<   2010年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

大晦日の工作机

大晦日の工作机に今年一番のお気に入りの機体を置く。
d0067943_14153517.jpg

工作室の奥まで射し込む冬の日射しにぬくまりながら
大掃除が終わってスッキリした机に機体を置くとき
ああ今年も終わりだなと思う。
各地で激しく雪が降っているようだが。
関東の冬は良く晴れる。

by mayoneko | 2010-12-31 14:16 | よもやま | Comments(0)
2010年 12月 28日

P38 の飛行ビデオ

タイヨーのP38ライトニング改造機の飛行ビデオです。

改造の詳細はこちら

by mayoneko | 2010-12-28 18:09 | Comments(0)
2010年 12月 27日

2010 今年最後の湘南飛行会

今年最後のSSFC飛行会に行く前に 腹ごしらえ 名付けて飛行会〆蕎麦
d0067943_20162465.jpg

今年はIRD空中戦に明け暮れた飛行会でした。
それでは飛行会ビデオをお楽しみ下さい。IchiさんGeorgeさん今年も撮影感謝です

今回は飛行会終了後に居酒屋で納会になりました。
詳しくは
Ichiさんののブログ
ふしみさんのブログ
でどうぞ
今年もあっというまだったニャ みなさんと遊べて楽しかったです。

by mayoneko | 2010-12-27 20:16 | 飛行会 | Comments(4)
2010年 12月 25日

イカ飛行機じゃなイカ 図面のようなもの

イカ飛行機じゃなイカ 図面のようなもの
d0067943_9461980.jpg

なかなか飛びが良いじゃなイカ 
プロペラ軸線は翼面センターに合わせると背面飛行も楽になるでゲソ
翼幅やサイズはケースに合わせれば良いでゲソ
翼幅変わるとCGも変わるので飛ばして好みの場所に合わせれば良いんじゃなイカ

2010/12/26日の記事 デルタじゃなイカ 手抜きじゃなイカ 飛ぶんじゃなイカ
なんか勢いだけで作ってしまったんだわ。
最近デルタ翼が流行っているみたいじゃなイカ。そういうことで2時間ほどで作ってみたでゲソ
d0067943_16263377.jpg

全長27センチ 翼幅30㎝(収納時26㎝に折り畳み可能) 重さ17g 
6㎜モーターギヤダウンユニット 電池130リポ 3Ch エレボン
明日のSSFC飛行会でテスト飛行だゲソ。

このビデオの6分30秒位をごらん頂けると飛行の様子を見ることができます




検索用 イカひこうき イカヒコーキ ラジコン

by mayoneko | 2010-12-25 16:32 | 機体 | Comments(4)
2010年 12月 22日

尾道 猫道 

d0067943_938329.jpg

さてと腹も満たしたし(前回までのあらすじ)、さあ巡るぞとテトテトとまずは尾道駅前から海に向かって
左へ進み岸壁沿いを歩いてみることに。すぐに渡船乗り場に突き当たりました。
d0067943_9364545.jpg

60円で対岸の向島に渡れます、これでゆりえ様が通っていたのねと感無量
5分おきくらいに船は行ったり来たりして、人、自転車、バイク、クルマをチョイと乗せては降ろしています。
すぐにでも乗りたい衝動にかられますが視界の隅に突き出た短い突堤でで釣りをしている人達を発見 
話しかけてみると、ぼちぼちウミタナゴとかウミスズメとか釣れている模様で
みなさん手軽に徒歩で来ている様子で散歩がてらの釣りといった感じで羨ましい
岸壁には新しいスミがたくさんついていたので夜ならエギングすればおもしろそう
釣具屋はどこですか?と尋ねると、「後ろにあるよ」と振り返ると ありました。
d0067943_9381215.jpg

さっそくイソメをちょこっとだけ買いこみ、とりあえず呟きます
(私のディパックには書道の筆入れみたいな筒に入った釣り具一式がしのばせてあります)
t 尾道岸壁で釣りするんじゃ
d0067943_9392646.jpg

t 今日の尾道釣果はメバルに海たなご渓流竿でようけ釣れるんじゃ
ようけと呟いていますが、10分おきほどにポチポチと言ったところでミニミニサイズです。
夜なら大型行けそうな予感がひしひしと
民宿なら持っていて調理して貰い食べたいところですが即キャッチアンド リリース
遊び釣りなので針のカエシは潰してあります。
t 尾道案外寒いなり今日
晴れていますが風が吹くと関東よりはあきらか寒~、瀬戸内なので暖かいかなと思っていたけれど寒い
そこで釣りは1時間そこそこで切り上げて いよいよ尾道の迷宮のような坂道探索を開始します。
d0067943_9374730.jpg

WEBで見つけた手頃なかみちゅ巡礼マップを頼りに出発です。
まじっ?こんな細い道なの?民家の庭に直行かも、と少しビビリます。
このあとは探索と撮影に夢中で、かつ急坂と階段の連続波状攻撃でぜーぜーだったので、
まるで呟く余裕なし
掲載した画像は撮影したものの、ほんのごく一部
d0067943_1035871.jpg

しょっぱなから良い感じの被写体  ごくり (良かったデジカメで心おきなく撮れる)
道が細くくねくねと坂道で行く先がまるで見渡せない、先に進むと必ず面白いモノに出くわします
歩くだけでワクワクしっぱなしです。
d0067943_10131011.jpg

d0067943_9391349.jpg

錆びた看板すら楽しいなあ♪ と角を曲がると
d0067943_9365948.jpg

猫ー 出ましたー 
d0067943_9373059.jpg

いきなりの懐きモード
d0067943_937764.jpg

おお コンクリートに梅の花が咲いている これはお前さんの仕業かい?
追いすがる猫を置いて先へ進むと 駅から見えていた怪しいお城に出くわします。 
ぐはー おもろすぎる
d0067943_9393372.jpg

今日の宿はこのとなりにある尾道ビュウホテルセイザンに泊まります。良い場所ジャン いいじゃん 
d0067943_939641.jpg

城から海に向かって少し左へ下ると
かみちゅ中学校(土堂小学校)が見えてきます あの屋上に書道部があったんだなあ・・・ ふふふ
相当急な階段を手摺りにつかまりながら、よれる足をだましだまし
小学校前を通過してまた山側の細道へと飛び込み直し、ここらかなというところで、ひょいと右に曲がると
d0067943_9384497.jpg

例の向かい階段 ゆりえ様ここに座っていたのだなあ なんて妄想していると
猫が現れた
d0067943_9382315.jpg

猫は爪を研いだ ガリガリ w
d0067943_9374117.jpg
夕闇迫る暗さの中28㎜レンズ手持ちでこの接写が出来る 千客万来猫ぶり
d0067943_9371915.jpg

d0067943_9365398.jpg

今日は月に木星がぶら下がる位置に移動しています出雲で見たのときは横一線でした。
d0067943_9363874.jpg

この時点で半日歩きづめで足が棒のようになっていてかなり疲労していますが
夜まであとほんのすこし粘りつつ徐々に山から下りるルートをとり
夕飯狙いで商店街方面へ向かいます。
d0067943_9363095.jpg

つるべ落としで暗くなってきて寒いしお腹が空くし、良い感じに列車が通過するまで
d0067943_9375677.jpg

待ちきれません(根性無し)で国道2号線をまたいで、冷たい風を避けにアーケードに入り込みます
d0067943_9391993.jpg

また こんなおいしい被写体に出くわしたりなんかして やるな尾道
銭湯に入れたら最高ですが、建物だけで朝市みたいなものやっているようです。
d0067943_10411123.jpg

こういうお店がほんと懐かしいです。子供の頃こういう店でヤスリとか釘とか買ってました。
d0067943_9383751.jpg

商店街にぽつりとある小さなドアをくぐって地元の小さな居酒屋にしけこみました。
ふー 落ち着くで料理待ちのあいだ呟きます
t ラビリンス尾道刺激強すぎ飲み食いどころ道草で夕ご飯
焼酎のお湯割り呑んで ごきげんに拍車がかかっています
t 一人旅で居酒屋入った時にツイッターって最高だにゃ
t 酔うなあいい感じ・旅はええの
t 予定を決めてないのがいいのワシはどこ行くんかの楽しいのうw
実は明日の宿とか今後の日程をこの時点で決めていません。
朝起きた気分で決めようとだけ決めています
d0067943_10493288.jpg

t 尾道山頂の宿は酔っ払いには地獄な休み休み迎うのもおつじゃ
心臓ばくばくでとても一気に上れるような状態ではなかったです。行けば解ります
d0067943_9385933.jpg

t 休んでいると猫が寄ってくるではないか、ええのう
d0067943_9385173.jpg

d0067943_936338.jpg

t 尾道山頂のビュウホテルは眺めが抜群、酔っぱらいにはきつい坂だがなかなか良いところだニャア
t 尾道で聖地巡礼した夜にホテルでかみちゅを見るとニヤニヤしてしまうにゃあ、こんな楽しかったのか聖地巡礼ってば
t ついさっきまでこの眼で眺めていた世界が舞台に展開されるわけでタマランことよの2828282828
t でそれを酔っぱらいながらツイートするのがまたなんともウニャアちゅ
t ニヤニヤニヤニヤ止まらん良い旅だニヤニヤニヤ・・・
と赤い顔でニヤニヤしたまま行き当たりばったりおっさんは、この日寝落ちしました。
続きは又後日

by mayoneko | 2010-12-22 20:49 | よもやま | Comments(4)
2010年 12月 22日

出雲からやくもに乗って尾道へ 西日本旅行3話目

tyoukogata としちゃん tはその時一瞬の気持ちのつぶやきです。
t おはよう今日は八雲に乗ってかみちゅと時かけの聖地巡礼、尾道を目指す、今日も晴れ晴れな天気じゃの。
d0067943_103596.jpg

t 出雲市駅現在快晴まじだぞ
t 八雲って名前だけで特急乗りたくなるの~
t @Ichi_smc93 所長は縁結び会議に出席中なので私は自由
d0067943_1042139.jpg

t 八雲に乗ってシンジ通過w
湖越しに見える低い山並みとその向こうにあるはずの日本海 なぜでしょう懐かしい
またこの地へ帰ってきそうです
d0067943_1043131.jpg

松江通過後に見えた富士山のような山 雲が生まれています

t まもなくきちがい列車通過の為5分ほどお待ちいただきますw行き違い列車通過空耳じゃ

伯備線は山中に入ると単線なのできちがい行き違い待ちすることがよくあります。
d0067943_105887.jpg

t 倉敷駅晴れお弁当売ってないのう
ちょうどお昼倉敷駅でお弁当買えるかも期待していましたが、構内では販売無し
ちょと残念 尾道ついてからなにか食べようと切り替えます。
d0067943_1052778.jpg

t 福山も暑いくらい晴れ腹へったことよの
山陽本線は対面シートなのでお弁当が美味しそうです。ああ駅弁食べたい(気持ちひきずっています)
d0067943_1045091.jpg

t 松永で対面座席に足を投げ出してみたぞ
座席に切符を並べてパチリ 
d0067943_1054789.jpg

線路が海沿いに近くなってくると大きなクレーンがよく目につくようになってきました。
t 尾道っちゅ晴れ曇りなのじゃ
d0067943_106587.jpg
 若いときに見た東京物語 転校生 時をかける少女
おっさんになってからは かみちゅの聖地 尾道に来ちゃったりなんかりしちゃったよ 巡礼だよ
と思った訳よ おじさんは。がしがし巡っちゃうぞ
d0067943_1062061.jpg

は              腹 腹が               減った
d0067943_106314.jpg

でもまずは腹ごしらえ お手軽に駅横の尾道ラーメンに駆け込む。
入り口近く隅の壁際カウンター席を確保すると あらかわいい 
ふふ猫の写真が沢山撮れそうな予感ムンムンで
ラーメンをすすります。 さー 喰ったら 巡るぞお
d0067943_106474.jpg


前回の西日本旅行2話目から日にちが経ってしまいました。
この年の終わりもあと9日 
旅行から一月以上経って写真を整理していても、あのとき電車に乗っている錯覚に陥ります。
これは自分にとって新しい楽しみ方を発見してしまった。

ラビリンス尾道 猫迷宮レポート 第4弾はそのうちに

by mayoneko | 2010-12-22 10:55 | よもやま | Comments(4)
2010年 12月 19日

Team Quadora 野外飛行場 無尾翼機 2010/12/19

朝6時に起きるはずが・・・ 目が覚めたら8時 
d0067943_15492773.jpg

Team Quadoraの坂戸飛行場へ超重役出勤モードで遊びに行きました。
片道81.3K 圏央道を使い1時間半のノンビリドライブで到着
今回のお題は野外用に作り貯めておいた機体3機を連続初飛行テスト
まずは一発目カシオペア ミニASK(胴体プラスチック随分昔に買って死蔵してたキット)から
とりあえず新型のミニASK-G(胴体がグラスファイバー)ですでに回数多く飛行されている、
おおのさんからのアドバイスで初飛行は強風時の前重心の位置に設定 かんざし中心より前15㎜
ベテランsugaさんの手投げであっさり、青空へ 
エルロン数トリム エレベーター1トリム ラダー0トリムで安定
d0067943_16124995.jpg

ファーストフライトはエルロンが効きすぎでカクカクになるのと滑空が弱かった感じがしたので
2フライト目はエルロンにエキスポを30%程かけ重心位置も強風時指定より3㎜下げて程よい感じ
本日最後の飛行ではサーマルにも乗せられました。ただサーマルが強めでないとドンドン沈みます。
慣れてきたのでややダウン目で低高度で高速進入して小さい半径のループも綺麗に描けて満足
私の機体ではエルロン両端跳ね上げのブレーキの効きは進入時の初期高速では余り効かず、
普通に進入してフレアを掛け始めた着地寸前でパチンと効かすと
イイ感じに機体が予定通りの場所に止まりました。
d0067943_16333447.jpg

2発目は MULTI PREX XENO マルチプレックス ゼノ 
チューニングパワーユニット装備(半額セールでようやくゲット) 
リポはハイペリオン1800でぎりぎり重心が合う感じ (1㎜後ろくらいになる ちょと不安要素)
サーボはハイペリオンのHP-DS12 がサイズぴったしは良かったが 重いニャ
1フライト目 私のヘロヘロ手投げでまるで翼が空気をつかめず頭からゴスッ 機首に少し土がつきました。
アラ丈夫だ事 エラバーくん
接地までのパワーオンが間に合わない~ 
2フライト目 Sugaさんの走り手投げ後にパワーオン、フルパワーで高度を確保
エルロン2トリム エレベーター3トリムで安定
指定重心位置より1㎜ほど後ろのためか少しスピードに乗り切れませんでしたが、
(厳密には機首に8gくらいの錘が必要)
動力を切っての滑空は中々でサーマルにもよく反応していました。
ミニ ASKよりは楽に浮かぶ感じがします。
機体の挙動に慣れてきたところでチューニングパワーユニットならではの
連続ロール垂直上昇を何回か楽しみました。これは気持ちイイというかこれが一番やりたかった。
d0067943_15494354.jpg

3フライト目 SALグライダーのような持ち方で、片翼端を持ち
スロットルハイで軽くサイドスロー自力手投げ 
一投目と同じでまったく空気をつかめず
機体は地面に墜落横転して片翼がもげ飛びました トホホ 
私の場合昔ながらの非力なエンジン機のように機体を持って駈けデイヤァと力一杯投げてからスロットルオンで上昇が安全のようです。トラタヌしていたヒョイ投げ ギュィーンとはいかなんだです。OTL
高低差の大きな場所があればヒョイと投げても高度があるうちにモーター立ち上げが間に合いそうです。
こういうときはモード2の方が有利ニャンだよなー (修理は簡単で瞬間接着剤で貼り直すだけ)
その後気になり YOUTUBEで真剣に検索 どうやら 翼端ではなく翼中程を持って投げるのが良いみたい。
これならヒョイ投げで良いではないか
参考ビデオ1 参考ビデオ2 参考ビデオ3 うーん先に見ておけや自分
d0067943_1636999.jpg

3発目 タイヨー P38のツインブラシレス改造機は
実にあっけなく飛行成功 ダウン4トリム エルロン3トリムで安定
今日のテスト飛行のなかでは超のつくスローフライト
 この速度なら、その辺の小さな広場で飛ばせるレベルです。
詳細はこちらにあります。そのうちビデオも上げたいところ。
d0067943_15495942.jpg

motoさんのRadian Pro は実に安定した飛行で6サーボ故のバタフライブレーキもよく効き
サーマルにもよく乗り、サーボ済み搭載機としては破格のお値段でいけてました。
久々の本格的な野外ラジコン飛行機の飛行かつ初飛行が3機もあったので少し緊張しました。
今度はもう少し早起きして たっぷり飛ばし込みたいと思います。
Team Quadoraのみなさん 今日は大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

by mayoneko | 2010-12-19 16:51 | 飛行会 | Comments(5)
2010年 12月 17日

とある機体の改造目録 タイヨーP38 ビデオ追加

d0067943_942082.jpg
長年玄関上空のオブジェクと化していた、とある機体の改造を始める。
5年ほど前に流行っていた機体改造だ、たぶんこの画像だけで改造元の機体はほぼ特定できると思う。
d0067943_944343.jpg

使用したのは引き出しの肥やしになっていた
格安ブラシレスモーターコスモテック CT1415-2000だと思う
もしかしたら2400かも (実測端子間抵抗は2.2Ω はたしてどっちだ?)
 なにせこれ買ったのも大昔のことで 「残念ながら その時の記憶がございません」
モーターに付属してきた不釣り合いな重いマウントは使わずに、適当にバルサ片と耐衝撃瞬間でガチガチに止める、接着剤が大事なところに流れ込まないようにマスキングを施しておいて固定後に除去した。
モーター前でも保持しているためか、この状態で高回転テストしても問題なく収まりも実に良い感じ。
この状態で組んでいけば240リポ込み大楽勝で総重量100gは切れるはず。
はたして日曜日までに間に合うか? デーン
d0067943_15353031.jpg

追記
タイヨーP38の改造は大成功 
結局最終的に240リポと3gの機首錘を加えて総重量108g(ああ 8gもメタボ)
d0067943_15434875.jpg

メタボの原因は電源用ケーブルを太くした為
どうしてそうなったかというとブラシレスモーターとブラシレスアンプの距離を離したくなかったので
アンプ2コを左右のエンジンマウント付近に配置、そのため電池からの距離が離れモーター起動時の
電圧降下からくるBLモーターの起動不良を懸念(ブラシレスモーターの起動時は結構電圧が下がる、ましてや2コ同時となればなおさら)したためだ。配線やり直すのがイヤだったので太めの電源ケーブルを左右のアンプに配線したのがメタボの一番の原因となった。(起動テストしつつ細くすれば数グラムは軽くできると思う)
つぎに双発機の改造ポイントして、見た目重視と改造の安易さでノーマルと同じスラストラインが0にした、これなら最低限の改造で済む。ただし用意できる適正ペラが正逆ピッチでは無いため、左右プロペラが同方向回転になってしまい、そのため何も舵を打たなくてもプロペラの反トルクで左へ旋回してしまうのは楽勝で予想できる。そこで機体後ろから見て右側のモーターのスロットルMIXをちょい低めに抑えて
モーターの差動で直進を保つようにし、実際これは案外旨く行った。ただやはりフルスロットル時にヨー軸方向の滑りがややでて力が逃げている感じがするので今後できれば正逆ピッチのペラを装備したい、そうすれば綺麗な垂直上昇も可能になるやもしれぬ。
エルロンは片翼のみだが通常飛行にはまったく問題なし、左右傾けてエレベーターで旋回だけなら十分にできる。だが片翼左翼のみエルロン故に軸の通ったロールはきつい。(特に右ロールは入れにくい)左は楽勝
ま軽いのと静かなので小さな公園でもヒラヒラとお手軽に飛ばせる感じ。
何せ飛行速度が遅いのでお気楽に飛ばせる機体となった広い体育館なら室内飛行でも問題無さそう。
追記 2010年 12月28日
近所の広場で飛ばして撮影しました。

今日の飛行で解ったことは、どうやら右ロールはかなり難しいこと。左ロールはビシバシOK
飛行時間は240リポ2セルで5分程度だった。
今後360リポを積めば機首の錘がはずせ飛行時間も8分程度にのびると予想される。
プロペラで左右反転のものを見つけた方がより飛行がパワフルに楽しめるであろうことを確信した。
おいおいノンビリ追加改造して行こうと思います。
ノンビリ飛ばすだけなら今のままのお手軽な改造が一番楽でもあるので気が向いたらボチボチと

by mayoneko | 2010-12-17 09:09 | 機体 | Comments(3)
2010年 12月 16日

小型プロフィール零戦の写真 投稿

5月のMakeフェアで知り合いになり。
7月のIAC-ASO飛行会に宮城からはるばる参加してくださったN氏より
プロフィール零戦の完成写真が届きました。(プランはここにあります
d0067943_1225680.jpg

私は発泡スチロールのカット素材を提供しただけなのですが、
すばらしい完成度で嬉しくなってしまいます。
d0067943_1231452.jpg

tokoさん販売のアクチュエーター対応72M小型受信機を搭載しているようですね。これなら風の弱い日なら野外で飛行できます。
N氏様
写真と同時に手作りのお米や地元名物までいただいてしまい。
早速美味しくいただいています。
素敵なお歳暮有り難うございます。おいしい肉製品に子供達も猫達も大喜びでした。

by mayoneko | 2010-12-16 12:22 | 飛行会 | Comments(0)
2010年 12月 13日

第65回 IAC-ASO飛行会 20101212 インドアプレーン

2010年最後のIAC-ASO飛行会 
みなさんの協力で1年無事に事故なくインドアプレーンの飛行会を運営することが出来ました。
有り難うございます。
それにしても、あれもこれもしたい、してあげたいで4時間が短いこと短いこと
d0067943_15214034.jpg

近頃は100円ショップA4ケースに収まるデルタ機が旬のようです。
(私のは2㎝ずつ左右切り詰める必要があるんですが、この2㎝が馬鹿に出来ないんで悩み中)
参加者おのおのの個性が盛り込まれた機体は一つとして同じモノがありません。
d0067943_152129100.jpg

d0067943_15164298.jpg

d0067943_15163021.jpg

I相変わらず入り乱れて飛んでいます、一体何機同時に飛んでいるのでしょう?
d0067943_15161436.jpg

駄菓子や飛行機の改造です、現代のメカでさらにお手軽軽量に仕上げれていて、主翼はノーマルのままなので取り外しもでき、機体自体の改造は唯一上反角を余分につけただけで、あとはRC装置ポン載せで飛行が成立しています。なんといってもツバメ ソフトグライダーの価格が一機60円なのが素晴らしいとこ
d0067943_15215539.jpg

昔懐かしい駄菓子屋飛行機をラジコンに改造して遊んでいるビデオ

Ichiさんの鳥型逆Vテイル二号機の飛びを見ているうちに 幻のトラタヌトンビをまた作ろうかなあと言う気持ちが湧いてきたりして。
d0067943_15165569.jpg


んでは今年最後のIAC-ASO飛行会ビデオをどうぞ

来年2011年は1月16日開催を予定しています。IAC-ASO飛行会を来年もよろしくニャ

by mayoneko | 2010-12-13 13:57 | 飛行会 | Comments(0)