<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 31日

かっこいい~♪ 1940年製フォードジープ

昔憧れてプラモで作ったことのある車が目の前にズザザアアーと停車しました。
おもわず駆け寄ってしまい
d0067943_18275794.jpg

 「ギブ ミー チョコ」
と言った世代ではありませんが、カッコエ~
子どものように駆け寄ったついでに、オーナーさんに挨拶して質問攻め
後ろに軽自動車のワンボックスが写っていますが、サイズ的には
ほぼ同じで思ったよりコンパクトでした。
そこが又 素敵~~~~ サイズがカワイイ
d0067943_18295218.jpg

フォードの刻印がある薄い青色のヘッドが たまらんナイス ガラスのフィルターがグッド
後ろに装備されるペコペコ油差しが なんとも言えん。
オーナーさんは極力オリジナルを大事にしていてボーリングして再生しているそうです。
d0067943_18313951.jpg

バッテリーも当時のものを使って いや使っているように見せるため
中に現代の最新のバッテリーを仕込んでいます
そのこだわりが凄いっ 惚れてまうやろ
d0067943_18324261.jpg

フロントグリル脇にある、車両間隔を計るとされている 軍用感がまた渋い 
なんでもこの明かりが一つに見えたら、何メートルの車間があるか解るそうです。後ろにも当然似た形のものがありますが、そちらは4つに別れています。前後を見分けるためでしょうか 
あー なんか凄い 
d0067943_18352590.jpg

手動クランクの穴が なんとも ぐわー ゾクゾクしちゃいます。

この写真で解るように下回りのパーツ一つ一つが綺麗に磨き込まれていて、
ジープへの愛情の深さを感じます。
このフォードジープ 生まれてから70年以上経っている1940年製だそうです。
この車に出合って
最近車はただ壊れず動きさえすればいいと言う感覚にすっかり変わってしまった私ですが、
かつては手を真っ黒にして、ジャッキアップして車をいじり倒していた時期もあり
忘れていた なにかが呼び覚まされる感じがしています。
いやー いい目の保養をさせて貰いました、この時代の車 まじカッコイイです。

by mayoneko | 2012-05-31 18:46 | よもやま | Comments(9)
2012年 05月 26日

サーマルが来たらブルブルして教えマース

フフフ手のひらに乗る
「サーマル来ちゃってるかもヨー」 アラーム完成
忍び寄るサーマルを私だけにこっそりブルブルしてお知らせくれるシステムが出来上がった。
d0067943_1526797.jpg

アラームの大きさのほとんどを250リポ電池が占める
このバイブレーターは電源投入したまま半日は持つ予定。
ふしみ製作所ではすでにボールペンに仕込んだ物を製作済みだ。
これらのシステムは
サーマルセンサー本体を持っていなくても、ESC機能付き受信機(ESC外付けでも良い)と電池と振動モータがあれば
サーマル来たよシグナルのおこぼれに誰でも簡単に預かれる。
(基地局とのバインドやバンド合わせは必要だけど)
d0067943_15293795.jpg

今回基地局送信機をドライブするトレーナーパルス出力プログラムはARDUINO IDEで書いた。
ライブラリにあるdelayMicroseconds関数をだらだらっと7Ch分並べて書くだけで
あっさりトレーナー出力が再現できた。パルスの確認には6年前に買った当時では激安ロジアナが役に立った。(今はもっと安くて高性能がざらにある)
d0067943_15364443.jpg

それにしても超プログラム音痴の私が書いて、まともに動くのだから驚きだニャア
今後気圧・温度・湿度などの変化にも残りCHは随分空いているので十分対処可能
例えば気圧が短時間に激しく変化したら、LEDかブザーでお知らせとかもOK牧場 

今回の製作で一番楽しかったのが、ブルブル感触の追い込みで、震動を感じる人の感覚は
直線的では無いのだなあ、と解ったのが収穫でパラメーターの変更を繰り返して
最も感じる震動を探るのが面白かったです。
(こんな風に書くと、なんかエッチサイトのロボットに引っ掛かりそうだなあ、あと有害サイト指定にもなりそうだなあ)
ちなみに基地局近くにいる人はスピーカーから流れる音階と音の長さでサーマルの強弱が解るようにもなっています。
追記
今日NHK教育テレビ 大科学実験 人間上昇気流という番組がありました。
私達がインドアプレーンを飛ばす際に親父サーマルと呼んでいる現象が、
大実験で確かめられていて大変面白かったです。
高さによる上昇気流の早さと広がりの違いが見える実験もあり
サーマル好きなら必見です。今期新作なのでBS放送などでマメにチェックすれば遭遇できると思います。

by mayoneko | 2012-05-26 15:53 | グライダー | Comments(2)
2012年 05月 22日

雨 厚い雲 薄い雲 刹那 裸眼 シルバーリング 

朝5時30分いつもの広場に近づくにつれ、刻々と黒くなる雲、広場に着き
雨音に包まれながら、たぶんなんとかなるんじゃいないかと 暗い雲の先にある
かすかな明るい雲の切れ間に希望をつなぎます。 
必ずチャンスはあると言い聞かせて7時を過ぎたところでパラパラ雨の中、三脚をセットし
カメラの雨よけに帽子を被せヤッケのなかに送信機をスタンバイし
中心蝕の始まる7時34分からビデオを回し始めマイクロSAlを投げ続けました。


d0067943_11192881.jpg


雨 厚雲 薄雲 刹那 裸眼 シルバーリング
d0067943_2111554.jpg

心に鋭い光の輪が刻まれました。
みられて良かった。


タグ 金環日蝕 グライダー 動画

by mayoneko | 2012-05-22 11:19 | グライダー | Comments(10)
2012年 05月 20日

野暮用でマイクロSAL

野暮用で山びこドームから数キロ離れたところへ行ってきました。
簡単携帯から撮影した、乗鞍岳はまだ雪に覆われています。
d0067943_1733733.jpg

標高的には660M程度の場所で投げるマイクロSALはズブズブな感じな気もしますが、結構楽しめます。
飛ばした場所は平坦な2K四方に広がる農業用地のほぼ真ん中にある田んぼ一反ほどの牧草地で、牧草地の隣にある地肌が出ている畑、高さ50㎝程度の小さなビニールハウスの畝が続いている畑、細いアスファルト道路、牧草地、果樹園と、平坦な場所に様々な田んぼ一反づつていどの面積で変化する、様々な地面が連続しているため、平坦な場所でサーマルがどこから湧き出てくるか、確かめる実験場所としては格好の場所でした。
d0067943_17391995.jpg

アスファルト道路、地肌の畑、ビニールハウス、果樹園、牧草地 天候は晴れ 時間は午後3時頃
やや冷たい風速2m程度の北風が時折吹いてきます。
どこが一番サーマル粘れたと思います?
私的には牧草地と地肌の出た畑の境あたりと睨んでいたのですが外れました。

















ずばり、ビニールハウスの上でした。

ただ万が一ハウスに落とすと大問題になるのでハウス上空旋回は禁じ手で
ハウス上から風下に流れてくるサーマルを狙うことになります。

by mayoneko | 2012-05-20 17:31 | よもやま | Comments(0)
2012年 05月 18日

一面の曇り空に虹の帯

とある広場で見かけた、虹 のようなもの
d0067943_8414077.jpg

一面の曇り空に虹がかかっています、たぶん日傘現象のひとかけら、
虹の円弧の繋がりを想像すると上空視界全域に広がる日傘虹になるかと思いますが
他の空に繋がりは見つかりませんでした。 
21日の金環日食が楽しみだニャア
しんとと しんとと
(ふしみさん写真有り難うございます)

by mayoneko | 2012-05-18 08:46 | グライダー | Comments(0)
2012年 05月 16日

BMP085 気圧温度センサテスト

243サーマルセンサーに是非加えてみたい、センサーとして温度センサと気圧センサがあります。
都合良く2つのセンサが載った、BMP085 と言うセンサがあると永野さんに教えて貰ったので
取り寄せて試してみました。
d0067943_145167.jpg

このサイトを参考にして、Arduino UNOにプログラムをタラッと流し込んで、
(環境ARDUINO IDE 1.00ならI2CのWireコマンドsend→write receive→readに置き換え必要)
 わずか4本のコードを接続し
ターミナルソフトで見ると、こんな感じにデータが送られてきました。
d0067943_14541116.jpg

黄色のシートに囲まれた部分は、息を吹きかけてみたところです。
瞬間的に気圧が上がり、温度もワンテンポ遅れて上がっていることが解ります。
ということで、あっさり数値が読めてしまいました。
問題はこれを243サーマルセンサのアナログ値と合わせてXbeeにどう流し込むかで
将来的にセンサ数を増やすならXbee APIモードは避けられない だが
しばらく1対1だけなら、透過モード で十分だし開発楽 でも拡張性弱し
つーことになるんですが。XbeeのAPIモードの理解が今ひとつ追いついていない所員は
透過モードに逃げていまいそうです。
ターミナル上から親機APIモード内にてATコマンドで子機をコントロール出来るはずなのですが、
まだうまく行っていません。

by mayoneko | 2012-05-16 15:24 | マイコン各種 | Comments(9)
2012年 05月 15日

アンノウンな飛行物体の生態ビデオ 2本立て

UNKNOWNな飛行体第1段
もし人の作る飛行メカでプロペラ推進より羽ばたきによる推進の方が先に進化してしまったら。
をこんせぷとに大人の科学デルタツイスターを2機使って羽ばたき飛行船にしてみました。改造方法は本誌で
開発元、羽ばたき飛行機製作工房では発明者たかはしさん自らのデルタツイスター詳細記事がUPされています。

つづいて未知な飛行体第2段
ふしみさんのバルーンプレーン?号機 誰でも簡単にコンパクトな機体で翼面荷重1g/dm2を切れる素晴らしい製作方法です。
もう一機は発泡スチロール製の前進翼無尾翼機 調整がちと難しいのですが、飛んでいる姿がおもしろいと言う理由だけで、前進翼にしています。
アンノウンな機体達はいずれも深く考えたり、設計を追い込んで作っているわけではなく、こんなの飛んだら面白いナーという想いだけで作っています。
そして投げてから、墜落してから、楽しい試行錯誤をして飛行に至っています。

by mayoneko | 2012-05-15 09:06 | 羽ばたき飛行機 | Comments(2)
2012年 05月 13日

XBee サーマルセンサ 運用プラン 試案

庭先においてあるXbee Pro ZBとarduino fio から刻々と気流データが送られてきます
私は家の中でこのブログを打ちながらノンビリ観測 
なんか楽しいぞー自作サーマルセンサーというか遠隔地データ観測に目覚めちゃいました(゚∀゚)
d0067943_10192999.jpg

ここでこのデータをどう扱ったらいいか、考えてみました(広場でふしみさんと話し合ったことがほとんどですが)
超シンプルプラン
データを受け取り、観測者に音または震動で気流の状態を知らせる 受け取る人数が多人数も可
シンプルロガープラン
PCやスマホを介さずSDカードなどによる記録を行い、後で分析
ロガーPCプラン
PCあるいは携帯端末に記録、分析しつつ、的確なタイミングで音または震動で気流の状態を知らせる。
WEBプラン
常にWEBにデータを上げ情報を共有
d0067943_10295670.jpg

この画像の上の液晶がシンプルロガープランの雛形になる可能性大で
永野さん製液晶表示器とSDカードロガー(これなんかいいんじゃないかとトラタヌ)を組み合わせれば、
現場で機材を少なくし、家に帰ってからPCの表計算ソフトなどに取り込んで、いろんな分析が出来るかと
思います。
次ぎに画像下の表示器ですが、こちらはWEBプランとロガーPCプランを兼ねられる可能性があります
今現在はアンドロイドとふしみさんのAPPプログラムを使っていて、このスマホ場合WIFIのルーティングも行えるテザリング機能も付いているので。サーバーソフトをアンドロイドに流し込んでおけば。ローカルでもデータを共有OK WEBでのデータの共有もOK その場で分析して、的確なタイミングで観測者にサーマルの到来を知らせることも可能になるかもしれません。
とまあトラタヌしていますが、実際に運用していかないと解らないことだらけなので、仕様をがっちり決め込ませんが 楽しいことだけは確かなので、しばらくのめり込めそうです。
オマケとしては、グライダーがサーマルに乗った際のタイムスタンプ機能や気圧、風向、温度データも織りこめれば、センサの値と実際の飛行との関連性がより見えてくるような気がして ワクワクしています。

by mayoneko | 2012-05-13 10:45 | マイコン各種 | Comments(0)
2012年 05月 11日

Xbee PRO通信距離テスト ブルートゥース混在テスト

Xbee PRO ZBのチップアンテナバージョンをエンドセンサ側にしXbee PRO ZBのワイヤアンテナをコーディネーターにして、お互いを見通せる状態で通信距離テストしてみました。
d0067943_15405738.jpg

結果 140Mは届くことを確認 、要求値を満たしたのでそこで距離テストおしまいにし、
243さんの3D風見鶏に接続してみました。
d0067943_15414278.jpg

接続はセンサ→Arduino fio→Xbee ~~~~~Xbee→USB→PCとし PC画面でバイナリーデータを観測と同時に受信側Xbee デジタルアウトをブルートゥースに入力して
ふしみさんがプログラミングしたアンドロイドでグラフを表示させてみました。
センサ→Arduino fio→Xbee ~~~~~Xbee→ブルートゥース→アンドロイド といった感じです。
d0067943_15461622.jpg

出ました、問題なく表示されています。
距離もOK センサーの値取得もOK になったので。
とりあえずデータの分析方法は後にして、
実際にグライダーを飛ばす際の運用形態を探るステージに移行することにします。
方向としてはまず最小単位で、極力シンプルに操縦者にサーマルが来たことを知らせることに徹したいので
センサ→マイコン→Xbee~~~~~~~~~Xbee→震動モータ
といった構成を試してみたいと思っています。
ちなみに今日243さんと取り決めた センサ類のDIP2.5mmでのPIN配置ですが
色               赤  黒  黄色    自由  自由
アナログデバイスの場合 + GND シグナル 
I2Cデバイスの場合    + GND SDA   SCL  /RST
と言うことにして、お互いのセンサなどの融通が利くようにしました。
そういえば IAC-ASO飛行会は5月13日開催です。
 

by mayoneko | 2012-05-11 16:48 | マイコン各種 | Comments(3)
2012年 05月 09日

センサ→Arduino→Xbee~Xbee→グラフ表示器 テスト

永野さんがサーマルセンサーの表示器を試作してくださったので、早速借りて接続してみました。
構成はセンサ→arduino fio→Xbee ZB~~~~Xbee→永野式表示器です。
d0067943_8394271.jpg

時間軸が2軸あるグラフで、短期間の動き(上段)と長期間の動き(下段)が
同時に観測できるようになっています。
現在はArduino FioのAD変換を使っていますが、Xbee ZBのAD変換を使えば
センサ→Xbee~~~~~Xbee→表示器 
というシンプルな構成で行けそうです。
表示器はPICドライブされていて5Vで駆動しています。
Xbee ZBのデジタル出力3.3Vをそのまま表示器側のPICに入力していますが
表面上はHLを判別してくれているようです。
センサ部はレゴブロックで磁石を回転する部分を製作し、磁気センサをテープで貼り付けてあります。
僅かな角度変化でも検出できるので倒立振り子の垂直検出などに応用が利きそうです。
ちなみにXbee ZBの実質的な通信可能距離ですが
先日2.4ghz帯がクリアーかつ見通しの良い環境でXbee ZB チップアンテナ同士でテスト。
もっとも電波強度が強い設定で地上高1M程度手持ち同士で運用してみた感じでは
最高で20M程度が限界のようでした。取りこぼしがほとんど無い安定を望むなら15Mというところでしょう。
とりあえず出力の高いPRO版を手配したので、到達距離の延長に期待です。
あと同じ環境でBluetouthブルーツースでふしみさんがアンドロイド端末でテストした際は5m程度でした。
追記
この方のページを見ると外部アンテナであればPro版の必要は無いかも知れない。消費電力からいくと通常版で外部アンテナ仕様にしたほうが効率は明らかに良い
無線はアンテナ命だが、ただちっこい物好きとしては持ち運びや仕舞うのが楽なように
出来るだけコンパクトにまとめたいと言う欲もある(笑)

by mayoneko | 2012-05-09 08:44 | マイコン各種 | Comments(0)