<   2008年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 29日

ロボホッパー

今日ヨドバシに行って、モバイルデータ通信サービスをエッジからauへと乗り換えた(サービス期間中で最新カード1円だったよん使用料金も安くなって速度も10倍以上だもんね)しかもその場で店員に勧められるままに今まで数年放置しておいた超古いADSLプランをより安くなって早くなるメタルプラスに切り替えたら、ヨドバシクーポン1万も付いちゃって なんか狐につままれたような怪しさ不思議満点な良い気分で家に帰ると 
あららなぜかROBO HOPPER (ロボホッパー) が付いてきた???
d0067943_23433793.jpg

実は平所員これ発表当初から超楽しみにしていたのです。
ロボット部分は簡単に着脱できるので、ガ○ダム とかダ○ラムとか二宮金次郎とか当然普通のヘリとか好きな形にアレンジできそうです。スロットルワークとラダーのミックスが出来るとかなり思った通りに飛行させることが出来ますのでコタツ上空で8の字飛行があっさり出来て定点着陸もできました。逆にヘリやっている人は楽すぎてつまらないかもねん でも運動神経0な私にはピッタリで まさにコタツへり 集中して飛ばしさえすれば
回収に頻繁にコタツから出なくて済むのは超嬉しすいー♪
ほんとはこの2.4ghzメカ小型飛行機に載せちゃいたいんだけどテールローター制御をアクチュエターラダー出力にうまく変更できないか知らん、まだバラシたくないーのでしばらくこのまま遊びます。
ってもう半分バラシてんじゃん 何日持つやら?

by mayoneko | 2008-01-29 23:43 | よもやま | Comments(16)
2008年 01月 28日

20090127 IAC-ASO飛行会

ここ毎週連チャンの飛行会ですが、寒い中みなさんよく新作機を作ってきます
d0067943_2365035.jpg
その中でも今回またGeorgeさんがやってしまいました。
d0067943_2371840.jpg
なんと羽ばたきRC機をJ7モーター3.2㎜径のモーターで見事飛行に成功してしまいました。飛行に使うには非力な超小型モーターである3.2㎜径モーターで羽ばたき機を誰が成立させるかはクラブでの密かな開発レースになっていたのですが、
d0067943_2373872.jpg
今回飛行に成功したばかりでなく
d0067943_2411263.jpg
この低気温のコンディションの中で10リポとの組み合わせで長時間飛行も同時に成功しています。このレベルの物はいまだかつて地球上に存在していません、
d0067943_238135.jpg
しかも電池抜き重量が0.93gなのですから現時点でまさに世界一のマイクロ羽ばたき機です。パチパチパチ 
d0067943_2383055.jpg

今回はいつもとは趣向を変えて、
d0067943_2394830.jpg
飛行シーンよりはそれらを支えているメカの方にわりと焦点を与えてビデオを編集してあります。
d0067943_2401350.jpg
体育館の照明で撮影しているため余り鮮明ではありませんが、
d0067943_240364.jpg
会話などにも重要なTIPSが入っていますので、みなさんお聞きのがしなく。 
それでは飛行会ビデオをどうぞ

by mayoneko | 2008-01-28 02:41 | 飛行会 | Comments(11)
2008年 01月 26日

犯人は?

ペンキ塗り立ての札を立てておくべきだった
d0067943_1245124.jpg

犯人は所長?にしては足のサイズが違いすぎる
マイクロキャットがうろついているのか?
踏まないように気をつけねば

by mayoneko | 2008-01-26 13:18 | よもやま | Comments(3)
2008年 01月 26日

有猫大陸弾道弾?

所長命令のもと渡された設計図通り作り上げたら、こんな形に
d0067943_12355183.jpg

研究所領空侵犯には気をつけませう。
なになに所長のサインの入ったスペックシートを読むと
射程距離 50000㎜ 
破壊力 3、1チュートン 
(チュートンとは着弾半径100㎜以内のネズミが驚いて逃げる数を指す)
管制システム 目視による誘導 
発射システム 手投げ      
運搬システム 人間        
特      ・・・・ 
       ガプッ   
所長に噛まれたので最重要機密漏洩はここまで 

by mayoneko | 2008-01-26 12:35 | 製作工程 | Comments(6)
2008年 01月 24日

トラタヌ猫賊3 完成

部材はすべてストック品を使ったので、一晩で出来た。 追い込み調整は次回1月27日のIAC-ASO飛行会で行う。
d0067943_11152680.jpg

制作中スケールで常に重さを量りながらサイズ調整をしつつ製作を進めたおかげで、意外にコンパクトに収まった。
翼長32センチ全長23センチ 総重量2.16g 翼面積2.24d㎡ 翼面荷重0.96g/d㎡
と目標の翼翼面荷重1.0g/d㎡をわずかに下回ることが出来た。
機体を小さくしつつ、翼面荷重を下げるのはやっかいなことだが、2年前の猫賊製作から環境が大きく変わっているため想像していたよりは簡単に目標を達成できた。
各部品の変化は以下の通り(昔の猫賊に採用した部品)
(重さ0.8gの20mAリポ 放電能力 80mA)重さ0.4gの10mAリポ 放電能力150mA
(4㎜モーター28Ωギヤダウン消費電流60mA ギヤユニットプロペラも含め重さ0.75g)
4㎜モーター20Ωダイレクト消費電流130mA プロペラ含め 重さ0.57g
(0.07㎜のカーボンリボンを胴体板断面に貼り付けて剛性確保をした) 
1㎜カーボンパイプの採用で胴体板を大幅に縮小 
また接着剤の使用量の低減による軽量化約0.1g
(削って削って 1個0.03gの受光素子) 削らなくても2個で0.04gの赤外線受光素子
(重さ0.2gのアクチュエーター) 重さ0.1gのアクチュエーター 
d0067943_12271749.jpg

たとえ良い部品が存在していても入手難では実現が難しい、でも今は2店もインドアプレーンを作る最先端の部品を入手できる日本のネットショップがあって、ポチッとなですべて事が足りてしまう ありがたい世の中でございます で猫賊3は無事誕生しました。
これからたくさんの人に飛行会で操縦体験して貰える機体に調整したいニャ~

by mayoneko | 2008-01-24 12:06 | 機体 | Comments(13)
2008年 01月 23日

猫賊の後継機 第100回SSFC飛行会に向けて

第100回SSFC飛行会が来月の3日に催される。折角なので何か記念に作って飛ばしたい、私としては振り返る意味でトラタヌ猫賊のリメイクを行って、飛ばすのも良いかもと考えたが、すでにある現役の機体を改めて作る気がいまいち起きない、なにか自分にとって新しいことがしたい、と言うことで、まだ達成していなかった翼面荷重1.0g/d㎡の猫賊を作ることにした。
d0067943_23502275.jpg

猫族のいいところは老若男女問わずに、今まで一度もラジコン機飛ばしたことがない人でも簡単に8の字飛行とタッチアンドゴーが出来て超低速飛行かつ壁にぶつかったくらいではびくともしない丈夫さと人に万が一当たっても怪我をしない軽量4gから来る安心感で、たくさんの人に体験操縦をしてもらえる超お手軽ラジコン飛行機だった。ちなみにA4のコピー用紙で折った紙飛行機は5gを超えていて飛行速度ははるかに早い。まだ猫族の飛びを見たことがない人はこのビデオを見てね。ただ当時としては使える機材の制限から翼面積を増やすために機体が大型化し翼長が40センチもあって、持ち運びに意外に気を使い、最近では持って行く機体が多いため大型機の収納が出来ずさっぱり出番が無くなっていた。
d0067943_004542.jpg
そこでトラタヌ猫賊の良さを引き継ぎつつ、前回より更に低翼面荷重を目指し機体箱に収納しやすいように小型化して持ち運びやすくというコンセプトの機体のトラタヌをしてみた。ちなみに赤外線受光素子は機体左右2個付けにして初めての人が陥りやすい赤外線送信機を機体に向けない状態でも安定して飛ぶようにする。翼幅は33センチ以内を目指したい。機体の図面のプリントアウトも終わったし、さてとやりますか 室温6度の極寒の作業部屋に戻ります。オイルヒーターってほんと効かないっす。

by mayoneko | 2008-01-23 23:54 | トラタヌプラン | Comments(3)
2008年 01月 20日

20080120第99回SSFC飛行会

100マイナス1回目の開催となったSSFC飛行会
多彩です 自由です 素敵です
d0067943_23292052.jpg

豚さんの機体の詳細はSMC-工作室をご覧下さい。
d0067943_23323791.jpg

d0067943_23325355.jpg

d0067943_23293948.jpg

d0067943_23295890.jpg

d0067943_23302013.jpg

d0067943_23304992.jpg

d0067943_2331957.jpg

d0067943_23312132.jpg

d0067943_23331132.jpg

d0067943_23332753.jpg

d0067943_23344465.jpg

下の画像の羽ばたき機主要スペック:
全幅 560mm全長 410mm飛行重量   6.9g
ダイヤモンドカイトのような平面形の無尾翼機です。
d0067943_23345621.jpg

小型軽量安全なインドアプレーンには無限に広がる飛行界が待っています。それは楽園

飛行会ビデオをどうぞ 

10分近くあります。 ビデオの中には上の画像の倍近くあらゆる機体が収録されています。さらにこれでもまだ全参加機体をかなり撮り漏らしていて申し訳ない。
たかはしさん柴田さんいつも撮影強力有り難うございます。とっても助かります。
ご自分の愛機について解説つけたい方はどしどしコメントお待ちしております。
わずか60分の素材から10分抜き出すだけに疲れましたのでブログはちょっと手抜きです。
ニャハハ 

by mayoneko | 2008-01-20 23:44 | 飛行会 | Comments(10)
2008年 01月 19日

超小型飛行体研究所防空作戦司令室にて

d0067943_8501895.jpg
某月某日 所長近影 なんて凛々しいお姿♪
d0067943_9145862.jpg

と思ったら、朝から座布団に頭から突き刺さっています。スランプ?
まー居間で飼ってる亀が冬眠するくらい寒い部屋だからかもしらん。コタツ入ればいいのに

by mayoneko | 2008-01-19 08:51 | よもやま | Comments(6)
2008年 01月 18日

CheeBee Zm

手が小さい平所員では手のひらサイズといえるか疑問だけど、一応手のひらサイズのつもり
d0067943_11383752.jpg

翼幅150㎜ 全長113㎜ 総重量 1.84g 翼面荷重3.60g/d㎡
エアロソアラ4㎜モーター LIPO 10mA プロペラ Plantraco 32mm
IR受信機 261BKIT 
d0067943_1235277.jpg

奥の機体は主翼スパン15センチのダイキャスト製GeeBee Z この機体いつも工作机に駐機していて、いつかはこのサイズとスケールでサイレント&お気軽にご近所で飛ばしてみたいと夢見ながら工作している。今はこうやって並べて眺めてコーヒーすすっているだけでも十分に楽しい♪

by mayoneko | 2008-01-18 11:46 | 機体 | Comments(9)
2008年 01月 18日

CheeBee Zm (mはmicroの意)

CheeBee Z3がなかなか良いので、その半分のサイズのCheeBee Zmを作ってみた。
普通機体を50%に小さくして作る場合、元にする機体を100%とすると、机上では翼面積は25% 重量はすべての部材を50%で作れるとして12.5%になる(これが実際できるのなら大変楽だにゃ)。これも机上だがほぼ同じ飛行速度的を目指すとして、飛行速度の目安を立てやすい翼面荷重を同じに保ちたければ。機体を1/2にしたときは機体重量を1/4になるように作れば良い。
とトラタヌできる。で作ってみて実際はどうだったかというと。
d0067943_049271.jpg

機体サイズ  Z3 スパン30センチ  から Zm 15センチ    50%
翼面積は   Z3  1.85d㎡     から Zm 0.51d㎡    27%
総重量は   Z3  7.3g        から Zm 1.84g     25%
翼面荷重は  Z3  3.95g/d㎡    から Zm 3.60g/d㎡  91%
とCheeBee Zmのほうが翼面荷重が低くなった、アクチュエーターが1個だけなのも助かっている。もし3CHで作るとほぼ0.2g位の増加になり、これで計算すると、3CHのCheeBee Zmの翼面荷重は3.92g/d㎡となりほぼCheeBee Z3の3.95g/d㎡と同じになる。ほぼトラタヌ通りに事が運んだともいえるが。ただ似たような速度で飛ぶように感じるかどうか判らない。スケールスピードがあるからニャー 早く20日のSSFC飛行会で飛ばし比べてみたい。

by mayoneko | 2008-01-18 00:49 | Comments(7)