<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

青空はいつも、そこにある

ブ~ン
d0067943_1413694.jpg

311以来19日ぶりに飛行機を飛ばしに行きました。
d0067943_14123332.jpg

パイロットの所長も嬉しそうです。
d0067943_1414021.jpg

青空はいつものようにそこにありました。もっと早く飛ばしに来れば良かったです。
気持ちも晴れました。

by mayoneko | 2011-03-31 14:16 | よもやま | Comments(8)
2011年 03月 29日

超小型飛行体研究所 住居施設引っ越し

今日地震で先延ばしにしていた引っ越しが終わり人と猫だけが引っ越しました。
d0067943_17512190.jpg

肝っ玉の据わった所長は引っ越し先に速攻で馴染んでエアコン下のベストポジションを確保しています。
びびりな副所長はベッドの下からしばらく出られそうにありません。
d0067943_18213457.jpg

かつて住んでいた場所は研究所兼工房機能のみとなり。これで広い定盤が広げられます。
いままで死蔵していたバルサキットの大型グライダーなども組み立てに入ることが出来そうです。
と言ってもまだまだ引っ越し先がまるで片付いていないのが頭が痛いところです。

by mayoneko | 2011-03-29 17:55 | よもやま | Comments(9)
2011年 03月 25日

浜松ホトニクス D3372とマッドマックス

その昔 マッドマックス3という映画の中で、核戦争後の市場で怪しい安い水を売りつけられそうになる主人公マックスが手持ちのガイガーカウンタで水を測り放射能入り飲料水を断るシーンがあった。(正確には放射性物質入りとなるが放射能のほうが字面的にいいなあ)
まさに現実にこういった事態が起こりつつある今 このとき
d0067943_2035322.jpg

ガイガーミュラー管 略してGM TUBE 浜松ホトニクス D3372を手に入れた。
あとは電子びっくり箱(高電圧微少電流でビリビリする奴ね子供の頃良く作ったアレ)作って、
放射線の入射確認は最初はブザーかLED 動いたらPICによるカウンター機能をつけたいなとトラタヌ

このD3372 以前は秋月の絶版キット ポケットガイガーカウンタ(説明書にリンクしています)に使われていた保守部品 今回の放射能災害に合わせ在庫放出されたもので
秋月ツイッターでの告知後(お一人様 一本のみなのだが)ほぼ1時間で数十本が売り切れた。
自作派がいかに心待ちにしていたかが良く伺える。
海外に感度の高いマイカ窓の大きいタイプも発注してあるが、個人レベル発注ではこのGM管特需のなかでいつ届くやら? (取引メールでは15~30日で用意出来るとはあったが)
まあ届いたときが届くときと思って気長に待つしかない。
d0067943_20511837.gif

高価なGM管を使わない方法フォトダイオードをGM管の代用として使う回路も見つけた
Gamma-Photon Radiation Detecter

一年後でも良いのでガイガーカウンタ付き携帯電話とか出してくれたら迷わず買うだろう、
GPSやWEBと連携して細かい分布マップなど面白い使い方が考えられる。
iPhone のアタッチメントとアプリでも良いかも
まあその時はガイガーカウンタなんて用無しというか、つい一月前の平均値以下でたいして目盛りあがらず、全然観測冥利が無い数値になっている希望的楽観未来に賭けたいが・・・
現時点3月25日 では とても甘くは見積もれない。
d0067943_2145055.jpg

ちなみにマッドマックスシリーズで一番好きなのはマッドマックス (ようするに1作目)
高校生の時映画館に一日中いて見続け日を変え何回足を運んだことか 
 続いて2も相当にはまった (北斗の拳とかに相当な影響を与えたのは間違いなし)
3は・・・ ゲフンゲフン
そういえばの核廃棄物からの放射性物質排水漏れの隠蔽工作に主人公が巻き込まれる映画
チェーンリアクションという社会派のようなアクション映画もあった
 マッドマックスとほぼ同じ時期に上映された映画としては余り面白みを感じなかったが
今まさにチェーンリアクションな日々

でもって実は今一番 もう一度みたい映画は日本沈没だったりする。

今気になっている言葉 マグネシウム文明論 太陽光励起レーザー 循環 矢部教授 
トンデモなのか!?試してみないと判らん

d0067943_2110921.jpg

追記
ガイガーカウンタキット在庫アリのサイトを見つけました。メールオーダーではなくポチッだけで購入できます。GM管も単体で売っています。Electrnic Goldmine
部品集めの手間が省けます。送料は17ドルくらい メールで見積もりを取ると結局送料は32ドルだった。
さらに追記
d0067943_18141466.jpg
 
上記のキットよりaldinonなどと組み合わせてWEBにログをアップしやすいUSB端子装備&電源供給タイプのこちらモノが洗練されている。
Spark fun ElectronicSEN-09848 が魅力的だが今のところバックオーだ^-状態(2011年4月7日現在)

by mayoneko | 2011-03-25 21:09 | Comments(30)
2011年 03月 21日

みえないモノが入った雨

雨に濡れてレンギョウの花が咲いていた。
d0067943_15362978.jpg

 核実験ボコボコな冷戦時代に一般人が知るよしもなかった情報が手に入るようになった今
この雨粒に何が含まれているかは容易に想像できる。各地の数値もWEBで確認できる。
その数値が示す意味や判断の仕方そして対処の仕方も学べる。
毎朝天気予報を見るように以下のサイトも巡る
神奈川県環境放射線リアルタイム表示
茨城県空間線量率・風向・風速測定結果・一覧
日野市の個人が発信しているガイガーカウンターの値
都内における大気浮遊塵中の核反応生成物の測定結果 東京都労働産業局
値の換算は1000nGy/h=1μSv/h とし 120CPM = 約 1マイクロ シーベルト/時とする。
避難の目安はこの記事を参考にしている 放射能漏れに対する個人対策
放射性物質が着いた食物の影響や対策については 東大病院放射線治療チームのツイッター@team_nakagawa のつぶやきを参考にした。 
ちなみに2011年03月21日(月) 16:00 現在 昨日より倍近く数値が上がっているが
神奈川県川崎市測定地点最高レベルで153.6 nGy/h=0.1536マイクロ シーベルト/時
成人避難目安黄色信号 100マイクロ シーベルト/時あるいは100.000nGy/hには程遠いので
超小型飛行体研究所避難せずと判断するニャリ。
地震はわからんので備えをしておくだけ
追記 文部科学省 全国の放射線モニタリング状況

上の画像雨粒レンズのなかに花びらの気孔が写ってるんす。

by mayoneko | 2011-03-21 16:15 | よもやま | Comments(4)
2011年 03月 16日

3月27日のIAC-ASO飛行会は中止のおしらせ

次回3月27日のIAC-ASO飛行会は中止となりました。
本日体育館施設開放委員から連絡で計画停電の恐れがあるため、
しばらく体育館の夜間使用を控える旨の通達があり断念せざる得ない状況となりました。
こんな時こそ、みなさんにスローフライトをたっぷり楽しんで貰いたかったのですが残念です。
d0067943_2261484.jpg

次回開催はまだ未定ですが決まり次第掲載いたします。
またいっしょに飛ばしましょう。

by mayoneko | 2011-03-16 22:08 | 飛行会 | Comments(6)
2011年 03月 13日

ラジコン親父の非常用LED照明の作り方

計画停電 東京電力ホームページ 本日 神奈川グループ詳細 15日の計画停電 スケジュール
3月14日 9時発表 計画停電スケジュールとグループ分け
1700時より第5グループ停電決定  1900まで 最大2時間 


非常時ラジコン用のリポ(リチウムポリマー電池)を利用して照明に使う方法をここに記す
d0067943_19103532.jpg

もし万が一、LEDを持っていたら(この時点で恐ろしく人数が限られるとはおもいますが)
LED新品なら足が長い方がプラスです、どこからか剥ぎ取るなどの時は
以下の判別方法で外観からプラスマイナスを判別できます。極性の判別ができたら
ラジコン用のBEC ブラシレスアンプのBEC機能の5V出力を使い 
BECから受信機に向かうコネクターにLEDを繋いで臨時的な照明を製作する。
BECコネクターの真ん中赤線がプラス 黒線あるいは緑線がマイナス 白線黄色線は使わない
プラス5Vと書いてあるが大体そのあたりということで。エネループ3本でも構わない。
d0067943_1910741.jpg

抵抗を持っている場合は電流制限用に抵抗を使う値は100オーム以上であれば大体で構わない 
暗すぎるときは、手持ちでいろいろ試してみる。カラーコードが読める人はここをどうぞ
カラーコードで抵抗値を判別する方法
抵抗がない場合は複数のLEDを図のように直列に接続することで抵抗が無くても
LEDを焼かずに点灯させることが出来る
(LED一個あたりにかかる電圧が赤2.4V~青3V程度になるようにする)
慎重を期すのなら最初は3個直列から始め、暗すぎたら2個にする。
LED一個あたりにかかる電圧によってはLEDの寿命を大幅に短くすることもあるので暗めで我慢した方が無難 判別方法としては点灯してLEDが暖かくなっているようだったらLEDを増やそう。
非常に粗い方法だがともかく点灯させることができる。
傾向としては青LEDや白は2個からテストで問題ないが赤LEDなどは3個から始めた方が良い
LEDが焼けて一つ切れても切れたままのLEDを抵抗代わりにして
他方の一個は点灯が持続できることもあるのであきらめない

いずれにせよ送信機用電池や動力用の電池は容量があることと再充電が可能なので
電圧さえ合えば非常用の電池として様々な用途に転用できる。
今後 輪番停電中に懐中電灯の電池が切れたときなどに備え
(乾電池は店に在庫が少ない状況なので)
ラジコン用の機材で準備しておけば、ラジコン親父株アップ間違いなしであろうと思う。
(鰐口クリップがあれば最強だが普通ないよね~)
くれぐれも電池や配線のショートとプラスマイナスだけは間違わないように注意して
日頃の電子工作ワザを披露して家族に向かって鼻を高くしようではニャイか

追記 当然BEC経由よりバッテリーダイレクトの方がより効率が良く 点灯時間が長くなる

1セルなら100Ω以上の抵抗でLED一個
2セルなら300Ω以上の抵抗でLED1個
3セルなら470Ω以上の抵抗でLED1個
という感じOK
LEDにこだわらず、豆電球でも電球を直列つなぎにすることで対応できる
クリスマス用のツリー照明と同じやり方。

ストローとコンビニ袋で作れるLEDの光を和らげるランタンの作り方 
d0067943_7553719.jpg

ふしみさんの製作例

by mayoneko | 2011-03-13 19:19 | 道草を食う | Comments(23)
2011年 03月 12日

超小型飛行体研究所 無事のおしらせ

d0067943_22304965.jpg

研究所は工作室が棚から落ちたモノで床が埋まったくらいで済んでいます。
所長達の食料は偶然猫缶安売りの時(地震が起きる2日前)に2箱も買ってあったので
2ヶ月は大丈夫。人も大変だが犬や猫 ペットも大変だと思う。

みなさんに少しでも早くホッとできる時が来ますように。 猫達が暖かい場所で寝られますように。

by mayoneko | 2011-03-12 23:00 | よもやま | Comments(2)
2011年 03月 10日

サーマルの予感がする雲

気温8度 南風 平均風速2、3m/s だが ときおり風が止まる。 少し寒い
風上には、こんな雲がポツポツ浮かんでいた、周りはほぼ雲無し
d0067943_19514025.jpg

気流の上がり下がりがやたらきついなか 
強く大きいサーマルが来そうな雰囲気の雲が見えた。
1時間ほどしてその雲が薄くちぎれながら上空にやって来た
d0067943_1953286.jpg

適当に操縦してもグングン上がる 外れると強烈なダウンがかかるが
上がる範囲が広いので、逸れたら戻ればいいだけの簡単さ
なんせ操縦しながらカメラを使うことが出来るくらい
d0067943_19533894.jpg

ふしみさんの1/2アルーラ もどきのタヌキもドンドン上がる。
最高潮の時などかなりの高度でELF DLGとランデブーしつづけ、とても楽しかった。
d0067943_2020594.jpg

軽量でも風に強いタヌキは折り畳みペラでなくピッチの深い幅広いカーボンペラ
 滑空時相当な抵抗があるはずだが
そんな機体が楽勝で点になるまであがる。
予想通りの強いサーマルに出会え大満足で家に帰った。
常々グライダーの教科書にしている Old-Buzzard's Soaring Bookに載っているとおりの
パターン
短時間で風向きが正反対に変わって止まり
再び元の風向きに戻ったりする典型的なサーマルの通過を実体験できた。

by mayoneko | 2011-03-10 19:55 | よもやま | Comments(0)
2011年 03月 08日

ブラシレスモーターの選択は悩む 追記あり

機首が細いグライダーのブラシレスモーター選択で非常に悩むのがモーターのサイズ。
どこが非常に悩むかと言うと機首に収まるかどうかの部分。
これだけはカタログの外径寸法だけでは判らない部分がある。
d0067943_2251388.jpg

いままで小型なブラシレスで線の引き出しが後方タイプのものしか使ったことがなかったので
グライダーの機首部分の内寸がほぼ判っていればギリにおさまるような
モーターを選べばいいと思っていたが、そこに思わぬ落とし穴があった。
d0067943_8124472.gif

それは引き出し線の太さ
上の画像を見て貰うと判るが右のモーターのほうが線が柔らかく缶からの引き出し部から直ぐに
曲げられるので機首に収まりも良く、大変取り回しがしやすい。
それに比べ左のモーターは右のモーターよりピーク電流値が低いにも関わらず
電線が太く固く取り回しが大変しづらいので電線の曲げがこわい。
d0067943_22515930.jpg

そして今回Blade 1.5eに積もうとカタログ寸法から割り出して購入したZ30シリーズモーターは
本体だけであれば機首に収まるはずだったところが電線の引き出し線が太くて恐ろしく固いため
モーター外径プラス1㎝近くの隙間を必要とし結局全く機首に収まらず使用を断念トホホ
値段はGSシリーズに比べ半額だっただけに残念。
仕方無くサイズを落としてGSシリーズの一期前の型でG2213を再度注文。こちらもGSの半額
こちらは収まることは収まったが小さい癖にやたら電線がく固く機首に無理矢理詰めたような形で
グニャリと曲げた電線にかなり負荷がかかっている。疲労していつか断線するんじゃなかろうかと、
まこと精神衛生上良くない状態 (一番上の画像左のモーター)
d0067943_23381083.jpg

なんだかんだで
旧型で格安のZやGではな、く新しめGSシリーズに素直に最初からしておけば
同ステーター径でもパワーがより上がり、さらに収め易かったと思うとちょっと残念。
結局GSシリーズ一個以上を買える値段分旧型を2個購入した上(しかも送料一回分無駄)
更にいまいち満足できない結果になった。
今後Blade 1.5eとG2213でペラを替えても、どうにも駄目だったらハイペリオン GS2213か他のなにかをまた購入することになってしまい。まさに良いお客さん状態 泥沼状態
このあたりやはり授業料と思うしか無いのだろうニャア
ちなみに3個とも年代が違うモーターを手にとって大変よく解ったのだが
ハイペリオンブラシレスモーターシリーズ
新しい型のものほど仕上げが良くなって来ているし電線の取り回し方も含め
品質が明らかに向上しているように見受けられる。
画像では判りにくいかが、アルマイト処理やメッキも良くなっている。
仕方がないので使わなかったZ30モーターが載るような機体を物色しなくてはならなくなってしまった。
どうしよう
2011/05/22 追記
Blade 1.5e のモーター選択ではケチって迷走したせいで結局最新モーター一個分余計に出費がかさんでしまった。Z30→G13-16→GS2213-14 最初からGSシリーズにしておいた方が楽だった。
ようやくハイペリオン Gs2218ー14 でデータが取れたのでココに記す
カタログは最大電流42A 5秒 最大電流28A 30秒とある
CAM  10*6 12.12V 29.5A 9630rpm 328W
タマゾー10*8 12.26V 35.1A 8610rpm 386W
CAM  11*6 12.39V 34.4A 8700rpm 378W
AN  11*8 12.36V 38.0A 7860rpm 398W
いずれも15秒から30秒以上回さなければ、じゅうぶんいけそうな数値ではあるが
焼くのはいやなので
CAM  10*6 で飛ばしてみて考えることにする。
ちなみにAN  11*8 タマゾー10*8 ではモーターが触れないくらい熱くなったから
あげてもCAM  11*6 あたりににする可能性大。

by mayoneko | 2011-03-08 23:48 | グライダー | Comments(6)
2011年 03月 07日

Blade 1.5e 主翼構造

初飛行でハデにぶちかましたBlade 1.5Eの主翼を直すべく、なにせ初めての構造の機体なので
壊れたところから中を覗いたり、ライトで透かしてみたりした。
d0067943_19494512.jpg

前縁材(プラッチックのようなもの上の主翼前縁中央に露出している白い帯部分)
の複雑骨折して中折れしていた部分をいったん除去して、中を覗いたが
穴から覗いても目のピントが合わない、そこででカメラで撮ってみるとよく見えた。
d0067943_19515098.jpg

主桁はかなり厚め織りのカーボンクロスで出来ている 頑丈そう
d0067943_19535580.jpg

透かして見ると、バルサの目がよく見える
主翼はカーボン主桁とエルロン前の副桁をバルサとグラスファイバーでできたモノコック構造が覆っている
前縁は固くて粘るABSよりは軽い白い樹脂 (これがロハセルなのか?)
d0067943_1955335.jpg

エルロンの断面で構造がかなり判る エルロン前縁はバルサ 後縁は前縁と同じ樹脂
d0067943_19581018.jpg

いまさら気がついたのだが、エルロンを上に上げたときの隙間が多く、
高速時に問題がないのかが気になる、高速時はエルロンが動く量は僅かだが、
それでも隙間が空くわけで 気になる (フェアリング?)処理をした方がいいのかしらん。
d0067943_20162757.jpg

自分で理解しやすいように図を書いてみた。これがバルサシャーレという構造なのかしらん。
穴が空いている主翼の方は塞ぐ前に内側から押し返して変形を修正できるはず
問題は上画像黒バックの翼断面下部のように主桁部と中空部の境でバルサが折れかかっていて
そのためグラスが浮いたりして波うってしまっている左の主翼で
こちらの前縁は幸い折れていないので、内側にアクセス出来る部分が無い
そこでワザと穴を要所要所に空けて、ピアノ線などの治具で内側に引っ張るか押すかして
正しい形に戻しつつその形状を保持するような修理をしなければならないが
う~ん一体どうやろう??? とんち が求められますニャア ポクポク
WEBでシャーレ 翼 修理 などで検索すると ハデに壊れても綺麗に修理した様子が
解説されているページが案外たくさんあったので、とても参考になる。
追記
機種は違うが、こんな感じで修理した。構造はBladeとまったく同じ X-wING Sigmaの修理

by mayoneko | 2011-03-07 22:00 | グライダー | Comments(2)