<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 30日

5月31日 IAC-ASO飛行会 中止のお知らせ

う~~~~~nn 残念ながら 所長パワーが足りず
今日は雨模様となってしまい、運動会は順延 故に 明日の飛行会は中止です。

d0067943_1025339.jpg

次回開催は未定ですが、開催の折には奮ってご参加下さい。

by mayoneko | 2009-05-30 10:25 | お知らせ | Comments(5)
2009年 05月 23日

コタツ撤去 

遅ればせながら、コタツを撤去した今日(まだあったんか!  と突っ込みが聞こえる気がする)
 とてもつもなく暑い 所長も扇風機の前から離れない
d0067943_1322392.jpg

外でTシャツ姿で飛行機を飛ばしていると、日陰に陣取って飛ばしていても、肌がチリチリして、家の中に入っても火照りが取れない。今年の夏対策はベランダに植えるゴーヤのカーテンか朝顔のカーテンかでまだ悩んでいるが、梅雨前の天気の良い間に葉が十分展開するくらいにしておかないと、夏に茂りきらず間に合わないんだよなー、気づけばもう5月もあと一週で終わり、ドタバタぎうぎう が連続しているが 今日こそ苗を入手して植えなければ。蒔くんでは間に合わない気がもの凄くしてる。
季節の進行は締め切りよりも、催促が無いだけにある意味シビアだ

by mayoneko | 2009-05-23 13:02 | よもやま | Comments(10)
2009年 05月 15日

磁石遊び

5㎜径の球形のネオジウム磁石で遊んでいたら、面白かったのでビデオに撮影してみた。

同じ組あわせでも、時々で安定する形態が異なるのがおもしろい、一つ一つは強力にくっつき合うが3つ以上組み合わさると複雑になり、ある面が磁力が弱まったり反発したりする。なんとなく原子核や分子の結合するイメージを連想させて面白い(専門家ではないので勝手に抱いているイメージだが)
高速度カメラで撮影したら、磁石列の変形の瞬間が良く解るのではと、期待したが秒速1200コマ 1/40のスローで撮影しても変形に要する時間は非常に短い。スロー再生を編集できるビデオ編集ソフトが欲しくなる。
たくさん揃えるとこんな事もできる。こちら径は約3.2㎜で個数は216個で構成されてアメリカのこのショップで売られているもの、送料を入れても日本で買うよりははるかに安い。日本で買う場合磁石は大抵ネオマグでいつも入手している、このショップの場合5㎜径が球形では一番リーズナブルで個数によっては値段が半分以下になるので試しに個数を入力して自動見積もり機能を旨く使うと おいしい。

by mayoneko | 2009-05-15 01:00 | よもやま | Comments(2)
2009年 05月 14日

帰ってきたJUNMPJET

ちょうど去年の今頃の飛行会にJUMPJETを持って行った。
d0067943_1947302.jpg
狭い部屋でも楽しめるなら、広い体育館のほうがもっと楽しめると思ったが、広い体育館では赤外線が狭い部屋の中のように反射せず(この送信機電源が単4なので出力が弱い)、3Mも機体から送信機が離れると、操縦不能になり、かなりきつい墜落を繰り返した挙げ句、ピッチ方向の制御がおかしくなってどうにもならなくなった。まあ基板かジャイロがこわれたんではないかということで、とりあえず修理するつもりで箱入れた・・・・・・・・・そしてそのまま存在を半分わすれてしまった。
ほぼ一年経って今日ふと箱を開けてみると、まだ送信機に電池が入っていて、機体のバッテリーも死んでいなかったので、とりあえずこわごわ飛ばしてみた。
「 おおっ ちゃんと飛ぶではないか!ラッキー」 
きっと夜中に小人さんが修理してくれたのに違いないということで、満充電して遊んだ。折角飛ぶのだから赤外線送信機をもっと強力な物にして、広い場所でも心おきなく遊んでみたいということで、赤外線高出力改造の前振りで、とりあえずテストボード上の赤外線受光素子で送信機の信号を受信させて信号を見てみた。
d0067943_1948351.jpg
なんと 4CHのラジコンで使われているシリアルパルスと同じ物が出ていた(3番目の短いハイはスロットルが一番上の状態を表す)。な~んだ  これなら普通のプロポのトレーナー端子を使った超強力4CH赤外線送信機でいいんじゃん、ということで試してみると、スロットルとラダーをリバースに設定する程度で問題なく操縦できた、ラジコンの送信機なのでトリムも取れるしスロットルカーブもいじれるので操縦も簡単、。 うー もっと早くに気づけば良かった。ただしトリムは機体側の電源を切る度に取り直さないといけない様子、たぶん電源ON後の初期動作で、とにかく来ている赤外線送信機の1.2.4の信号幅をニュートラルとしているようで、送信機のトリムを入れた状態だとそこがニュートラルになってしまうようだ。
ちなみにこのJUMPJETは4ローター式だが 世界には2ローター式のロボットサーファーCyber Surfer R/C なる物もあるようだ


by mayoneko | 2009-05-14 19:49 | 送信機 | Comments(6)
2009年 05月 11日

20090510 SSFC

SSFC飛行会(リンク先にも飛行会ビデオあり)に参加してきました。季節は早くも初夏の気配を感じさせる中で、みなさんゆっくりと自分の好きな機体をマイペースで飛ばしています。初めて飛ばす機体あり、前回飛ばなくて再度調整し直して挑む機体あり、傍目には安定して飛んでいても、製作者なりのこだわりで飛び味を煮つめたり、その機体にあった操縦方法を模索してみたり、満足の行く機体をのんびり飛ばしながら満ち足りた気分で眺めたりなど、参加スタイルは様々で、まったく飛びそうもない機体を実験できるのも、この飛行会の良いところです。
d0067943_951511.jpg

そんな中でも翼幅20センチを切る、超小型機はたくさんの人の関心を惹きつけます。
d0067943_941827.jpg

超小型機製作が板についてきたIchiさんの新しい機体は最初から元気に飛び回っていました。
d0067943_94361.jpg

海外から問い合わせの多い鈴木さんの機体、これも元気に飛び回っています。
d0067943_945631.jpg
手作りのカーボンプロペラを極めつつある伏見さんが作るカーボンペラは市販品と遜色ないレベルまで来ていて、素晴らしい出来です。
と言ったところで、いつものように飛行会ビデオをどうぞ。
今回何度もキャットウォークに機体が乗り上げたので、ついでにいつもとは違うアングルで撮影してみました。

by mayoneko | 2009-05-11 09:25 | 飛行会 | Comments(2)
2009年 05月 05日

坊主 初陣

ゴールデンウィーク みなさま如何お過ごしでしょうか?
私は子供にせがまれてカードゲームバトルスピリッツ公認大会の量販ショップバトル(小学生限定)付き添いで開催場所のデパートのおもちゃ屋まで電車で1時間かけて引率 家族サービス サービス
うちの坊主は公認バトル初陣なので行く途中の電車でもテンション上がりまくり。
d0067943_23425075.jpg

初めての場所とイベント参加なので、念のため開店1時間前に現地到着、がっ到着時待っている人は見あたらず、整理券は配られておらず、、ほんとにここでやるのかなーと思い店前看板のデパートイベント告知を見ても載っておらず、開店30分前でも集まりは、そこそこで、な~んだ人気無いんだといった感じにも関わらず、開店時刻が近づくにつれ増えてきた子供達はすでにマジモード。で待ちに待った開店~ 大型複合施設のゲートが開くと各馬一斉にスタートではなく、 子供達がデパート内のオモチャ屋目指してキュッキュッと靴音も高く走る走るであっという間に視界から消える、(私はあとから「なにも走らんでも」と思いながら、のんびり歩いてついていきましたが)私が現場到着した頃にはブースに子供が男女交えて、ずらっと並んでハイ本日の受付分 32名終了(ビルの入り口は一つでないため、あちこちから走ってくる模様) 僅かに遅れた子は開店前から並んでいたのにもかかわらず、その日参加もできず、涙 もうバトル前からバトルがすでに始まってたのでした。うちのは初めての場所にも関わらず旨く走り辿り着けた模様、それでも18番手。受付を終えた先着32名は午前と午後の部に16名ずつに別れ 各部ごとにトーナメント形式で優勝者を決めます。
d0067943_2334568.jpg

うちのは初戦  突破 青赤デッキ で赤 を撃破 
(このカードゲームは6種類の色がありそれぞれ特性が異なり特性を活かして戦ったり、色を混ぜて攻守バランスを取ったりするんです)
2回戦は常連らしき同学年の子の 神速緑デッキに惜敗
 (攻撃性の高い組み合わせで、神速という通常では出せない状態でも場に出せるカードの組み合わせ)
( 麻雀でいうと喰いタン早上がりで抜ける ? 違うかぁ)
彼の初陣は 一回戦突破 のみで終わりました。
(戦う前は友達内では最強を誇っていたので、優勝したらどうしよう?
まで悩んでいたようですが 世界は広く現実は厳しい~ニャー)
感想は慣れたゲームでもマジ勝負はかなり緊張したそうで、
カードを持つ手が震えたと嬉しそうに 語っていました。
今後続けるようなら真剣勝負の場数践んでいくしかないでしょう。 
どんなゲームか興味がある方は下のビデオをどうぞ

このカードバトル 戦略を立て 考え抜いてカードを選んで 大会前にたくさん対戦して戦術を磨いて 更に選んだカードを組み直して、いろんな対戦相手を想定して悩み抜いて挑んでも、早いと5分もかからず勝負がついて、負けてしまうとトーナメント形式ならハイ それまでヨーなので ある意味大変シビアです 
私はカードバトルに興味が全くなかったのですが、近頃子供の相手をさせられているうちに、カードの持つ戦略性と戦術性の深さにようやく気づき(道理で流行るわけだ)、そのおかげで今回の大会は小さな子供達が展開する戦術を多少は理解しながら楽しく見物でき、時代やアイテムは変わっても子供達は遊びに真剣だなあと改めて感じました。

by mayoneko | 2009-05-05 22:13 | よもやま | Comments(5)