<   2008年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 30日

2008  1番

今年一番活躍した機体 トラタヌ猫賊3 
たくさんの人に操縦して貰い インドアスローフライトの魅力を十分に伝えられたことと感じます
年末の大掃除で珍しく空いた 机の上に載せて 記念撮影 のはずが・・・
d0067943_1123201.jpg

 来年はこの机からどんな機体が生まれて来るやら
想像もできませんが、みなさんに愛される機体が生まれてくれば嬉しい限りです。
元旦晴れると良いのですが 所長パワーに期待して 飛ばし初めは何にしようかニャあ

by mayoneko | 2008-12-30 11:39 | よもやま | Comments(6)
2008年 12月 29日

20081228 YSFC飛行会

まさに今年最後の飛行会にふさわしい素晴らしい一日でした。
YSFC栗田さんが主催した濃密な飛行会スケジュール
d0067943_13424661.jpg

朝の7時からアウトドアでの世界タイトホルダー石井さんにによるハンドランチグライダー 教室
d0067943_13432852.jpg
素晴らしいフリーフライトの機体指導付きでたっぷり飛ばして 大満足でした。
d0067943_14585246.jpg

d0067943_1505280.jpg

ハンドランチの鋭い初速で機体が崩壊する瞬間 1コマ1/30です 約0.39秒の間の出来事です
d0067943_1535282.jpg
d0067943_154327.jpg
d0067943_1541787.jpg
d0067943_1542788.jpg
d0067943_1543545.jpg
d0067943_154462.jpg
d0067943_1545614.jpg
d0067943_155638.jpg
d0067943_9133581.jpg
d0067943_1555873.jpg
d0067943_156867.jpg
d0067943_1561688.jpg
d0067943_1564067.jpg

左主翼が大きく捻れているのが見えるかと思います。続いて力を抜いてのランチ 同じく 1/30秒コマです こちらは約0.33秒 今後機会があればカシオの高速カメラFX-1で撮影したいところです。
d0067943_1511817.jpg
d0067943_15112416.jpg
d0067943_15114079.jpg
d0067943_15115799.jpg
d0067943_15121457.jpg
d0067943_15122823.jpg
d0067943_15125549.jpg
d0067943_1513993.jpg
d0067943_15132574.jpg
d0067943_15133883.jpg
d0067943_15135182.jpg
RC実験工房の堰合さんの Atlantis-6 素晴んばらしい滑空性能で発売が楽しみです。
d0067943_15151661.jpg
午後は羽村体育館でRC不要品交換会とフリーフライト、ラジコンなどの
d0067943_13444491.jpg
あらゆる種類のインドアプレーンをたっぷり4時間楽しみました。
d0067943_15154310.jpg
スパン10センチからスパン2メートル位まであらゆるタイプの飛行体が混在し 自在に飛び回っている様を目の当たりにすると、
d0067943_15162030.jpg
d0067943_15234418.jpg
ほんとうに好きな物を好きなように飛ばせる自由な時代になったんだなーと実感しました。
d0067943_1516463.jpg
飛ぶ物を軸としてネットで知った情報をこの眼で見たり触ったり交換して
生きた知識を感じることが出来て嬉しくてたまりません。
d0067943_15171651.jpg
こんな素晴らしい集まりを企画してくれた 栗田さんに感謝です、
そして時間と空間を共有したみなさん 楽しい時間を過ごさせて貰い感謝です。
これからもよろしく。 最後にダイジェストビデオをどうぞ
そうそうRaiさん製初心者向けファンフライ機を体験させて貰い有り難うございます、操縦のあまりの簡単さに口あんぐりでした。
d0067943_15185264.jpg
簡単に安くだれでも楽しくのコンセプトが貫かれている 素晴らしい機体ですね。ビデオ6分40秒あたりで私の操縦で訳のわからんこと言いながら、フラフラ飛んでいるのがその機体で(笑)フラフラしているのは下手だからなんですが 当て舵とか気にせずテレビゲーム感覚で飛ばせる機体です 、そのあとまともに飛んでいるシーンはSekiaiさん操縦です。画像提供 Ichiさん(こちらにも詳細な報告あり こちらも有り難うございます。

by mayoneko | 2008-12-29 13:53 | 飛行会 | Comments(6)
2008年 12月 28日

真っ白ダー

朝の3時から起きて 一日飛行三昧 流石に燃え尽きました。報告は明日
みんな家に無事着いたかニャ
d0067943_2214784.jpg

眠いー

by mayoneko | 2008-12-28 21:47 | お知らせ | Comments(8)
2008年 12月 28日

寒いっ!

d0067943_631272.jpg

マイナス(≧▽≦)

by mayoneko | 2008-12-28 06:31 | Comments(2)
2008年 12月 27日

ツリーキャッチ

だー やってしまった。目測を誤った グランドの木に引っかけた 
d0067943_1441632.jpg
回収用釣り竿を持ってこないときに限って なぜか木に引っかける しかも5メートルほどあるコンクリの壁の上から張り出している木で少々やっかい しかもトゲトゲのアカシヤ 。風もなく眺めていても降りてきそうにないので、しかたなく歩いて2分の家に釣り竿を取りに行く ついでにファンフライも遊ぼうと思ってファンフライも抱えてグランドに戻る 釣り竿を伸ばす 「アレッ」 届かない しまったまたもや目測を誤った、又ファンフライと竿を抱えて 家に戻る 延長用の細い釣り竿を追加し さらにまだ足りないことも想定してガムテープも持っていくことにする とりあえず釣り竿の先にさらに釣り竿を足して挑戦 「だー わずか10センチほど足りない」 様な気がする
d0067943_16343375.jpg

(この画像に機体は写っていないが、崖の上のチョットしたスペースに立って釣り竿をふるうので結構怖い)
そこでその辺に生えている野生の枯れた笹を折ってガムテープで無理矢理穂先に取り付け更に延長 どうにかこうにか届き なんとか機体に触れた 木から外れた機体は綺麗な螺旋を描いて降りていく 一瞬風でフワッと持ち上がってヒヤッとしたが 素直に地面まで着いた。なんとか回収できてめでたしめでたし。そのあとファンフライを飛ばしたら なんと電池の充電忘れ(2本とも)で1分ほどしか飛ばせなかった トホホ なにやってるんだか(笑)でただいま電池の充電中。

by mayoneko | 2008-12-27 14:51 | よもやま | Comments(6)
2008年 12月 26日

walkera 4#3Q

サンタがくーれたプレーゼント 青い手乗りコブラ
d0067943_9555460.jpg

walkera 4#3Q 去年の今頃 この機体の元祖となる小型ヘリ4#3が出たのだが1年でこの進化 ギヤ モーター 各部の精度など 格段に上がってきていて
スケールボディ搭載のうえ さらに飛行が安定していて 量産品ですらメーカーのデモ機体と遜色がないことが感じられる 。箱出し状態で飛ばしてみて「おー 超安定 すげーっ」、

(冗談抜きでこのシーン1テイクのみで撮りました いや まじで)
とっても気に入ったので大事に大事に飛ばしていくつもり。
4バッテリ飛ばしたが 奇跡的に一度も墜落させていない。細かいことを言うと 安定はしている分 舵の効きがもっさりしているので 4G3のつもりで舵を打つと思った場所に止まらないが、4#3bと同じスワッシュ構成にもかかわらず(サーボ配置は違うが)4#3bのように「きゃーっ」と突っ走らないので、慣れれば 「これこれどこへ行く?」 といった感じで止められる。ほんと進化が早くて凄い!
d0067943_1021657.jpg

ちなみに4#3bの送信機で飛ばせるが 裏側のDIPスイッチの1,2,4を本来の位置とは画像のように逆ににする必要がある。
検索で見つけたこの人のビデオが良い感じに撮影されている。

by mayoneko | 2008-12-26 10:02 | マイクロヘリ | Comments(0)
2008年 12月 24日

モグラメカ

四国トーイングごっこに使ったグライダーをモグラ仕様にすべく改造した。
d0067943_19314330.jpg
改造ついでに軽量化も施しR4J受信機のコネクタを全て外した。クリスタルを装着した状態及び0.1㎜径のアンテナ線を接続した状態で重さ2gになった。受信機の脇に見えている小さな基板はESC262スピードコントローラで外で安心して飛ばせるようにTCM809を追加しESC262Cと同じにした。
改造ついでに主翼も見直し コード7センチウィングスパン38センチから コード8センチウィングスパン46センチに変更し7㎜モーターと50~90リポの組み合わせで小径ペラをダイレクトで回す。機体のみ重量は15gを目指す。電池を90リポにした場合予定総重量は17.8g 
翼面荷重はおよそ4.94/dm2 明日晴れるといいなー
追記
d0067943_9513424.jpg

機体のみ(電池除く)14.47gで収まった 夕方の弱いサーマルでも十分捉えられることが解ったので 暗闇迫る中 真っ暗なグランドで明るい空に浮かぶ機体のシルエットを頼りに飛ばして楽しめた。

by mayoneko | 2008-12-24 19:32 | 製作工程 | Comments(3)
2008年 12月 23日

20081214 IAC-ASO飛行会 追加分

ビデオカメラがようやく直って帰ってきました。ヘッドを交換したようです注意書きに故障寸前に撮影した映像は映らない場合がありますとあり、まさにそのとおりで同じテープ内で過去の映像は映りますが故障寸前つまり12月14日飛行会の様子だけは見れません(T T)。
そのかわりピクチャーサーチで送ると超高速で見えることは見えて、その操作をやめた瞬間にポーズが入りその状態で粗い画像でポーズして停止します。いつもなら飛行シーンはスロー再生でココだという辺りでコマ送りして静止画抜き出すのですが10倍速の中から一こまを一撃で抜き出すのはほとんどくじ引きの様な物でたとえ止まっている物でも骨が折れました。(笑)
d0067943_1438168.jpg
d0067943_14383563.jpg
やまめ工房さんの素晴らしい室内ハンドランチグライダー 
これで一気にグライダーブームに今度の日曜に今度は外でやまめ工房石井さんに講習を受けます。
d0067943_14394467.jpg
伏見さんのフライングロボット この日は初飛行でいろいろセッティングを煮つめていたようです
d0067943_14412611.jpg
からくりやさんのバットウィング ファンフライティストな機体でヒラヒラ舞っていました 画像は裏側の状態で表はバットマークと絶滅寸前のNOVAウサギがパイロットで乗っています。
d0067943_1443786.jpg
Gakutoさんのエルマーの冒険に出てくるボリスをモデルとした羽ばたいて飛ぶ竜 という素晴らしく可愛い飛翔体 
普段変な物が飛ぶのに慣れっこの飛行会常連参加の子供も食い入るように見ています。
絵本から抜け出た夢がまさに飛んでいる状態です。
今回ぎりぎり抜き出せる範囲で抜き出してみましたが、思ったのは記録を残しておくのは大事なことですね随分忘れていることが多い、あと感想も24時間以内に書かないと抜けていってしまう、それでも今回僅かですが残すことが出来て良かったです。当日書いたの飛行会記事はこちら

by mayoneko | 2008-12-23 14:53 | 飛行会 | Comments(9)
2008年 12月 22日

200801221 SSFC飛行会

今年最後のSSFC飛行会に行ってきました。この日はもう春?と思われるような陽気で、寒いのが超苦手な私は会場に向かうレトロな木貼りの江ノ電車両にのって、
コトンコトン と揺られながら
ぽかぽか と日射しに当たっているだけで、すでに大満足です。
d0067943_11155530.jpg
ブーム来た?インドアグライダー増殖中 
d0067943_11184219.jpg
d0067943_1119211.jpg
d0067943_11191987.jpg

先週のASO飛行会報告でお見せできなかった 伏見さんの飛行ロボットデビュー 
d0067943_11245811.jpg
01モジュールのギヤ組を早くも試作してきたGeorgeさん J7(F7)モーターの小ささを解る人にはこのギヤユニットの小ささが解るかと 実物見るとその小ささに笑うしか有りません。 どんな機体に積んでくるか楽しみですね。
d0067943_11281311.jpg
1円玉との比較 ちなみにこのモーターの直径は3.2㎜っす
d0067943_11301030.jpg

それでは飛行会ダイジェストビデオをどうぞ

追記
今年最後の飛行会と言うこともあって 当然納会となり 
当日飛行会が終わるまで参加人数が皆目わからないという
幹事泣かせの状況では有りましたが サクッと 参加者12名様ご案~内ということで
d0067943_11373870.jpg

個室で大円卓を囲んでの楽しい納会でした。私は大阪からお越し頂いたビッグゲストに付き合って3次会までなだれこみ
d0067943_11381247.jpg
 もつ鍋にて納会終了となりました。みなさんと楽しい時間を過ごせていい年でした。Ichiさんもスマートな飛行会の報告をエントリしていますのでこちらもどうぞなんて、しおらしく締めたいところですが。今年もこれで終わりかというとそうではなく28日に青梅の田んぼで早朝からハンドランの講習会が待っています。当日もこのくらい暖かいと嬉しいニャー

by mayoneko | 2008-12-22 11:44 | 飛行会 | Comments(7)
2008年 12月 19日

ものは試し 

先日手に入れたバルサの比重は0.07g/cm3が一番軽いものだった、ちなみに発泡スチロールの比重は発泡倍率30倍程度でおよそ比重0.016g/cm3 と比重だけで言うとダントツ軽い、発泡倍率を60倍にすると0.011g/cm3とさらにどんと軽くなる、ハンドランチの場合最も重要な獲得高度に機体の適切な翼面荷重と重量のバランスがあるようなのでただ軽ければいいもんでは無いようだが、バルサで製作する前に好奇心から得意な発泡スチロールでハンドランチの図面を元に30センチスパンのハンドランチもどきを作ってみた。
d0067943_9453881.jpg
射出には輪ゴム2本程度を考えていて小さな体育館の天井付近(8Mぐらい)まで上がれば面白いと思うが・・・(ハンドランチが余り詳しくならないうちに、無知を利用して無謀なチャレンジをいろいろしてみたい)でランチャーズの作ってみようHLGと言うところから図面をダウンロードして比率だけ守って作った。作ってみようHLGの解説はとても解りやすく とても勉強になった。完成重量は重心取りようの錘(0.4g)を含めて1.6gで翼面荷重はおよそ0.88g/dm2になった。今回発泡キャンバー翼主翼材の厚みは2.4㎜というかなり厚いものを使用し 前後縁をカッターでそぎ落とした(トラタヌ 猫賊3の主翼厚みは0.8㎜)。 主翼の迎え角が0なので翼面荷重の割にもの凄く滑空が早いように感じるがその分伸びは良い。ゴムランチに耐えるための補強をどれだけ軽く入れていけるかいろいろ試してみたい 一発目バンザイだけはだけは避けたい ニャア
話はガラッとかわるが 今チャンビーがとても気になっている
d0067943_101839100.jpg

デザインが素敵すぎるのだ 可愛いヌイグルミのようなPCは次世代のPCデザインを思わせる。とにかくこのデザインをみたときゾクッときた、このデザインをした人は鋭いと思う。日本で買うと結構なお値段になるので 迷うところだが、こんなのが持ち歩けるようなことになれば楽しいだろうな i-Phoneのデザインもこういった感じになって筐体自体が柔らかくなれば 面白そう♪

by mayoneko | 2008-12-19 09:47 | 機体 | Comments(6)