワーを生かして、超グリグリができそうです。
d0067943_2147081.jpg

鈴木さんのACRO330はロブスターのようなフィンをつけると、機体がとても安定しました。飛行会ビデオの中で最初がフィンない状態でフラフラ勝手にしてしまうところで、あとの部分が空飛ぶザリガニ状態で安定して飛んでいるところです。
d0067943_21503653.jpg

トラタヌ Ssはミニュームメカ3ch仕様重量が20.4gからファルコンサーボ2個とブルーアロー2.?gサーボと5Wブラシレスの組み合わせで4chサーボ仕様で29.4gになりました。最初私の腕では離陸もままならないし謎のロール方向のふらつきと不安定に悩まされましたが、鈴木さんの操縦の協力を得て、飛ばしながら改善点を話し合い、栗田さんからヒンジテープを分けてもらいエルロンヒンジのガタをへらし、抵抗版のサイズ、位置、角度をいろいろ変更して閉会間際に安定して飛ぶ位置をつかみました。画像の主翼にうっすら残るあとが最初にセッティングしておいた安定版の位置です。(無動力の縦横逆さ滑空テストではベストなポジションだった)
翼幅36センチ 1セル仕様の小型お手軽ファンフライもど機の可能性は現在の機材なら十分にあるように感じました。
d0067943_23511820.jpg
残念なのはとばさんの翼幅38センチスケール機スホーイやおおのさんのピッツを散々質問攻めするのに追われてぜんぜん画像を撮るのを忘れていたことです、スホーイは前回よりも軽量化されて機体のセッティングが出てくるにつれ、ゆっくり飛行も可能になり、かつグリグリもできるスケール機になってきています、YSFCビデオあとその操舵を可能にしている要コイルサーボの真価もこの目で感じることができました。
飛行会後の駐車場井戸端で

とにかく機体重量は軽く軽く!
各舵の動きはガタなく正確に抵抗なく!

あたりまえといえば当たり前なのですが、超軽量小型スローフライ機では相当いい加減でも問題なく飛ぶのに慣れてしまっていた私には、今回の経験で身にしみてリンケージの重要さを感じることができました。
兎にも角にも収穫ばっちし!YSFCに遊びに行って良かった♪ 
とても高い飛行経験値を得られた良い日曜日でしたニャー

by mayoneko | 2007-07-22 22:16 | 飛行会 | Comments(9)
2007年 07月 22日

試作戦闘機を試作する

kobaraさんがおよそ1/48のDr-1 三葉機を製作した。とってもいい感じにできている。
d0067943_041191.jpg
ここのところピーナッツスケールに近い大型サイズでばかり飛行機を作り続けていたので、ちっちゃい物好きの血が騒ぐ。でとりあえず1/48スケールの戦闘複葉機製作の経験値稼ぎにざっと作ってみた。サクサクと感だけで適当に切り刻んで接着剤をペタリペタリ適当に塗って作ったので翼幅16センチしかないくせに機体重量は0.8gとずしりと重い。いつものごとく1円玉を錘に貼り付けると滑空はとてもよくラダーもスケールサイズのままで穏やかに利いてくれる、だが問題はおなじみの動力をかけてからが本番。近日中にkobaraさんのDr1の報告が上がるだろうから、あとを追う身はラクダ。うまくいったら1/48シリーズのWW1室内空戦ごっこが展開できるニャ。

by mayoneko | 2007-07-22 00:43 | トラタヌプラン | Comments(3)
2007年 07月 21日

エレキジャック3号 届く

オートフライトの改造記事を載せたエレキジャック3号の見本誌が今日届いた
d0067943_1816279.jpg

今回ページレイアウトもいろいろ手を出しみた、満足のいく紙面になっている。
さらに文章や写真からだけでは伝わりにくい部分をビデオ撮影して
リンクを掛けて貰ったので工作の際、是非ビデオURLを尋ねて参考にして欲しいニャア
ちなみに発売日は7月25日でっす。

by mayoneko | 2007-07-21 18:18 | お知らせ | Comments(9)
2007年 07月 20日

色つき発泡スチロール

トラタヌニャンバイプレーンがいいテストベットになるのでいろいろ試して遊んでいる。
上の主翼をフラットにしたので、穴を空けたりなんかしてみたりして、ファンフライで流行っている乱流発生機構を試すついでに、面白いカラーリングも思いついたのでやってみた。
d0067943_20533437.jpg
いつも使っている8ミリの真鍮パイプ製自作ポンチで簡単に穴空けは出来る、当然同時に同サイズの丸板も作ることができる、真鍮パイプを太くすれば、もうすこし大きい柄も可能だろう。
で何で思いついたかというと、風のある中で穴を空けて飛ばすと、妙にコロッと機体が落ち込むのである、たぶん穴空ける場所や数も影響してくると考え、では空けた穴をあちこち埋めてはベストなパターンを探ろうとしていて思いついた。これなら思いつくまま機体のあちこちに穴を空けて乱流発生効果を試しても、駄目だったら柄が増えていくだけなので結構た楽しい作業だニャー

by mayoneko | 2007-07-20 20:52 | 製作工程 | Comments(5)