<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 28日

超小型複葉機の秘密 なんつって はっぱふみふみ

d0067943_1501275.jpg

先日のSSFC飛行会で複葉機のテストをいろいろ行いました。WW1爆撃機向け上反角がわりの幅広翼間支柱テスト
このテスト機の幅広翼間支柱には切れ目がいれてあり、面積を簡単に減らすことが出来ます。
まずいきなり翼間版を3枚抜いてみます。舵を打たなくてもどちらかに傾くとそれっきりで、
当て舵を打とうがなにしようが巻き込んで墜落します。操縦で巻き込み回避することはほぼ無理です。
d0067943_147515.jpg

んでは一枚戻します旋回はしますが巻き込みはじめるため、巻き込む側と反対方向に当て舵打ちますが、機体が水平に戻るまで時間が相当かかります。操縦できなくはないですが、かなり気を使う操縦なので、もう少し安定感が欲しいところ
d0067943_1453394.jpg

ではではと2枚戻します、今度は素直に舵が効いて
旋回から反対側への旋回への遷移もスムースに行えます。
実際には翼間支柱が幅広ままでは格好悪いので発泡スチロール板の代わりに透明なフィルムを貼ることになると思いますが、上反角無しのWW1爆撃機スタイルで飛ぶ機体ができそうな目処が立ちました。
では3枚戻すとどうなるかというと、2枚とそれほど変わりませんでした。
ということでなんとなく諸々納得して次のテストに移ります。
d0067943_1444595.jpg

つづいて翼長15㎝重さ4g台のデフォルメ複葉機のバランス割り出しを行いました。
目的は可能な限り小さく、なおかつ遅く飛んで操縦のしやすい複葉機のレシピ探しです。
いろいろ翼を切り足ししてこのデザインでの美味しいところを探ります。
d0067943_141647100.jpg

最終的にこんな比率に収まりました。このデザイン重さ飛行速度メカ構成において
左右旋回共に気を使わない操縦が出来る比率です。
d0067943_1413768.jpg

そんでもってそれを元に試作2機目がこんな感じです、前回のIAC-ASO飛行会で飛行を楽しみました。
d0067943_14201321.jpg

この機体スパン17㎝ 重さ 5.6g(リポ、所長込み、スイッチ付き)で仕上がりました。
上反角はほとんどつけていませんが、この比率のデザインの場合問題なく
安定した旋回することができるようです。
d0067943_14214768.jpg

2サーボのスパン24㎝DR1と並べるとこんな感じで送信機はBlade msR用がサイズ的に似合います。
これでエキスポ効くと最高なんですが。ラダーのヒンジの硬さ調整でエキスポの代わりとします。
d0067943_14232588.jpg

塗装はプラモ用塗料やコピック以外では顔料系のインクジェット印刷機で雰囲気のある塗装が行えます。
(画像は鈴木機)
d0067943_14562469.jpg

ダミーエンジンはイメージを印刷した紙をプロペラとギヤの間に挟み込んでいます。
以上 超小型複葉機のヒミツ でした。

by mayoneko | 2011-09-28 07:30 | 製作工程 | Comments(10)
2011年 09月 26日

秋の超小型複葉機フェア 2011/09/25 IAC-ASO飛行会

暑くもなく寒くもなく、眠くもなく、怠くもない
室内飛行には絶好のシーズンに入った飛行会で翼長98㎜のふしみ製作所製
スーパーマイクロパップが飛行成功。
超小型複葉機が特別な自作メカを使わずにゆったりと飛ぶ時代になったことを実感させてくれました。
画像中一番小さい機体がそれです。
d0067943_1923754.jpg

このスーマイクロパップのメカ構成はマイクロ9gセスナのモーターに付属のペラをダイレクト 電池は20mAh20C(0.75g)リポ 
機体は発泡スチロール 受信機はマイクロ2.4受信機 といずれも市販完成品かオモチャからの流用。
つまりメカだけで言えば、ほぼ市販品だけでスパン10cm以下の飛行機がゆっくり飛ばせることになります。
d0067943_18544368.jpg

また超小型にこだわらず翼長15㎝から25㎝程度にして,メカ構成はスーパーマイクロパップとほぼ同じで電池はマイクロ9gセスナ電池を流用し、ギヤダウンで3インチ程度のペラを回すことで更にゆっくり飛ぶ複葉機が比較的簡単に出来上がります。画像中の2番目に小さい機体がそれ
そんではちっこくて、ゆっくり飛ぶ可愛い機体達のビデオをどうぞ。

次回IAC-ASO飛行会は10月26日です。

by mayoneko | 2011-09-26 19:12 | 機体 | Comments(7)
2011年 09月 23日

台風一過 午前のみ晴れ 複葉機テスト

d0067943_2252145.jpg

台風一過するも晴れ間は一瞬でしたね。そんな一瞬をついて
エルロンを追加装備した、E-Flight Nieuport17のテスト飛行してきました。
d0067943_22524250.jpg

超小型の伏見ドルニエmotoさんのマグナムリローテッドも元気に飛び回っていました。

2.2gサーボを使ったエルロンを装備した複葉機は大成功でラダーのみに比べ大変操縦しやすくなり
d0067943_22521666.jpg

今秋のイメージで抱いていた複葉機の芝生からの離陸と着陸も簡単にこなせ
大満足のテスト飛行ができました。
大変スローで安定して飛べる機体なので大事に飛ばし続けていきたいと思います。
d0067943_2252303.jpg

ふしみさん撮影と操縦有り難うございました。
IAC-ASO飛行会は9月25日に開催です。

by mayoneko | 2011-09-23 07:00 | 飛行会 | Comments(4)
2011年 09月 20日

大きな物から小さな物まで SSFC飛行会2011/09/18

第151回 SSFC飛行会 (本家速報はこちら)
d0067943_23384978.jpg

大きな物から小さな物まで飛んでおりやした。
左右移動が可能になった空飛ぶ案山子やら、超信地旋回可能な飛行機も飛んでおりやした。
私も自分のミッションを完全消化しつつ個性ある機体ばかりの飛行会をたっぷり楽しみやした。
そんな機体を動く姿を収めたダイジェストビデオをお楽しみ下され。

IAC-ASO飛行会は9月25日ですよろしくニャ

by mayoneko | 2011-09-20 23:58 | 飛行会 | Comments(6)
2011年 09月 16日

上反角 知らニャイな テスト機

d0067943_17295063.jpg

飛行機の操縦で垂直尾翼についている方向舵(ラダー)だけで旋回しようとするとき、主翼に上反角が無いと曲がらない(曲がりにくい)ともよく言われますが、超小型複葉機は結構曲がれたり、使用上問題ない範囲で舵がちゃんと効いたりもします。ただ絶対毎回そうなるかというと機体の重心位置や、デザインによっても変わります。もう素直に上反角を程よく付けた方がラダーだけで曲がるときには好都合の場合がほとんどです。でもスケール機というかなんちゃってスケール機などを作るさいに、この機体の翼に上反角ついていたら自分の持っているイメージとかけ離れちゃうんだよなってこともあります。じゃあエルロンでいけばいいんじゃね?ということになるとエルロンを動かす装置の重量を許容できる、ある程度の大きさや飛ぶ速度がある程度早い、あるいはエンジン出力が大きい飛行機の場合エルロン付ければあっさりその悩みは解決します。しかし10gを切る低速度で飛ぶ超小型飛行機などでは余りその方法はとりたくありません。なぜなら10g以下の超小型機が飛ぶ低速度領域ではエルロンは余り効かないからです。そこで先程の複葉機だと上反角なくても旨く曲がれることが多い(しつこいようだけど超小型、低速飛行の場合ね)はなぜ曲がれるのかってことになるのですが、実は超小型複葉機の場合上の主翼と下の主翼を繋ぐ支柱が上反角の役割を受け持ってくれたりする場合もあるのです。ただこの支柱がどの程度上反角の役割を受け持ってくれるかは、機体デザインと重心位置に左右されるので、作って飛ばして見ないと判らなかったりもします。
d0067943_10291358.jpg
今回は双発の複葉爆撃機ふうを作りたくなったのでテスト機を作ってみました。上下の翼を繋ぐ支柱は幅広の板ですがカッターで縦に裂け目がいれてあり、板を細くしていくことが出来るようになっています。月18日開催のSSFC飛行会で上下の翼を繋ぐ支柱の幅がどのくらい必要かを検証して見たいと思います(しょっぱなから曲がらなかったらハイそれまでよー)。2個モーターを使っているのだから左右モーターの差動で曲がればいいじゃないと思うかも知れませんが、しっとりと操縦するには左右モーターの差動での操舵は私の技術では難しいので、ラダーで曲がらせたいのです。ちなみにこの機体翼幅は30㎝機長20㎝ 重さ8g(70リポ込み)翼面荷重2.6g/d㎡で仕上がっています。

by mayoneko | 2011-09-16 10:58 | 製作工程 | Comments(3)
2011年 09月 12日

電子竹とんぼ 20110911 IAC-ASO飛行会

9月に入ったとは言え、西陽刺す(差すより強調)体育館は蒸し風呂状態 
そんな時期にもかかわらず今回は沢山の参加者に恵まれ
開催時間中、常に数機の飛行機が体育館の中を飛び回りつづけていました。
d0067943_15543627.jpg

まさに電子竹とんぼkomatuabraさんのユニークな発想にはいつも驚かされます。
操縦性も良く静かで飛びに味があり、お孫さんと遊ぶにも最適ですね。
d0067943_15541743.jpg

KOG RC 回路試作室のドラグシュート機能付き飛行機。ブレーキとしてはよく効くようですが、タキシング時にラダーが効きにくくなるそうです。
d0067943_1553588.jpg
Magunum Reloadedはサイズ違いで増殖中 詳しくはmotoさんのブログ
暑くて余りビデオを回す気力もなかったですが、gerogeさんが結構回してくれました(感謝)
それでは飛行会ショートビデオをどうぞ

次回IAC-ASO飛行会は9月25日を予定しております。
その頃にはもう少し過ごしやすくなっていると良いですニャ

by mayoneko | 2011-09-12 15:55 | 飛行会 | Comments(3)
2011年 09月 08日

鱗雲と複葉機と無尾翼機

「黒い猫ドクロの機体には絶対に近づくな奴は死に神だ」 なんて言われていたあの頃。
d0067943_20333078.jpg
E-flight Nieuport 17 のテスト飛行は無事終了
複葉機が芝生滑走路を離陸して緑の芝生上空をゆったり飛んだ後ローパス
そしてポンポンと跳ねながらの芝生への着陸のちガタゴトとタキシングして自分のところまで戻ってくる。
そんな秋に向けてイメージしていた私の思いは伸びすぎた草にあっさり阻まれました。
出来るだけ草の丈が低そうな場所を選んで何度やっても30㎝も走らないうちに機体が転倒しまくり
結局手投げで飛ばし自分にしてはとても慎重におこなったつもりの着陸は逆立ち
と秋の空物お題としていたイメージとはずいぶんかけ離れてしまいました。
機体自体は少しラダーの反応が遅れる程度で飛びそのものはほぼイメージ通りで大満足。
とても遅く飛ぶ良い機体です。
d0067943_2035373.jpg

d0067943_20401514.jpg

気になったラダーの遅れはラダーヒンジが原因の一部と考え、解消すべくプラパイプとカーボンロッドでヒンジを作り直しまた。尾翼の垂直立ち具合の剛性がよくなったので垂直尾翼のよれがかなり押さえらると思います。ほんとは垂直尾翼を一回り大きくしたいところですが、そこまでやる必要があると感じた場合はエルロンを可動させるつもりです。
d0067943_20344874.jpg

d0067943_20345921.jpg
室内で絶好調の飛びを見せるWFW無尾翼機も飛ばし倒しました。こちらは風速1m程度の向かい風なら人が歩く速度で遅く飛べ
片手手放しで飛ばせるほど安定しているので写真も何枚か撮影できました。
すっかり秋の鱗雲になってきた感じで飛行機飛ばすにゃ最高の季節がやってたように感じます。
研究所の秋空物イメージははたして現実となりうるのか。
次回広場に行くときは草刈り鎌持参で滑走路を整備したいとトラタヌしています。

by mayoneko | 2011-09-08 21:24 | 機体 | Comments(2)
2011年 09月 07日

E-Flight Nieuport 17 ロールアウト

E-flight Nieuport 17 が組み上がったので明日広場へテスト飛行に行く予定
(晴れていれば、風が弱ければ、起きられれば、2月も行ってない) 
機体以外はすべて手持ちパーツを流用したので総重量は247gもあるし
アンプは400ヘリ用だわ、怪しいブラシレスモーターを無理矢理使ったので結構アチチ設定だったりで
不安要素満載 駄目に備えて  Park250相当で安いのをHKで物色中 
d0067943_14414124.jpg

9月11日にIAC-ASO飛行会を開催します。参加見学コメントはこちらへ

by mayoneko | 2011-09-07 14:53 | Comments(2)
2011年 09月 06日

9月11日 飛行会開催のお知らせ

9月11日にIAC-ASO飛行会を開催します。参加見学コメントはこちらへ
d0067943_11592391.jpg


by mayoneko | 2011-09-06 12:00 | お知らせ | Comments(0)