<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 26日

8月2日 IAC-ASO飛行会

8月2日に2ヶ月ぶりに飛行会やります。参加する人はリンク先にコメントよろしくニャー
d0067943_22112897.jpg


by mayoneko | 2009-07-26 22:11 | お知らせ | Comments(2)
2009年 07月 16日

1/1の現実

d0067943_17324796.jpg

1/1の現実
d0067943_20314313.jpg

頭の中に想像したものが 今目の前にある
d0067943_20322059.jpg

潮風にふかれながら 芝生に座って
d0067943_20323512.jpg

いつまでも眺める
d0067943_20325070.jpg

私は今ここにいるニャー
2009年7月現在
ゆりかごから出てソラで暮らしている人間は僅か数名だ。

by mayoneko | 2009-07-16 17:32 | Comments(9)
2009年 07月 16日

参る!

d0067943_1637432.jpg

仕事帰りのガンダム詣で きてよかったー 西日で暑いのに鳥肌

by mayoneko | 2009-07-16 16:37 | Comments(4)
2009年 07月 13日

20090712 SSFC 飛行会

首からタオルが似合う季節になってきました。座っているだけでも体育館の中は汗が吹き出してきます。
d0067943_13202039.jpg

今回の飛行会参加で私は新作もなく、なにを持っていくか思案した挙げ句
 一番気を使わない飛行機にしようと思い立ち
製作から3年経過しても現役の、トラタヌ !
1機を徹底的に ノーーンビリ飛行を堪能しました。
今回は自分の思い描いたとおりの飛行ラインに、きっちり乗せて飛ばすべく、ノターと飛んではいても実は指先は細かく、せわしく修正舵を打ちつつ、なおかつ舵打ちによって機体の挙動がぶれないように、
優雅に飛ばすを意識して飛ばし
開催時間4時間の間 7~8回は飛行して、非常に充実して満足した時間を楽しむことが出来ました。
ちなみに超小型軽量な機体は短命に見られがちですが、適度な補修さえ続けていれば、
墜落がいくらあろうと軽量さ故に深刻なダメージは受けず、長期間お気軽に楽しむことが出来ます。
d0067943_1320062.jpg

細かい飛行会レポートはビデオのみの手抜きとなります。 それでは飛行会ビデオをどうぞ。

このビデオの中にIchiさんが機体を追従しながら撮影をしてくれたおかげで、
スローフライな感じが良く出ている、素晴らしいクリップが入っています。
とっても感謝です。

by mayoneko | 2009-07-13 07:20 | 飛行会 | Comments(17)
2009年 07月 12日

SFチャージ

d0067943_10313026.jpg

SFをチャージしぃーつつ 1230時まで待機モードん

by mayoneko | 2009-07-12 10:31 | Comments(6)
2009年 07月 12日

SF利用残高

d0067943_10252834.jpg

SF利用残高が足りんよう、なのでエラーが起こるん

by mayoneko | 2009-07-12 10:25 | Comments(0)
2009年 07月 12日

何やってん

d0067943_9543436.jpg

会場には今度こそ間違いなく着いた がバレーボールやってん 時間も間違っとる 疲れてんな~自分

by mayoneko | 2009-07-12 09:54 | Comments(0)
2009年 07月 12日

やってしもうたー

d0067943_9323330.jpg

時間ぴったりに飛行会場到着♪ でも~ 誰もいないんだよね~

by mayoneko | 2009-07-12 09:32 | Comments(0)
2009年 07月 07日

零番艦 建造開始 夏は待ってはくれない

夏が近い 気が    する   ・・
今年こそは水辺でRC戦艦を浮かべてみたい(過去の思い)、相変わらず忙しいが夏は待ってくれないので、
一番お手軽に出来そうなニチモの30㎝シリーズを手に入れて、
研究所としては異例の1日30分RC戦艦建造を行うこととなった。
ネットには素晴らしい、たくさんの先例が公開されているので、とても参考になってありがたい。
お試しの零番艦は手持ちの部品と相談して自分に出来そうなあたりで進めることにした。
d0067943_20593339.jpg

まんず何はさておき、子供の頃の記憶を頼りに、
もっとも水漏れの原因となりそうなところから手をつけることにした。
とりあえずスタンチューブなるパイプ状のグリスボックスを取り付けるため
スクリュー軸周りから、漏水を防ぐためのメカを取り付けるため電動ドリルで
スクリューシャフトが通る、穴を2→3→4と段階的に大きくした。これが一番最初の船体加工
d0067943_21165348.jpg

昔ならスクリュー軸周りは、プラモの説明書通りに艦尾の箱状の部分に定番のマーガリンとか、何か得体の知れないグリスとか詰めていたところだが、
(大抵ここから漏水して、走らせているとドンドン船が沈んでいったことよなあ、それも楽しかったけど)
今回は大人チックに スタンチューブと呼ばれるものをこさえた。このチューブの材質ネットで見ると真鍮製などが大変格好良さげだが、手抜きして手持ちの2㎜3㎜4㎜各径の塩ビパイプを使って、耐衝撃用瞬間でチャチャッと作った。ここまでに要した時間、加工組み立て手順考えながら作っても約15分。
塩ビは軽いし加工が楽ちん。でサクッとできた、スタンチューブにグリスを詰めて、できあがり。
減ったら枝分かれした部分から注入する予定。これはグリスを詰めた様子。
d0067943_2117329.jpg

仮に置いてみた感じ。後部主砲の回転軸穴に枝分かれした、注入パイプが来るようになっている。
d0067943_21243353.jpg

モーターは何かのテストで使ったと、おぼしきバルサ片が付着したまま
部品箱の隅に転がっていた7㎜オレンジ。早速繋いでいつものように測定してみた。
このモーター3V無負荷で30mAの消費電流だが、スタンチューブを通してスクリューを回すと170~200mA位流れる(モーター位置とスクリューシャフトのわずかな位置関係で簡単に負荷が変わる)、とりあえずこの状態なら長時間回してもモーターが暖かくならない 、
d0067943_21252115.jpg

だが水中はそうはいかないだろうとコップに水をいれてスクリューを突っ込んでみる。
凄い勢いの泡だらけ水流、コーヒーとミルクが入っていれば、おいしいカプチーノが出来そー♪
あまりに早く回りすぎて、キャビテーションを起こしスクリュー周り水泡 だ ら け。
このとき電流値は3V470mAに跳ね上りモーターが熱いこと!
2V270mA程度で回転落としても、強すぎる水流が発生している。モーターは暖かい程度だが

抱いている遊びイメージとしては、超大型戦艦(30㎝)が、その巨体をジリジリと動かしつつ、
だんだん、巨艦のもの凄い質量(100gくらいか)に慣性がついて速度が乗ってきてー、
ここらで全力航試 行きますか てな感じでだけども、
早いモーターボートのように艦首が持ち上がる感じゃなく(それも面白そうだなあとチラッと思ったり)
いやスケールにあった感じで波を蹴立てて重そうに走行させてみたく (水のスケールは変わらないんだが)
 んで メインテーマは水面に映る艦影にうっとりしながら
長時間しずしずと大型艦らしく走らせつつ 
ニヤニヤしながら面舵一杯ーとか両舷半速とかなんか 
つぶやきながら 走らせたいところなので
このモータだとギヤダウンした方が良さそう・・・と
解ったところで今日はおしまい。
どっかに30Ωくらいのジャンクモーター転がって無かったけか なあ?
このペースで行けば、お盆に帰省先の田舎の池や河原で就役できるんじゃなかろうかと
トラタヌ

by mayoneko | 2009-07-07 21:26 | 船舶艦船 | Comments(13)
2009年 07月 06日

ヨンbit 0101

半年ほど前に子供にコンピュータのことを教えてと(入力)されたので、
ある程度根っこから教えるにはと考えて(演算して) 
実行した(行動という形で出力してみた)。
d0067943_11212023.jpg

コンピュータの専門家ではないので笑われるような超いいかげんな教え方だが、一般的な入力 演算 出力 の概念とそれを実現するための、やり方のいくつかたを、向こうが知りたがる範囲で口頭と手書きの図とおはじきで説明して、ノートに記録させて教えた。その後パソコンでいつのまにか検索を覚えて何をやっているかと思えば、面白そうなオンラインゲームばかり遊んでいたのでコンピュータの構造や原理にはもう興味がないと思っていた。ところが最近さらに知りたくなったようで、もっと教えてと言うことになった。(父ちゃん嬉しい)
さて次はとギヤを組んで計算機を作ったり、簡単な論理回路をICで作るのも面白いと思ったが、
そんな時間も無いし、ギヤ式はタイガー計算機でざっと説明して手抜きしてすっ飛ばしておいて
d0067943_11265862.jpg
 
なんか簡単なマイコンないかなあと探してみると。なんと
4bitマイコンが本付きで2500円で売られているではあーりませんか!
2500円 なんじゃそりゃー
おいらがTK-80やLkitー8、はては雲のかなたのPET2001(APPLEⅡ忘れてた)がどんなに欲しくても手に入らずに、毎日学校帰りパーツショップに入り浸ってTK80デモ機に薄い頃の I O誌のサンプルプログラムを友達と打ち込んで遊んでいた頃と比べると あー比べるのもむなしくなってくるるが、あー歳とったなあ。 
と横道にそれたが、まさに学習目的にピッタリ沿った物だったので迷わずポチした。
このマイコンキットGMC-4は大人の科学マガジン24号の付録
d0067943_114807.jpg

マイコンの歴史も載っていて、とても懐かしく読めた。
さて、うちの子といえばキット組み立てて、しばらくはポチポチ ピッ ピッ ピカピカしていたが、
お気に入りのアバターが動き回るわけでもなく、敵機を撃墜したり、ドラゴンを退治できるわけでもないので、すぐに飽きたご様子。 
だよなあ というか いまどき ですよねー(笑)
でも根っこを知って考えることは楽しい 
と言うことを何とか伝えたいと思っている今日この頃だニャア

by mayoneko | 2009-07-06 11:21 | PIC | Comments(9)