<   2009年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 28日

20091227 IAC-ASO

今年最後のIAC-ASO飛行会 IRVCSの開発に明け暮れました。
d0067943_13474365.jpg

IRVCS用のおもしろターゲットを永野さんが作ってきてくれました。
地上の扇を空中から赤外線で射抜く THE OUGI 当たれば 「天晴れじゃ!」 やんや やんや
d0067943_13475657.jpg

プログラムのアタリ判定練り込みように、赤外線のパルスをいくつ受信できたか表示する、インジケーターも付いています。今回のテスト結果から現在の射撃パルスと飛行速度だと、当たりの判定を10発程度に設定すると当たりとはめったに認められません。この辺りの当たり判定バランスが実に微妙で難易度設定も可能なようにする必要があります。
d0067943_13482477.jpg

また自分の機体の赤外線砲の弾道軸調整用マトも個別で用意しておくと便利そうです。
d0067943_13483610.jpg

さて今回のIRVCSに向いた機体として、オートフライトがよく使われているわけですが、今回Georgeさんがこの見事な再生ワザを伝授してくれました。もしモータリード線が折損した場合、モーターバックプレートを細心の注意を持って切れた残りの線の周りをデザインカッターなどで彫り込み、同時にエナメル線の被服も少し剥ぎます。その状態で予備半田した新しいリード線を半田を流し込みつつ固定すれば、高い確率でモータが再生できるとの事です
d0067943_13485273.jpg

また通常プッシャー型(プロペラを後ろ向きにつけて押す形態)のオートフライトのプロペラユニットもこのように、内径0.8㎜のステンレスパイプが通るようにギヤとプロペラに穴を空け双方を繋ぐだけで、簡単にトラクター型(プロペラを前向きにつけて引っ張る形態)に変更することが出来ます。
d0067943_1348917.jpg

さて今年最後の飛行会も得ることが多く、非常に充実した時間を過ごすことが出来ました。
来年は更なる楽しみが待っている予感に満ちています。
それでは今年最後の飛行会ビデオをご覧下さい。



PS この日は8時に納会し、居酒屋で愉快な忘年会が行われたことは言うまでもありません。
d0067943_14492582.jpg

いつもは送迎役の私は呑めないのですが、呑まないふしみさんが代行をしてくれたおかげで、
久々にASO飛行会後に楽しく酔っぱらうことが出来ました。 ふしみさん超超感謝です。
最後にみなさん来年もIAC-ASOをよろしくお願いします。

by mayoneko | 2009-12-28 13:49 | 飛行会 | Comments(8)
2009年 12月 25日

シャブシャブ基板作り IRVCS関連

 IRVCS(2010/01/19 名称変更して IRD)関連で久々に電子工作にハマッている、久々なので旨く動かないの意味でもハマっている
まず基板作りと思ったら、頼りのレーザープリンタがあかんし、ちっこくて単純な基板なので印刷するのも勿体ないと
d0067943_22581417.jpg

勢いに任せて手で持ちやすいように長細い15㎜幅の生基板の端っこにパターンを極細マッキー油性マジックペンで書いた、パターン図を参考に眼見当で適当に線を引いておいて、要らないところや繋がってしまったところはデザインカッターで消す。
d0067943_23111670.jpg

次にパターン以外をマスキングして、そこを持ってエッチング液につけてシャブシャブして基板3枚分ほい出来上がり(motoさん直伝の素晴らしいやり方
d0067943_23017.jpg

繋がって困る所はテスターで確認して短絡しているところは再度デザインカッターでパターンをはぎ取る。
d0067943_23141974.jpg

実は完成するまでに逆接でブレッドボードで2個PIC焼いたのは内緒の話だが
もう老眼が進んでいるのか、SOTサイズ(1.5㎜×3㎜くらい)の10F200の向き確認用の印刷のドットが肉眼でよく解らず、虫眼鏡で向きを確認してから取り付けたにもかかわらず
煙あげたあとよくよく見たらドットではなく埃で OTLなこともあったりしたが なんとか動くのが出来た。
(ふしみさんはマークを見極めた時点で、大きな印をつけてしまうそうです。ポスカで塗るのもいいかも)
d0067943_23462517.jpg

修正の連続で見てくれはグチャグチャだが、まあとりあえず今でも動いているし、嬉しかったのは1.5㎜幅のチップモールドの下に2本電源ラインを手書きで通せたことが嬉しかった。とこれが先週の日曜日まで
d0067943_23504250.jpg

そして今地上施設用の12F629基板を作っている。こちらは普通の蛇の目基板を使って、書き換え可能なようにDIPソケットでPICを抜き差しできるようにした。ただこちらはプログラムが思ったように走らない、回路は非常に単純なので、間違いは無いと思うが、なんとかバグを捉えて動かしたいが 頼む動いてくれー
d0067943_2332214.jpg
で気分を変えてJRのプロポに発射トリガー用のボタンを取り付ける。
AUXスィッチにパラに押しボタンスイッチつけて、AUX→エレベーターにMIXかけて出来上がり。
フフフ これで射撃に気を取られずに済む 今だ 撃て なんてニャ 
とジリジリとASOに向けて夜中工作に励んでいるのであった。とプログラムのバグ取りからブログ書きに逃げて、この後 風呂入って気力が残っていたら続きをやろう。 たぶんやるぞ たぶん・・・

by mayoneko | 2009-12-25 23:07 | IRD | Comments(14)
2009年 12月 24日

20091223SSFC飛行会 テストテストテスト

冬至翌日夕闇迫る中、SSFC飛行会へ参加しました。
d0067943_13311851.jpg
家を出る直前まで回路製作に追われ、遅れ気味に行く途中の電車の中でIRVCSシステム開発者の永野さんと会い、
今後の展開について話が盛り上がりました。
d0067943_13314190.jpg

飛行会場でまともに飛ぶか?半信半疑のカナード翼バナナ猫は現場でカナードを取り去ることで、思うような安定を得、離着陸旋回滑空ともに思い通りの飛行ラインに乗せられるようになったので、室内空戦が出来る機体になりました。
d0067943_13321485.jpg

さて赤外線(IR)仮想(Virtual)戦闘(Combat)システム(System)略してIRVCSの開発ですが
飛んでいる物同士の空中戦、あるいは飛んでいる物で地上物攻撃と言う遊びを、
マイコンプログラムを絡めて楽しい遊びとして構築する場合、やらなければ解らないことだらけで
プログラムのタイミングや赤外線銃の発光強度に始まり、操縦しながら射撃する難しさもかなりなもので
実践テストと改良を重ね続けないと机上だけでは楽しく遊ぶための実用化には遠く、
試作 テスト 試作 テスト、試作 テストの繰り返しですが
飽きやすいメンバーにとって、この難易度の課題は当分の間、楽しく遊んでいられそうです。
d0067943_1332220.jpg
実際5時間ある飛行会がメンバー同士のテストと熱い意見交換、現場で出来るだけの改良で明け暮れ、楽しく一瞬のように感じました。
d0067943_1333337.jpg

次回IAC-ASO飛行会では今回の問題点を改良して試すと共に、現場でプログラミングも同時に行い、
実用化を目指します。
それでは飛行会ビデオをどうぞ

今回私は新機体とIRVCSの件で頭がいっぱいだったため、Georgeさん鈴木さんがカメラを回してくれました。おかげで良い記録が残せました。
有り難うございます。

by mayoneko | 2009-12-24 01:07 | 飛行会 | Comments(9)
2009年 12月 22日

AFone IRYCS搭載予定機 バナナ猫 Crescent

撃墜されまくっても良いように、結構頑丈に作ったら当然重くなった (8.1g 40リポ時) 
d0067943_8471070.jpg

重くなったのとカナードをつけたらジャジャ馬になった、
広いところSSFC飛行会でで調整をじっくりやろっと。
まともに飛ばないと空中戦もできニャイ
追記
思ったほかよく飛ぶ機体になった。カナードを取り去った事による
安定度の確保がとても効いた。
飛行ビデオ

by mayoneko | 2009-12-22 08:48 | 機体 | Comments(4)
2009年 12月 20日

IRVCS 標的機 謎の円盤

永野さんの開発に触発され、23日の楽しい対戦ごっこテスト実現ににむけて、意見交換が活発になり
モーレツに盛り上がって参りました。そんな中ふしみさんが楽しい標的を公開
d0067943_1344634.jpg
こちらも触発されてなにかオモロイものはと、時間がないので手抜きに昔遊んだオモチャを物色 おー 埃まみれのUFO出てきた。すでに内蔵ニッカド電池が死んでいるので、リポに替えて制御を赤外線で作動させるようにすればいいかもん。こいつの飛びはこんな感じ 3年前に遊び倒していたもので今もヤフオクなどでたまに見かける。

常時浮かんでいて、当たると落ちるが理想的だが、10分は連続で浮かんでいられそうに無いので、
当たったら、浮かび上るようにしようと思う、3回当たったら回転しつつ浮かびながら、射撃赤外線を数秒まき散らすのも一興かも知れないが、どうでしょう?って
(一夜漬けでプログラムの勉強が間に合うのかウルトラ疑問?)
弱気にせめて 赤外線受けたら、浮かぶだけは実装したいと 思っています。
だがやはり飛んでいるのを打ち落とすのが狩猟本能に沿っていて良いかもニャー。

by mayoneko | 2009-12-20 13:09 | IRD | Comments(4)
2009年 12月 19日

急造 IRVCS搭載用 試作機

気の向くまま、図面は一切引かずに、トリャッーと斬った貼ったで試作 なのでつぎはぎだらけ
d0067943_1665238.jpg

パッと見た目ちょっと大きすぎる感じもするこの機体は
翼長32㎝全長28㎝機体重量2.38gオートフライトユニット MK04-10 30リポ と受信機で
総重量5.6g 舵はまだつけていない。 肝心の翼面荷重はおよそ2.7g/d㎡ 
この状態だとスロットルは1/4程度で水平飛行し、機体の姿勢変化にたいしても安定が非常に強く
自立安定性も高く、重心位置の変化にもうるさくなく、パワーオフ時の滑空も申し分ない。
オートフライトより飛びが遅すぎるので、気持ち小さく作っても大丈夫だったかも知れない。
飛ばして遊ぶだけなら赤外線超軽量メカで大きさ半分にしても十分いけそう感じがプンプンする。
d0067943_1565867.jpg

あと重心位置確保も見た目より遙かに簡単で、それほど機首を長くしなくても良い。
かなり有望な飛びで本格的な製作意欲にかき立てられる花丸な飛行テスト結果。
真面目に図面ひくより、適当に作った方が良いときがあるのが、とても面白いところ。
試作機で遊んだあと、なんか似ている機体あったなとあとで調べてみると発想元はどうやらこれだったようで
d0067943_16254176.jpg

まさにPushy cat や pushy Galoreをデッドコピーした感じで、こちらつぎはぎの機体はまるでデザインが洗練されておらず、ラダーとスロットルだけでこの形状でまともに飛ぶのかどうか半信半疑な感じが良く出てる。
それでも作るだけ作ってみて最初無動力で滑空を見たときに飛びがもの凄く綺麗で驚き、重心調整にそれほど神経を使わない鷹揚さを兼ね備えているところが素晴らしく大変気に入った。
d0067943_16241333.jpg

(これはたぶんラジコンキットの画像だと思う)
今回試作した主翼形状は実機とは違う後退角と上反角を与えたが、滑空だけならスチロールの端切れで似たような形の小さな滑空機を作ってみれば、その安定度がよく解ると思うので、気になる方は是非お試しアレ。
d0067943_1784064.jpg

こんな感じで行っても面白いかもニャー
でさらに切り貼って実験後追記
d0067943_1134473.jpg

1 重心位置を後ろに持っていくと、滑空は良く延び水平飛行も僅かな推力で済む。スラスト軸が機軸と平行だと急速にパワーをかけすぎると竿立ちになり失速するか十分に推力が高ければ宙返りに入る。スラスト軸を変更しない場合、重心位置を前にすることで竿立ちは回避できるが、滑空時の沈下率が大きくなる。

2 矢印のようにスラスト軸を下げると重心位置は後ろ気味に設定でき、竿立ちはなくなり動力を切ったあとの滑空も問題ない。そのかわり水平飛行時の推力が余分にいるので効率は落ちる。

要するにエレベーターがあればサクッと問題解決だが、オートフライト改造と対等の2chにして
1と2のせめぎ合いでおいしいところを探って遊ぶ 
アンリミテッドクラスにするならエレベーター、エルロンつければかなり遊べそうだけど速度上がると垂直尾翼の強度をどれだけ軽く出せるかが問題になってくるニャー
d0067943_12422863.jpg

案外 実機と同じように小さなカナードをつけることで、良いところでバランス出来るかも知れない。
やってみよっと
追記
さらに進化させるとこういう事かもしれない
d0067943_14481214.jpg

野末さん画像お借りました。
d0067943_0454043.jpg

追記
永野さんがIRVCSの試作基板を余分に用意してくれたようです。次回SSFC飛行会でテストできそうなので、試作基板を自分の機体に装着して空戦テストしてみたい人は結線図を参考に機体に1㎜ピッチのコネクタで接続できるようにしておきましょう。1mmピッチコネクタはmoto商会でどうぞ
こりゃー飛行会がますます楽しみですね。

by mayoneko | 2009-12-19 11:25 | トラタヌプラン | Comments(22)
2009年 12月 18日

IRVCS 機体基本設計プラン トラタヌ

楽しい室内ドッグファイトに向けてのトラタヌ
d0067943_8593034.jpg

とにかく前回前々回やってみて解ったのが、飛ぶラジコンを操縦しながら、的を狙い撃つという行為は、意外に難しいということがよ~く解りました。ましてや空飛ぶ動く的となると・・・
ご意見無用アンリミテッドクラスはゲーム上おこる様々な障害を踏み越えて強く雄々しく自由にやるとして。
なるたけ、お手軽簡単にやろうとすれば、自立安定が高く参加機体がある程度飛行速度を揃えておかないと操縦に気を取られてばかりで、狙い撃つ余裕なんか生まれません。単純な2chでスロットルの緩急とラダー操作により、ほぼ飛行速度が同一な機体同士で撃ち合った方が、双方バランス良く当てやすいと考えています。そこで今回の流れの発端となった機体オートフライトの改造機をベースに飛行速度に的を絞って、トラタヌ
d0067943_96638.jpg

飛行速度は機体デザインや操縦システムにより変わりますが、
ラダーとスロットルのみ操作の2ch機体に限って言えば
ほぼ飛行速度は翼面荷重と密接な関係にあり。あくまで私の感覚でですが
小さな体育館で、ほぼ問題なく楽しく飛ばせるなーと言う範囲が翼面荷重7g/d㎡程度ぐらいまでで
数多く作ってきた機体の中で離着陸や正確なコースに乗せた周回などを程よい緊張感を持ちながらゲーム感覚で楽しく操縦できる機体の翼面荷重が3g/d㎡~5g/d㎡あたりに大体収まります
d0067943_23525676.jpg

今回ミサイル発射などで使用したオートフライト改造機は、主翼の大きさがほぼ翼長27㎝翼弦6,6㎝でおよそ翼面積が1.78d㎡あり 72MのFM受信機と50リポを積み、マイクロセスナから取った4㎜モーターに換装して、機体各部を補強した状態で総重量がおよそ6gあります。この状態で翼面荷重は3.3g/d㎡となりパワフルなマイクロセスナモーターと相まって大変飛ばしやすい機体になっています。
そして 仮にIRVCSシステムが1gあったとしても翼面荷重は4.3g/d㎡に収まり
先程言った目安の3g/d㎡~5g/d㎡あたりにおさまります。
ということですでにIRVCS搭載機体としては合格点のものが存在する訳ですが、
d0067943_935835.jpg

そこはそれオートフライト以外のデザインでも参戦してみたいので、
翼面荷重3g/d㎡~5g/d㎡を目安に、搭載機材と相談して別の機体をトラタヌ中

by mayoneko | 2009-12-18 00:00 | IRD | Comments(4)
2009年 12月 17日

IRVCS 基本プラン

永野さんが基本プランを公開してくれました。
d0067943_051465.jpg

簡単に見られるように、ここに画像を貼らさせて貰います。
d0067943_12505924.jpg

いまのところ何となく想像図。
出来れば続きコメントはこちらへどうぞ
追記
永野さんが公開してくれた、作動状況のビデオ 20091217 午前の状態
基板
d0067943_16101889.jpg


by mayoneko | 2009-12-17 01:01 | IRD | Comments(20)
2009年 12月 16日

IRVCS トラタヌ

赤外線を使った対戦は古くからあり玩具によく使用されています。
実際 赤外線の光線銃や戦車、怪獣、ヘリなどで子供達と遊んでいて思うのが
d0067943_1374930.jpg

そこそこ当たる アタリ判定 ただし当たりすぎてもつまらないし、滅多に当たらないのもつまらない。
そして狙って当たったという感覚が欲しい。
次に当たった時のダメージの表現、すぐ完全撃破停止ではつまらない、かといって当たっても,
たいしたこと無いでは当てた側も当たった側もつまらない
と要するにゲームバランスが非常に重要だといつも思います。
ただこのゲームバランスというのは人それぞれや属している遊び仲間によってに微妙に違い、
統一するのが大変難しく、お手軽に対戦オモチャから回路やメカをはぎ取ってきても、
そのオモチャのルールに縛られてしまい遊びの自由度が減ってしまいます。
d0067943_23182567.jpg

その点 今回永野さんが自作してきた赤外線対戦システムは(飛行会での第一次テストの様子はここに
ラジコンのサーボ制御パルスで射撃制御
被弾は決められた時間のパルスを発することで被弾時のアクション制御
とシンプルで自由度が大変高いため、自作さえいとわなければ
ゲームバランスの設定を仲間内で自由に変化させることが出来るところが素晴らしく。
工夫の遊びが好きで工作好きな人に取ってはたまらない核となるシステムとなりそうです。
例えば
d0067943_148132.jpg

機体を一つに絞って遊ぶも良し、時代別に分けてスケール機での対戦もあるし
グループ戦で機体に当たりカウンター積んで、あとで総被弾数で勝ち負け決めたり
地上目標を撃破とか、地上からラジコン対空赤外線砲戦車で狙うなんてのも面白そうです。
もちろん超強力な赤外線発光による、みんな全滅しちゃえ的な核攻撃は禁じ手であることは言うまでもありませんが、照射時間と回数を限定したりしたら、たまには面白いかもニャ。
とにかく思いつくままやってみて、面白いやりかたが生き残って行けば 
きっと楽しいぞと トラタヌ

by mayoneko | 2009-12-16 01:07 | IRD | Comments(14)
2009年 12月 14日

20091113 IAC-ASO 50回目の飛行会

d0067943_15345665.jpg

ふしみさんいつも大サービス有り難うございます)
前回の大盛り上がりとは打ってかわって、ハレとケで言うなら、ケな感じの飛行会でした。そして・・・
えっ もう50回 
2005年5月から始めたIAC-ASO飛行会も50回という節目の回数をめでたく迎えることが出来ました。
d0067943_15352511.jpg

IAC-ASO発足当時インドアプレーンが飛ぶのがやっとだった頃から、わずか4年でスローフライトの追及はもちろんのことアクロ飛行、超小型スケール機、羽ばたき機、変形機、パイロンレース、風船割り、ドッグファイト、等々、一つの形態にこだわらず好奇心の赴くまま幅広く飛行遊びの進化をとげつつ、飛行実験が連続する飛行会において、事故が一件もなかったのが素晴らしいと感じております。
これらすべて良識ある参加していただいた皆さんのサポートあればこそで、
次なる道しるべ100回開催を目指して会場確保を続けていきますので、なにとぞ
これからもIAC-ASO飛行会をよろしくお願いします。
d0067943_15351025.jpg

さて20㎜砲搭載のガンシップですが飛行はまあまあ問題なく飛びますが、玉の速度が遅く、発射数秒後に機体が玉に追いついてしまうというていたらくで、発射音と共に哀愁が漂います
d0067943_15354315.jpg
さらに実体弾による戦闘は、球拾いという作業が必ずつきまとうと言うことが、やってみて骨身に染みてようやく解り
d0067943_1536665.jpg

時すでに実体の時代は去り、今後室内空中戦の流れは永野さんの赤外線バーチャルコンバットシステム略して IRVCS に移行していく線が濃厚となりました。このシステム開発途上ではありますが、赤外線発射、受光、被弾アクションの機能が僅か1センチ角程度の基板に全て収められ、重さは0.5グラムていど、オートフライトのような軽量機体などに無理なく搭載でき、搭載機体はモーターを強力な4㎜モーターに換装することで、緩急つけた10分以上の空戦が可能です。赤外線銃の有効射程は約3メートルで範囲は1メートルほどの円になりますが、遊びとしてはちょうど良い感じです。今回は被弾するとLEDライトが点滅するというものでしたが、実践テストで被弾した状態が解りにくい事が判明したため、今後機体が揺れるとか如何にも撃たれたというアクションが出る方向を目指して改良されていく予定です、このシステム完成の折にはハードソフト共に公開が待ち遠しいですね。
それでは哀愁漂う飛行会ビデオをどうぞ 飛行搭載カメラの画像はスパイアイ製作のふしみさんのサイトに綺麗な画像がありますんでよろしく

最後に鈴木さんGeorgeさんビデオ撮影有り難うございました。
kobaraさんのリクエストに応えて、ビデオじゃないけど、発射装置の構造図 
d0067943_20304953.jpg

軽すぎて人間の腕で力一杯投げても3Mも飛ばない、20㎜スチロール球を飛ばすのに
いちばん良い方法は玉を筒に入れてエアで飛ばすこと、筒に入れて口で拭くと打撃より遙かに良く飛びますが、人間の肺活量並みのエアを吹き込む装置が軽くできないと、アカンかも?ということで見送りましたが、エアソフトガンの構造を軽く出来ればいけるかも、ただその圧を作り出す力を受け止める強固な構造はなかなかに重い。

by mayoneko | 2009-12-14 15:36 | 飛行会 | Comments(18)