<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 30日

サンダーバードのプログラミング

Castle Creations THUNDERBIRD-6Aはプログラミング不要と手軽さを唄ってあるが、実はプログラミングが出来る。設定項目は少ないが、大変便利な回転方向の設定があり 非常に便利。
d0067943_13325243.jpg
配線しきって さーやるぞと思ったら 機体が後ろへ・・・ 外したーかあぁぁ
トホホとコネクタピンの入れ替えか半田付けを再度やる羽目になることから解放される。特に軽量化の為に最短コースで半田付けしている場合は便利ダー(力を込めて言いたい) 前回のYSFC週一練習会で設定の仕方を訊かれたが、えーとまずスロットルをハイにして また中間に戻して 又ハイにして ピロリンとなったら上に上げて ピピピとなったら メモリーされて・・・・・・・・
と自分で言っていても解らなくなるんで、聞いている人はもっと解らんだろうと、思う。そこでビデオを撮ってみた。
家に戻り訊いた言葉を頼りに説明書を読んでも、LONG BEEP連続音だの4RING断続音だの 文字で音の感じを捉えるのが難しく、マニュアルを睨みなら設定を進めていっても、果たして希望通りプログラミングできているのかどうか不安に陥る、ましてや口頭で伝えようとしてしても現場では私などは訊く端から頭から言葉が漏れていく。一番解りにくい音が伝えられるので解りやすいと思う。参考になれば嬉しいニャア

by mayoneko | 2009-04-30 07:33 | ブラシレスモーター | Comments(9)
2009年 04月 28日

ミニモグラテスト 飛行テスト第1回目

地面に置いたファンフライ機がアララーと遠くへ吹き飛ばされるくらい強い風が吹いている、我慢が足りずラジコン化したミニ ディスカスの早朝テストを強行してみる。まー大抵はこうなることが身にしみて解っているはずだが、
自分まるで解ってっいないことが判る(笑)
ちなみに下の写真は折りたたみペラの構造が良く解るカットモデルでは無い トホホのホ
d0067943_9534688.jpg
気弱にヒョイっと軽く投げたくらいでは風にもまれて機体は一瞬でもんどりうって墜落する。そこで肝を据えてスロットル全開でデヤッァと投げたまでは良かったが、メカ積み後の滑空テストで、なんか今三(今一のもっと悪いの)だった機体は無理矢理パワーで飛ばしても超今三で、機軸を通しきって飛ばしているつもりでも風に煽られると即翼端から巻き込む、エレベーターもエルロンも過敏で、わずかに舵を打っても速攻失速する感じで、へたなりにかなり集中して操縦しているが冷や冷や物。なんて飛ばしづらい機体(風が強く巻いているのも原因だけど)あまりに操縦しづらいというか、飛ばしていてまったく楽しくない。重心位置やエキスポをいろいろ変えて見たが、良い感じには全然ならない。
d0067943_9573052.jpg
それでも何とか手なずけようと、無理矢理飛ばしているうちに激しくアスファルトに頭から落としスピンナーが割れる フェンスのフレームに当たって主翼がへこむ トホホーだ。たが深刻な壊れ方はしないところが救い、相当に丈夫だと思う。バルサ製の機体だったら最初の一投げで胴体あたりが折れて即撤収だったが、EPP製は無理が利く。それにしても些細なことで機体がコロッとなりやすい、それに肝心のパワーオフ時の滑空がまったく話にならない。おかしい?なんか前にこんな事があったようなと記憶を辿ると、以前フリーフライト マイクロモグラをRC用に開発したときに、似たような現象に悩まされた。その時はスラストラインの変更、主翼形状の変更、及び水平尾翼の取り付け角を変更して対処したことを思い出した。
d0067943_1810830.jpg
フリーフライト機では主翼取り付け角と水平尾翼の取り付け角がいっしょで、相対的には主翼迎え角が0付近か射出成型後の変形でマイナスの物がある、MULTIPLEX FOX フリーフライトもそういった設定だった。いずれの機体もフリーフライトで飛ばす時よく胴体後部を捻って水平尾翼を前のめりに調整していたことも思いだした。エレベーターをアップトリムにしたくらいでは飛ぶには飛ぶが不安定感は消えない。
d0067943_9593365.jpg
そこで写真のように、水平尾翼の取り付け角を垂直尾翼を切って変更した。今回はエレベータ装備なのでスラストラインはいじらない、パワーONでの頭あげはあわせて舵を打つか、スロットルからエレベーターにミキシングをかければ済む。。相変わらず風が強いが、我慢できず団地号棟脇の草地で動力を入れず手投げテスト。
おおー良いではないか良いではないか♪ いい感じだよん。先ほどまでの神経質さが嘘のよう消えている、とりあえず風がやんだ日を選んで飛ばしてみよう、Multi Plex FOXのRC改造で水平尾翼を全部動かすタイプが多いのはこのせいかもしれないなどとチラリと思った。それにしてもここのところ一月近く風が強い日が連続していて、いろいろ困る 
d0067943_1052306.jpg

そういえば今日 5年間 愛用していた父島で買ったギョサンの鼻緒が切れた。とっても気に入っていたのに。このサンダルの走破性能はもの凄かった。5月ぐらいから10月ぐらいまでほぼ毎日このサンダルに足をのせていた、家族からは一緒にお出かけの時そのサンダルは辞めてと嫌がられていたが。

by mayoneko | 2009-04-28 09:40 | 機体 | Comments(4)
2009年 04月 26日

2009/04/26 YSFC 週一練習会

今日はドライブ日和、新緑が嬉しい 早朝から気合いを入れてデッキを組んで子供とカードバトル遊びしていたら(うちの子の友達は野球やサッカーのクラブ所属が多く今日は特に遊び相手がいないらしいので、まる一日付き合う覚悟で臨んでいた)、んだが予定外に子供の友達がどどっと遊びに来て、平日の午後のように部屋が子供であふれかえったので(6畳間に男の子が10人近くひしめいているときもままあるんです)、
子供同士遊んだ方が楽しいのは当然で、私はさっさとは用済み(嬉) 、ならばと
急遽YSFC 週一練習会に参加してきました。ワーイ 自由だし、静かだ
d0067943_19164024.jpg
少し早めに出かけたおかげで 年末にYSFC飛行会出かけた時に知った、会場近くの雰囲気の良い喫茶店で腹ごしらえ 食後のコーヒーをのんびり飲んでから会場に向かいました。
d0067943_194334.jpg
小一時間に一回くらい回ってくる、飛行順の待ち時間ににたくさんおしゃべりしていたら、あっという間に4時間経ってしまいました。sugaさんのneutrino カーボン8インチペラ搭載のKINGYOも操縦体験できたし。複葉トリトンも私の持っていった、ミニトリトンと各部を比較できたし、参加メンバーそれぞれの飛行もじっくり見たれたしで
d0067943_19121033.jpg

d0067943_1974262.jpg

今日は飛行とおしゃべりだけに集中していたので、この少ない写真だけです。
あと会場近くに良い草地があったので、先日完成したモグラをパチリ。
d0067943_1930189.jpg

ユルユルで素敵な一日でした。



 

by mayoneko | 2009-04-26 19:09 | 飛行会 | Comments(4)
2009年 04月 25日

晴翔雨作

晴れの日は飛ばして雨の日は工作する 
d0067943_13461339.jpg
しとしと雨が降る中 ラジオと雨音を聴きながら、晴れた日に向けて工作するのもおつな物。Graupner Mini Discus-2cを1月に入手した以後、たまに手投げをするくらいで居間に放置プレイ。どんな風に料理するかたまに手に取っては、たまーに考えていた。今日は雨 ムクッと突然やる気になって、引き出しに転がっている、部品をかき集めて、モグラ化してみた。
d0067943_13474198.jpg
グラウプナーの折りたたみペラCam Folding Prop 4.7/2.3(12-6) は同じくグラウプナーのフリーフライト機体にもよく馴染む。
d0067943_14134422.jpg
ブラシレスモーターはBaby Bullet Single Cool Wind
Firewall mountタイプなので、あとは航空ベニヤのマウントつけて、よく切れるカッターと、太めの0.5㎜ニクロム線をつかって適当にくり抜く、頭の中で工作の段取りは終わっているのでサクサク進む。
d0067943_1414541.jpg
サーボは1ッ個だけ引き出しの隅に眠っていた、Tahmazoの薄型サーボをエルロン 、
d0067943_1414468.jpg
ブルーアローの2.5gサーボをエレベーターにした。サーボを垂直尾翼に載せても、重心が取れそうなので、楽をして垂直尾翼に仕込む。そして延長したサーボコードを通すために、切り口のエッジを鋭くしたカーボンパイプをリーマ代わりにして、
d0067943_1415265.jpg
押し込みつつグリグリ回しては抜き出して、4センチぐらいづつ機首まで、まっすぐまっすぐと念じながらトンネルを掘り進む、幸い破砕帯にはぶつからず、胴体の脇から飛び出ることもなく機首まで無事に貫通出来た。
d0067943_14154730.jpg
もし機体の剛性が足りない場合は、このカーボンパイプを仕込めば、がつんと堅くなるはず。2g程重くなるが
d0067943_14163232.jpg
機首内のレイアウトはこんな感じ、あとはシールを貼って、カラーリングすればおしまい。現時点で体重測定すると電池抜き重量98g 軽量化をほとんど意識せず工作の手が止まらないように、やりやすさだけで進めたので激重だ、240リポ2セルを積んで113g!主翼面積は5.6dm2なので翼面荷重は20.1g/d㎡ 
せめて20を切りたかったなあ いつものまじないで 飛ばない退散シールを貼っておこう
d0067943_16401256.jpg

 とにかく ちゃんと飛ぶと良いニャー
 芝生のある広場でテストしたいところ。完成写真はその時撮ろうと思う。
追記
ほんとはファンフライ2号機用と思って、買ったCastle Creations THUNDERBIRD-6A サンダーバード6Aアンプは初めて使ったが、便利だった。プロポからの設定でプログラミング的に正逆転が選べるので、配線をやり直す必要が無い。いつもくじ気分でモータをESCに配線して、外れると入れ替え作業を半田付けし直していただけに、とっても便利な機能だ。COOL SPINにCam Folding Propとも相性が良く 非常にスムーズに始動し静かに気持ちよく吹け上がる。エヘヘ 嬉しいなあ
d0067943_19402718.jpg

追記
ほぼ完成 早く飛ばせる場所に行きたいなー
4月28日追記
強風下 飛行テストテスト強行

by mayoneko | 2009-04-25 13:33 | 製作工程 | Comments(4)
2009年 04月 22日

NeutrinoとミニトリトンにG3LIPO

d0067943_1053042.jpg
半年ほど前、使用回数を充電時ごとにマジックで印をつけるつもりで、ずぼらな性格であっさり途中で挫折しているHot lips240mA 。たぶん実際には50回は超えているはず、なんかへたって来たように感じたので、3月頃から同容量で同じ物と思われるTahmazoの240リポも併用しだしたら、使い込んでいるHot lipsはパンチ力が明らかに無くなってきてると気がついた。でも使えないことはないのでダメダメになるまで使う予定。そんなおり
d0067943_21141080.jpg
ハイペリオンの5C充電25C連続放電可能なHyperion G3 リポHP-LG325-0240-2Sが登場、これは気になる。そこで以前公開したNeutrino 1210/8とミニトリトンにサーボや受信機を搭載した機体に電源を供給する形でデータをとってみた。比較に記載では同容量のTahmazo240 LP-2S1P240Sもデータをとってみた。充電はハイペリオンのEOS 0403i DCにて行った。測定は またまたハイペリオンのEmeter アンプはCT-7Aを使用、プロペラはAPC SF7×5
d0067943_18361352.jpg

今回リポの放電性能を見るために、フルスロットルで電圧が1セルあたり3Vを切るところまで、どの位の時間まわせるか試してみた。
d0067943_1840212.jpg

Tamazo240の新品電池は 活性が低いのか 満充電後でも非常にランタイムが短かった。
d0067943_18413586.jpg

そこで7回ほど使用したTamazo240でも測定、活性が違うらしく。大きく時間が伸びた。ちなみにいつも、この電池を使用して上記のミニトリトン NeutrinoとGWS6050またはAPC SLOWFLY ’7*5の組み合わせで 大体7分ぐらいの、いい加減なグリグリ飛行を楽しんでいるが、これと言って不便は感じていない。
ちなみに 重量的にはTamazo240 バランスコネクタ付き 15,1g。 ハイペリオン240G3 LIPO バランスコネクタ無し 16.6gと同じ容量でなおかつバランスコネクタがない状態でG3タイプが1.5g重い。単に全開時の継続時間で比べるとG3リポは2.1分 Tahmazoリポは良い方で0.8分 G3リポは新品おろしたてなので、同条件でいえばTahmazoリポは0.15分 ここから明らかに放電能力はG3の方が良いと伺える。それではこの高放電能力を活かして容量を120mAにした場合、電池の重さはより軽量な11.3gになるがどないでしょう?ということで、全開して6Vを切ったところで全閉 電圧回復後全開を3回続け、そのあとハーフスロットルで6Vを切るまでをテストしてみた。
d0067943_19354100.jpg

こちらは全開時とハーフスロットル時の電流値 驚くべきは放電能力で29C以上出ている
d0067943_22553059.jpg

充電直後より全開負荷の繰り替えしが増えるに従って、全開可能時間が延びて来ているところが面白い。またその時のプロペラ係数からはじき出した推力分布はというと
d0067943_1962991.jpg

ハースロットルで6Vを切る寸前で推力100g以上はキープしているようだ。このことから、私の飛ばし方では全開になる事なんてほとんど無いので、総重量100gの機体で120mAリポ2セルでも十分3分以上は楽しめるはずだと見込める。(F3PをやりこんでいるSugaさんの同じ電池のレポートではF3P-APパターン1回プラスは楽勝ですね。というコメントもある)
d0067943_19144052.jpg

最後にオマケでHP-LG325-0240-2Sで全開時どのくらい推力が出ているかの図
6Vを切る寸前で推力は180gを超えている
まー、こんなデータ取らなくても 飛ばしてみて気に入るか気に入らないかだけの話ではあるが・・・
データを見ると、これからはG3バッテリーを使いたくなってしまうのが人情ではある、だが耐久性など現時点では判らんので、総合的に良いのかどうかは何とも言えん。あと実際TahmazoでもHot Lipsでも、現時点の私の腕ではまったく困ってはいない。ただ20g以下の小型機グリグリ遊びするときはG3 120mAの単セルバッテリーは欠かせなくなってきている。G3タイプで30mAとか出たら面白そうだし、電動ヘリにも向いている特性だなあと思うニャー
追記
早朝テストしてみたところ、120mAで4分は飛べた。ホバリング練習をほとんどしなかったので、このくらい持ったと思うが、パワー落ちする感じがするまで、小容量で有りながらスロットルワークが最初からパワー落ち感がするまで、ほぼ同じフィーリングで使えるのは驚いた。ただしパワーが少し落ち始めたとおもうところで、即着陸シーケンスに入らないと、風が強いときに遠くに行っていたら、まず帰って来れないくらい、最後はあっけなく回らなくなるのでので気をつける必要があると感じた。それにしても朝にしては風が結構ある中 6本連続飛行は適当な飛行でも流石に疲れた。

by mayoneko | 2009-04-22 19:26 | ブラシレスモーター | Comments(7)
2009年 04月 22日

タケノコ狩り

きっとマンモスとか狩ったら、漫画に出てくるような骨付き肉をたき火であぶって、岩塩でも振りかけて
むしゃぶりつくのは超旨いのでは?実際狩りは命がけだが、採れたらそりゃ嬉しいだろうなとは思うが、現代人の私には例えマンモスがいたとしてもそれは難しい。
マンモスが渡ってくるとき その知らせの風は吹くのだろうか?そして、その風の名前は?
d0067943_14324194.jpg

それはさておき 季節が巡ってくると、なぜか無性に食べたくなるものがある。早春はメバルやブリ 春は山菜のタラの芽やこごみ、わらびや魚のキスやウミタナゴ 夏はスイカや枝豆 秋になるとキノコやメゴチ、イイダコ、秋も深くなると鮭やいくら、カワハギの肝あえなど、冬はみかんなどなど、少しでよいので口にいれたくなる。それらの中で自力で採ったものほど、その季節になると強烈に無性に食べたくなる。その中でも手頃な物がこの季節、近所で採れるタケノコやノビル、先日子供が採ってきたタケノコでタケノコご飯と長崎の新わかめを入れた若竹煮を食べた。ちょうど飛行会日の遅い夕飯だったので、ほっと人心地ついた感じで、開けたての麒麟を冷やと若竹煮をゆるりと食べたのが絶品だった。だが
やはり自分で採らねば、狩らねば面白くない(笑) それにちょうど雨上がり、これは行かねばなるまいということでタケノコ掘りに行った。子供の前情報どおり 今年は当たり年らしく、探す手間が要らない。30分ほどで結構採れた。前回はタケノコご飯に鳥肉がなかったので、今夜は鳥入りにして、土鍋ですこしお焦げが出来るくらいでタケノコご飯を仕上げたいところ。夕飯が楽しみだニャア

by mayoneko | 2009-04-22 14:32 | よもやま | Comments(10)
2009年 04月 21日

もの凄い すっぽん SUPPON

素晴らしい出来のSAF機群に触れて第2次大戦機熱に再び冒されつつあるところに
YOU TUBEで私がよくみるビデオの傾向から あなたにお勧めビデオに予想外の
痺れる映像があった。
d0067943_10124035.jpg

たぶんその筋では大変有名な人なのだろうけど、しらなかった。映像の中のリンクを辿って
彼の作品を見ていると無性にウォーバード達を作りたくなってウズウズしてしまう。
脳内から現実のラジコンへ抽出してしまいたくなる。
d0067943_10121417.jpg
もしまだ見ていなかったら、彼のサイトに出かけて是非見てね。YOU TUBEで見たい方はこちら
何作ろうかなあ?

by mayoneko | 2009-04-21 10:21 | よもやま | Comments(3)
2009年 04月 20日

20090419 IAC-ASO飛行会

いい季節になりました。今年はタケノコの当たり年か タケノコが例年よりわっさわっさ生えてきます。
子供達は竹林でタケノコ掘り遊びに夢中
オヤジ達は体育館で飛行機遊びに夢中。
いよいよFALFushimi Air Line 243エアライン) が就航♪
d0067943_13144599.jpg

主力機のYS-11は胴体をくり抜くことによってダイエット 軽量化により安定した飛行が可能になりました。
やはりなんといっても軽量化一番ですね。
d0067943_13142741.jpg

ゴージャスキンキラキンなゴールドJR PCM9XⅡLimited を自分色に塗装するチャレンジをした、からくりやさん。落ち着いた雰囲気に仕上がっています。先人達の公開情報を参考に(YSFCブログ デコプロのエントリーを参照
d0067943_13123717.jpg

新品の多機能送信機をいきなりばらしての塗装チャレンジは、当然メーカー保障外となるため冷や冷や物だったようですが、様々な苦難を乗り越え、自分好みの色のプロポを手に入れることが出来たようです。以下にからくりやさんから送られた送信機塗装の顛末を書いたメールの抜粋を許可を彼から得て転載します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*JR9XⅡLimを塗装しましたが、予想外に困難だったのでご報告します。
早速、前面パネルをはずしにかかりましたが、内側からも筐体と結合されていて、まったくすんなりといきません。結局、完全バラシになり、基板間ケーブルコネクターも全部抜く必要があります。塗装ですが、結局ミッチャクロン命です。当初、手持ちのミッチャクロンが経年劣化した為、また金色メッキ表面にクリアー層がある様に見えた為表面脱脂のみで<染めQ>をスプレー塗装してみました。脱脂不足部分がマダラ模様になり、何回吹いてもマダラが消えません。  ひび割れ覚悟でラッカーうすめ液に漬け刷毛で洗い流しました。 この樹脂はラッカーうすめ液に耐性があるようで、刷毛洗いで脱脂出来ます。(ラッカーシンナー耐性は不明)
<染めQ>はまったく樹脂内に浸透していませんでした。EPP塗装の場合は完全に内部まで浸透します。
ミッチャクロンマルチを購入(ビーバートザン)して再塗装しました。<染めQ>はミッチャクロンに結合するのみで、本体樹脂にはまったく浸透していません。  この事から上塗り塗料は<染めQ>でなくともよいのでは、と思われます。再組立後動作確認しましたが、マイコン暴走、データ破壊などのトラブルは有りませんでした。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
以上です、参考になるかどうかはあなた次第 
といったところで いつもの飛行会ビデオをどうぞ 
今回は飛行シーンよりも様々な機体の重さを伝えるビデオ構成になっています。
それにしても以前の飛行会で空母も造船して、こんどは滑走路まで建設してしまうFALは凄いですね~♪ 

by mayoneko | 2009-04-20 13:14 | 飛行会 | Comments(6)
2009年 04月 17日

JSTコネクタ

以前秋葉原でラジコンでよく使われている、画像のような電池接続コネクタを探して、現物持って訊いて廻ったことがある。
d0067943_107792.jpg
そのときJST製なのになぜか、コンタクトだけとかハウジングだけとかを扱っているショップには巡り会えなかった(ラジコンショップでコード付きはあったが)。飛行会でJSTコネクタを製造元のネットショップで販売していると聞いたこたともあったが、使わなくなった電池から外したりして、しのいでいた。ただ使いまわしの場合大抵はコードとコードを半田付けしてシュリンクチューブ被せてと、かったるいし、、線径も自由に選びにくいし、重くなるし、線の柔軟性が失われて取り回しもしにくくなるで、いまいちスマートではなかった。あと専用の圧着ペンチがあまりに高価で手がでなかったが、簡易ではあるが安い
d0067943_10252594.jpg
圧着ペンチが手に入ったので(安いところで買うと3Kくらい)、ようやく重い腰を上げて、コネクタピンをJSTのネットショップに頼むことにした。ネット上のカタログを見ていると、防水コネクタとかもあって、水上機に良いかもねんとか、いろいろ目移りしてしまうが、本命の電池RCYコネクタとついでに普通のサーボ用のコネクタ(ソケットコンタクト)も欲しかったのでそれらしきものを頼んでみる、届くのが楽しみ。
d0067943_10483629.jpg
ちなみによくコネクタでどっちがオスでどっちがメス?
(そりゃ あんたオスメスなんだから当然・・・)というやりとりがあるが 
金属部を指して、このメーカでの正式名称は差すピン状の物がピンコンタクト、 刺さる穴がある方がソケットコンタクト となっている。ただこれがトップ画像を良く見るとわかるが、プラ製のハウジング(外装ケース)に入ると、ピンコンタクト(感覚的にはオス)のリセクタプルハウジング(形状的にはメス)の中に、ソケットコンタクト(感覚的にはメス)のソケットハウジング(形状的にはオス) が入るので 話がややこしくなったりもする。
ちょっとこの文章もややこしいか(笑)

by mayoneko | 2009-04-17 10:36 | 電池関連 | Comments(8)
2009年 04月 13日

20090412 SSFC

5月のような陽気のなかSSFC飛行会へ行ってきました。そのなかで目を引いたのが、鈴木空軍機(略してSAFと呼ばして貰います)で前回のIAC-ASO飛行会でよく飛んでいたコルセアを原型にして、今までは超薄手の発泡スチロールに印刷して作成していた機体を、耐久性を上げるためにより厚みを増した状態でも印刷できるようにして、各国機をリメイクされてきました、何年にも渡って何度も作り直されているので、機体内のメカのレイアウトも洗練されてきて、メンテナンスハッチが無理なく開閉できるように工夫されています。
d0067943_145359.jpg

伏見さんのデフォルメ機というかタマゴ飛行機シリーズというかビックリメカには、折りたたみ脚バージョンが登場 スマートサーボで脚の開閉を行っています。
d0067943_1464765.jpg

脳内的にはキーンと青空を駆けめぐっているような♪
とても気に入っている飛行機なのでしょう、飛ばしていないときでも飛ばしている姿をシミュレーションしている姿は微笑ましいですね。
d0067943_1455937.jpg

Georgeさんのスパン12センチバルサ機 以前は径3.2㎜のJ7モータのダイレクト仕様でしたが、015モジュールで2:1のギヤダウン仕様になりました。画像のモーター根本を良く見ていただけるとギヤの小ささが判るかと思います(ピンぼけですみません)。その昔徹底した軽量化と効率化を求めてせめぎ合っていた頃、何度か飛行会後の呑み会で果たしてJ7を2:1にギヤダウンしたときに重量増と効率アップとどちらが良くなるだろうかという疑問や超軽量でコンパクトなギヤさえあればなどと酒のつまみにされていました、今回初めて実装した形でテストしたわけですが、015モジュールというマイクロギヤが手に入る現在、このギヤダウンはパワーロスすることもなくギヤ分の重量増を補って余りある、良い結果となりました。その上ダイレクト時より操縦性もアップしたようで、パワーUPと操縦性UPという2個の美味しい結果を手に入れたようです。
d0067943_1459084.jpg

tokoさんの自作超小型ブラシレスモーター機 力強く飛んでいました。アップに耐えられる丁寧な工作が光っています
d0067943_1462245.jpg

最近の飛行会では常に2機以上の機体が飛び回っているのが当たり前で、多いときには8機ぐらいひしめいて飛んでいることもありますが、最近みなさん同時乱舞飛行に慣れてきたのか 私の見ている限りでは空中衝突はこの日一回も起こりませんでした、速度別に高度を分けて飛ぶと ぶつかりにくいような感触です
d0067943_1464034.jpg
それにしても最近はよく飛ぶ機体ばかりになってきました、こうなってくると欲がでて、何じゃこりゃみたいな、へんてこりんな飛行体でどこに行くか予想のつかない危なげな飛行も見たくもなってきます(笑)
それではいつも通り 飛行会ビデオをどうぞ。

by mayoneko | 2009-04-13 14:08 | 飛行会 | Comments(6)