<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 27日

20110626 IAC-ASO GH2 テスト撮影

超小型飛行体研究所ホームページはこちら
なんだかんだで研究所の次期主力記録装置となったGH2Hのテスト撮影を兼ねてIAC-ASO飛行会に参加しました。
d0067943_12285795.jpg

初めてのデジイチなので使い勝手がまだよく解りませんが、機械任せ(AFC)とマニュアル(MF)を適当に織り交ぜることで楽しく撮影できる感触がつかめました。あきらめていたズームも慣れで少しはカバー出来そうです。
d0067943_12291817.jpg

ただAVCHDビデオをそのクォリティのまま編集してWEBにUPする術とPC環境を整えていないので AVCHD1080i→imovie8 960×540→YOUTUBE UP 640×320で上げるというなにやってんだかなあ的な事になっていますが、そのうち良くなると思うのお楽しみに。元はノイズ走っていないのですが、YOUTUBEにあげてエンコードされた画像は動きが激しいところで横にノイズが走っています。なんでかは解りません?一番手軽なiMovie8でただ編集してYOUTUBEにUPだけではうまくいっていません。
最適な読み込み、書き出し、エンコードいろいろクリアしなければならない事が山積みです。
ちなみに下の画像はすべて960×540ビデオからの抜き出しで、自分としては前よりは良くなっているように感じます。
d0067943_12293195.jpg

d0067943_12294473.jpg
d0067943_1230982.jpg

d0067943_12302411.jpg

d0067943_1248238.jpg

d0067943_12481078.jpg

d0067943_12482168.jpg

d0067943_12482988.jpg

d0067943_1248385.jpg

最後にダイジェストビデオをどうぞピントのハズレから合うまでの様子がわかりやすいように冗長に編集してあります。フォーカスの合う速度が速くなったのでいろいろ助かっています。

横のノイズは仕様です(笑)
一度imovie8H264で書き出ししてみて、おかしくならなければ再アップしてみようかな。
書き出しに凄く時間がかかるPC環境なのでできればしたくないのですが
追記40分かけてH264エンコードしてみたらますます汚くなっただけだった。
iMovie11にすればサクッと解決するならそうしたいけど、そうしたらマシンスペックが足らなくなって
PCまで買い増しは嫌だニャア 沼に片足をつっこみ気味だなあ 。

by mayoneko | 2011-06-27 12:30 | 飛行会 | Comments(8)
2011年 06月 23日

3circle Flyer 飛ぶ

円盤1個魔女型でまともに飛ぶなら、3っつでも飛ぶんじゃねということで、とりあえずトラクター型で作ってみました。
d0067943_1140169.jpg

いとも簡単に飛びます、工作もとても簡単です。前後逆にすればデルタ配置になるので、そちらでも飛ぶ可能性大 問題は機体の向きを非常に見失いやすいこと。飛んでいるとウルトラセブンに出てきた悪い宇宙人の円盤のようにも見えます。どの星人だが思い出せないのですが確かに円盤3つくっついているのありました。何星人だっけかなー?今後煮詰めて静かに垂直尾翼を目立たないようにしていったりLED点灯させれば円盤に錯覚させられるかも。

by mayoneko | 2011-06-23 11:48 | Comments(10)
2011年 06月 20日

超小型DSM2受信機のバインドについて

過去ログが見やすい超小型飛行体研究所ホームページもあるにゃりよ 以下本文
Deltang DSM2 Micro Receiver
超小型機向けDSM2受信機マイクロヘリBlade msRの送信機で制御できる。
ただバインドするときだけ、ちょっとしたコツがいるのでそのことを記す
d0067943_19135052.jpg

この受信機達をBlade msRの送信機でバインドするときは乾電池4本の合計電圧が6V以上無いとバインドしにくい あるいはできないのでバインドするときだけは新品乾電池を使った方が良い。(エネループなどの充電池は満充電でも1.3V×4=5.2V程度しかないので論外)
バインドしにくい、バインド出来ない状況とは
受信機電源ON後30秒するとすると受信機LEDが高速点滅状態のバインド受け入れモードになったときに、送信機左ステックを押しながらONして送信機をバインドモードにすると受信機のLEDが消灯する、そしてそれっきりになる状態を指す。ごくたま~にうまくいくこともあるが大抵は幾ら待ってもバインドはできない。
d0067943_17462938.jpg

正常にバインドが行われるときは、送信機をバインドモードに入れるとすぐに受信機のLED高速点滅がいったん消え、その後一回LEDが点灯後又消え、さらに点灯してそのまま点灯を続ける。
この状態がバインド成功ペアリング成立ということになる。一度バインドしまえば同じ送信機と同じ受信機の組み合わせである限りバインドし直す必要はなく、その後多少電池電圧の下がった合計電圧6V以下のBlade msR送信機を使っても問題なく制御できる。
送信機を変えた場合はバインドする必要がある。
同じ型番で別の個体の受信機を使う場合も送信機とバインドする必要はある。
大事なことはペアリングのバインド時にBlade msR送信機の電圧が高くないとうまくいかない点を忘れてはならない点にある。これがコツ
ちなみに
TD2.4LP DSM2 2.4GHzインドア用ローパワーモジュールとのバインドではこの電池電圧の心配が要らない。
また海外遠征したときにスペクトラムやJRのDSM2形式送信機とバインドする場合でもこの心配は要らない(送信機正常動作範囲の電池電圧であれば)。  

2011/08/08 追記
受信機に電源投入後LEDが点滅しながら30秒後に高速点滅のバインド受付状態になる。
高速点滅中に送信機側のバインドボタンを押しながら送信機電源を入れるわけだが、その際
バインド時に受信機LEDがゆっくり点滅あるいは消えたままになりバインドが成立しないときがある。
その場合はいったん受信機電源を落としてから再投入し直し。
受信機と送信機の距離を近づけたり(近接)、遠くしたり(60㎝から1M位)してバインド作業を試すとことが大事なようです。 
2011/9/27 追記
バインドしにくい状況下で割と成功率の高い方法
(飛行会やWIFIなどで2.4G帯の電波が飛び交いまくっているような環境でのバインド作業)
通常の手順でバインドする際に、送信機のバインドボタンを押したときに受信機のLED点滅が消える
ギリギリの距離でバインド作業するとバインドが成功しやすいことが解りました。
送信機にもよりますが受信機との距離は1.5mほど離してでちょうど良いこともあります。
アンテナ同士を近接させるよりは、バインドする状態に入るギリギリの距離でバインド作業を行った方が良いようです。
              
参考用のブログ記事 リンク
kobaraさんの記事 
243さんの記事 
国内で只一店舗だけこの受信機を販売しているeSlowfly E-shopそこの店長のブログ記事

by mayoneko | 2011-06-20 17:47 | 受信機 | Comments(2)
2011年 06月 19日

DSM2 超軽量受信機 導入

d0067943_151225.jpg
今仲間内で話題のDSM2 超軽量受信機 RXシリーズ詳しくは色が違う文をクリック 重さは軽い物では0.23gと驚異的な軽さ&小ささにもかかわらずお値段も手頃と言うことなしの受信機だ。

でも老眼が始まりだした平所員には言うことがある。
1アクチュエーター仕様のRX41の半田付け箇所 狭すぎ (というか最近0.01g単位の攻防をしてなくて腕が鈍っているのもあるが
d0067943_15123056.jpg
とにかく狭い)流石に裸眼ではまったくお手上げなので、ついにルーペ付スタンドなる物を導入してしまった。これが便利な物で今まで老眼が進んだことを認めるのが嫌で導入しなかったのだが、使い出すとこれが便利で便利でもうやめられない。以前は虫眼鏡を固定したり、時計用のキズミなどを使っていたが、半田ごてと基板と目の距離を保つのが難しく非常に使いづらかった。ルーペスタンドなら基板とレンズの間が広いので半田ごて先を余裕で好きな角度から両目で覗きつつ半田付け箇所に無理なく正確に当てられる。ほんともっと早く導入すべきであった。
d0067943_15125181.jpg
ちなみに2アクチュエーターが制御できるRX42になるとランド回りが広くなるので大変扱いやすい。重さ的には0.04gしか違わないので(甘くなったな儂)たとえ2ch制御1アクチュエーターしか使わなくても、RX42の方が配線時のリスクが低くお奨めだと感じた。
いずれの画像もクリックすれば拡大できるので一目盛り0.5㎜の定規と比べて狭さを想像してみるのも面白いかも知れないニャ

by mayoneko | 2011-06-19 15:14 | 受信機 | Comments(0)
2011年 06月 19日

湘南で飛行機を飛ばす 2011/06/18 SSFC飛行会

SSFC飛行会(詳しくは飛行会の文字をクリック)に行ってきました。実は参加表明後、庭仕事で腰を痛めて爆弾を背中に背負うような気持ちで迷いつつも行ったのですが行って良かった。
d0067943_13312786.jpg

気になっていたCasio FX1の模型飛行機撮影能力を試すことができました。
すべてオート追従フォーカスモード10連射で撮影した物で手持ち撮影
そのなかから一番良いと思われる物を掲載しています。
山口さんの機体はスパン1M越えでも翼面荷重は1g/d㎡以下な機体。
大型で飛行速度は人が歩く速度の半分くらいでこんなところです。
d0067943_1336339.jpg

同じぐらいの速度で大きさは50センチ程度のgeorgeさんの羽ばたき機
まーこんなもんです。
d0067943_13384785.jpg

早足程度の速度で飛ぶ山口機 翼長は40センチ台といったところ
こんな感じ
d0067943_134002.jpg

こちらは走る程度の速度で飛ぶ永野機 大きさは30センチくらい
写ってはいます。
d0067943_13405732.jpg

回転しながらゆっくり上昇するクリオネ 大きさは幅で15センチ程度
d0067943_13423226.jpg

回転する少女と並べるとこんな感じです。
なかなか動く物はフルオートでは厳しいですね。
ねらった機体を囲むフォーカス追従の枠はしっかり機体を捉えていたのですが
ピントの追いつきが間に合っていません。
ということでCasio FX1は飛行会撮影の主力機の座につくことはなさそうです。
固定超高速度撮影はずば抜けて強いんですけどね。

お菓子ブログ用撮影主力機でもあるんで、持ち出しまくるのも問題で、仕方がない新しいカメラ買うしかないか
しょうがないよニャー ほんとどうしようもないから買うしかないんだよニャ

Georgeさんが気を効かして、コンパクトデジカメで動画撮影してくれました。ありがとうございます。

by mayoneko | 2011-06-19 14:00 | Comments(8)
2011年 06月 18日

JSTコネクタをかしめる安価な工具

ラジコンに多く使われている、JSTコネクタをかしめる工具。
d0067943_11131540.jpg

メーカーが出している専用工具は使い勝手が良く生産性が高いが非常に高価(ン万円)
趣味でつかう分にはこれで十分ENGINEER PA-09 (お店によっては3K台で入手可能)
最初は手加減が解らず、カシメ過ぎてコードの根本が切れてしまったりするが加減を覚えることによって
問題なく使うことが出来る。
d0067943_1115358.jpg

サーボ用の延長コード作成や、余分な配線を短くしたいときなど大変便利。
小さいものではJST1.5㎜ピッチ用のコネクターもかしめられる。
1.25㎜ピッチのものはまだ試していないが表記上は出来る模様

by mayoneko | 2011-06-18 11:18 | 電池関連 | Comments(2)
2011年 06月 17日

超小型飛行機撮影用ビデオカメラ次期後継機種選定 

副所長(猫)にとってはどうでもいいことなのではあるのだが、ビデオカメラが壊れた。
d0067943_10523948.jpg

そろそろ次期後継機種を手に入れたい。実は半年ほど前から機種改変を予定して下調べをしたり、カメラに詳しい友人とテスト撮影などしていたがオートフォーカスに関して満足行くものがない。高級なデジタル一眼レフですら、小型で飛行する物のフォーカス追従は至難の業。ビデオカメラも高画質化、追従フォーカスなどが進化してきているが、追従できるサイズは人サイズか中型犬サイズまで、駄菓子屋飛行機サイズになると手に持って歩く程度の速度でも追従できないことが先日カメラ屋で家人に協力して貰って行ったテスト撮影で解った。
d0067943_1175315.jpg
となるとマニュアルフォーカスが簡単にできる物に限られてくるが手ごろな価格でマニュアルフォーカスがスムーズに出来るのは一機種しかない。ただし○ニータイマー実装済みの可能性が高いため
初期不良大魔王保障期限翌日故障名人(達人の域かも)の所員としては保険に入らざる得ない。でもしゃーなしか ニャ

by mayoneko | 2011-06-17 11:08 | よもやま | Comments(2)
2011年 06月 14日

ガイガーカウンタミーティング3331に行ってきました。

アーツ千代田3331で6月11日行われた、ガイガーカウンタミィーティングに参加してきました。
有料講演会のUST録画はココで見られます
ビデオ内に出てくる野尻さんの福島巡検ブログ記事が秀逸です。
d0067943_1137576.jpg

早速入り口で えへへ オイラのデザインした図案を使ってくれています。
このミーティングはTwitterで八谷さんが呼びかけて、正しいガイガーカウンターの使い方と出た値の捉え方を専門家を交えみんなで学ぼうと開催されました。参加表明コメント数から見て集まっても50人以下くらいかなと思っていましたが、ガイガーカウンタ持ちお母さんの参加も多く、簡易校正会も入れ替え制でしたが予想外の人数に何回回しても人があぶれてしまい、急遽第3会場を設営するなど、大盛況のミーティングでした。
d0067943_1145225.jpg

ガイガーカウンタ持ちの方はみな自分の機器が示す値がどのくらい校正された機器と違うのかを
熱心に測定して、換算する係数を割り出してしました。中央に置かれた校正用線源CS137ちゃんがアイドル並みの扱いです。会期終了間際まで凄い人だかりで近づくことすら出来ませんでした。
終わり間際にぎりぎりこの写真撮りました。
d0067943_11482247.jpg
実は私最後の有志によるプレゼン以外は本会場に入ることすら出来なかったのですが。実は本会場脇の展示部屋では大変濃い方々が自慢の機器と福島各地から集めてきた砂などの線源を使い自主的に裏ミーティングが自然発生。こちらは本会場と違いWEBで生放送されていないため、ある意味かなりきわどい面白いミーティングを体験できました。いわゆるパソ通のオフ会並みの濃さです、というかそのもので
そこに同じくあぶれた普通のガイガーカウンター持ち主婦も紛れて込んでいるといるという
実に面白い状態で皆熱心に情報を交換してしました。
自作から業務用まで様々な種類のガイガーカウンターが勢揃いするのはそうそうないでしょう。
d0067943_11505532.jpg

福島のとある場所から採取された砂の測定も大人気でした。
d0067943_1153669.jpg
私が特におもしろいと思ったのはロシア製のペン型サーベイメーター(被曝量を示す機械)がシンプルで実に綺麗です。
d0067943_1155329.jpg

画像の四角い箱に差して電気をチャージし、胸に差して作業しペンのお尻についているレンズを覗き
放射線の通過数による箔の移動量から被曝量を読み取ります。覗いた感じの目盛りは記憶で書いた物でいい加減ですたしか対数目盛りに近いようなものだったようにも思います。原理は箔検電気 もっと解りやすくいうと、タバコの銀紙マジックV字に折った銀紙を頭を擦った手で念力のように動かすと:いう喫茶店遊びのアレです。
d0067943_11591179.jpg
d0067943_11594371.jpg

最初8時間も会場にいられるだろうかと思いましたが
情報交換とプレゼンンによる様々な刺激でとても楽しくなってしまい、最後まで居座ってしまいました。
今回のミーティングで私が学び実践していこうと思ったのは

1 ガイガーカウンターで測るときは平均値が重要、瞬間的な測定は意味がない
  タイムレンジはできるだけ大きく取る最低でも1分レンジ
  毎日10分は測り周辺の発表されている数値と照らし合わせて、比較し判断する。

2 ガンマ線を主に測る、3㎜厚アルミ板でGM缶β窓を覆って測る。
  ベータ線カウントによる数値のブレを防ぐことが出来る
  (遮蔽無しにベータ線も同時に測ると数値が倍以上になることもあるし、ないこともある何せ崩壊が不確定に起る訳だから)

3 得た数値の判断について あくまであくまで私だけの数値による心の線引き
  (家族構成や環境による、しつこいようだけどあくまで私だけの判断基準)
  警戒レベルは1μsv/hが丸一日以上継続し翌日も下がらない場合,回りの測定数値とも比較しつつ相対的に数値が近いと感じた場合は行動を起こす。

と頭の中がかなりすっきりしました。ミーティング行って良かった。
 

by mayoneko | 2011-06-14 12:46 | よもやま | Comments(5)
2011年 06月 13日

20110612Gakken羽ばたき飛行機 空を舞う!出演

羽ばたき飛行機 空を舞う!に飛行会メンバーの皆と出演してきました。
d0067943_1356460.jpg

朝の首都高を走りわずか40分で到着、渋滞を予想して時間的余裕を見て出かけたのですが、10時集合なのに8時45分には現場に到着してしまいました。会場に着くとちょうどお台場カルチャーカルチャーのマネジャーが店を開けるところで、ある意味ドンぴしゃりのタイミングで入店です、同じタイミングでに学研の小美濃さん(歴代の学研の付録を監修されてきた人)も現れ、しばらくしてSF作家野尻さん羽ばたき製作工房のたかはしさんgeorgeさん永野さんらが集まり,皆挨拶もそこそこに即機体を出して飛行調整を始めます。
d0067943_1474250.jpg

皆この場所の広さにあった飛行をさせようと、調整を煮詰めていきます。
模型飛行機に必須な調整作業を早めに会場について入念に行う出演者達に大変共感を覚えました。
飛行調整も大体納得がいったところで、進行役の方と軽いリハーサルを終え、いよいよイベント開始です。
d0067943_148824.jpg

まー、うん 何をしゃべったのか良く覚えていません。
家に帰って生放送録画を家族で見て笑い転げたことは事実です。
ニコニコ会員の方はこのビデオをごらんになれば、当時の生放送録画を見ることができます
ニコニコ生放送録画ビデオリンク
会場は縦長で障害物が多く、強烈なLED照明、強力なエアコンの吹き降ろし、強悪な障害物ぶら下がるシーリングファン(プロペラが天井からぶる下がっているやつね)構造材およびPA機材などなど
飛行させるにはかなり厳しい環境だったにも関わらず、
お客様に危険を感じさせるような接触事故もなく
(出演者の高橋さんには私がハデにぶつけました生放送録画にばっちり残っています)
スローフライト室内飛行の魅力を存分に伝えられたことと思います。
d0067943_14472520.jpg

今回一番受けた機体は永野さんの空とぶ帆船でした。
上の画像はイベント後打ち上げの会場で永野さんの開発されたZIG Bee用ラジコン送受信機
ミーティングの様子、飲む席にこういったものが並ぶのがなんとも らしい です。
世界中を見回しても、こういった会場やさまざまな会場で
安全かつ人を惹き付ける超小型機飛行の経験を持った集団はまずいないと思います。
今回非営利で協力してくださった優秀な飛行会のメンバー達に大感謝です。
そして訪れてくださった日ごろお世話になっている友人たちにも感謝
さらに今回このようなイベントに招いていただいた学研にも感謝です。
最後にこのブログを呼んでくださっている方皆に39
そうだ 非公開期限を過ぎたのでが下りた動画公開します、たかはしさんの羽ばたき機動画です。

しばらくしたらGeorgeさんが撮影してくれたビデオを編集UPしますので、しばらくお待ちを
(Georgeさん静止画、動画ともに提供ありがとうございます)

動画UPしますた。

by mayoneko | 2011-06-13 14:11 | 飛行会 | Comments(2)
2011年 06月 09日

ホームページ開設ゆっくりしていってね。

超小型飛行体研究所のホームページを今日から公開します。この文をクリックしてみてね
d0067943_11215121.jpg

よかったら感想をコメントしてくれると嬉しいニャ
我が研究所が参加したGakken 大人の科学 羽ばたき飛行機がめでたく今日6月9日発売になりました。

オフィシャルビデオに平所員がちらっと出演
おしらせ 
大人の科学マガジン発売記念!
羽ばたき飛行機 空を舞う!イベント
が6月12日にお台場で行われます。
詳しくは色が違うイベントの文字をクリック
いろんな超小型飛行体がデモ飛行するよ

by mayoneko | 2011-06-09 11:26 | お知らせ | Comments(21)