<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 29日

環境省大気汚染物質広域監視システムから風を知る

ねえ{そらまめ君}って知ってる?
d0067943_8451957.jpg

空をマメに監視して空の環境を教えてくれる環境省大気汚染物質広域監視システムなんだけど。
実は、ここから1時間前の風向きと風量が解るんだ、しかも観測地点数だとアメダスに比べ、かなり多いところが味噌
私の住んでいる神奈川だとアメダスは4箇所しか観測点がないんだけど
そらまめ君なら市区町村別(全てではないけど神奈川で50箇所以上)で解るんだ。
そこでたまに行く広場の風向きを知りたくなって調べてみたら。
どストライク 広場近くの小学校に設置してある観測機の観測データを見つけた。
これは便利だニャ~ ほんと知りたかったデータだから 
(40分車走らせて現地ついて強風で飛行とりやめってザラだから)
(現地の風が知りたくて自分で野良自作観測機器を設置しようと思っていたくらいだから)
自分の場所を知りたいときは、このそらまめ君ページの下にある測定局一覧(リンク)を押して該当する近くの場所を探してみよう。
空遊び全般に案外便利に使える鴨よ~
当然大気汚染の状況もよく解るんよ  

by mayoneko | 2013-01-29 08:57 | よもやま | Comments(0)
2013年 01月 27日

こんなの見つけたニャ かわいいワシ

飛ぶのかなあ?コレ
d0067943_18124382.jpg

なんか足がかわいい
d0067943_18134078.jpg

ビデオ見つけた

単3電池2本!吊って遊ぶのものか それにしても何故ここでミク?
誰か海外旅行のさい空港のショップとかで見かけたら、お土産に頂戴っ
秋葉原のインポートショップで売ってたよとか、目撃情報求む

by mayoneko | 2013-01-27 18:18 | Comments(6)
2013年 01月 22日

ニャ ジ ラッ ニャ ジ ラッ 

猫が出てくる ベンチマークソフト(パソコンの処理能力を測るソフトが可愛いっ!
CATZILLA
楽しいわー
d0067943_1036238.jpg

私のノートPCでは解像度576でスコア1610でした。どうなんでしょう?
YOUTUBE(CATZILLA 検索)とかでみるとはるかに高い解像度で3000超えとかざらにありますね。

by mayoneko | 2013-01-22 10:48 | よもやま | Comments(0)
2013年 01月 20日

NDFなんちゃってダクテッドファン 流行るか?

きくマンさんのなんちゃってダクテッドファンセイバー(NDF)に刺激されて、静かにゆっくり飛ぶ、デフォルメジェット機の面白さを再認識。
d0067943_1032234.jpg

かつて6年ほど前に(永野さんが飛ばしていていたNDF セイバーは(懐かし動画中2分経ったところに写ってます)

機体が軽ければ、80㎜のプロペラに筒状のおおいをつけた物でも十分飛行できること証明してくれました。

同時期に機体が軽ければ、それほど推力はいらないを実践飛行しているToratanu Nyaube
ペラが小さい分高速回していて、音が甲高くNDFというより少しDFに近い状態で飛行を成立させています。
本来プロペラにカバーをつけると著しく効率が落ち、推力が劇的に下がるので、本格的なラジコン用ダクテッドファン(DF)はペラを超高速に回し大量の電力を投入して成立させています。そのため電池は最低でも2セルは必要になってきて、当然全体重量が増すため飛行速度は速く室内には向かないモノになってしまいがちです。
その点、早さやリアルなスケール感を求めておらず静かにノンビリ、可愛いと思えるデザインが飛行できれば楽しいと思う人にはNDFは大変魅力的に写るらしく、ふしみさんも製作を始めました。私もそのひとりで折角なので3Dプリントを活用して、作ってみたくなりました。
d0067943_10592219.jpg

6年前は既存の製品を改造して作り上げた、NDFですが今なら3Dプリントでこういった部品を自分の好きなように製作できるはずで
d0067943_116448.jpg

いい時代になったものですニャー
この部品の進捗はこちらのブログでどんぞ この画像の3DCADデータも公開してあります。
もし誰か3Dプリンタ持っている人でこのデータでプリントしてみたよとかあったら教えてね
そういえば今やフルセット2千円台で買えるみたい マイクロ2,4ghzラジコン飛行機
d0067943_11245216.jpg

夜店で売られる日も近い? 画像のタイガーモスは2千円とかならんだろうけど、同じ会社の8gモデルは
すでに2千円で国内のココでで販売されている (今売り切れだけど)
マジ安いわ~

by mayoneko | 2013-01-20 11:09 | Comments(6)
2013年 01月 18日

遊星ギアパワーアップ計画

e-Slowflyのmotoさんから、分解許可と公開の快諾をいただいたので。早速6ミリ径の遊星ギアを分解してみた。
d0067943_1123137.jpg

モーターとギアボックスを前後に引っ張ると、結構簡単に外れた
薄さ0.4ミリほどのプラ製の爪だけで留っている
d0067943_11263581.jpg

ギアがポロッと落ちてくることもなく分解できたが、分解の仕方によってはピニオンギアがう遊星ギア側に残ることもあるので,分解時は細心の注意を払ったほうがいい
ちなみに升目のサイズは1ミリ方眼なので大きさがわかり易いかと思う
d0067943_11265058.jpg

画像中モータ側ホルダの黒い部分は小さな金属パイプで、プラ爪だけでなく、金属でもホルダーとモーター缶が空回りしないように工夫されている。
d0067943_11271153.jpg

モーターホルダは黒く見えている金属パイプを2ミリほど引き出してからモーター軸側から見て反時計回りにホルダをひねると外れるようになっている。
モーター缶がこのギヤボックス専用仕様で穴3箇所あいている。
モーター軸径は6ミリモーターによく使われている標準的な0.8ミリだが 先端3ミリほどがDカットになっている点が特殊 
d0067943_11273496.jpg

他の6ミリモーターや7ミリモータを装着するとすれば、画像のようなアダプターを作らないといけないのと
モーター軸のDカット加工必要なようだ。
d0067943_11275253.jpg

こういう改造アダプター用途こそ3Dプリントで問題なく作ることができたら、うれしいが・・・
仮に別のハイパワーモーターが装着できたとしても遊星ギアボックスの強度が持つかは
非常に怪しいところだけれど。やってみなければわからにゃい。
d0067943_16172399.jpg
+アダプタ作成してみた。

by mayoneko | 2013-01-18 11:55 | 動力関連 | Comments(10)
2013年 01月 16日

3Dプリントコミュニティと小さい飛行機と遊星ギヤ

ハバタキット2のポチ皆様有り難うございました。よしがんばるぞぉ んで しばらく3Dプリントネタばかりになりそうなので、
d0067943_8374744.jpg

3Dプリントのブログとコミュニティを作りました。
3Dプリントな (ブログ) 
3Dプリント Google+コミュニティ
よかったらあそびに来てちょ。

話変わって、先日のIAC-ASO飛行会で見たモノ報告です
最近マイクロスケール機の新作をつくっていない私、若衆の作られる可愛い飛行機を見て
刺激うけちゃいました。
きくマンさん(ブログ)のちっちゃなセイバー 
d0067943_8411030.jpg

なんちゃってダクテッドファン仕様です。7㎜モーターに49径ペラダイレクトみたいな
d0067943_8431699.jpg

ニイダさん(ブログ)が満足の行く飛びができるまで何機も作り直してきているサボイア
d0067943_8484376.jpg

コレが作りたい飛ばしたいという想いがひしひしと伝わってくるモノばかりで
大変刺激を受けました。ほんと凄いニャー
でで、また話変わって遊星ギヤのお話し
d0067943_8595940.jpg

motoさんが取り寄せた6㎜モーター遊星ギヤをお借りして
羽ばたき飛行機に装着してみました。事前準備として径6.1㎜の穴が空いたホルダを製作しておきました。
スパン40㎝重さ8gの羽ばたき飛行機に装着っ
d0067943_93368.jpg

事前に懸念されていた、シャフト強度は大丈夫そうです。
素晴らしいのは静穏性で羽ばたいている音しか聞こえません。これはイイ~
残念なのはギヤ比で、このモジュールで136対1位なのですが、実質負荷をかけた状態では羽ばたき周波数4Vで2Hz程度しか上がらない点
理想としてはスパン40㎝程度の小型羽ばたき飛行機場合6㎜もーたーの時はフルスロットルで6Hz程度は出したいところです。ギヤ比50対1くらいの遊星ギヤがあれば最高ですが。
ギヤ比のラインナップが5倍きざみなので5→25→125→625なところが悩み所
モーターが熱くなるかもしれませんが、25対1を試すのも手かもしれません。
今回のテスト飛行ではゆっくり降下していく飛行しか出来ませんでしたが
ギヤ組から解放され、音が静かになり、コンパクトにまとめられる
と良いことが沢山あるので
この遊星ギヤもう少し追いかけてみる価値は大きそうです。
motoさん貸し出しありがとうございました。
geogeさんが同じモジュールで作る飛行機バージョンも楽しみですね。

by mayoneko | 2013-01-16 09:22 | お知らせ | Comments(6)
2013年 01月 11日

3DプリントHabatakit2 開発中なんだけど これって欲しい?

あちこちのワークショップで羽ばたき飛んだ
羽ばたき飛行機組み立てキットHabatakitの後継機としてHabatakit2を開発しています。
画像中左がHabatakit2 右が初代Habatakitのマニュアル(画像クリックで拡大できます)
d0067943_10194744.jpg

Habatakit2は3Dプリントで主なパーツを構成し、3Dプリントの特色を生かして、フレームの中を中空にして本物の鳥の骨に近づけた構造を目指して設計しています。
d0067943_10523740.jpg

Habatakit2 第1段は動力がゴム第2段は動力がモーターになる予定です。
今回は機体パーツの何処までを3Dプリントで置き換えることが出来るかの挑戦も含んでいますが。
以前なら型形状や量産性に囚われていたデザイン概念を捨て去ることが出来るので
慣れてくれば面白いモノが少ない製造数でも、どんどん作れそうです。
ただ心配なのは、みんなコレが欲しいのかなあ?というところです。
もし欲しいかもという人がいたら、このブログの下にあるボタン
Facebookポチかツイッターポチをしてくれると
キット化の速度が上がると思います。ポチよろしくお願いします。
応援コメントなら尚有り難いです。
キックスターターに回すのも手だとは思いますが手軽に反応が知りたかったので
この記事を書きました。(このブログ見てる人すくなすぎるかもなあ・・・)
Habataskit2の試作原型機はこのビデオで見ることができます。

よろしくニャ

by mayoneko | 2013-01-11 10:21 | 羽ばたき飛行機 | Comments(3)
2013年 01月 09日

1月13日 IAC-ASO飛行会をやるニャモメ

d0067943_853983.jpg

1月13日に第98回 IAC-ASO飛行会をやります。来る人はこちらへコメントをいれてね
画像は3㎜EPPで作った ニャモメ  主翼幅40センチ 重さ 計ってないけど たぶん5gくらいかな
よく飛ぶから計らなくても問題なし
Kobaraさんの江戸っ子 トキオを真似て作ってみました。
作った動機は、新年会で呑みたかったので、車で行かずに電車を使い、大きな機体箱を持ち歩かずに、ほぼ手ぶら状態で飛行会に赴きたかったからです。強引にジャンバーのポケットに入れていたので、翼がよれていますが、しばらく放っておけば自然に平らに復元し飛行会で問題なく飛行できました。
作り方は、まず好きな大きさや形の翼に適当なバルサ棒の胴体をテープで貼り付け飛ばし、滑空に適正な重心位置を探り、翼に重心位置を書き込みます。次に胴体に翼を除いた全ての部品を組み込み胴体の重心位置を出します。、最後に翼の重心位置と胴体の重心位置を合わせ、その際に主翼のプロペラの当たる場所を切り取り、接着すれば完成。
部品が揃っていれば、1時間とかからないお手軽工作方法なので、是非遊んでみてください。
無尾翼機初心者の方は、この翼のように両端をテーパーにするのでは無く長方形にしたままの方が安定が良いです。テーパーにすると滑空比が上がりますが安定は少し落ちます(重心位置がシビアになる)。私のニャモメはいまこんな寸法で飛んでいます。
上反角はなんとなくで置いてあるときは平ら、飛んでいるときは少したわむ位かと
あと無尾翼機と聞くと、ねじり下げとか、Sキャンバーとかどうなるの?と言う方もおりましょうが
主翼面はとにかく 平ら にがこの機体の基本です。
曲がって良いのは少しだけ反る上反角成分のみです。 
3㎜厚のEPPで総重量が6g以内であればカーボンなどの補強は要りません。
EPPのみで機体の剛性は足ります。
d0067943_963896.jpg

今から遡ること7年前にkobaraさんの送受信機からアクチュエーターまでパーツ類完全自作(モーター、電池は除く)から生まれたトキオですが、現在であれば買ったパーツ完成品のみで製作することができます。
必要なモノは完成軽量受信機 赤外線ならココ 電波式ならココ
ラダー用アクチュエーター(サーボに相当するモノ)はコレ
モーターはこれ プロペラはコレ プロペラ今は売り切れのようですが、直径30ミリ程度ならトイヘリのテールロータなどでも大丈夫でしょう。 電池はこれ
45倍発泡3㎜厚EPPはこの言葉で検索して好きなところで 例えばこことかになります。
ラジコン遊びがまったく初めての方は初期投資1万~2万円くらいかかってしまいますが。
2機目からは機体一機当たり5千円程度で作ることが出来ますし受信機を使い回すのであれば
一機あたり2千円程度で出来ます。
今年からなにか新しい趣味を始めて見ようと思っている方
安全で飛ばす場所を選ばない 超小型ラジコン飛行機遊び 一つどうでしょう?
興味が湧いたら是非 飛行会へ遊びに来てください。

by mayoneko | 2013-01-09 09:19 | お知らせ | Comments(0)
2013年 01月 03日

気分的には私、今日が2013年の始まりです。

d0067943_11393840.jpg

飛ばし初め 
おだやかに 風の隙間と
楽しく     雲の影と
長ーく 光の縁と
遊ぶを今年もいっぱいニャ
気分的には私、今日が2013年の始まりです。

by mayoneko | 2013-01-03 12:02 | よもやま | Comments(2)