<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 31日

手作りとCNCと3DプリントとDIY 3Dスキャン

かみさんからの依頼で、鳥獣戯画チョコレートの原形を作った。
作るのは鳥獣戯画にでてくるカエルに投げ飛ばされるウサギだ 
当初原画を元にCADで書いて全て今ノリノリの3Dプリントで立体化しようとも考えたが
原画を見据えれば見据えるほど無理な気がした。
d0067943_23534191.jpg

まず原形の元板になる部分だけはCADで制作し、正確なR付き4㎝辺四角をCNCで削りだした。
原画をつらつら見ながら彫り込み始めると、原画に魅了されてしまい、その魅了された線の素晴らしさを立体に起こすことに畏れを感じるが、彫らねば物は出来上がらないので、とにかく彫り進んだ。
まず一枚彫り上げたが、納得いかず廃棄 2枚目で
「やだもー これで勘弁してよ 彫り本職じゃ無いんだから」 と自分を納得させたが
鳥獣戯画ってペロペろぅっと巻物に楽しげに書かれたマンガ絵の様に見えて実は恐ろしい絵であることがよく解ったのが実に良かった。
d0067943_23554537.jpg

出来上がったシリコン型を、かみさんに褒められて嬉しく
型から抜きだしたウサギチョコを食べるのはもったいなく楽しく、うまかった。
物を作るって 嬉しくて楽しくて美味しくて だピョン

by mayoneko | 2013-03-31 12:03 | よもやま | Comments(0)
2013年 03月 25日

3月31日  第99回 IAC-ASO飛行会 開催

3月31日に飛行会を開きます。詳しくはこちらへインドアエアプレーンクラブ IAC-ASOまで
d0067943_8422722.jpg


by mayoneko | 2013-03-25 08:43 | お知らせ | Comments(0)
2013年 03月 24日

マグロカシラ 兜丸焼き 準備っ!&食後感想

前日まぐろかまと書いたが正確にはマグロカシラ だそうで そんでも焼く 
マグロ カブト 自宅 調理 とかでえ調べると兜煮だらけだが、焼くんだ 俺は
天気予報は雨予報に反して晴れた、が風向きが実に悪い、小さな庭で火をおこすと煙と匂いが全て住宅密集地に流れてしまう。それに準備不足で囲うブロックが足りない。外側だけ焦げまくる姿がなんとなく想像できる
「えー お菓子焼くオーブンで焼いても良いかな?」
とかみさんにおそるおそる聞くと・・・    茶ガラを後で焼けば匂いが取れるので、使用のお許しが出た。
 
d0067943_1559161.jpg

幅44センチのオーブン皿にマグロヘッド半身をのせると、「おっ 乗るジャ~ん」 ジャストっサイズ
d0067943_161095.jpg

軽く塩を全体にふる、 頭の上半身にも結構肉がある、これが買う気になった理由
洗えとか煮物関係では多いが、焼くから 大丈夫じゃねと、手を抜く
d0067943_1625622.jpg

オーブンに入れてみると、幅ギリギリ 
果たしてどのくらいの時間焼けばいいのか? 焼け具合を見ながら判断するしかない。
あと切り分けは焼いた後でできるのかな?   やってみれば解るだろう 
解凍は終わっているので、あとは焼くだけだが、どのタイミングで焼くか(今午後4時)
そろそろ焼きだした方がいいのか???
続く
現在8時 お腹目いっぱい~ マグロが口から飛び出そうな気分で続きの報告を
d0067943_19202473.jpg

良い具合に焼けています。で結局オーブン180度で2時間 焼きました
d0067943_19221030.jpg

焼けたぞ~ 
d0067943_19213434.jpg

肉をはしでせせり集めレモン醤油をかけて白ご飯でいただきました、
一口目 「うまいっ」
特に焦げたところのパリッとした部分が実に ウマイ 
子ども達にもおおうけ
 ですが、いちばんウマイ肉の部分は少なく
d0067943_19224328.jpg

ゼラチン状の部分は結構早くに飽きるので、のこりは所長達に
ガツガツ食べていました。(翌日分もあるからね所長達)
軟骨周辺は大人はいいですが、こどもらはもっぱら固い肉をもとめて、あごの筋肉や背中の筋肉だけを
探し求めて、あちこちせせっていました。
箸と指だけで簡単にすべて分解できました。
d0067943_1924824.jpg

頭半身ですが食べ始めて30分で大人2人子ども2人がもてあまし始めます。
だんだんマグロ油に味覚が麻痺してきてお腹いっぱい しばらくマグロいいですな 気分に
d0067943_1923442.jpg

このマグロのカシラ
ビックリするくらいの油が滲み出ます、オーブン皿の大きさと出た油の深さを測って、油の量をざっと計算してみると、頭からでた油量は600CCをゆうに越えていました。
油の味はシーチキンに入っている油の味を濃くした感じで、これに折角パリッと焼けた肉が浸かりきってしまうと味が落ちますので要注意です。
この料理のコツは溢れ出る油を如何に抜くかが、かなりポイントの様に感じました。
野外でぽぼたぼたと油を落としながら焼くのが正解かも。よりパリッと仕上がると思います。

食事が終わっての皆の共通した感想は
うまかった~より

「あー 面白かった」でした。  ゲフッ

by mayoneko | 2013-03-24 16:22 | よもやま | Comments(9)
2013年 03月 23日

憧れの マグロかま

お~でかい所長の頭がすっぽり メキシコ産マグロの頭部半身
d0067943_20223650.jpg

なんと1000円で近所のスーパーで売られてた。切断部から見える肉の照りに ピンときたので
はっ 俺チャレンジャーな気分でお買い上げ~
 野外炭火焼きで喰うぜ~ 憧れのマグロのカマ炭火焼き~
の予定だけど明日は雨かニャ?

by mayoneko | 2013-03-23 20:29 | 動力関連 | Comments(2)
2013年 03月 18日

出撃準備完了するも 強風により待機

d0067943_10503662.jpg

Wing Wing Z-84 EPO 845mm 塗装も含め2時間程度で完成。
(実はシール貼り作業中静電気でペタって、他のシールに貼りついちゃって、大失敗 笑)
1600mA2セルのリポ電池でちょうど重心が取れた。
3セル1000mAでもいけたが厚みがちょっと蓋にあたる。総重量は280g程度
流石に今日は初飛行には風が強すぎるので、明日が初飛行かニャ?

by mayoneko | 2013-03-18 10:57 | よもやま | Comments(1)
2013年 03月 16日

6年前の部品 EDF30インペラ

6年寝かして、時たまいじりってはしまう、しつこく持ってるEDF30インペラを今流行のマイクロクアッドの7ミリモーターで駆動したらどうなるか?ちょうどシャフト径が1ミリで楽だったので、早速計ってみた。
d0067943_2239451.jpg

ダクトのモーターマウントは10ミリ用なので、テープでグルグル巻きにして取りつけた。
結果
ダクト無し 3.8V 880mA 静止推力10.4g
ダクト付き3.8V 880mA 静止推力11.7g
となった。6年前の専用ブラシモータで7.2V0.6Aかけてスラスト13g のメーカデータからすると、たいした物でありんす。
超小型ブラシモーターの進化具合が伺える。
6年前手持ちのモーターでベンチテストした結果から比べても、スゲー っとなる。まあ、そ推力増加分入力W数は喰ってはいますが
このまま1セルでアウターケースを出来るだけ軽量に設計すれば、とりあえず2chで飛ぶ物はできる
でも私はジェットのカタチしてたらギューンと飛んでグリリ~ンってロールしたいんだよね~
モーターは電流値から見ても余裕で回っていて、もう200mAくらい負荷かけられるんで
d0067943_231149100.jpg

HKの30ミリ8枚のインペラでも回せるんではないかと思ったりもして。これも1ミリシャフトだし

まあ1セルのこだわり捨てて古い部品をいじっていないで素直にこのあたり(EDF27とかミグ15用28ミリダクトとか)で組んだ方が
d0067943_232279.jpg

2セルだが話は早いわ確実だわニャア 
でもちょっとオーバースペックなんだよね、ブラシレスアンプもいるし。
1セル130mA ブラシモーター 2サーボ 翼長30㎝くらい、重さ20g以下あたりを狙いたい。
それには最低でも3.8V1A位で推力16g位は欲しい推力20ならベスト
ミグ15のダクトを1セルで駆動させるという手もあるかもしれない。
あとご指摘のBlade Brushless Tail Motor (mCP X BL)てのも確かに気になりますよね~ 販売開始してあっという間に売り切れたけど(笑) みんな小さくて、その辺で飛ばせる超小型ジェット機がほしいのかしらん?

by mayoneko | 2013-03-16 23:21 | 動力関連 | Comments(5)
2013年 03月 14日

Wing Wing Z-84 EPO 845mm (PNF) 着弾

3月はもっとも強く風が吹く月だそうで、台風が多いとされる9月より、強風日が多いそうです。
でも飛行機飛ばしたい、でも重くて大きいのはいや、でも風が嬉しいスロープは近くにないし
d0067943_20115958.jpg

ということで、Wing Wing Z-84 EPO 845mm スパン845ミリ 重さ300g程度の無尾翼機 平地で飛ばすのでブラシレスモーターがついたセットをチョイス。サーボも付いて55.99ドルとお安い(円高の時ならもっとおいしかったのに)
ポチする決め手になったのはこのビデオ

ちゃっちゃと組み立てて、飛ばしに行きたいニャあ
ちなみに3月8日夜にオーダーして今日3月14日に届いた。

by mayoneko | 2013-03-14 20:25 | よもやま | Comments(0)
2013年 03月 12日

NDF55ビッグニャイパーテスト飛行

先日行われたSSFC飛行会でNDF55ビッグニャイパーのテスト飛行を行いました。

結果は上々で、4ミリモーターによるラダーコントロールと1.7gサーボによるエレベーターコントロールで
問題なく操縦できることが解りました(受信機はコレ)。巡航時のスロットル位置は50%くらいで余裕で飛んでいます。
ビデオには写っていませんが、連続宙返り、直径50㎝程度の連続旋回など簡単にできました。
飛行できる速度は人の全力疾走程度から、ゆっくり歩く程度まで緩急自在です。
タキシング時の誘導は左折が苦手なことを考慮すれば、結構言うこと聞きます。
滑走離陸は少しコツがいるようで、最初からエレベータを引き続けていると離陸速度に達しませんが、離陸速度に達するまでエレベーターニュートラルを保持し、速度が達したところで軽くエレベーターを引けばドーンと離陸できます。実機の離陸の挙動に似ていて面白いです。エレベータが速度の調整に使われている事が実感できます。飛ぶことを確かめた後で、中央の垂直尾翼を取り去って、左右翼端の翼を垂直に立ち上げて飛行させてみましたが、問題なく飛行できるようで、こちらの方がかっこいいです。
推力が余っているので、2サーボ使用にしたほうが、もっと自在に操れるようになると思います。
その際デルタエレボン仕様にするか、タキシングやトリッキーな動きを優先してNDF55ユニットで収束させた風を当てての推力変更、ラダー&エレベーターにするかは、少し悩みますニャ

by mayoneko | 2013-03-12 08:59 | 機体 | Comments(8)
2013年 03月 08日

NDF55搭載 ビッグニャイパー試作零

前え~から作りたいと、思っていた形。ドラケン的な翼をもったビッグパイパーのような機体
d0067943_1734524.jpg

近頃3DCADばかり、いじっていたので、その場のノリ工作で適当に切った貼ったで
形が出来てくる感じが大変楽しかった。
3Dプリンタで製作したNDF55ユニットを搭載し重さは70リポ搭載時13g 
ちなみにこの機体上上下下左右左右BAコマンドを入力してもオプションもバリヤーも出ないので
壁に当たると簡単に機首がもげたり曲がったりするのが弱点だ。
d0067943_843558.jpg

同じ零でもこっちは実機ゼロプロジェクト
アグスタ社のチルトロータープロジェクト
作ってみたくなる格好良さ
良く見るとブレード面がローターリングの上に来ているのが解る。プロペラにリングがかぶると効率が偉く落ちるところは模型と一緒にゃんだなあ

by mayoneko | 2013-03-08 07:00 | 機体 | Comments(4)
2013年 03月 04日

伏見製作所の猫の舌忘れ

開発名猫の舌忘れの3Dプリント羽ばたき飛行機キットのファーストショットを
ふしみ製作所さんが製作し初飛行を成功させました
d0067943_19583495.jpg

ふしみさんはエレベータも想定して組み、羽のフィルムも色つきの厚めのフィルムを使用したので、重さが私の機体に比べ7gほど重くなっているが、問題なく飛行でき操縦性も問題ないようだ。

2匹並んで飛行させ楽しんだ、近い将来これが大群で飛びまわる日もくるかもしれない。
ちなみに羽ばたき周波数は5Hz前後のようだ
ふしみさんの機体は90度位相 6枚
私の機体は120度位相 6枚
手に持ったときの振動は120度位相 6枚の方が少ないが、空中に放つと位相差の違いが飛びに表れているように感じられない
ベストな位相差については今後分析を続けたい。

by mayoneko | 2013-03-04 07:14 | 羽ばたき飛行機 | Comments(2)