<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 29日

機体満載フェリー乗船2等船室ごろ寝~

d0067943_6554198.jpg
d0067943_656125.jpg
d0067943_6561673.jpg

2等船室ごろ寝~

by mayoneko | 2011-04-29 06:57 | よもやま | Comments(2)
2011年 04月 29日

直江津港 佐渡行き フェリー待ち

曇り 南東の風
d0067943_6122678.jpg

高速道路も真夜中なのに混雑してました
7時発 直江津発小木港行き 眠いワー 県外ナンバーだらけ、かなり車多し

 土浦 浜松 所沢 川崎 山梨 滋賀 etc
イーモバイルが果たして佐渡で繋がるだろうか?繋がれば更新を続けたいと思います。

by mayoneko | 2011-04-29 06:17 | よもやま | Comments(0)
2011年 04月 26日

泥縄式 バルサロハセルシャーレ翼修理

佐渡遠征があと2日と仕事の締め切りはあと1日と迫る中、欲張って平地滑空テストしたばっかりに、主翼2箇所を複雑骨折したXwing Sigmaの修理を仕事時間の合間に突貫工事で進めている。接着待ち、硬化待ち、乾燥待ち、印刷待ち通院待ちを交互にクロスさせつつ
d0067943_1022407.jpg

バルサロハセルシャーレ翼修理なんてまともにできるのかしらん?と思いつつも
d0067943_10224962.jpg

まずは現状確認で傷口をグワッとあけて観察 手順と手法をトラタヌ
d0067943_10234876.jpg

構造的には主翼の外皮はゲルコート材その下に極薄バルサ、さらにその下にケプラーかマイクログラスの積層された内皮が前縁のプラ材(ロハセルなのか?)に張り付いている。
4次元指でもないと密閉された内側になる主翼裏からマイクログラスをプライ(積層)するのは大変そうなので、まずは簡単に構造を作るため0.5ミリ厚のバルサで内張を施す。
あとはそこに破片を貼り付けパテで成型するという時間優先の方法にした。
泥縄式ともいう。まあモノコック構造が再現できればよいではないかと言った程度。
d0067943_1028376.jpg

裏打ちをする前に前縁材の複雑骨折をカーボンの添え木を当てて修理する
d0067943_10291100.jpg

閉ざされた翼内側から外皮を引き上げつつ作業するために、所々1ミリの穴を開けて
クランク上のピアノ線の治具を使って、内側から裂けた箇所や陥没した箇所を引き上げる。
d0067943_10315377.jpg

内皮が出来たら、上から破片を貼り付け、パテとサフェーサーで整形。
d0067943_10325620.jpg
d0067943_10335817.jpg

ここまでくると何となく修理が終わった気分に陥るが
細かい凹みを再度パテで拾い、再度サフェーサー、塗料吹きつけ、クリア吹きつけ 磨きと
延々臭い行程が残っている。
塗装は一瞬で終わる行程。しかし焦ると必ずやドツボにはまるので
最低限飛べる状態で遠征に持っていければいいやあ 程度の
好い加減な気持ちで修理作業をつづけることにする。
欲張るとろくなことないからニャ
とかいいつつ
実はこの機体以外にバードオブタイムのチョイ化粧修理、Blade 1.5eの修理、Alulaメカ再配置
など手術待ち列が長く続いているが、ほんと間に合うのか知らん???

by mayoneko | 2011-04-26 10:34 | グライダー | Comments(2)
2011年 04月 23日

五月 体育館使用再開 IAC-ASO飛行会

川崎市施設開放委員会に参加しました。
5月からIAC-ASO飛行会を再開できる目処が立ちました。
(・ω・ノノ"☆(*´pq`)☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!
d0067943_11104538.jpg

とりあえず5月8日 15日 22日(いずれも日曜日夕方)と確保済みですが、
2月開催より丸々3ヶ月近いブランクゆえ、できらば一堂に会したい思うので
皆さんの都合に合わせ開催日を摺り合わせ5月は月1あるいは月2程度の開催にしたいと考えております。
そこでこの日は行けないなあとかあれば遠慮無くコメント下さい。
奮って参加頂ければ幸いです。

by mayoneko | 2011-04-23 11:15 | お知らせ | Comments(1)
2011年 04月 16日

エレキジャックフォーラムに参加

4月16日に秋葉原UDXビルで行われたエレキジャックフォーラムにたけてぃさんからのお誘いで
いつものメンバーでインドアプレーンのデモ飛行に参加しました。
d0067943_22484162.jpg

元気に飛ぶたけてぃさんのらっしー号 
機体と赤外線送受信機、電池、充電器の部品が全て揃っている組み立てキットがよく売れていました。
d0067943_22484932.jpg

UDX会場はエアコンによるダウンフローが大変きつく、会場にパネルが立てられているため、直線距離が少なく上昇率の低い機体はまったく上昇できません、微風のアウトドアより遥かに厳しい環境です
そんな厳しい条件下でもGeorgeさんのロガロウィングは全然平気に飛び回ります。
d0067943_2249973.jpg

ふしみさんのマイクロパラグライダーなどとともに複葉機と午後一杯途切れなく
飛びつづけ会場内で注目を集め続けていました。
d0067943_22491981.jpg

今回大苦戦だったのがイロモノ機体群で、ながのさんの空飛ぶ帆船と、ダグテッドシャーク、
私の空飛ぶ魔女やペンギンで
手で強めに投げ上げてできるだけ短距離で速やかにフロアから3M以上の高度に上昇できなければ、
たとえスロットル全開でも上から見えない手で頭を押さえ続けられる感じを受けながら
お客さんの上を冷や冷や手投げ後一周回って帰ってくるのがやっと
いままで数多くの会場を経験しているにもかかわらず非常に厳しい気流状況でした。
午後3時過ぎになると裏口のドアを開けて外の風をいれて換気をはじめたので、状況は楽になりました。
d0067943_2249042.jpg

私的には飛行は相当冷や冷やものデモ飛行でしたが、他のイベントやデモでたっぷり楽しみ
新しい技術や考え方を得られ、とても楽しい一日を過ごすことが出来ました。
d0067943_22492994.jpg

この日の飛び物最強はふしみさんの複葉機でした
飛ばしながら興味を持って聞いてくるお客さんと話し込めるほど
余裕の飛行振りでした。本人も最初から最後までまったく飛ばしづらさは感じていなかったようです。
都市の環境にラジコンインドアプレーンが溶け込むことが実感出来る映像です。
今回呼んでくださったたけてぃさん、
デモ飛行参加の呼びかけに応じてくださった、ふしみさん、永野さん、geogeさん
有り難うございます。とっても楽しかったです

by mayoneko | 2011-04-16 22:50 | 飛行会 | Comments(5)
2011年 04月 15日

エレキジャックフォーラム 動作確認

エレキジャックフォーラム に参加する機体の動作確認を行いました。
d0067943_21493632.jpg

桜は葉桜
d0067943_21501410.jpg

風で翻弄されながらも思い通りに飛んでくれたので、一安心です
室内なら楽勝コースでしょう。
これでデモ飛行も安心安心
d0067943_8282548.jpg

4月16日土曜日 秋葉原UDXビルで開催されるエレキジャックフォーラム
でのデモ時間は会場内デモエリアにて
13:20-13:40,
15:50-16:10

d0067943_8261433.gif

飛ばすメンバーの集合時間は12時30分 集合場所は竹内さんのブースです。
みなさん よろしくお願いします。


by mayoneko | 2011-04-15 08:29 | よもやま | Comments(4)
2011年 04月 14日

EOS SENTORY 電池チェッカー改造

ふしみさんの記事を参考に電池チェッカー Hyperion EOS SENTRYの改造をしますた。
d0067943_12353878.jpg

このチェッカーはリチウムポリマーやニッカド、ニッケル水素の電池パック電圧残量を%表示してくれるスグレモノです。特にリポのバランス充電端子で計るモードは各セルの電圧のバラツキも表示してくれる大変便利な機能がついています。ですがバランス充電端子を持たない1セルを単純にリポ用の端子に繋いだ場合チェッカーが起動しません。1セルのみの場合はニッカド、ニッケル水素用端子に接続すれば電圧は表示されます。
しかし%表示はされません。そこで%表示させたい場合この改造が必要になるわけです。
d0067943_12524443.jpg

用意するモノは電池コネクタ一個、スライドスイッチ一個 電線少々
d0067943_12522583.jpg
 作業時間は1時間ほどで改造完了です。腑開けした際に基板をしげしげ眺めたのですが、単純な液晶ドライブとADコンバータ程度と思っていたのですが、結構複雑な回路で多ピンのCPUを積んで様々な処理や計測を行っているようです。改造に関しての情報はふしみさんのブログをどうぞ
d0067943_163231.jpg

初期ロットのものは1セルだけをダイレクトにつないでも反応しないので、この改造が必要でしたが
最近のモデル(2012年モデル)ではこの改造は必要ないようです。
実体配線図を追加

by mayoneko | 2011-04-14 08:31 | 電池関連 | Comments(10)
2011年 04月 12日

桜満開 悲喜こもごも

桜が満開の広場で起こった悲喜劇 昨日の記事からの続きです
d0067943_22321190.jpg

ついでにXmodelsXWING SIGMAの野外撮影です
d0067943_2233245.jpg

この日は撮影だけのつもりでしたが。(スロープ機なので)平地で投げるの我慢の計
でしたが風速5m/s程度の風が吹きまくりはじめたので、
計を変更して軽く手投げで滑空テスト (意志弱っ)
d0067943_22365721.jpg

なにせへぼい手投げなので速度がたいして乗りませんが、風がいいので失速もなく
低速での舵の効き具合とか十分行けそうな感触は十分掴みました。まあ まあは・・・ だが物足りない
d0067943_2238281.jpg

今ひとつ重心位置とエレベーターのトリムに納得感が無いのが引っ掛かる
(スイ~と地面近くで予想外に伸びる全翼機特有の綺麗な滑空が見たい欲求がモリモリと)
 でも ざわ ざわあ ざわ とそろそろやめた方が良いんじゃない?が心に染み出し始めたにも関わらず
風が弱くなったのに、ついあともう一投げと深追いして、やってしまいました。
1こまトリムだうん ほいっと投げ まさかこんなことになろうとは
予定では綺麗に伸びるはずが目の前の機材篭をさらっと飛び越えてスイ~っと滑空のはずが、
手から離れた途端、高度落ち激しくガツッと手前に置いてある篭にモロ激突
d0067943_9264792.jpg

お山に行かないうちから、やらかしました主翼前縁2箇所複雑骨折破損 (T T)
d0067943_927740.jpg
OTL
今日この広場に来たときは、万が一滑空テストやっても軽い手投げ数回で
調整追い込みはスロープだぞと心に固く誓っていたのに
なんと意志が弱い儂 とホホホ 心がダウン 修理技術ばかりUP 
手術方法の検討含め全治?日といったところかニャ
ちょいちょいって直せば良いだけの話だし。
問題なしニャ

by mayoneko | 2011-04-12 13:17 | よもやま | Comments(6)
2011年 04月 11日

海軍道路桜並木

桜並木が美しい海軍道路脇にある広場へ
d0067943_22531565.jpg

風が強いのでオレガノ2をさっさと上に空高く上げて目立たぬように遠くの畑の上で
静か~にコソッと遊びます。
そして静かにそろーりと一発でアプローチ一回で広場の端に降ろします。それをパチリ
おお桜といっしょに写ってる、ありがとうございますふしみさん 感激です。
d0067943_2255346.jpg

この日は飛行機飛ばすいつもの常連が多く来ていて
おっさん達も子供に戻ったかのようにちっこい飛行機囲んで井戸端に楽しそうです。
d0067943_22562636.jpg

そんな飛行機仲間の自作スチレンペーパー製グライダーを取材させて貰いました。
d0067943_2258047.jpg

翼長1Mぐらいで重さは107g程度でサーマルによく乗る高性能な自設計機体です。
尾翼はバルサにフィルム張り
d0067943_22592415.jpg

さらに主翼補強にマジックカーボンスパーという洒落ッぷり マジックインキでカーボン風に書いただけ
d0067943_2311078.jpg

スチレンペパーの主翼は翼型と逆キャンバーを精度良く再現しています。
d0067943_2315821.jpg

わたしはオレガノ2以外に新作全翼グライダーの撮影だけをしに来たのですが・・・
d0067943_2334339.jpg

この機体を襲った災厄話は又明日

by mayoneko | 2011-04-11 23:17 | よもやま | Comments(4)
2011年 04月 09日

アンティークの皿から放射線を検出ニャリ

ちっこいガイガーカウンターのキットを組み立てた。放射線がGM管に入るとポツという音と白色LEDが点灯する簡単な構造のモノだ。一時間ほどで組み上がり仕上がりチェック後早速測定と電源を入れたが1分間に1、2カウントしかしない。ふむん予想はしていたが これではすぐに飽きてしまうニャア
そこで家中のいろんなモノにカウンターを近づけてみると、まったく反応しない
あきらめかけた頃 おっ   おおおおおおおおおおお
唯一アールデコ調のアンティーク小皿から反応を得た。これは嬉しいなあ
非常に微弱な放射線のようで1㎝も離すとほとんど反応しなくなるし皿の裏でもまったく反応しない。


近所のスーパーにも持っていってこっそりいろんな食品に当ててみたが、当然反応が出るはずも無かった。
完成時子供に怖くなるようなもの作らないでと言われたが、結局カウンターに反応するモノ捜しに夢中になった。ガイガーカウンターを皿から僅かに離すだけで、反応しなくなることから、微弱であれば距離をおけば大丈夫と言うことも実践で判ってかなり安心したようだ。
見えないモノを見えるようにするのは実に面白いが
まあこんなオモチャみたいな機械が鳴りっぱなしになったら、それはいろいろ対策する必要があるだろうなあ
しばらくはポケットに入れて持ち歩いて放射線検出を楽しみに歩き回りたいと思う。
実は売り切れじゃなかったらコストパフォーマンスの良いこっちを買いたかったあ。
Geiger Countersku: SEN-09848
d0067943_1253045.jpg
USB接続でログも取れるし、ソフトの組み合わせでWEB更新も可能だ。これに関する参考ページはここが判りやすい
研究所に潤沢な予算さえあればこいつEMF211型ガンマ線スペクトロメータが欲しいが一台150万両ほどするらしい
d0067943_12123687.jpg


by mayoneko | 2011-04-09 12:02 | よもやま | Comments(4)